カレンダー
06月 « 2017/07 » 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
岡村靖幸のことですよ、ええ。
「スマステ」で「80年代ニューミュージック(と言ってもロックもポップスも混合)ベスト20」という企画をやっていました。
ゲストの友近に、渡辺美里の真似させたりとか。
20位でもうバービーボーイズとか出ちゃって(何かの投票ランキングだったみたいですけど)、19位がユーミンだったりして(80年代以前からだもんね)、なんというか「ど真ん中が目白押し」という感じで、ワイプに映る友近や大下容子アナ(私と同い年)と一緒に歌いましたね。
ちなみに1位は「ボウイ(すんませんあの表記出せません)」でした。
小林克也がランキングの読みあげ?をあの口調でやってたんですが、彼のおすすめコーナーということで、ランキング外のアーティストも取り上げてました。

でね、ランクに尾崎とか当然入るし、吉川晃司とかも入ってるわけよ。TMネットワークの「ゲットワイルド」が、「シティーハンター」の曲だった、とか言うわけよ。

あのオーバカちゃんが何度もオーバカこかなければ「克也のおすすめ」に入ってたかもしれないじゃんかよう・・・
「シティーハンター」だったら「スーパーガール」だってそうなんだからな。
そしたら紫ブリーフのライブ映像とか出てただろうな(私がディレクターならあの映像を選ぶ。「家庭教師」。)

絶対絶対、更生して出て来い。いいな。
出て来ても、粘り強く更生施設とか通えよ。
死ぬなよ。

と、5才年上の男性に言ってみるわたくしでした。

「オーバカ」と書いて「オーケン」を思い出したけど、そういえば筋肉少女帯が入ってなかったなぁ。
・・・さいきんどうもみんなが ぼくをわらってるきがする!
だいじょぶだいじょぶだいじょぶだよねぇ。・・・
蜘蛛の糸」って「進研ゼミ中学講座」のCM曲だったのか・・・
ニート予言の歌詞だなぁ、なんてさっきちょっと思ったが、撤回。
現代のそういう人たちは「いつの日にか見下ろしてやる!」っていう思いを持ってない気がするよ。

ちょっと前、夫と「キンショーってヒット曲ってあるか?」という話になって、
私が思いついただけでも、前述の「蜘蛛の糸」のほかに
「日本印度化計画」(俺にカレーを食わせろ)とか
「元祖!高木ブー伝説」とか
「踊るダメ人間」とかあるけど、
「あの世代の皆が一緒に口ずさめる!」っていう感じではないね・・・
うーん。モグラネグラ世代(テレ東視聴可能で当時大学生)でないとな。

キリンの「ポストウォーター」のCMは「君よ俺で変われ」の変え歌詞だったんだよね。
♪ポスト~ウォーターがー好ーき~ おいしく~ 変わりました~
 比較(味覚?)調査での~ ユーザーの!ご意見も! 生かしてます~♪
ってロックバンドが歌うのさ。
ライチ味であまり売れなかったらしいポストウォーター。私は好きだった。時代が早かった気がする。

ありゃ、タイトルに反して大槻ケンヂのことばかり書いてしまいましたな。
スポンサーサイト


好きな音楽とか | 2008-05-12(Mon) 10:03:14
| コメント:(2)
コメント

こんばんは!
あ~~その番組、見そびれたんだ~。
最近歳のせいか、子ども達と一緒に寝てしまうことが多くて…。
でもユナカイトさんの描写のおかげで、少し気が済みました。
くーっ、1位がBOΦWY(←何かこれイマイチ?)かあ。
高校生の頃大好きだったのだけど、うちの親が厳しくて当然ライブ(GIGっていってたような)なんか行けなくて、そのうち解散しちゃって…。

大学生になってから、そのリベンジ?で、氷室さんのソロライブや、コンプレックス(布袋さんと吉川晃司のユニット)のライブに行ったりしてました。楽しかったな。

岡村ちゃん、三度目の正直?で頑張って欲しいですね。
芸能界って特殊だし、その中での創作の苦しみは、私達の想像を絶するものなのかも知れないけれど…。
頑張って欲しいです。
2008-05-18(Sun) 19:10:02 | URL | NR #- [ 編集]

NRさん、こんにちは!
スマステ、いつもは見てないんだけど、たまたまザッピングしてたら面白そうだったので見ちゃいました。
BOΦWY(コピペさせてもらっちゃった♪)は凄かったよね~
男子女子ともに人気があったしね。
GIG!懐かしい響き。ギグ~。デーモン閣下たちの「ミサ」もライブのことだよね(それとはかなり違うか^^;)
氷室さんのソロも、頭に残ってるのいっぱいあるし。
コンプレックス!びーまいべいびーびーまいべいびーびーまいべいびーびーまいべいびー♪

私は高校生の時、やっぱり親が厳しかったのと、部活が忙しかったのでそっち方面には行けなかったよ~。
かえって結婚してからの方がいろいろ行ってた気がする。

岡村ちゃんは、デビューのきっかけが、渡辺美里に提供した曲のレコーディングに同行して、踊ってたらパフォーマンスが面白いってところで、スカウト?された、ということなので、もともとは職人肌なんだと思います。
ゲーム好きだったり、インドア派。
7年活動休止してた時も、曲はいっぱい作れるけど、歌詞が書けない、という理由だったし。
お酒も飲めないので(吉川晃司が当時を振り返って、今夜はどこで遊ぶ?と、尾崎と岡村と3人でじゃんけんして、岡村が勝つといつもディスコだったと言ってた)、発散も難しかったのかな。
そんなに社交上手でもなさそうだし。

今、私はサザンの活動休止に打ちのめされています・・・
いや、いいんだけどさ・・・彼らの意思なんだから。
この前、NRさんのブログ記事を読んだ時に「今行くならサザン行きたいなぁ、でもチケットとりづらいだろうなぁ~」と思っていた矢先だったので。

なんかどこかで読んだけど、スガシカオと及川ミッチーの、お遊びユニット?があるらしい。
岡村チルドレンいっぱいいるのになぁ~

がんばってほしいね。
わたしもがんばる。
2008-05-21(Wed) 15:19:48 | URL | ユナカイト #CwrboUno [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。