カレンダー
06月 « 2017/07 » 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
なんなんだろ。
大きなニュースの多い日です。
秋田県の男児殺害事件で、近隣の「水死女児の母」が、死体遺棄容疑で逮捕。
村上ファンド代表が、異例の会見を開いた後、インサイダー取引容疑で逮捕。
盗作疑惑の洋画家・和田氏に、芸術選奨文部科学大臣賞の取り消し。

殺人に関しては、私はよくわかりません。今、意見や感想を書くには、わからないことが多すぎます。
村上氏と和田氏に関して、この二人、同じような「捨て台詞」を言っているなぁ、ということが、印象に残りました。
村上氏は会見で、罪を認め謝罪した後、悔しそうに「シンガポールに拠点をうつしたのは、逃げたわけではない。ただ、確かに日本が嫌になった、という気持ちはあった」というような内容のことを口にしていました。「僕はルールに反してしまったが、ルールの中で、トライする、チャレンジする人を応援するべき国じゃないんですか。がんばっている、税金を沢山納めている、そういう人を応援するべきじゃないんですか。僕はそう思うなぁ」「日本はだんだん変な国になってきていると思う」というようなことを言っていました。
画家の和田氏は、ワイドショーの電話取材に対して「マスコミが二枚の写真を並べて面白おかしく扱っている。こんなことでは日本の芸術は末期的だ」という内容が、生の声でテレビから流れました。

ある世界でのぼりつめた人物が追いつめられると、「国のせい」にしてしまうのか…。
なんだか切ないっす。

和田氏に関してですが、あれだけのことをして、その言い訳が、調べればすぐボロが出るようなお粗末さ。あれを「芸術としてOK」と主張し、指摘する側を蔑むような言動を「エライ芸術家」の立場の人がとる、というのは、これから芸術を志す若い人たちにどういう影響を与えるか、自覚されているのでしょうか。

どのくらい前のことなのか聞き漏らしましたが、「同窓会で会った同窓生」が、「元気がなくて沈んでいるようだった。後でわかったが、奥さんを亡くされた後だったようだ」という話もしていました。
おそらく…いろいろなケアが必要な「健康状態」の人なのではないでしょうか…「エラク」なってしまうと、忠告や進言してくれる人が、いなくなってしまうのかな、と、淋しい気持ちになりました。
スポンサーサイト


日記 | 2006-06-05(Mon) 17:01:41
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。