カレンダー
08月 « 2017/09 » 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
コミュニケーションの発達。
療育センターの心理相談の日。実質、定期的に実施している知能検査。今回はたまたまポンの得意分野の問題が多かったようで、IQの数字は前回より10以上上がっていて驚きました。「賢くなった」というよりは、質問されたことを聞こうという気構えがあらわれ、がんばって受け答えをしようという姿勢が出てきたことです。以前できなかった問題と同じ問題(2歳児での課題の中からなど)を出してもらって、それがなんなくできるようになっていたりしました。たとえば、サザエさんの書割みたいな、簡単な「家の近所」みたいな地図があって、そこに先生が犬のマスコットとミニカーを別々の位置において、何秒間か見せ、取りのけ、「犬と車を、さっき先生が置いたのと同じところに、ポンちゃんが置いてみてください」と言われると「はい!わかりました!」と、5秒で正確な場所に置けたのです。まさかこれができると思わなかったので、母びっくりです。前回は、教材が出てきただけで「地図だ!」と嬉しくなってテンションが上がり、先生の質問などまったく耳に入らず、道路の絵の上をガーガーとミニカーを走らせて勝手に遊びはじめ、犬などに目もくれなかったのです。あぁ~いっぽいっぽ成長しているよ!!涙、涙の母であります。その場では「おお、すごいな」と思ったくらいだったが、これを書いている今、号泣している始末。
スポンサーサイト


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2005-10-03(Mon) 15:52:56
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。