カレンダー
09月 « 2017/10 » 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
久々に自閉症の話。
先週、幼児訓練会から借りてきていた「光とともに・・・」の2、3巻をやっと読みました(1巻は持ってます)。この、自閉症のこどものことと、親や家族、地域の人たちのことなどをしっかり描いたこの漫画は、親が「どう対処したらいいか」を学ぶのにとてもいい教材です。子に対しての対処だけでなく、自分が精神的に追い詰められた時、どんな感じで周りの助けを得ていったらいいのか、なども、私には参考になります。

ポンが「自閉症スペクトラム」だと診断された去年の10月(3才の誕生日の直前)から、訓練会に入会する1月までの間、私は頭の中がメチャクチャで、ハートもずたずたでした。診断を受けた日は「ああ、やっぱフツーじゃなかったんだ、それがわかっただけでもよかった(私の育て方が悪かったんじゃないんだ、もう誰にも私を責めさせない!)」とホッとした面もあったのですが、「一生治らない」ということだけが頭に残り、保健センターで貸してもらった本も怖くて読めませんでした。もともとが楽天的な性格の夫に想いを打ち明ければ「大丈夫なんだろ?」(何が!!)、自分の親にもなかなか言えませんでした。でも、今になって考えれば、どうして伝えづらかったのかというと「自分が、自閉症について人に説明できるほど知らなかったから」でしかありません。「人に伝えよう」そう思えた時から、本を読むことができるようになりました。

私が3巻、ポンが2巻をめくりながら「これポンちゃんでしょ」と、光くんを指差すポン。「これがunakiteママ」と光ママを指差す。んま~そんないかにも少女漫画の主役キャラな、メルヘン少女っぽい光ママを、私と同じ立場だとよくぞ認識したもんだ。
「これがパパよ」とインテリ系イケメンの光パパを私が指差すと、ポンは「違うよ~パパはこっち」と、ごつい系(でも優しい)の「お医者さん」を指差しました^^;

関係ないけど、今ポンがベランダの窓を開けて、台風の影響の強い風をまともに受けて驚き、「あざらしがきたーーー!」と叫んでいました。「ざ」は要らんのよ^^;;

「光とともに・・・」についても、ココで書いたように感じてたこともあるんだけど、やっぱりありがたいなぁ、先人の知恵の結集として。
ただ、読んでてつらい場面もあるので、今回読む前に「ハートでは読まない。勉強のために、頭で読みます」と自分に言い聞かせてから読みました。でも、途中で号泣しちまったけど。でも、すぐに救いがあるのでヨイです。
スポンサーサイト


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2005-09-25(Sun) 13:34:30
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。