カレンダー
05月 « 2017/06 » 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
ガタピシ。
ちょっと、身体中がガタピシしてきました。
入院中は、フィジカル面では必要最低限の動きで毎日が済んでいたけれど、メンタル的には落ち着かなかった。
実家も、母が何でもしてくれるけど、ポンが「赤ちゃんがえり」っぽくなったりするのをなだめたり、私や赤ちゃんがいることに伴う力仕事で疲れているのを見ると、「産後なんだからあなたはいいのよ」と言われても、甘えてばかりいてはいられない(根性論ではなく、現実的に母に倒れられては困る)ので、やはり多少動かざるを得ない。
そして、これは私の病気から来るものであり、人的要素には関係ないのだが、くつろげるべき実家といえども、メンタル面での内的トラブルはあるのだ。わかりづらい言い回しだが、何かを隠しているわけではなく、普通の人には何でもないと思われる「ある事」が、たまらない恐怖であったりするのだ。それが何か、というのを身近な人に言うことも、ここに書くこともできないのは、「それ」が一瞬でも頭にのぼるのが怖くてたまらないからだ(医者には言える)。
普通の人でも「産後うつ」というのはある。私はもともとうつなのだから、十分な注意が必要なのだが、何をどう自分で注意すればいいのか皆目検討がつかない。クリニックで前もって提案された「方法」はあるが、それは具体的には「実現不可能」なことである――ポンを転園させて6ヵ月実家にいろ、というものだ。
どう書き終えるかがまったく浮かばないので、書きっぱなしにする。
スポンサーサイト


子育て | 2006-10-19(Thu) 22:37:32
| コメント:(1)
コメント
>ポンを転園させて6ヵ月実家にいろ

これは、結局、「できるだけ無理しないで、のんびり過ごせ」ということだと思います。
提案はベストだけど、不可能なときは、できるだけそれを心がける…ということでいいのではないでしょうか。

お母様が特に身体が弱いのでなければ、「とりあえず」お言葉に甘えてもいいのではないでしょうか。火事場のバカ力ではないですが、小さな命が思いがけないエネルギーをくれることもあります。

母親がハッピーなのが、結局はポンちゃんやルルちゃんの幸せにも直結しますから、本当に無理しないでね。
2006-10-20(Fri) 19:50:11 | URL | ローズ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。