カレンダー
07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
佐々木正美先生についてと、天皇陛下の記者会見。
お二人の方のお名前を、いっぺんにタイトルに入れてしまいましたが、このお二人が関係あるわけではありません。すみません。自分がわかりやすいようにです^^;

「佐々木正美先生 講演会」のキーワード検索で訪れてくださる方が最近多いので、お知らせです。
ポンの通っている幼稚園では、毎年、佐々木正美先生が講演会をしてくださいます。無料です。(詳しいことは前回の講演会の記事がコチラにあるので、読んでください)

今回も、うちの幼稚園に来てくださいます。
来年(といってももうすぐですね。時間の経つのは何と早いこと!)1月の下旬です。
うちの幼稚園の父母でなくても、聞くことはできると思います。
ただ、「うちの幼稚園」となると個人情報なので、もしご興味のある方は、右のメールフォームから、場所・日時などを個人的にご質問くださいませ。
ちなみに、うちは首都圏ですが、「電車の駅から歩けるような所」ではないので、ちょっと不便だと思います(大きな駅からバス便は豊富にあります)。

それと、幼稚園の父母対象なので、テーマは特に「発達障害」や「自閉症」に限ったものではないので、その辺りはご了承ください。子育て一般のことをお話くださると思いますが、子どもの発達についてがご専門なので、私は前回聞いて、とてもためになりました。

***************

こちら↓宮内庁の公式サイトです。

天皇陛下のお誕生日に際しての記者会見の内容とこの1年のご動静

私が一部を抜き出してコピーするだけでは、誤解を招くかもしれないので、ご興味のある方は、まずは上のリンクから全文を読んでみてください。

で、そこから引用します。以下。

「最近の愛子の様子については,皇太子妃の誕生日の夕食後,愛子が皇后と秋篠宮妃と相撲の双六(すごろく)で遊びましたが,とても楽しそうで生き生きとしていたことが印象に残っています。
ただ残念なことは,愛子は幼稚園生活を始めたばかりで,風邪を引くことも多く,私どもと会う機会が少ないことです。
いずれは会う機会も増えて,うち解けて話をするようになることを楽しみにしています。」

引用は以上。
ここからは私の感想。天皇陛下は、お孫さんである愛子内親王に対して、こう思っていらっしゃるのだなぁ、そして発表する時は、こういう表現をなさるのだなぁ、という感想です。

「愛子さま、相撲の双六かぁ。やっぱりお相撲が好きなんだなぁ。お好きなジャンルやお気に入りの遊びがあるということは、とてもいいことですね。」

「風邪を引くことも多く、ですか・・・いや、疑うわけではないですが・・・幼稚園をお休みしがちなのは、おそらく他の要因もあるのではないでしょうか・・・(集団に馴染みにくいとか・・・)」

「たとえお風邪を引きがちな体質でいらっしゃるとしても、お祖父さまお祖母さまが特別な地位にいらっしゃるお忙しい方だとしても、あえて天皇陛下が『会う機会が少ない』と会見でおっしゃっるということは、お会いになる機会が、余程少ないのでしょう。もしかしたら、公式の場以外では『全然会っていない』のかもしれない。まぁ雅子さまのお病気のこともあるし、お気の毒ではあるが・・・ちょっとなぁ・・・」

「『いずれは会う機会も増えて,うち解けて話をするようになることを楽しみにしています』ですって!
陛下、そこまでおっしゃいますか!『うち解けて話をしていない、それは会う機会が少ないからだ、それは風邪を引きがちだからです』という流れのお話なのですね。
もしかして、やはり愛子さまは、言葉が出にくい特性をお持ちなのでは。それを陛下が承知しているかどうかは、わかりませんが・・・」

「秋篠宮さまの親王さまが誕生した時、眞子さまや佳子さまの、幼児の頃の可愛いおしゃべり映像が流れましたものね・・・それを見て、国民が『そういえば、愛子さまのおしゃべりしている映像を見たことがないわ』と心配しているかもしれない、と陛下も感じていらっしゃるかもしれない、それがこの会見でのこういった表現になったのかもしれないわ」

私の感想は以上です。
皇室に興味のない方や、発達障害について知識をお持ちでない方は、特に何もひっかかりを感じない発表内容だと思います。
私がこんな感想を持ったことを「うがちすぎだ」とか、「自分の子がそうだからって、皇室のお子様まで同一視しようとするとは失礼千万」と反発なさる方もいらっしゃるでしょう。
ただ、私は発達障害児の親であり、自分の子の特性だけでなく、お仲間の中にも、色んなタイプの子がいることを実際に見ています。
そんな中から、出てきた感想です。

愛子さまはじめ、すべてのお子さま、そして日本の、世界の、子どもたち皆それぞれに適した教育や療育と、愛情が注がれることを願っています。
そして私は、自分の二人の子どもに、それをしよう、と思っています。

スポンサーサイト


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2006-12-26(Tue) 13:41:41
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。