カレンダー
09月 « 2017/10 » 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
楽しい身辺自立。
最近読んだ本「発達につまずきを持つ子と身辺自立」オススメです!
正直、はじめは「こういう『しつけマニュアル』みたいなの、読むの億劫なんだよなぁ」と思ってましたが、これが結構わかりやすくてイイ。

先日、療育センターの心理相談で「服の脱ぎ着も、少しずつやっていきましょう」と言われたので、なんとなく訓練会からこの本を借りてきたのですが、一読して「買おう」と思った。服は、脱げるけど、まだまだ着るのは手伝ってしまうのですが、該当項目を読んだら、おお!そういうやり方があるのか!それならできそうだ。という感じ。

ウンコも、当たり前のように、パンツとズボン脱がせて補助便座に乗っけてましたが、大人になっても「全部脱がなきゃならな」くなってしまわないように、下着とズボンを下ろして・・・というのを、読んですぐたまたま便意を訴えてきたので、早速やってみたらスグできた!トイレットペーパーをたたんで・・・というのはまだこれからですが、自分で紙でふこう、というヤル気マンマン。まだまだできない、と思ってるのは、私だけだったんだなぁ。本人の身体は、もう練習したいと思ってたんだ。今度は、パンツ全部おろしてオシッコするんじゃなくて、ちゃんとブリーフの穴からする方法を練習していきたいと思ってます。

この本、わりと分厚くて、最初手に取ってペラペラめくった時は「こんなに色々できないよー」と頭を抱えてしまったんだけど、例えばポンだったら、ゴハン食べるのは得意だから(箸も使える。教えてないのに)、そこは丸々とばして読んでいいわけです。どの子も、そういう分野があると思うし、今そうでなくても、全部の項目をいっぺんにやらなきゃならないことはない。その子がいま、できそうなことって、少し試してみればわかると思います。頭っからイヤがったら、それは後にしてみる。その「後」が、2週間後でも1年後でも5年後でも、いいんだ。それを考えると、買って手元に置いておいた方が役に立つ本かなぁ、と思いました。
スポンサーサイト


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2005-10-13(Thu) 22:04:41
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。