カレンダー
08月 « 2017/09 » 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
うれし~はずかし~家庭内デーエト~~♪
私は主婦ですが、「昼ドラ」を見る習慣というのは、今までありませんでした。なんか、つらい話とかが多そうな気がして。一話完結でめでたしめでたしになったとしても、小学生のこどもが何かトラブルに巻き込まれて・・・みたいのは心が痛むので、「子だくさん一家の大騒動」みたいなのは見れないんですよね~。あと、不倫系とかも苦手、日常にありそうなことをわざわざドラマで疑似体験する必要はないかなとか(日常にあるのかよ!?いや「ありそうな」ってだけで)。

だから今回の、TBS13:00~の「吾輩は主婦である」は、実に異色。設定としては、斉藤由貴演じる「みどり」という主婦が、節約に熱中するあまり、おまもりにしていた旧千円札の夏目漱石が乗り移ってしまい、そこから繰り出されるご近所コメディ。脚本は宮藤官九郎。クドカンのドラマというのも、斬新で面白い(らしい)けれど自分には合わないかなと思っていたのですが(三谷幸喜ファンなもので)、面白いっすね。みどりの夫・たかしは及川光博だし。みっちーと私の関係(関係って)についてはコチラをどうぞ。

詳しい内容は、リンク先の公式サイトを見てもらえればと思いますが、これは斬新!と思った点は、「漱石の乗り移った斉藤由貴」は、普段も「男言葉」で話してしまうわけですが、それが「品のある言葉づかい、言い回し」であることに、おお~と思ったわけです。まぁ文豪なわけだから、ちょっと威張り気味の、知的な話し方であるのは当然なのですが、「女が男言葉を使う」という場面は、通常、「乱暴なのが普通」なわけ。う~んなんかうまく言えないけど。「なめんじゃねえ」みたいな。女が男言葉を使う場面というのは、怒りとか、強がりみたいなものが、常に伴っているわけですよ、使っている本人が意識してるかどうかは関係なく。それが「冷静に知的な男言葉で話している女性」というのが、私にはとても新鮮にうつりました。ちょっと真似してみたい。っていうか斉藤由貴、演技上手いな。

見始めたのが最近なので、始めの方のエピソードをしらないのですが、公式の「今までのあらすじ」を見たら、のりうつられてから近所で騒ぎになって、「スピリチュアルアドバイザー」を呼んで「除霊」させようとしたらしいんですが、その役が菅原大吉さんという役者さんで、失礼ながら私は知らない方だったので検索してみたら
菅原大吉プロフィール
うはは!すみません、写真を見た途端声に出して笑ってしまいました。目が江原さんだ~キャスティングの意図がわかりまくり。どんな感じで出てきたのだろう、見たかった。

(6/28:正式タイトル名は「吾輩は主婦である」でした。この記事書いたときは「我輩」って書いちゃってたので、訂正します。本文も訂正しました)
スポンサーサイト


テレビ番組&芸能一般 | 2006-06-26(Mon) 14:23:05
| コメント:(2)
コメント
こんにちわ。おひさしぶりです。
斬新で、おもしろいですよね!
斉藤由貴さんと、竹下景子さんのふっきれた演技が最高です。ミッチーもカッコイイ!
こういう昼ドラを待っていた!という感じです。
初回からみてたけど除霊の回は見逃しました。残念です。。。
2006-06-27(Tue) 08:34:32 | URL | かりん #hgGo7H3Q [ 編集]

かりんさん、こんにちは~!
かりんさんもご覧になってましたか!面白いですよね~。
そうそう。竹下景子さんもすごくユニークです。真面目なイメージがあったので、驚きました。
「お見合い結婚」(松たか子とユースケ・サンタマリアのドラマ)での、いしだあゆみさんの熱演といい勝負だなぁ~って感じです。ふっきれ(ふりきれ?)お母さん。

除霊の回、気になりますね~。どなたか、テキスト起こしでもしてないかと調べたのですが、見つかりませんでした。でも、こういう場面で、従来だったら「怪しげな霊媒師・祈祷師っぽい人が大げさに出てくる」ところでしょうが、「スピリチュアルアドバイザーが穏やかに出てきた」(のかどうかもわからないけど)っていうのは、さすがクドカン、時代をうつしとってると思います。
2006-06-28(Wed) 09:58:47 | URL | unakite→かりんさんへ #CwrboUno [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。