カレンダー
05月 « 2017/06 » 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
男はつらいよ。
毎週土曜日はBS2の「寅さん」を楽しみにしています。今日は「寅次郎夕焼け小焼け」で、マドンナは芸者の「ぼたん」こと太地喜和子が、「不幸なのに普段はそれを微塵も見せない天真爛漫」な魅力をふりまいていて、見てて泣けました。なんだか、この「ぼたん」という役にも、太地喜和子自身にも、何故か瞬間で感情移入してしまって、理由もなく涙がどんどん流れ出てきて自分でも驚きました。自分もさ、「つらいほど過剰におどける」っていうアグリモニー(バッチフラワーレメディ)的要素が強いからかしら。

寅さんがふとしたことから知り合う有名画家に宇野重吉、それを観光案内する一行の中のチョイ役にその息子の寺尾聡(「ルビーの指輪」のかなり前だよ!)という親子競演など、見所満載でした。宇野重吉と岡田嘉子が「人生と後悔」について語ったりとか(岡田嘉子って恋人とソ連に逃避行した波乱万丈の女優ですよね!)。「男はつらいよ」って、わりとストーリー展開が決まっていて、そこが心地よかったりもするのだけど、この頃ってまだそんなに定型化していないのか、序破急トトトトトン!と「意外で」「嬉しい裏切り」のラストシーンにもっていくところが新鮮でした。いいわぁ~寅さん。なごむぅ。やっぱ「人間」だよ!「信頼」だよ!
それにしても、渥美清さん始め、寅さんのレギュラーメンバー、ゲスト陣どちらにも「故人が多いなぁ・・・」としみじみしてしまいました。自分が6才の頃の映画に出てる人がそういう状態である、という年齢になってしまったのだなぁ。

太地喜和子、本当に「いい女」だなぁと思いました。一緒に見てた夫も「かわいいなぁ」と言ってました。たしか椎名誠との対談で「太い大地と喜んで和するんですよ、すごい名前でしょう」みたいなことをはしゃぎながら話していたと思うんだけど、この名前は本名だったのかなぁ。たしか、「太地」は出身地の地名にちなんだもので、「喜和子」は本名だった気もするのですが、知っている方いたら教えてください。

あと、さくらさんの「至極まっとう」「誠実」「暖かさのある冷静さ」「気配りのある真面目さ」などがすごく心に響きました。どの回でもそうなんだけど、「お兄ちゃん」を説得するところとか、今回では「画家先生」の留守宅(豪邸)に、高額すぎると思われる先生からの「お礼」を返しに行く時のふるまいとか。ああ大人の女性って、こういうふうにするのがマナーなんだなぁ、勉強になるなぁ、と、年齢だけはとっくに大人でなきゃなんないんですけど、今頃思いました。

寅さんが、ぼたんをひどい目に合わせた男に憤慨して、さくらさんに、明日警察が来て俺のことを訪ねても兄とは8年前に縁が切れているといえ、ミツオを犯罪者の甥にはしたくないからな・・・という内容のことを言って、拳を握り締めて飛び出していくところなんて、ああ寅さん!男の中の男!!(でも、該当の男の居場所も聞かずに飛び出したので、殴りに行くことなんて結局できないんですけどね。そこがまた寅さんチック)。
とりあえず、今「理想の男性像は?」と聞かれたら「寅さん」と即答する状態です。
スポンサーサイト


テレビ番組&芸能一般 | 2005-11-05(Sat) 23:13:43
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。