カレンダー
07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
飯島愛さんのこと。
タレントの飯島愛さんが、体調不良のために「今のお仕事をやめる」ということですね。
ご自分の口から、生放送の番組で語られたそうです(残念ながら私は見逃しました)。「3月いっぱいで調整しています」と。
いっときは「芸能界引退か?!」みたいに騒がれたけど、「引退します」という言葉を、ご自分で言ったわけじゃないから、言葉の取り方はいろいろあると思うけど「今の仕事をやめる」=「引退」=「体調が良くなってからも、芸能界復帰は絶対にない」ということでもないかな、と思いますが、どうなんでしょう、私にはわかりません。

私は、彼女が好きです。
ずっと、このブログも、読んでいました↓

飯島愛のポルノ・ホスピタル

何度か、コメントを寄せたこともあります。
愛ちゃんが、「みんなのメッセージ全部読んだよ」と、いつも書いてくれていたので、「本当に読んでくれてるんだ!」と信じて、愛ちゃんに対する気持ちや、記事の内容に関する感想などを書いてました。
(「unakite」とは違う名前でだけどね)
今回の、「引退報道」についても、一記事に2000件以上の「励まし」や「今までありがとう」「やめないで」「でも身体がいちばんだから」という、たくさんの方のコメントがついています。その中に、私のコメントもあります。
ファンを大切にしてくれる愛ちゃんといえど、体調不良なのだから、2000件以上ものコメントに全部目を通してくれるとは限らないけど、どのコメントを読んでも、なんか不謹慎な言い方かもしれないけど「いい文章」ばっかりです。
コメントだから一件一件は短いんだけど、愛ちゃんと同世代の人は「私も同じ病気で苦しみがわかります」とか、愛ちゃんより若い子(私は愛ちゃんよりちょっとだけ年上)で、例えば10代で家出をして水商売、その後も「悪い大人」たちにいいように扱われ、死にたくなった、という子も「愛さんのこと、ひとごとと思えません。本はバイブルです。愛さんの明るい様子をTVで観ることで、生きてこられました」とか・・・一般人である、ブログ読者のコメントだけで、一冊の読み応えある本ができそうなほど、愛にあふれて、盛り上がっています。

彼女が、過去に「肌の露出の多い仕事」をしてたことは知っています。
ご自分の本の中で、そのことも、豊胸手術をしたことも、もっともっといろんな「セキララなこと」も書いてあるそうですね。
そうやって自ら過去を明らかにして、彼女は、愛されるテレビタレントとして、芸能界でがんばっていたんです。そんな人、今までひとりもいない。すごい。

実は、彼女の自叙伝「プラトニック・セックス」が出た時、興味本位で、「何が書いてあるのかな~」と、気楽な気持ちで、本屋で立ち読みしたことがあるんです。
いや、正確にいえば、「立ち読みしようとしたことがある」。

平積みしてある一番上の本を手にとって、何の考えもなく、真ん中辺のページを適当に開いたら、今、正確にはその文章を再現できませんが、「すっごく、自分の胸にズガーンとくる」、彼女のある体験が書いてあるページだったんです。
共感できる、という言葉だけでは、とても言い表せないような・・・。
瞬間、本を持ったまま、両目からダーッとほんと、マンガみたいに、涙が滝のように流れ出てしまい、あわてて本を閉じて棚に戻し、本屋から走り出て帰った記憶があります。

だから、「プラトニック・セックス」は、いまだに未読です(「いまだに未読」って、もしかして「頭痛が痛い」と同じ?)。
読みたいのに、ハートが痛くて痛くて、とても読めません。
ああ。いつか読めるだろうか。

なんかまとまらない。「病気を治して、何年後かに、実業家として颯爽とテレビに登場する愛さんを期待してます!」とか、「ゆっくり休んで、幸せな結婚をして、かわいい赤ちゃんを生んでください!」とかね、みんな書いてるんだよ、コメントで。
だからさ、私も、この文章の最後に、そんなこと書きたいと思ったんだ。
でもさ、全然出てこないんだよ。

とにかくさ、病気治そ。愛ちゃんも、私もさ。病気の種類は、違うけどさ。
その後のことは、その時また、考えようよ。お互いに。


スポンサーサイト


テレビ番組&芸能一般 | 2007-03-12(Mon) 23:59:09
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。