カレンダー
08月 « 2017/09 » 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
いますっごく
調子が悪い。
っていうか、昨日と一昨日はよかった。っていうか頑張った。
涼しかったから、朝早めに家事を済ませて、午前中にポンと公園。
夕食も、私にしては手のかかるものを、バランスよくちゃんと作った。
ここんとこ洗濯も毎日してる。掃除もある程度してる。
(フツー、うつの時は家事は「まったく」できないもんなんです)

その反動なのか今日はエラクだめだめだ。
なんなんだろう。いつもの「調子の悪さ」と、ちょっと違う。
身体そのものにガーンと影響あるというか。
これまでの「調子が悪い」という状態は、イライラが募ったり、説明できない不安感が大きくなったり、という「精神的に調子が悪い」という時間が長い、ということだったのだが、今日は「薬(ソラナックス0.4mg)を飲んでかっきり3時間が経つとマジで全身が動かなくなる」という状態だ。
「全身が動かなくなる」。具体的には、まず腕が根元から動かない。疲れをとろうとソファや布団に横になると、起き上がれない。

1錠の薬が3時間しかもたないとは・・・短すぎる。本来なら、朝・昼・晩の3食後に1錠ずつこれを飲むわけだから、5~6時間はもってくれないと一日が回らないのだ。
とはいえ、妊娠が判明する直前の処方は、一日5錠だったわけだから、一応「合っている」のだが。

出産すれば治療の薬が使えると言われているが(今飲んでいるのは、とりあえずの症状を和らげるもので、根本治療の薬ではないとのこと)、出産しても授乳があるわけだし、その判断はおそらく当人である私がしなければならないだろう。「母乳保育を断念して自分の治療を優先しなければならないほど、自分の状態が悪い」とするのか、「自分の治療を後回しにすると決意し、母乳保育を優先する」とするのか。おそらく、医師に相談しても「どちらかですよね~」って感じになるだろう。まぁ今度ちゃんと聞くけども。

とりあえず、気がすすまないながらも、昨日撮った写真をアップしておかないことには無駄になってしまうので、もうちょっとガンバル。

朝顔、8月2日2輪開花。今日はナシ。
20060803162153.jpg
この「ふ」の出方は初めて。白がメイン。美しい。和だ。日本の美だ。

20060803162207.jpg
水色ピンク、こちらも可憐。

20060803162258.jpg
一昨日、網があるからと徒歩で行ったら、お友達が自転車で来ていて、ポンも乗りたくなってしまってかなりゴネられたので、こちらとしては力仕事が増えるというリスクを背負いつつ、昨日は自転車を出した。本人は楽しそうだったが、ことあるごとに重いコレを持ち上げたり、坂で押し引きしなければならない妊娠後期の母のことも考えてくれ。って無理だな。

もうパソ前に座る体力もないはずだが、なんか書きたいという気持ちだけはあり、「欲しいものリスト」を更新したりしてみる。
iPodに入れるための音源が欲しい。10代の頃に聞いていたサザンのアルバム「テンナンバーズ・からっと」「人気者で行こう」「kamakura」あたり、レンタルでも中古でもいいから欲しいのだ。なぜか?これらの音源はみんな実家にあるが、「友達から借りたのをダビングしたカセットテープ」の状態なので、データにならないんだよ~。なんか「思い過ごしも恋のうち」とかやたら聴きたいこのアツイナツ。男は立てよゆけよ女のもとへ~♪
スポンサーサイト


心療内科&婦人科系 | 2006-08-03(Thu) 16:35:29
| コメント:(12)
コメント

調子悪いの、大変ですね~。

「テンナンバーズ・からっと」「人気者で行こう」「kamakura」…、私も10代の頃ずーーっと聴いていました。ほんと、暇があったらずーっと。
サザンがデビューしたのは、私が小学生の頃で、♪ららら~ららら、ららら~、に頭をがーんと殴られたような衝撃を受けました。
でも、LPを買って、うちにはステレオが無かったので、友達にテープにダビングしてもらって…という感じでした。そのLPももう何処にあるかわからないな~。
2006-08-04(Fri) 03:09:03 | URL | ローズ #- [ 編集]

ローズさん、こんにちは!
今日も調子イマイチなんですが、ipodでプレイリストを作って「海」「栞のテーマ」「いなせなロコモーション」といった爽やか系を聴きながら洗濯物を干し終わったところです(このあたりの曲は、夫所有の「海のYEAH!」というベスト盤に入っているので聴けるのです)。サザンはいっぱい好きな曲あるけれど、どれか一曲!と言われたら、「人気者」に入ってる「海」なんです~。イントロがめちゃめちゃ美しい。すっごく「絵が見える」というか。えーと、「俳句みたい」っていうか。おかしなたとえ^^;

サザンのデビュー時は、私も小学生。低学年の頃でした。すごい音楽性なのに、それを照れ隠すかのような「おふざけパフォーマンス」ばかりが注目されて、親が顔をしかめていたし、紅白にも出られない(ふざけてるから?)、「見ちゃいけない」人たちのような気がしていました。ハマったのは中学2年時の「Bye Bye My Love」からで、過去の曲をさかのぼって聴きました。

それにしても、今も桑田さんはお寺の境内のライブで、バカ殿カツラで「マンP」歌ったり、ずっと「おふざけ」姿勢もありつつステータスを維持してるのは、ものすごいことだなぁと尊敬します^^;
2006-08-04(Fri) 12:03:14 | URL | unakite→ローズさんへ #CwrboUno [ 編集]

♪移り気なあなたに 抱かれてしびれた
ほんのちょっとだけで こんな気持ちになるなんて
悪い人だと思うけど…

デスネ!
ああ、ちょっといろいろあって、歌詞を思い出しただけで涙が出そう。
ベストと言えば、「バラッド」1、2にも結構色んなモノが入っていると思いますよ~。
私もどれが一番て、言えない…。
けど、強いていえば、シングルカットされたけど、それ程ヒットしなかった「EMANON」です。

風に身を投げるライムの木よ…

の所が、不思議な陰影を持った1枚の写真のように情景が焼き付いています。
2006-08-04(Fri) 23:57:32 | URL | ローズ #- [ 編集]
おひさしぶりです。お加減如何ですか。
僕もソラナックス処方されてました。でも、副作用がひどくてふらふらしてしまい、仕事にならなかったので、なんとかソラナックスを使わずに症状を抑えられないものかと、バッチフラワーレメディーを試しました。僕には合ったみたいです。どのレメディーがいいのかわからなかったので、僕はペンデュラムで選びました。服用する量もペンデュラムに聞いてます。
今のところすごく調子がいいです。
西洋の薬は副作用があるし、体への影響が大きい気がします。なので、薬が切れるとがっくりきたり、というのが激しい気がするのです。フラワーエッセンスとか波動療法的なものも補助的に取り入れて行かれるとよいかも…僕は使えるものはなんでも使ってます。兎に角仕事が休めないので。鬱症状が酷くて起きあがれないときは、足にレッドポマンダーを塗ると起きあがれるようになるので愛用してます。職場でのサイキックアタックで症状が酷くなることが多いので、浄化用にユニオミスティのcall to awakenのミストを持っていって、しょっちゅう場やオーラの浄化をしてみたり。(オーラソーマのセラピスベイとかディープレッドポマンダーとかでもいいのかも…)お手持ちのオーラソーマのプロダクツでも使えるものがあるかもしれないですよー。
あくまで経験的な話ですが、ご参考まで…
お大事になさって下さいね。
2006-08-05(Sat) 00:18:25 | URL | hisashi #B7q/.fmY [ 編集]

ローズさん>

おお!歌詞抜粋、「そこを切り取る!さすがローズさん」と思った途端、その部分はシンプルに「でだし」だと気づきました^^;なんつーか、のっけからサビですよね、不思議な曲だ。えーと、いわゆるコムロ曲のような「頭サビ」とかとは違って、どこを切り取ってもまったく捨てるところがない、というか。

「移り気なあなたに抱かれてしびれた」ことがズバリあるってわけじゃない(かもしれない・・・?)けど、なんだか「ズバリあった!」っていうような気分になっちゃうのだわ。歌の主人公が、男か女かもハッキリしてなくて、全体的に揺れるような感じが、夏のかげろうのようで素敵。

高校生の時にカラオケで陶酔して歌ってたら、女の先輩に「歌い慣れてるねぇ~」って感心されました。「言葉じゃ言えない『好きよ・・・』」って、すんごい感情込めて歌ったんで。

「EMANON」!名曲です。でもやっぱり「渋い」ですね。こんなとこがねーファンのくいつきをそそるのよね。


hisashiさん>

アドバイスありがとうございます!
私もペンデュラムでバッチ選んでみようかな・・・
起き上がれない時にレッドポマンダーを足に塗るの、よさそうですね。今度やってみます!

ポマンダーもクイントも全種類持っているのだから、有効利用しない手はないですよね。
でも、どよ~んとしている最中には、そういうものを使おうという考えにまで至らなかったりしてしまうんです。
でも、hisashiさんにこうやってアドバイスいただいて、そうだ使えばいいんだ!って思い出しました。
本当にどうもありがとうございます(^-^)
2006-08-05(Sat) 22:43:55 | URL | unakite→ローズさん、hisashiさんへ #CwrboUno [ 編集]

>なんつーか、のっけからサビですよね、

そうなんですよね~。だから、そこが一番好きなんです。2番の、海辺へ帰る道~のところも。
ユナカイトさんの言う通り、ズバリその通りな訳ではないけど、「そうだ!海辺へ<帰る>道だ!」って、細胞にしみ込んでいるものが反応するような、なにか根源的なものをワシズカミにされています。
ステレオ太陽族も好きだったな~。
関係ないけど、SASを上手に歌える男の人ってあんまりいないと思いませんか?なんでだろう~。
例外は「恋人も濡れる街角」…。
2006-08-06(Sun) 01:09:15 | URL | ローズ #- [ 編集]

「海辺へ『帰る』道」!
私も、長いことずっと、そうだと思っていたのです。
だけど、歌詞は実は「海辺へ『通う』道」なんですよ~。http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=37575
耳で聴いてると「帰る」に聞こえますよね~。そして私もローズさんと同じように、家が海辺なわけでもないのに「そうだ!海辺へ『帰る』道だ!」と、同じことを感じていましたよ!
「通う」道だと、また違ったせつなさがあったりして。う~ん。いいわぁ。誤読してもいいだなんて。

ローズさんの、
>「そうだ!海辺へ<帰る>道だ!」って、細胞にしみ込んでいるものが反応するような、なにか根源的なものをワシズカミにされています。
・・・のところを読んで、以前俵万智(彼女もサザンファン)が「(よくわからない言葉のはずなのに)『胸騒ぎの腰つき』って歌われると、そうそう胸騒ぎの腰つきなのよね!って気持ちになるんです」ってどこかで書いてたことを思い出しました。

「ステレオ太陽族」、私は聴いてないかもしれないんですが、調べてみたら、「栞のテーマ」の時期なんですね。今アマゾンのレビューみたら、「最高のアルバム」と、大絶賛でした。

>関係ないけど、SASを上手に歌える男の人ってあんまりいないと思いませんか?なんでだろう~。

そういえば本当に!私の周りには、歌おうとする人すらいないような気がします。やっぱ難しいのかな?桑田節を中途半端に真似るのも、カッコ悪いしね。
そういえば「秘密のデート」を情感たっぷりに歌う既婚男がいて、ちょっとヒキました(笑)。

>例外は「恋人も濡れる街角」…。

わはは~!
2006-08-07(Mon) 01:39:14 | URL | unakite→ローズさんへ #CwrboUno [ 編集]

通う道なのか~。
アルバムは持っていたから、歌詞は見ていたはずだけど、発見ってあるんですね~。耳では「かいる」に聞こえてたと記憶しています。

歌詞検索、紹介してくれてありがと~。歌詞見たら、頭の中で演奏されます~。涙、涙ですね~。

ステレオ太陽族、人気者で行こう、kireiが特に好きでした。
栞のテーマも好きだな~。朝方ムーンライトも、、、って書いて言ったらきりがない…。最近のは聴いていないんだけど、実は…。

>桑田節を中途半端に真似るのも、カッコ悪いしね。

それもそうよね。でも、上手に歌われると、釘付けに…。(^^)

>そういえば「秘密のデート」を情感たっぷりに歌う既婚男がいて、ちょっとヒキました(笑)。

良い曲なんだけどね~。わはは。誰かに聴かせたかったのかな~?

「恋人も濡れる街角」は、中村雅俊のあの棒読みを聴いたら、誰でも上手に聞こえるよね~。
2006-08-07(Mon) 07:22:04 | URL | ローズ #- [ 編集]

「綺麗」の「旅姿六人衆」をすごく好きな友達がいて、高校の家庭科のとき、スカート縫いながらずっと歌ってたことを思い出しました。

>良い曲なんだけどね~。わはは。誰かに聴かせたかったのかな~?

そうそう、いい曲ですよね~。歌詞に出てくる「マリンルージュ」「大黒埠頭」などが、私にはとても馴染みのある固有名詞なので、共感もひとしおの一曲なのですが。
カラオケでの「既婚男性」は、当時仲間内のある独身女性に片想いしていて、それを知っている人間としてはちょっと鼻白みました^^;しかも、お目当ての女性がその場にいるわけじゃなかった。気持ちはわかりますがね・・・。

そういえば私は「ポカンポカンと雨がふる」「じんじん」「ハートせつなく」などハラ坊ヴォーカルの曲もカラオケでよく歌っていた時期がありました~。「鎌倉物語」もイイなァ。

♪好きよ 夜の街 お酒呑み同士じゃない・・・
歌詞だけ書くと演歌の世界ですが、ムード歌謡チックもハラ坊の声だと可愛いんですよねぇ。
2006-08-08(Tue) 14:12:19 | URL | unakite→ローズさんへ #CwrboUno [ 編集]

>…とても馴染みのある固有名詞なので、共感もひとしおの一曲なのですが。

それはあるよね~。私と幼稚園が一緒だった子の弟が、音楽が好きでアルバムを自費出版しているんですが、近所の地名や風景が出てきます。世代が同じということもあって、曲の感じや楽器の使い方も、幼い頃にかっこいいな~と思っていたものがちりばめられているような感じで、ツボにはまっています。プロ作品なら、尚更ですよね~。

>しかも、お目当ての女性がその場にいるわけじゃなかった。

それはブーだよね~。一緒に遊んでいるんだから、目の前にいる人のことを忘れちゃ、いけないよね~。

旅姿六人衆は、私も好きでした。私たちファンのために歌ってくれているんだ~という感じですもんね。
そのちょっと前の時期のユーミンのアルバムにも「私のロンサムタウン」という曲があります。同じように旅から旅の生活を歌っているけど、視点が違うのが面白いです。あの頃(とあの頃から少し前)のユーミンもすごく好きだったです。大滝さんも、あの頃のものだけ…。
なんだか不思議だな~。
2006-08-08(Tue) 14:49:23 | URL | ローズ #- [ 編集]

ご近所ミュージシャンさん、素敵ですね。
近所の地名とか、嬉しいですよね。
私がサザン好きなのは、普遍的に好きってこともあるけど、やっぱり同県民で、湘南方面、鎌倉、横浜、どれも思い入れのある場所だっていうことも大きい気がします。

ユーミンに関しては詳しくないので、「私のロンサムタウン」を検索してみたのだけど、「うたまっぷ」には出ていなくて残念。ファンの掲示板などによると、新潟の歌だそうですね。苗場のことなのかな?

「あの頃」っていうの、ありますよね。
作家さんたちがノっていた時期というのもあるでしょうし、私たちが何かを必要としていた時期だったということもあるのでしょうね。
2006-08-10(Thu) 14:58:45 | URL | unakite→ローズさんへ #CwrboUno [ 編集]

「私のロンサムタウン」は、海辺の町のことです。
歌詞の出だしが

北風からもやは生まれて 漂うの
夜明けの前に 信号機が通りを染めるのを見ていた
ホテルの窓 降りておいでよと 誘うようなロンサムタウン

橋のかかる 河口のあたりへ乗せてって
眠たいタクシー
さびた船が ナホトカへ向けて遠ざかる さざ波残し
テトラに座れば 冬近いロンサムタウン

とあるので、日本海側の光景、新潟なんですね。

ファンの子の様子を

少女たちは 雨に打たれたコスモスのように 手を振っている

と歌っています。
コンサートへ行くと、女の子も大声で、「ユーミーン」って叫んでいるので、びっくりしましたが、全部「ギュービーン」って聞こえるんですね。(^^)

>私たちが何かを必要としていた時期だったということもあるのでしょうね。

そうですね、私を埋める言葉、形作るもの、なんかでしょうね~。
2006-08-11(Fri) 20:49:40 | URL | ローズ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。