カレンダー
08月 « 2017/09 » 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
世界の廃墟 南米篇 雲上の楼閣 - イトス
↑というDVDを、今、授乳の合間に見ておりました。
夫がネットレンタルでしきりに勧めてくれていたのが届いたんです。
彼自身は、南米にも廃墟にも興味はないのですが、私が「廃墟大好き」(実際行くことはしない、こわいから。ネットで廃墟探索の方々の写真を見たりするだけ)で、サンバやサルサなどのラテン音楽好き(音楽そのものが好きなだけで、南米に実際行ったことはない。遠いし、ちょっと「こわい」感じがする(「廃墟は好きだけど、行くのはこわい」という感覚と、何故か同じ)、好きなのに。うまく説明できない)なので、興味があるんじゃないかと思ったらしい。

このDVDは、作家の戸井十月氏が紹介する視点となっているもの。
いや~・・・すごかった。
えっと、戸井さんの公式からそのDVDはココかな。
世界の廃墟 南米篇 雲上の楼閣 - イトス
(アマゾンのアソシエイト貼ってる余裕がない)

かつて、エメラルド鉱山で栄えた街が、残骸をさらして、今はもう高地の風に吹かれるのみ・・・という映像と解説なんだけどね。
それがね、美しいのよ。
そして、人間の夢と欲望の跡の、かなしいストーリー。
結局、過酷労働させられるのは、原住民インディオ。富を得るのは、一握りの外国人(まぁスペイン人だね、あとはほんの少数の現地の有力者とか)。
学校はあっても先生はいない。病院もないから、怪我や病気をしたら死んでいくだけ。
労働争議による死傷者の発生はしょっちゅう。大量虐殺の歴史もあり。
スペイン人が持ち込んだキリスト教は、現地の人が大切に守ってきた土着の神を「悪魔」として、封じ込めた。
それが、ボリビアのカーニバルでは今も、昼はきらびやかで華やかなパレード、夜は覆面をつけて土着の神の登場、それもいまだ「悪魔」として。栄枯盛衰は過去のものだけではない。

しかしね、夫は私の趣味を把握しすぎだよ。「廃墟」「南米」「ジェムストーン」「土着の神々」「カーニバル音楽(私は浅草サンバカーニバルで優勝したチームにいたこともあるんだぞ)」とか、ひかれるものがちりばめられすぎ。誰にでもおすすめ、というDVDではないが、BGMも物哀しくゆったりしてて、逆に癒しの作品でありました。

私が「おーい、なんでこんなに『ちりばめられてる』の~」と風呂から出てきた夫(彼は途中で見るのをやめてた)に声をかけたら「(その地に)いたんじゃないの」とニヤリ。この人いつから「前世」とか信じる人になったんだ。

で、思い出したんだけど、私が初めてサンバカーニバルに参加した時の、チームのテーマ音楽が、タイトルは忘れちゃったけど「インディオの(奴隷的な時代の)過酷な生活」を歌ったものだった。サンバなのに、こんな悲しいテーマでいいのか、とかちょっと思ったんだった。
「インヂウ(=インディオ)」「ネグレ」「ラメント」とかいう歌詞があったんで、黒い俺達の悲しみ・・・みたいな感じ?なんだっけなータイトル。歌詞も、あの時は全部覚えてたんだけどなぁ。1990年に「ウニアン・ドス・アマドーリス」にいた方、教えてください(ピンポイント過ぎ)。
スポンサーサイト


日記 | 2006-11-09(Thu) 03:28:19
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。