カレンダー
04月 « 2017/05 » 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
男女産み分け・スピリチュアル編
上の子ポンは男児、下の子ルルは女児です。
第一子の時は、性別はどちらでも嬉しい、と思っていました。もともと、第二子をも望んでいたからです(できるまで時間がかかりましたが・・・)。
そして、第二子をつくろうと決心した時、正直「女の子がいい」と強く思いました。初めは「男と女がいれば嬉しい」とか「女の子の方が育てるのがラクだと聞くし、成長すれば一緒に買い物に行けたりして楽しそう」とかいう安易な考えからでした。
でも、ちょうどその頃、江原啓之さんの「江原啓之のスピリチュアル子育て」を読んで、考えが変わりました。

(↑ごめんなさい、私の技術のなさで、どうしても「amazonで買う」という項目が入ってしまう。売り込みではないです、すみません。内容だけ見たい場合は、タイトルだけクリックすればいいし、たとえ「買う」をクリックしてしまっても、すぐ買わなきゃならないハメになったりはしません)

「男の子か女の子かは、子どもが決めて生まれてきます」
という項目がありました(以下、私が内容をまとめて書きます。江原さんは、もっと優しい、丁寧な文章で書いています)。
「私(江原さん)のところにも、『どうしても女の子が欲しい』『跡継ぎが必要なので男の子でなければ』という相談が後を絶ちません。けれども、生まれてくるのを決めるのは、あくまでも子どもの方です。そして、あなたの家に必要な子どもが生まれてくるようになっています。現世の事情や、親の我欲などは、スピリチュアルワールドの前には通用しません」と。
そして、どうしてもどちらかが欲しい、と強く願う場合は、そういった親のエゴなどを捨てて、一生懸命心の底から祈ることだと。そして、祈れば「かならずしもではないけれど、あなたの家に必要ならば、かなうかもしれません」と。
単純な我欲からではなく、学びのために祈ることが大切。「スピリチュアルな動機こそ大切なのです」と、江原さんは書いています。
「女の子(男の子)をもって、学びたいのです」という動機から祈りなさい、ということだそうです。

私はこれを読んだのが、丁度妊娠に取り組む前だったので、「私は女の子を育てることで、『自分が女であること』や『女の子集団に感じている怖さ』を克服する学びを得たいのです」と、祈りました。

私は、子どもの頃には「女の子らしく」という育ち方はしなかったので、おしゃれにも興味があまりなく、「女でよかった」と思ったことがあまりなかったのです(今はそうは思っていません)。
学校時代も、女の子グループの「自分にはおかしいと思える『ルールのようなもの』や、『つるんでトイレに行く』などの行為、バスが揺れただけでキャーと騒ぐ、といった、女の子特有のマイナスの言動」がとても苦手で、男友達(彼氏とかではありません)や、男の子グループの中で「紅一点」でいる方が気楽、という時期がずっと長かったのです。

それと、大人になってからは、小学生の女の子集団に出会った時、何故か「怖さ」を感じていたのです。おませな言動や「ずうずうしく」感じるような言動。自分がポンを連れて歩いている時、そうでした。男の子は、どの子を見ても、あるいは男の子グループを見ても、素直に「可愛い」と思えていたのです。でも、ずっとこれでは、私はかたよった人間のままでいてしまう、と危惧もしていました。

そんな時、江原さんの文章を読んだ時、「女の子を育てることで『女性』を好きになり、自分を変える学びとしたいのです」と、心から思えたのです。

偶然かもしれませんが、その願いは叶いました。

そして今日。
私の体調と、ルルのタイミングもよかったので、初めてルルを連れて、ポンを幼稚園へお迎えに行きました。
その時、女子小学生の下校時にも遭遇しましたが、以前とはまったく違う気持ちで、微笑ましく見守ることができました。
ルルも、学校へ行くようになったらこんな感じなのかな、みんな可愛い服を着て、可愛いことを言っているな、と。
自分でも、この変化にはびっくりしました。

いろいろな産み分け法があると思います。
その中でも「学びたいという気持ちを強く持つ」というのは、有効ではないかと思って、書いてみました。
もし、どちらかの性別の子を望んでいる方に、ご参考になれば・・・。

ただし、江原さんも書いていますが、かならず叶うとは限りません。どんな子でも、その家に必要で生まれてくるからです。

最初にその項目を読んだ時は見落としていたのですが、さりげなく「障害をもつ子」についても、その項の最後の方で触れられていました。

「生まれてくる子どもは健康であって欲しい---親として当然の願いです。
けれどもスピリチュアルな視点から見れば、病気や障害をもって生まれてくる子どもは、それだけ勇気のある、意欲的なたましいだといえるのです。なぜなら、わざわざ不自由を感じることの多い肉体を選ぶことで、この世でできる限りの学びをしたいと望んでいるからです」

ポンが診断を受けて、ショックを受けている時に読んだら「ケッ、ひとごとだと思って」と、感じたかもしれません。
でも、今、素直に「そうなのかもしれないなぁ」と思えます。
この経過こそが、私の、ポンのような子を育てていく中の、学びだったのだと思います。

私の引用や勝手なまとめでは不十分だと思うので、興味のある方は、ぜひこの本を読んでみてください。
スポンサーサイト


ヒーリング・スピリチュアル | 2006-12-07(Thu) 17:48:58
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。