カレンダー
08月 « 2017/09 » 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
自閉症ドラマ関連と、おなかの子関連。
ココで書いた「光とともに~自閉症児を抱えて」のドラマ再放送に関する記事に、一部補足を入れました。緑の色字で書き足した部分です。念のため、その部分だけこちらにもコピーしておきますね。

(光くんのパニックの様子を見て、なんて親御さんは大変なんだろうとまるでヒトゴトのように「可哀想に」思ったり、またはまったく笑わない様子を見て、ポンは笑うから自閉症ではないわ、と間違えた認識を持ったことを書いた後に)
この時点での感想、及び私の自閉症の対する認識は「まるっきり間違っていた」ということを、ここで強調いたします。光くんのような状態の子だけが自閉症というわけでは、決してありません。光くんは単なる一例です。「度を超した」と思えるような人なつこさを持った自閉症(だからこの「自閉症」という名称は変えた方がいいとずっと思っています)も、いつでも笑ってる自閉症の子もいるのです。


************

この話の続きでこの話題に移るのもナンナンですが(というか大いに関連性はあると見越してのことだが)、皇太子ご一家、オランダより一昨日帰国されましたね。
帰国される空港の映像も、車で御所に入る映像も何もなく、後で皇太子様だけが賢所?(でしたっけ?神様に報告するところかな?)へ侍従の方と行かれる車の映像だけがあり、雅子さまと愛子さまはやはり行かれないのか・・・それとも、もしかしたらまだ妃殿下は帰国されていない?静養の延長のために?それならそうと発表した方がのちのちのためなのに・・・と気になっていたところ、昨日、3人揃って帰国のご挨拶に皇居に行かれた映像があって、一安心。っていうか、特に安心もできないんだけどさー。

前も書いたけど、愛子さまはうちのポンと同い年で誕生日も1ヶ月半しか違わない(ポンは10月中旬生まれ)し、もうすぐご誕生の秋篠宮家の親宮さまも、おそらくうちの胎児ルルと1ヶ月半違い(うちの方が後)。愛子さまの発達のご様子は、「おそれながら」ポンと似た特性をお持ちのように思えるし、紀子さまのお身体の状態も私と同じ部分前置胎盤で帝王切開の予定(私はそれほど重くはないらしく、前もっての入院までは今のところ必要ないらしいが)。おこがましいことですが、なんだかすごく近い感じがするのです。

すべてのことが、光の方向へ、向かいますように。
スポンサーサイト


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2006-09-03(Sun) 14:22:49
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。