カレンダー
10月 « 2017/11 » 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
ハートをつなごうふたたび。
NHK教育で20:00~20:30の「ハートをつなごう」で、今週は「発達障害」を取り上げています。
私は、なんとなく前のの再放送かと思っていたのですが、今日見てみたら新しい放送でした。
5月にやった内容への反響などから、またあらたな展開へ。
今日は、アスペルガー症候群の診断を3年前に受けた、24歳の男性、高野さんの話を、石田衣良さんが聞くという形でした。
高野さん、一生懸命話してた。多分、自分の言っていることが伝わりづらいという自覚があるのだろう。でも、全部わかったよ、あなたの言いたいこと。
10代の頃に、家庭内暴力で荒れたり、街を不良のような格好で歩いたりなどの話。このまんまだと「アスペルガー=暴力=怖いわ~近付かないでおきましょう」になっちゃったら困るなぁ、と思いながら恐る恐る聞いていたら、さすが石田衣良さん、その話の後にすぐ、専門家の先生に「アスペルガーが暴力につながる、ということでは、決してないんですよね?」と確認のフォローをしてくれた。そう、かつての高野さんがそういう表現でしか外と関われなかったのは、「アスペルガーの特性を理解されないまま(そもそも診断も出ていない)、虐待や迫害を受け続けたことによる二次障害」なのです。
そうしたら、番組の最後に、高野さん自身が、つっかえつっかえながらも、そのことをハッキリと言ってくれた。今、発達障害で悩んでいる子たちがたくさんいると思う、その子たちが周りの理解を得られないと、僕のような暴力、または自傷、ひきこもり、などの二次障害に追い込まれてしまう。小さい頃から、周りは理解してあげてほしい、というようなことを、しっかりと伝えてくれた。感動しました。そうなんだよ。すっごい頭いいんだよ、彼は。ただ、表現方法に苦労してきたんだよ。

明日は、「教育現場で悩む教師からの質問に答える」「アスペルガー症候群の若者が、就労の悩みを話す」だそうです。
今週見落とした方も、再放送が8月14日(月)~17日(木)午後1:25~1:54にあるそうですので、ぜひ。

朝顔は2輪。
20060809205648.jpg

20060809205657.jpg


ここ数日、コメントをいただいていて、お返事できていない方、ごめんなさい。全部読んでいます。心でお返事しています。そのうち本当のお返事も書きたいと思っています。なんだか、自分の書きたいことばっかりが先に来てしまって、優先順位が本来でなくなってしまい、頭が回らなくて。ごめんなさい。
スポンサーサイト


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2006-08-09(Wed) 20:59:08
| コメント:(4)
コメント
再放送、予約録画する!ありがとう!
本当に、そうなんだよね・・・
理解して、適した対応をすることが、大事なんだよな・・・

だけど、診断されることが、そして、診断に行こうと決意することが
とても、大きな、壁なんだ・・・きっと

2006-08-10(Thu) 00:12:46 | URL | 木が3本 #- [ 編集]

今日の放送は、「クラスに明らかに発達障害と思われる児童がいるが、それを親御さんに告げるにはどうしたらいいか」という学校の先生からの質問がテーマの一つでした。

専門家や大人の発達障害当事者が、いろいろとアドバイスしていましたが、私はこの問題に関しては、まったくわからないなー。
だって、自分の子が困ってるのに「ウチの子を障害者扱いするなんてキー!失礼ザマス!こんな無礼な教師は、教育委員会にチクッてクビにしてやるザマス!」(って番組でやってたわけじゃなくて私の妄想作文だけど)みたいな母親がいるなんて考えられないもん(でも実際こういう人は大量にいるのさ)。自分で育ててる人じゃないと思うもん。

木が3本さんが言うように、「大きな壁」なんだろうね。
「大きな壁だなぁ」って見てられる時間があるってこと自体が、私にとっては「余裕」に感じられてしまうけどね。
でも、だからこそ大変というのもわかる。「明らかになんとかしなくちゃ」とまでいかない、でも・・・という段階の子も、多いのでしょう。
で、相談機関に行くと、実際「お母さん心配しすぎですよ」とかはねつけられちゃう場合があるのも事実(相談機関と名乗っておきながら、地域や組織によって温度差がある)。

書きっぱなしでゴメン~

来週再放送だし、来月また新しい内容の特集を組むらしいです。気合い入ってるなぁNHK教育。でも、これどれだけの人が見てるんだろ?そりゃ、当事者や家族は見てるだろうけど、一般の「関心ない層」に見てほしいんだけど、関心ない人は関心ないから見ないだろうしなァ。学校の先生が、道徳とか特別活動の時間にビデオでも見せてくれるといいんだけどねー。
2006-08-10(Thu) 20:43:40 | URL | unakite→木が3本さんへ #CwrboUno [ 編集]

お久しぶりです。こんばんは。
だいぶご無沙汰していたのですが、いつも記事は読ませていただいていましたー☆

「心をつなごう」という番組は知りませんでした・・・(お恥ずかしながら。)
もう、放送は終わってしまったようなのでね再放送を見たいと思います。机の前にちゃんと張り紙しておきました!!

「関心ない」たくさんの人が見てこそ、意味がある番組なのかもしれませんね・・・
私も、友達や知り合いにお知らせしようかと思います。
私たちが将来、教壇に立つためにも、ですね!!
2006-08-10(Thu) 23:20:56 | URL | koyuma #- [ 編集]

koyumaさん、ごぶさたしてます!
失礼ながら久々にkoyumaさんのブログも読ませていただきましたが、夏!青春!って感じで、すっごくうらやましい~。私も大学時代、夏休みにはいっぱい遊んだので、懐かしいのですが、それ以上にkoyumaさんの場合は志を同じくする仲間や先輩がたとの絆を強めているのが伝わってきて、素敵だなぁと。

そういうkoyumaさんのような将来ある方が、お仲間に発達障害の子どもたちのことを広めていただけるのは、とても心強いです。
これからも、日々を楽しみながら、お勉強がんばってくださいね!
ぜひまたいらしてください~(^-^)
2006-08-18(Fri) 10:43:11 | URL | unakite→koyumaさんへ #CwrboUno [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。