カレンダー
09月 « 2017/10 » 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
知ってもらうこと 知られること
ふと、思い出したことがあります。
自分が若い頃に、バスや電車などで見かけた、
今にして思えば、自閉症なのかな・・・と思う人たちのことを。
自閉のない知的障碍の人だったのかもしれませんが。

ダウン症の人もいました(これも、今だから「ダウン症」とわかる。
当時は「ちょっと変わった人だな」と思っていました)。
でも、いつもニコニコしていましたし、周りに迷惑をかけるようなことも
まったくなかったので、「ああ、またあの子いるな」と、
微笑ましく思っていました。
年齢は、全然わからないです。顔が可愛い「男の子」で小柄、
1人でバスに乗っていたので、中学生か高校生で、
遠くの学校に通っていたのか、
それとも、もしかしたらお勤めの年齢だったのかもしれません。

OLになったばかりの時、毎朝乗るバスに、
身体が大きくて、いつも「ニヤニヤ」していて、
「挙動不審」の男性がいました。
(ごめんなさい、その頃は知識がなく、そう思えたのです)
ある日、その人は、バスターミナルに並んでいる(結構長い列で私は中間あたり)
私の前にきて、
私のジーンズ(オフィス行って制服に着替えていたので
通勤の私服はなんでもよかったのです)
の「前」を「ニヤニヤ」しながら、「ジロジロ」見つめたのです。
それも、ちょっと見るくらいじゃなくて、ずーっとそうしているのです。
私は怖くなって、静かに後ろを向きました。
そうすると、何事もなく、彼は列の後ろに向かって歩いていきました。

それから、私は通勤にジーンズをはかなくなりました。
そして、なるべく早く行って、バスにすわれるようにしました
(立っていると、近寄ってくるので・・・)
後部座席から見ると、その人は、後のバス停から乗ってくる、
髪が長くてきれいな服を着ているOLさんの近くに寄って、ニヤニヤしていました。
何日か観察していると、かならずしも一定の人を「狙って」いるわけではないらしく、
いわゆる「若くて、女らしい格好(必ず髪は長い)をしている女の人」の近くに行くのだ、
ということがわかりました。
私は、髪を短くしました。
そうすると、彼の関心は、私にはまったく向けられなくなりました。

結婚前だったので、実家近くのバスターミナルです。
中学の時の友達とも、よく乗り合わせました。
彼女の方から、「あっ、またあの人いる…」と、怯えた声。
「私…ずっと『つけられた』ことがあるの」とのこと。
いつしか、関心は彼女から離れたらしいですが。

彼は明らかに大人だったので、お勤めか、作業所などに通っていたのでしょう。
でも正直、怖かったです。ひどい言い方ですが、その頃の私は、彼を「変質者」とさえ、思っていました。
その一方で、「障碍をもつ人なんだろうな」とも、思っていました。
この矛盾…。

勝手な憶測ですが、彼は、性的なこだわりというよりは
「髪の長い女性」こだわりがあったのかもしれません。

話がまとまりませんが…。

知識がないって罪だなと(過去の自分への反省)。

時代も変わってきました。
その話はまた今度、書けたら書きます。
スポンサーサイト


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2007-12-03(Mon) 13:16:53
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。