カレンダー
05月 « 2017/06 » 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
パニック起こしました(自分が^^;)。
ポンは昨日から幼稚園に復帰です。大喜びで行って帰ってきましたが(私はまだ思うように動けないので、産前と同じように夫に朝の送りをしてもらい、お迎えは同じクラスのお母さんにお願いしています)
帰ってくるなり「Sちゃん(同じクラスの女の子)の妹も『ルルちゃん(仮名)』っていうんだって!」と、なんだか納得いかないようす。
私はそのことは知らなくて、「あ~かぶっちゃったかぁ、結構かぶらないようにと考えたんだけど、クラスの子のきょうだいの名前までは全員知ってるわけじゃないからなぁ」と、ちょっとへこみ。でも「いいお名前だから、同じ名前の子もいるのよ」と言ってみた。
そしたら今日は「あのね~、Mちゃんの妹も『ルルちゃん(仮名)』っていうんだって」とか言い出すのよ。本当かい?「Sちゃんの妹じゃなかったの?」と聞いたら「Sちゃんの妹も。だから3人」だって。
で、少し時間がたってから「Sちゃんの妹がルルちゃんって本当?」って聞いたら「Mちゃんの妹がルルちゃんだよ!」とか怒り出す。
おーい真相はいかに。これ読んでる方で、もし真相を知ってる方がいたらコメント欄でお知らせくださいませ~。クラスの先生に聞いたら早いけど、送り迎えにまだ行けないし、わざわざ電話して聞くことでもないしなぁ。

昨夜、私、勤務先の夫にすごい剣幕で怒りのメールを送りつけ、その言い訳にかけてきた夫の電話に怒鳴り散らしてしまい、頭が爆発しそうになり、「母乳やめたからいいんだ!」とワインがぶ飲み(みすてぃさんせっかくアドバイスいただいたのにごめんなさい)したりして・・・よく考えたら、心療内科の薬をまだ飲んでいなかったんだよね、もう飲むべき時間を過ぎていたのに。
今朝、そのことも言って、夫に謝りました。

薬のこともあるけど、その「怒りの内容」が、「予定の変更」に関することだったんです。急な予定の変更には、対処できないんです、やっぱり私もアスペ人間
「予定の変更」を告げてきた夫を「不実」であると「責めている」わけでは、全然ないんですよ、その怒りの方向は。私は、「予定の変更」という状況そのものに「恐怖」を感じてしまうのです。
だから、たとえ「いい方に変更する予定」であったとしても、パニック状態になっちまうんですよね・・・でも「アスペだからしょうがないじゃん」って開き直ったら、アスペでも努力して生活してる他の人に申し訳ない。だから、自分で先に気がつかなきゃ、「あ、私のこの怒りまくりってアスペの特性!だから落ち着かなきゃ!」ってね。
でもそれをするには、この「うつ」もなんとかなっていかなきゃ難しく(デフォルトの状態が、いつでも死にたくなっちゃう状態なんだもの)。

なんとかしていきたいなぁ~。
とりあえず、子どもたちには悪影響のないように、努力していきたいと思います。

あと、きのう心療内科のリラグゼーションで知り合った人は、すごく大変そうな家庭環境だったよ。初対面なんだけど、30分くらい色々話して(彼女が妊娠したいということだったので、薬の影響がどれくらいなのか、産後の私に聞きたいということでした)。
なんかさ、「フツーのシアワセな生活」してる人っていう人の方が、数が少ない気がするよ。
外からはそう見えても、実は色々背負っている、という人の方が、私の周りには多い。このブログを始めて、私の子が発達障害だとか、私がうつだとか、そういうことを知って「私も実は・・・」って打ち明けてきてくれる人、一人や二人じゃないのよ。それまでの直接の知り合いの人、ネットでのお友達、どちらからも。それまでは、そういう課題を背負っている人とは、全然感じさせなかった明るい人がね。

人には、誰しも事情があるのだ。
スポンサーサイト


子育て | 2006-11-01(Wed) 18:42:46
| コメント:(6)
コメント

お疲れ様でした・・・unakiteさんの日記を読むたび、同じ同じ!と思うことが多く、「それがアスペの症状なの!?」と驚き、というか、ある意味感動にも似た気持ちになります。すぐには難しいかもしれないけど、うつもだんだんと良くなるといいですよね。本当、応援してます。
2006-11-01(Wed) 22:27:51 | URL | wanta #- [ 編集]
それは,私も普段からしてますので言えたことではないんですが・・(苦笑)
たまにはそんなことありますよね。。
毎日だとちょっと困りますが・・なぜなら私の場合胃が荒れるので。


ちょっと気になったところだけコメントします。
アスペルガー症候群と診断されるには,いくつかの条件に当てはまる必要性があります。
ですので,ある一つないしは二つなどの条件にあてはまったとしてもそれだけで,診断がつくわけではないのです。(これは私の意見でなく診断基準で公開されているものです)
ただ,同じ特性をひとつでももしお持ちだとしたら,対処の仕方は参考になるものもきっとあるとおもうので,それは参考になさるとよいのではないでしょうか。
健康な人でも参考になる対処法でもあると思います。
2006-11-01(Wed) 23:29:55 | URL | みすてぃ #- [ 編集]

まだ、みなさんにコメントのお返事をできる状態でもないのですが、みすてぃさんのコメントが気になったので、ご質問というか感想というか、書きます。
(wantaさん、ごめんなさい。いつもありがとうございます。
みすてぃさん、私頭今混乱してるので失礼な文言になるかも。ごめんなさい)

ということは、やっぱり私は「きちんとアスペだと診断を受けたわけではない」ので、こういう場で「私のアスペの特性」とか書いちゃうのは、よくないことだ、ということでしょうか。だったら、やっぱり医療機関で私も診断を出してもらった方がいいということでしょうか。つねづね、私はそうしたいと思ってきました(診断が出た方が自分としては安心できる。そうでないと、子どもの頃から今までずっと、すっごく性格の悪い人間だということになってしまう、という恐怖感がある)。吉田友子先生の本を読んで、どれもこれも自分にあてはまるので、ああ自分はアスペで、だからポンもそうなんだ、というふうに、ここ数年はとらえてきました。
「健康な人でも参考になる対処法」というお話はわかります。
でも、私はまったく、健康ではないと思っています。診断基準かぁ。「三つ組」とかの他にも、いろいろあるのでしょうね。
これからも専門のお立場からのご意見、よろしくお願いします。
2006-11-02(Thu) 00:16:48 | URL | unakite→皆様、そしてみすてぃさんへ #CwrboUno [ 編集]
アスペルガー障害と診断がつくには,先にコメントしたとおり,いくつかの条件をクリアする必要があります。

しかしそもそも何でその診断をつけるか?
というと,その後の養育や教育でその診断がついた方に有効な対処・処遇をするためなんです。(これは特に発達障害の場合に言えると思います)

なので,既に成人しており,そしてそれまでにある程度社会的に何とか適応している方であれば,対処・処遇を模索するための診断はおそらく至%B
2006-11-05(Sun) 01:29:13 | URL | みすてぃ #- [ 編集]
なので,既に成人しており,そしてそれまでにある程度社会的に何とか適応している方であれば,対処・処遇を模索するための診断はおそらく至急性はそれほど高くないのではないでしょうか。
ただし,それで生きづらい,生活に支障がある,と言うことをずっと抱えてきて,診断がつくことで気持ちに整理がつく,ということであれば,診断受けてもいいかとは思います。
ただ,アスペという言葉が独り歩きしてしまうのはとても恐ろしいことだと思うので,ある条件に当てはまるということと,アスペではないかと思うこととは区別できたらよいのかなと思います。
ネットだと,いろいろな概念が最初の意図とは別に一人歩きしてしまうということが頭に浮かんだので,コメントした次第です。
だからといって,unakiteさんの記述がそうだとは限らないことを分かっていただけたら嬉しいです。
あまり,説明が上手でなくて,ご気分を害したらすみません。
私の方は慣れてますので大丈夫です。お気遣いいただいて,嬉しいです。
2006-11-05(Sun) 01:33:45 | URL | みすてぃ #- [ 編集]

みすてぃさん、詳しいお返事どうもありがとうございます。

>しかしそもそも何でその診断をつけるか?
というと,その後の養育や教育でその診断がついた方に有効な対処・処遇をするためなんです。(これは特に発達障害の場合に言えると思います)

そうなんですよね~。別に、レッテル貼るために診断するわけじゃないですもんね~。当人が暮らしやすくするために、周りが対処を学ぶため、診断ってされるんだな、って思ってます。

>既に成人しており,そしてそれまでにある程度社会的に何とか適応している方であれば,対処・処遇を模索するための診断はおそらく至急性はそれほど高くないのではないでしょうか。

そうそう。至急性は、高くないですよね、私の場合。外で仕事をしているわけでもなりですしね。今の状態では、診断受けに行くのも物理的に難しいですし(今のクリニックでやってくれるなら別ですが、一度相談した時に、みすてぃさんの言葉と同じことを主治医に言われました)。

>ただし,それで生きづらい,生活に支障がある,と言うことをずっと抱えてきて,診断がつくことで気持ちに整理がつく,ということであれば,診断受けてもいいかとは思います。

これは、大いにあります。気持ちに整理はつけたい。だから、機会があれば、ぜひ診断を受けたいと思っています。それで「アンタ違いますよ、ただのワガママな性格ってだけですよ」という診断が出れば、ああそうか~じゃあ性格直す努力をして、いっそう気をつけて生活せねば、と自覚が強まりますし。

>ただ,アスペという言葉が独り歩きしてしまうのはとても恐ろしいことだと思うので,ある条件に当てはまるということと,アスペではないかと思うこととは区別できたらよいのかなと思います。

「とても恐ろしいこと」ですか・・・。
いや、おっしゃることは、わかります。
「あの人もアスペ、この人もアスペ」っていうのを、「だからあいつはヤな奴なんだ」という意味合いで使われるのだったら、「とても恐ろしい」と思います。実際、ネット上では、「個人的に気にくわない、歯に衣きせぬ物言いをする知的っぽい人」のことを「あいつ絶対アスペだよな」とか「○○のアスペ的言動」とかまとめられたりしてるのを見たことがあります。こういう点が「恐ろしい」のかな、と思います。

ただ、「あの人もアスペ、この人もアスペ」だから、アスペって別に特別なことじゃないんだよ、どこにでもいるじゃん、っていう方向に向かうのなら、安心材料になるかなって思ったのですが、それは楽天的すぎなのかな。特に、ネット上では。

これから、気をつけますね。
ただ、過去の「私のアスペ的言動」みたいな記事を修正したりはしないことにします。理由は、大変だからです。単純な理由ですみません。

でもね、生活の中で、成人してる人で「あの人、いい人なんだけど、かなり変わってる。いや、いい人と言っていいのかどうか。こっちが質問してるのに、それには答えないでシラッとした顔して、全然別のこと突然言い始めるし、一対一で話すと面白いのに、集団の中で話してると、『その話題をあの人がいる前で持ち出すべきじゃないよ!』っていうことを平気で言ってケラケラ笑ってたりするし、あんなんじゃ誤解されちゃうのになぁ、実際陰では他の人たちに『あの人がこんなこと言った、嫌だよね』って言われてるし」っていう人が、私が今思いつく中で、知人で7~8人います。
そういう人たちに対して、「私もつきあい避けた方がいいのかな」と思ったことがあります。
でも、アスペのことを知って、「なんだ、あの人も、多分アスペだからああなっちゃうんだ、じゃぁこう対処すればいいんだ」と思うと、その人のことを嫌いにならなくて済んで、自分の気がラクになったりしたこともあります。

ただ、やっぱり、発達障害だと診断されないで、あるいは診断されてても周りの理解がされないで療育や適切な対処が受けられず、二次障害として犯罪を犯してしまった人のニュースで「容疑者はアスペルガー症候群」とかデカデカと新聞に出ちゃったりするのは「やめてくれ~」と思います・・・最近は、奈良の自宅に放火してしまった医者の息子が「広汎性発達障害」と新聞に出ていました。この子の場合、もともと診断が出ていたのかどうか私は知りませんが、その記事読んだ時はドキッとしたよ。ポンの場合も、周りには「広汎性発達障害」って言ってるからね。こういう記事を読んだ人が「発達障害って犯罪者になりやすいんだね」なんて思っちゃうかも、そういうことが「とても恐ろしい」「言葉の独り歩き」という状態なんだな、と思います。
早くから適切な対処がされれば、そうはならないのよね・・・だってあの家、勉強部屋のことを「集中治療室」って呼んでたんでしょ・・・そりゃないわな。親がアスペなんじゃん?とか思っちゃったよ、正直私は。

あんまりまとまらなくてすみません。
これからもよろしくね。
2006-11-05(Sun) 06:54:18 | URL | unakite→みすてぃさんへ #CwrboUno [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。