カレンダー
08月 « 2017/09 » 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
「ハートをつなごう」
NHK教育の「福祉ネットワーク」を見ました。
新聞に「発達障害の子・肝っ玉母さん育児日記・大家族の春」って書いてあったからです。
ほんとは、この「肝っ玉母さん」っていうワードを目にした時、咄嗟に「わ、この番組は見れない」と軽い拒否反応が起こりました。
障害児のお母さんは明るい!強い!何でもガハハと笑い飛ばす!エライな~!さすが母は強しだね!みたいな感じだったらヤだな~と思ったのです。「弱っちいショボクレ母」である私は。
でも、その時間には他に見たい番組がなかったので、なんとなく見てみました。
そしたらさ。そんなことなかったよ。すっごくフツー感覚の、いい人だったよ、お母さん。「お母さんらしく」ちょっとまるっこい人だったから、それで「肝っ玉」とかNHKに形容されたのか?でも私よりずっとスリムでいらっしゃいました。
まぁたしかに、お子さんが4人で、お年寄りも一緒に暮らして10人家族の主婦でいらっしゃいますから、主婦仕事に関するウデップシはキモッタマに違いないと思います。

4人のお子さんのうち、上のお2人は女の子で、3番目の男の子がアスペルガー、4番目の男の子が自閉症、とのことです。
この男の子2人、すっごくいい関係です。ほほえましい、というよりは、声に出してゲラゲラ笑っちゃうほど面白い。
おにいちゃんが中学へ行っちゃうので、弟くんが言葉や顔には出さないんだけどやっぱり心細くて、初めて一人で小学校に登校する朝、お母さんに
「学校、やすん・・・『地獄』行ってもいい?」って、いたずらっぽく笑って言うの!可愛い!
わかるわかる!一人で学校行くの不安なんだよね!で、「学校」の他に、下に「行く」っていう動詞をつけられる、かつネガティブな言葉として「地獄」っていう言葉が出てきたんだよね!
それに対して、お母さんはすぐに「学校へ、行ってください」って、笑いながら言ってました。
ほかの場面でも、何か苦手なことをしなければならないとき、笑いながら「自殺してもいい?」ってお母さんに聞いてた。
これもお母さんはすぐに「しないでください」って答えてた。

いやなこと、いやって表現しづらいんだよね。
ポンも、基本の顔がいっつも笑顔で、こっちは心休まるけど、お友達から見たらいっつも「ニヤニヤ」してるから、いやな場面でも、それが伝わりづらいんだろうな~。

これは私の憶測だけど、ポンもそうだけど、こういう子は「言葉の音」などに敏感だったりするので、「地獄」とか「自殺」とか、「ジ」から始まる言葉って、言うとお母さんが困った顔する言葉が多いなぁ~ってなんとなく思って、使ってみたいのかもしれないな、と思いました。

この方のHPはこちらです↓
「こくっぱ家の人々」

あとねぇ~。
この番組のあと、ちょっと宣伝番組あったんだけど。
今月、NHK教育は「発達障害」にスポットあててるみたいよ↓

「ハートをつなごう」

およよ!ゲストが石田衣良ソニンだよ!なんか「関連なさそで琴線にちょこっと触れる」人選です。

「NHKオンライン」では。
「体験談・提案募集」として、
「発達障害と向き合っているご本人やご家族、
友人としてのサポートの体験談や提案などを募集しています。
みなさんの声をお待ちしています。」
っていうフォームがあるので、何か送ろうかな~と思ったけどさ、
全然さ、「サポート体験談」とか、何書いていいか浮かばないねぇ。

画面を見て、ポンが「ソニンだ!」と騒いで、「ソニンが『ハートをつなごう』って言ってる!ハートをつなぐって、こういうことだよねぇ~」と言って、自分の胸からビームを出すような仕草をして、私の胸に届けてくれました。
いい子だよこの子は。

ポン。ママのおなかのルル、弟か妹か、楽しみだね。
ほんとはね。心のどこかで「『今度は』『普通の』子が生まれてほしい」と思っちゃってた。
でも、今日「こくっぱ」君と「ハカセ」君のご兄弟の仲の良さを見て、ああいいな、って思った。

生きて生まれてくれれば。
そのあとも、いのちながらえてくれれば。
それで十分です。
スポンサーサイト


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2006-05-16(Tue) 21:00:33
| コメント:(2)
コメント

この番組、広島に住んでいた時のお友達に教えてもらい、「地方局でやっていた」というので、こっちではやらないんだと思っていたんです。
見たかったなぁ~。

HPを見ましたが、周りは車が通らない、自然豊かなところみたいですね。
いつも、ピヨくんが事故に遭わないかヒヤヒヤしているので、そこは羨ましいなと思いました。

兄弟って、いいですよね。
うちも、ケンカが多いですけど、やっぱりお互いに支えあっていて、いいなぁ~と思います。
ポンくんにも、かわいい弟か妹が生まれるんですもんね。
楽しみですね。
2006-05-17(Wed) 19:43:49 | URL | まお #- [ 編集]

まおさん、こんにちは。
広島に住んでらしたことがあるのですね。
テレビで見たら、自然に囲まれた、とても素敵なところでした。
でも、下のお子さんが雪の降る中、どんどん山の奥へ入っていってしまったりして、大変だったこともあるそうですよ。「お隣さん」までが遠いような所なので、誰も歩いていないし・・・でも、雪の上についた足跡を追ってやっと見つけた、とお母さんが話していました。

おなかの子、順調のようです。
ピヨくんとトントンの可愛らしいかかわりあい、いつも楽しく読んでいますよ。きょうだいって、いいですね。
楽しみです。ありがとう♪

******

みなさまへ

コメント欄でお返事のできなかった日は、次の記事の本文の中で触れていたりしますので、よろしくお願いします。
2006-05-18(Thu) 18:32:40 | URL | unakite→まおさん&皆さんへ #CwrboUno [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。