カレンダー
05月 « 2017/06 » 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
その涙は必要?
昨日は、テレビ観てたくさん泣きました。
よくわからない、これは浄化の涙としていいことなのか、単なる感情の乱れなのか、かえってマイナスなことなのか。
「まんが日本昔ばなし」は、「わらしべ長者」と「たぬきのしょうゆ造り」(後のはタイトル違うかも。いわゆる「動物恩返し」譚)、どちらも「人に優しく、正直に生きていれば、今苦しくても必ずいいことがある」という内容。
ポンを抱きしめて「いいお話だったね」と号泣。大げさだっつーの。かえって教育に良くねえや。

あと、黒柳徹子と安住紳一郎アナの特番を、最後の方ちょっとだけ見た。
安住アナって、特にファンでも嫌いでもなくて、可愛い顔でさらっと毒舌を吐く面白い人だなと思っていた。なんでも器用にこなせる天性のカンがあるんだなって。
だけどあれだけ努力して、苦しんでいたんだね。
まぁ、その「局アナ美談番組」を当局で作っちゃうというのが、フジの笠井アナの言葉を借りれば「(その努力している姿を)言っちゃうっていうところが、君もまだ甘いよね」ってとこだけど(初ボーナスで9台のテレビを買って、自宅モニターにして勉強したってことをインタビューで安住アナが言ったことに対して、笠井アナが本人に言ったそうだ)。
また、おそらく世界初なんじゃないかと思う、局のアナウンサーで、しかも男性で、カメラの前でダーダー泣いちゃう人って。これに関しては、おそらく批判もたくさんあるだろうけど、もう「お約束」みたいなもんで、これをやりとおせるのは(演技じゃないと思うけど)すごく根性がいると思うので(多分、はじめの頃は各方面から厳重注意があったと思う、だって「ご法度」でしょう)これからも、そのよさを生かしていただきたい。

安住アナのエピソードで、いちばん心に残ったのが、浪人が決まって、18才で不安を抱えて上京する、飛行機の中(北海道出身なのですね)での「機長アナウンス」の話。
挨拶の後、「本日は、若いお客様にたくさんご搭乗いただいております・・・」とはじまったアナウンス。
ちょうど、高校の卒業式の翌日で、機内は新しい夢を持って上京する若者であふれていたらしい。
「地上からの報告によると、気温は○○度、天気は快晴、皆様の未来もきっと快晴であることでしょう・・・」(正確な言葉は忘れちゃったけど、大体こういう意味)
このアナウンスで、安住青年は「不特定多数に向けられていると思っていたアナウンスが、時に自分に向けられていると感じることもある」と、言葉の力を実感したとのこと。
しかし、粋な機長ですね。こんな洒落た機内アナウンスに遭遇することって、そうそうないんじゃないでしょうか。
特に熱心に見ようとは思っていなかった番組で、このエピソードに触れられたってことも、私にとって何かのメッセージなのでしょう。

風邪がひどい。すべての部屋のすべてのゴミ箱が、ティッシュであふれてしまいました。
実家の父母も、ポンの風邪マルモライで、母にいたっては高熱を出してしまったそうです。スマン・・・。

まったく外出できない日が続きますので、今日は掃除くらい簡単にでもしたいものです・・・。
スポンサーサイト


テレビ番組&芸能一般 | 2006-05-11(Thu) 10:02:51
| コメント:(2)
コメント

風邪、大変ですね~。でも、野口整体的にミルと、風邪は身体を調整してくれるそうです。それを薬でプロセスをはしょったりすると、調整ができなくて後が大変だそう。「ちょっと長めの整体」にかかっていると思って、しんどいでしょうが、気を楽にね~。
それから、大泉さんが「ネズミ男」をやるそうですね。(^0^)ゲゲゲの鬼太郎は、ウェンツだそうです。
2006-05-12(Fri) 01:18:26 | URL | ローズ #- [ 編集]

あ、そう言えば、泣きたいのに泣けないと、排泄されるはずや使われるはずの色んな物質が身体にたまったままになるので、良くないそうです。
だから、泣けるなら泣いた方がいいと思いますよ~。もしかして、涙腺が今の時期、ゆるくなっているのも、身体の方が察知して排泄しようとしているのかもしれないですね。感情が先か、分泌が先か…という神秘かも?
2006-05-12(Fri) 01:23:19 | URL | ローズ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。