カレンダー
06月 « 2017/07 » 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
疲れました。
やっぱり疲れました。
この3日間、母や夫に助けてもらったけど、やっぱりものすごく疲れた。
特に、昨日の懇談会は、初めて会う大量の人たちに圧倒されて、もうなにがなんだかわからなくなりました。
クラスのお母さんたち、皆いい人たちだったんです。気さくに話しかけてくれたり、私を妊娠しているからと、役員さんやその他、ほとんどの人がなんらかの係に就くのだけど、私は免除していただけました。
だけど、皆さんが一様に「すっごく明るくてすっごく元気」なので、わぁすごいなぁと。小学生の上のお子さんがいるとか、そうでなくても年少さんから通っているので幼稚園慣れしてるとか、そういう事情で「皆さん大元気」だったのでしょう。素晴らしいことです。
ただ、私は「こんな状態」ですので、ギリギリでした。最初ホールで集まって話聞く時も、椅子に座っているとはいえ、ぶったおれそうでしたし。

以前の私だったら、「初対面の時こそガーンとインパクトでいかなくっちゃ!」とばかりに、手当たり次第に初対面の人に積極的に話しかけたり、「前に出ていく」タイプだったのですが、とてもとても今はそんなことは。

クラスで自己紹介した時は「ポンは広汎性発達障害であり、広汎性発達障害とは大体こういうものであり、ポンの場合はこういう特徴がある。何か気がついたことがあったらぜひ言って欲しい」ということを、お母さんたちに伝えました。
言いたいことは全部言えてほっとしましたが、初対面の大勢の人たち、しかもこういう話題におそらく今まで縁がなく、意外なことを言い始められて戸惑っているだろう人たちの前で話すのは、ものすごいものすごいエネルギーを使いました。
緊張で全然お母さんがたの顔は見られなくって、皆さんがどんな表情をして聞いてくれているのか、全然わかりませんでした。
(何日かあとに家庭訪問があった時、「皆さん真剣に聞いてらっしゃいましたよ」と先生から聞きました)

今日は、午後出勤の夫に、それでも少し予定より出勤を遅らせてもらい、送り迎えをお願いしてしまいました。
頭痛がとまらず、全身がだるく、立ち歩くのがやっとだったのです。

あと、昨日は産科の一ヶ月ぶりの検診でしたが、「前置胎盤」とのことでした。胎盤が、通常より下の位置についているそうです。帝王切開になるだろうとのこと。今なにをしたらいいのか、というのは、今から心配しても仕方ないが、体重をなるべく増やさないように、ということでした。帝王切開はポンの時もそうだったので、二人目も何もなくてもそうなるだろうと思っていましたが、先生に「妊娠に向いてないカラダかもしれないねェ」なんて言われちゃいました・・・。まぁね。
帰ってきてから夫に「先生がこんなこと言った。どうしてお医者さんって皆してイヤなこと言うのかなぁ」って言ったら「お前がそういう医者を選んで行ってるからだろ」だって。たしかに。私はモゾモゾしてる人より、ズバズバ言ってくれる人の方が好き(だった)から、そういう評判の先生を選んでいたのだった。同じ病院で同じ科で、「とっても優しいけど、声が小さくて言ってることが聞き取りにくい」っていう先生だっているんだもの。

「前置胎盤」って、よくわかんないや。これから調べよう。
スポンサーサイト


子育て | 2006-04-20(Thu) 13:43:22
| コメント:(2)
コメント
人気ブログランキングから検索して遊びにきました。
ウチは小学2年生の高機能広汎性発達障害+ADHDの診断を
5歳の時に受けている息子がいます。

前置胎盤とのこと…
アタシも2人目の時に前置胎盤って言われましたが
おなかが大きくなるにつれ胎盤も徐々に上がってくるので
それほど心配しなくて大丈夫ですよとドクターに言われました。
結果 妊娠後期には前置胎盤は治っていました。

お体 お大事になさって下さいね。
2006-04-24(Mon) 14:32:03 | URL | Akala #- [ 編集]

Akalaさん、こんばんは!ご来訪ありがとうございます。
前置胎盤のこと、私もここ数日で何人かの人の話を聞いたのですが、Akalaさんと同じように「最初は言われたけど後で治った」という人がいらっしゃいました。
私もそうだといいんですけど・・・でもドクターに「戻るんですか?」って聞いたら「戻らないっ。」って断言されちゃいましたよ^;曜日変えようかな・・・(総合病院なので曜日によって担当医が違う)。
とりあえず無理しないよう過ごすようにします。

発達障害は、本当にひとりひとり「タイプ」も「出方」も違いますよね。
うちも、まだ診断名は出ていません。
はっきりした診断名がほしい(そうすればもっと何か手がかりがあるかも、とか・・・)と思ったこともありますが、最近は細かいことあまり気にならなくなりました。
ポンの特徴はこうで、だからこういうときはこうしてみてください、って「直接関係のある人」に伝えるので十分なんだって思えてきたからです。

幼稚園に入る前は、懇談会あたりで、レジュメでも印刷して配って「大講義」でも一席ぶってやろうかと鼻息を荒くしていました。
でも、たとえそれをしたとしても、それは子のためではなくて「私のため」でしかないことがわかって、やめました。
迷った時、指針になるのは「子のためになるかどうか」だと、療育センターのドクターから教えられました。

Akalaさんも、どうぞ体調にはお気をつけて。よかったらまた遊びにいらしてください(^-^)
2006-04-24(Mon) 22:42:12 | URL | unakite→Akalaさんへ #CwrboUno [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。