カレンダー
10月 « 2017/11 » 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
ピッピッピッピッピッピ、ピッ。ピー。ピッ。
ポンのチームが、運動会で、優勝したよ・・・
最後の、年長さんのクラス対抗リレーでトップになって。
(途中までは、棒倒しで1位を取れなかったりして、あやうかった)

優勝も、もちろん、嬉しいんだけども。
最後のリレーのために、年長さんたちが、先生の笛に合わせて
「ピッピッピッピッピッピ、ピッ。ピー。ピッ。」
って、「行進→整列→止まる→一斉に座る」
っていう一連の流れを、
ポンがちゃんと「整然とタイミング乱れず」座っていたのが、
感動っていうか、ものすっごくものすっごくビックリした!
すごーく練習したんだろうなぁ・・・
先生もどんなにかがんばってくれたろうし、
ポン自身も、すっごくすっごく、努力がいったと思う。

そして、全員リレー。
ポンは、クラスの中盤だったのだけど、
最初、ポンのクラスはトップで、でも抜かされて、
ポンの3~4番目くらい前の子がすごく早くてゴボウ抜きし、
半周以上差をつけてくれていたので、
見ているこっちとしては

「ここで差が縮まってしまったら・・・抜かされてしまったら・・・」
「バトンを落としてしまったら、転んでしまったら・・・
いや、それならまだ同情の余地がある。
もし、コースを外れたり、途中で止まったりしてしまったら・・・」
と気が気ではなかった。

しかし!ポンはちゃんとしっかり「小学校高学年のようなポーズ」で
バトンを受け取り、
しっかり走っていた!
クラスのお母さんの「ポンちゃ~ん!がんばれ~!」の声に
ちょっとこっちを向いて微笑んでしまったけれど
(他の子は皆、そんなことしないで真剣に走る^^;)
結構、早かったと思う。差は縮まらなくて済んだ。

私は、もうそれだけで、
「ぐわ~~~!!(リアル音声)」
と、頭をかかえて、笑ってるんだか泣いてるんだか。
「泣くな!」とクラスのお母さんから笑顔で優しいお言葉。
「ポンが~、ポンが~、ぢゃんど~、はじっだ~~~(言えてない)」
と、クラスママ友に抱きつくわたくし。

嫌がるものを強要することはしなくても、
ポンに合った声かけや誘導で、できることもある。
適切な導き方がある。
私は今までずっと、「ポンは集団行動はすべて苦手」と思っていた。
でも・・・できるんだ。できることもあるんだ。
先生方のおかげ。クラスのみんなのおかげ。
ありがとう。ありがとう。ありがとうみんな。
ダー(涙のあふれる音)。
スポンサーサイト


子育て | 2007-10-09(Tue) 00:30:17
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。