カレンダー
08月 « 2017/09 » 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
夫の父母。
夫の父母は、私から見ると、とても「不思議な」人たちです。
この「不思議」は、いわゆる「不思議ちゃん」という言葉に代表されるような「奇矯な言動をとる人」という意味では、もちろん、ありません。
「よくわからないけれど、不思議な人間的魅力がある」という感じです。

先日、年末年始に帰省した時に聞いた話ですが、昔からのお友達の一人が、経済的にも社会的にも困った状態になり、家族ぐるみで「ひっそりと」暮らしており、それを10数年間もずっと「助けて」いるらしいのです。
私はこの話を初めて聞いた時、正直「どうしてそんなことを?」と思ってしまったのです。その場で口には出しませんでしたが「いくら昔からの友達といっても、『自業自得』(私はそう思ってしまいました)でそういう境遇に陥ってしまった人を、家族でも親族でもない(後で聞いたら、そのご友人は「親族にこそ」行き先を知らせていないそうです。そういう事情なのですね)お義父さんたちが、そんなにお世話してあげる義理はないんじゃないの?」と。
そして、やんわりと「どうしてですか」みたいな聞き方だけしたんだけど、そうしたらお義母さんが「困っている人を助けてあげられたらね、もしかしたら、○○(夫の名前)が困っている時に、誰か他の人が助けてくれるかもしれないな、と思ってね」と言いました。

これが、今、「エンジェル・ヒーリング」の本を読んでいて、ふいに思い出したことでした。

私のような「自分(と身内)さえ良ければいい」(他人の不幸を願ったりはしませんが、正直いって、私のエネルギーはそれだけで手いっぱい、他に注ぐエネルギーは申し訳ありませんが残っていません、という意味)という考えの人間からすれば、こういうことができる人は、まるで「神様」か「仏様」のように思えます。

「誰かを助けてあげられたら、自分に直接でなくても、自分の身内に何かいいことが起こるかもしれない」
この考え方は、決して「見返りを求める愛」ではないと思います。「エネルギーの循環」の自然なシステムですよね。
私のような小さい人間は、ヒーリングやスピリチュアルの本などを読んで、いちいち「おおお~」などと感動したりしていますが、こういう考え方と自然とできる義父母は、ことさらに学ばなくても、はじめから身についているのですね。

今、義父母が住んでいる地方都市でも、何代も前からの住人ではなく、お義父さんの仕事の都合で、もともとは義父母どちらにも縁のなかった土地に住んで30余年。地元の結束の強いその地方では、夫によると、そのくらいだとまだまだ「余所者」にあたるそうです。しかし義父母は、やはりその「淡々としたたたずまいでありながらも、醸し出される不思議な人間的魅力」で、夫の子ども時代のPTA会長を引き受けたり、お家に地元の人々が集まってきたりと、地元で知らない人はいないような存在に早くからなっていたそうです。そのかげには、夫や私には見えない、近所づきあいのための地道な努力などもあったのでしょうが、夫や義妹も、不思議と「私から見れば、特に努力しなくても人間関係に恵まれる」(ごめん、本当は努力しているのかもね)ように思えるので、私のような自分勝手で、人づきあいの苦手な人間からみると、不思議な家族(もちろんいい意味で)だなぁと思うのです。
こういう家族と親族になれたのも、ご縁です。よかったなぁ。
スポンサーサイト


家族 | 2006-04-16(Sun) 14:56:42
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。