カレンダー
08月 « 2017/09 » 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
療育センターでの診察&就学について
今日は、半年に1回のドクター診察受けてきました。
今リンク貼れないですが(携帯からなので)、以前の記事でセンターについて失礼な表現をしましたが、1対1で「よくわかってる先生」と話したので、気分がスッとしました。
私は、Hセンター長(ポンの主治医)を全面的に信頼しております~!って、過剰賛美かな?でも、正直そんな気持ち。

ポンの今の状況など、色々細かく相談しました。ためになる、「的を射た」対応をたくさんいただき、大納得。
そして、学区の校長先生と会い、個別支援学級と普通学級を見学した感想も話しました。
ポンにはここの個別クラスが合っていると感じた、と。
そしたら先生は

「そういう、お母さんの第一印象というのは、かなり『合っている』ことが多いです」

とおっしゃいました(ごめんなさい、『』内の正確な言葉は違ったかも。でも、「正しい」というニュアンスでした)。

なんか、ちょっと元気出たよ。

ルルと留守番してくれたお母さん、ありがとう。
スポンサーサイト


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2007-07-11(Wed) 23:03:58
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。