カレンダー
04月 « 2017/05 » 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
国民的有名母子の話。
この話題は、ずっと気になっていて、でも書くべきことではないと思っていたが、ついに「世に出てしまった」ようなので、思い切って書く。
今日発売の、有名週刊誌に、「笑わない○子さま」という記事が、載っている。
私は、記事を読んでいない。新聞の、広告欄で見出しと写真を見ただけだ。
読んだ人によると、決定的なことを匂わせるような言葉は使われておらず、同情的でもないが、批判的でもないとのこと(そりゃそうだ)。
 
ただ、気になるのは「3才までの母親の接し方が重要」というようなことが、書かれているそうだ。
実際読んでいないので、どのくらいまでそういったことに触れられているのかわからないが、もしそのまま受け取るとすると、また時代が逆行して、先天的な原因であるものが「母親のしつけのせいだ」とか言われる世の中になってしまうのか?

この超有名母子のことを、実は私はここしばらく、ひどく気にかけていた。○子さまの母、△子さまの発病は、○子さまの成長の仕方が、定型かそうでないか、次第に色濃くなっていく時期に伴っているように思われたからだ。
○子さまと、うちのポンは、同じ年齢だから、いっそう。

たとえ「そう」だとしても、正面切って公表することは、これからもおそらく、ないのだろう。
そのことが、△子さまの心の負担を増していくかもしれない。
(言ってしまえれば少しは荷がおりるかもしれないのに・・・と思ってしまうのは、私が庶民であるからだろう)

だけど、もし、何かきっかけがあって、公表されることがあったならば、これはどんなに「同じような子と、その親」に対して、励みになることだろう。
そして、△子さまはこのことについて専門的に学ばれ、「同じような子と、その家族」に対して「心をお寄せに」なったり、施設や集会をお訪ねになるなど、△子さまのこの上ないライフワークになると思うのだが。それによって、△子さまの心身も癒されるのでは、と思うのだが・・・。

こんな希望は、夢でしかないだろうか。



雅子さま 愛子さま 週刊新潮 自閉症 発達障害
スポンサーサイト


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2006-07-12(Wed) 15:30:42
| コメント:(8)
コメント

私も新聞の広告を見て「どきっ」とした一人です。

どんな星の元に生まれた子どもも(大人も)、イキイキとその人らしく生きることができる世の中になって欲しいと心から願っています。
2006-07-13(Thu) 04:37:38 | URL | ローズ #- [ 編集]

すいません、僕今新聞取ってないんでわかんないんですけど。
何の雑誌ですか、すごく気になります。
ヒントでもいいから教えてください。
すごく気になります・・・
2006-07-13(Thu) 09:46:51 | URL | 政道 #NUpTSsbk [ 編集]
△子さまは色々と身近に感じる方なのです。もちろん並外れた経歴がある部分じゃなくて、1人の女性としての部分で。年齢も近いし、ご主人様とうちのパパも同じ年。

私も帯状疱疹に始まって、おそらくは適応障害を含むうつっぽい状態だと思うのです。私の居住環境も厳しいと思っていますが、△子さまの環境は、おそらく誰一人として適応できないような、日本一古風で独特な世界でしょう。次男の奥さまは皇室に入ることを目標とされていた方らしいので、その方が適応していることは特別だと思っていいでしょう。

そういった中で○子さまの子育てがあって、並々ならぬ圧力があるわけで。特性がもしあるならば、それの公表も簡単に出来る立場でないのは誰もが察するところですよね。隠して生きるだけでなく、女帝になるかもしれず、その教育までさせられることとなれば、母親としての心痛を思うといたたまれません。

特殊な立場のお方だけど、でも1人の女性の△子さま、そして○子さま。精神科医の集まりではもう随分前から話題になっていたことです。だから確実な情報じゃなくても、大きく外れていない可能性が高いかもしれません。

△子さまが生きがいをみつけ、今の状態を脱することが出来るのか、それはおこがましいながらも自分のことのように思えてしまいます。どうか幸せになっていただきたいです。でもエネルギーが欠乏している状態では、まだまだ時間が必要かもしれないなと思うのです。

そうそうポンちゃんだったのですね。了解です♪

2006-07-13(Thu) 09:52:15 | URL | かぼちゃ。 #w.O8YJb6 [ 編集]

ローズさん>

あの広告は、黒バックに白抜きで、結構インパクトがありますよね・・・。
なんか、余白(というか、バックが黒だから「余黒」?)が多くて、始めについていたタイトルはもっと長かったのか、などと邪推してしまうようなレイアウトでした。

イキイキと、その人らしく。本当にそうですね。伝統を受け継ぐべきところは守り、個人生活の面ではイキイキと・・・私もそうありたいなと思います。


政道さん>

この記事が載ったのは「週刊新潮」です。「週刊文春」にも、関連したような記事が載っていると聞きました。
おそらく、電車の中吊り広告などにも、大きな見出しが出ていて、沢山の人の目に触れていることでしょう。
もし、なにかあるなら、「お察しください」というムードを段々と作っていく段階なのか・・・邪推に過ぎませんが。


かぼちゃ。さん>

この前のお返事の私の名前欄に「→かぼちゃさんへ」を入れ忘れてしまっていました。わかりづらくてごめんなさいね。

適応障害って、うつの中に入るのか、それとも違うものなのか、私はよくわかりませんが、うつと診断されている私も、かぼちゃさんと同じように△子さまには感じるものがあります。
うつは、何をしても楽しく感じないけれども(薬が効いている時は別)、適応障害は、もともと好きなことをするのは楽しく感じるらしいですね。そうだとしたら、だからかえって「わがまま」などと誤解されてしまう気がします。「病気なら静かにしていればいいのに、どうして趣味の外出は楽しそうなの?」とか。
この夏の、静養の旅行自体は楽しめるでしょうが、帰ってきた時が大変なのでは、とおせっかいな心配をしてしまいます。

>でもエネルギーが欠乏している状態では、まだまだ時間が必要かもしれないなと思うのです。

これは本当にそう思います。私のような一般人でさえ、受け入れるのには時間がかかりましたし、子がある程度落ち着いてから、自分が病気になったりしています。子がバタバタしている間は、自分が医者にかかるべき状態である、などと考え付く余裕もなかったので。
まして特別な環境にある△子さまがどれだけ時間がかかるか。「期待も暴力(byローズさんの過去のコメント)」だと思いますし。

環境的に難しいと思いますが、同じ悩みを持つ親たちとの交流ができれば・・・最高の専門家に相談できるようなお立場ではありますが、それ以上に「気持ちをわかちあう」ことは一番の助けになると、経験上思うので・・・正直、それが「重い」時期もありましたが、今ふりかえれば、何よりもそういった出会いに助けられたと思うので。
でも、それが△子さんに「許される」日が来るのかどうか、それを思うと胸が痛みます。
2006-07-13(Thu) 15:37:00 | URL | unakite→ローズさん、政道さん、かぼちゃ。さんへ #CwrboUno [ 編集]
同じ広告を見ていましたが、そういうことだとは気づいていませんでした。このブログでそうだったのかと納得。ここ数年のニュースの真相がようやく見えました。

私は○子様の存在を特別な感情でみています。それは○子さまが生まれたのが母の亡くなった翌日だったから。日本中が歓喜にわく中、私は絶望と虚脱感の中にいました。正直、その歓喜は恨めしかった。
 当時付き合っていた彼にそのことを言うと「俺はこういう悲しみの中でも新しい命は生まれているんだなと知って少し安心したよ」と言われ、『そうかそう考えればいいんだ』と思い直しました。そして母の亡骸に「ねえねえ、ひょっとしてすごいものに生まれ変わったの?」と問いかけた覚えがあります。

その後我が家には母にそっくりな柴犬がやってきたので、うまれかわりはそっちになってしまいましたが、なんていうのかな、今でも○子さまには幸せになって欲しい、○子さまの成長が母との新しい歴史を感じさせてくれてるようなそんな気がしているのです。

うまく書けなくてすみません。
2006-07-13(Thu) 23:00:38 | URL | きゅうたろ #- [ 編集]

きゅーちゃん、こんばんは。
そうでしたね・・・お母様のこと。翌日だったですか・・・おつらかったでしょうね。
当時の彼氏さん(誰だ?ってそういう問題じゃないですね^^;)、大きなハートの方ですね。

○子さまの状況については、公式には何も言われていないので、メディアとしても親との関係性などに触れてお茶を濁すしかないのでしょう。
何も言われていない・・・というか、一度、東宮大夫が「はっきり否定」してしまっているのですよ。その事実がまた、もしかしたら進展を妨げているのかも、というのは私の憶測でしかないですが。

もう、伏字にしても意味がないと思われますので、2年前の宮内庁の定例会見に関する共同通信の記事を貼っておきます。では以下。

★病名報道は「勝手な憶測」 雅子さまめぐり東宮大夫

 宮内庁の林田英樹東宮大夫は18日の定例記者会見で、 長期休養中の皇太子妃雅子さまの病名を「うつ病」「強迫神経症」とした複数の雑誌や海外メディアの報道について「勝手な憶測であり、事実ではない」と否定した。

 長女の愛子さまを「自閉症」とした内外の報道に関しても「全くの事実無根で不本意だ。大変健やかに成長されている」と述べた。

 林田氏は雅子さまの症状を「メンタル面の専門医に対応をお願いしているのは事実だが、侍医からは病名がつくような状態ではないと聞いている」と説明。
「これ以上詳しくは、現段階では申し上げられない。全体状況をどう説明するか、なかなか難しい」と話した。

 愛子さまの成長ぶりを映像で発表することについては「検討している。しばらく時間が必要」とした。

・・・コピペは以上です。
2004年の6月じゃ、まだ2才半だから、「疑い」はあっても、医者は診断名をつけない。2歳半といえば、ポンは区の「親子教室」(検診でピックアップされた子たちの集まり)に行ってて、「普通じゃないなぁ」という認識は親としてはあった頃だから、「内外のメディア」が取り上げるのも、あながちおかしなことではなく(人道的にはどうかと思うが)、それに対して公式発表で「まったくの事実無根で不本意」と断言してしまったのは、勇み足だったのでは・・・と思ってしまいます。
2006-07-14(Fri) 01:47:20 | URL | unakite→きゅうたろさんへ #CwrboUno [ 編集]
随分、お無沙汰してしまいました。
赤ちゃんは順調ですか?

私も、以前から愛子さまの様子は気になっていました。
笑顔が少なく、表情があまりないですよね。
あと、皇太子様がどこか外国へ行かれるときに、お見送りでず~っと同じ言葉を言い続けていたんです。
声は聞こえてこなかったんですけど、口の動きで分かりました。

事実はどうか分かりませんが、もしそうなら、雅子様が心配です。
私達は、専門家に相談に乗ってもらったり、療育を受けたり、同じような立場のママと話をしたりして、随分と心が軽くなりますよね。
雅子様にはそれがないんですよね・・・

何も力になれませんけど、雅子様の心が少しでも晴れるようになるといいなぁと思います。
2006-07-14(Fri) 09:53:24 | URL | まお #- [ 編集]

まおさん!おひさしぶりです。お元気デシタカ~(^-^)
おかげさまで、おなかは順調です。お気遣いありがとうございます。
でも最近ちょっと張り気味で・・・気をつけます。

皇太子様が外国へ・・・メキシコ訪問の時だったでしょうか。あの映像は、見る人が見たら、伝わってくるような感じでしたね。
本当に。雅子さまのお立場、難しいですよね。
時間をかけてでも、いい方向にすべてが向かいますように・・・。
2006-07-14(Fri) 10:57:05 | URL | unakite→まおさんへ #CwrboUno [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。