カレンダー
07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
おんがくばなし。
先日、モーツァルトだかバッハだかの話を書いて、なんかピンとこないわぁって思ってたんだけど、基本的にクラシックの中で好きなジャンル(とくくっていいのかわからないんだけど)は「近代フランス」なのでありました。ドビュッシーとかラベルとかサティとか。「星の王子様ミュージアム」では、ミニムービーのサティでさんざん泣かされました。これ、ずいぶん前にもらった「気分沈静クラシック」というオムニバスCDで「牧神の午後への前奏曲」(ドビュッシー)を聴いて思い出したことです。「亜麻色の髪の乙女」とかね。ドビュさんはほんとに不思議な人だね。いまここで初めて知ったんだけど、あの多重に多重を重ねたきらびやかな音の響きは、パリ万国博で「ガムラン」(ジャワ音楽)を耳にしたからなんだって。ああ~ソレデカ!なんか「他にない」んだよね、あの、ある意味既成のフレーズ感(何拍子とか、何小節かとかの区切り)を無視した、音の雫のシャワー。東洋との融合だったんだわ。

あと、これはよく知らない人なんだけど、このCDに入ってる「マイヤーズ」の「カヴァティーナ」っていうギターの曲がめちゃめちゃ好きなんだけど、なんだろこれ、ゴンチチかなにかで聴いたことあったのかなぁ。連続するアルペジオと、アンニュイな半音づかいが「心地よいめまい」という感じで。今検索したら映画「ディア・ハンター」のメイン曲だったらしい。映画よく知らないです。

音楽が楽しめるうちは、まだ大丈夫かな。
スポンサーサイト


好きな音楽とか | 2006-04-23(Sun) 17:54:09
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。