カレンダー
10月 « 2017/11 » 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
本のご紹介と、洋ちゃんドラマ主演!
クリスタル・チルドレン―感性豊かな愛と光の子どもたち」が、昨日、訓練会のお母さん友達から返ってきて、この本を貸してくれました。

僕の妻はエイリアン 『高機能自閉症』との不思議な結婚生活

おそらくここも読んでくれていて、私の体調のことを気遣ってくれて、今本読める?(返すのは)いつでもいいから・・・と言ってくれました。
私も、「重い内容の本(この本がそうでないことは、一日後に本を開いてすぐにわかるのですが)」を読む精神状態ではないので「読み始めるまでに時間がかかるかも」とことわって、お借りしました。
な~んてさ、さっきもう全部読んじゃった。ほんの2時間くらいで。
いや~すごいなこの「妻」。ものすごい才能の人じゃん。でもさ、やっぱ日々の生活には苦労してるんだよ。数十年、ものすごい努力してきてるんだよ。ただ、それが「努力」かどうか、自分ではわからなかったのね。二次障害として「うつ症状」もある、っていうんだけど、ひーやっぱり私もエイリアンだよう。っていうかこの本のタイトル、去年出版された時から怖くて(エイリアンって、なんか怖いイメージがある、説明できないけど)。でもやっぱり「他の国の星から来た人」なんだよね。そして、「他の星の人」を「こわい」「あぶない」「近付くのやめよう」って思うような「一部の地球人」にとっては、いくら呼び方を「個性的な人」と変えたって、対応は同じなんだ。

大人を、「発達障害」かどうか、診断してくれる機関もあるんだな。
でも、今は受けられないや。知りたいけど。
だって今、全然頭働かないもの。
おそらく「知能は普通にあるがコミュニケーションに障害がある」みたいにすら、出ない。IQテストを白紙で出して「知能にも問題がある」という結果が出るだろう。全然解きたくないもの、パズルだの計算問題だの。あ、漢字テストだったら読みも書きもどんどんやりますよ。おそらく満点ですよ。「閼伽棚」とか出なければね。漢字検定2級もってますよ。準1級だと、仏教用語ばっかり出るんだよね、それは落ちました。あ~こういうバラツキを見るのだな、きっと。

語り口が軽くて、親しみやすいイラストもあって(このイラストの「地球人の夫」の顔がうちの夫の顔にそっくりで笑える)、すんごい読みやすいので、ご自分のご家族に「どうもコミュニケーションが苦手そうだ」「もしや・・・」と思う方がいる方は、ぜひご一読を。「理解」は「理解」に近付きます。

しかし、読みやすいとはいえ、あまりに一気に読んだのでちょっとクラクラする。苦手な夕方がやってきた。洗濯物を取り込んだらまた休もう。

なんだろう、喉も痛い。風邪かな?加湿器もつけてるのに。
なんか、本のことうまく伝えられないもどかしさが、「喉になにかひっかかってる」イメージとして身体に出ている感じ。

ローズさんコメントありがとう。

おお、大泉洋ちゃんがドラマ「東京タワー」主演とな!
「急逝した演出家久世光彦さん(享年70)が演出を手掛ける予定だった、作家リリー・フランキーさんの大ベストセラー小説『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』のドラマ化」だそうです。
これには、大泉さん本人も、事務所サイトの日記で語ってます。
要約してしまうと、大泉さん独特の語り口が再現できないので、コピーしちゃいますね↓


あのね…もうご存知でしょうけど…

僕ね…『東京タワー』に出ます。


凄い事です…。

120万部のベストセラー小説のドラマ化です。

120万人が涙した小説です。

僕には高過ぎるハードルです。
不安で押し潰されそうです。ホントに小さな心臓で(笑)

でも先日急逝された、演出家の久世さんは私に仰ってくれました。

「あなたの東京タワーを演じて下さい」

「皆さんの中の東京タワー、皆さんの中のリリーフランキーさん、それらを気にせず自分の東京タワーを演じて下さい」

そう仰って下さいました。

ありがたいの一言です。

僕を起用してくれた久世さんに恥をかかせない芝居をしたいと心から願います。


またまた皆さんにはご心配をお掛けしますがどうかまた応援して下さい。



・・・以上です。
すごいなぁ。人と人のご縁って、本当にすごいなぁ。
久世さんって、あのお葬式の様子みたって「すごい人」だったわけだけど、そんな方にキャスティングしていただいたわけでしょ?
いっつもふざけてるように見える大泉さんだけど、あの人ものすんごく真面目なのよね。「どうでしょう」メンバーの中でも、あれだけはっちゃけておきながら、実はいちばん冷静だし。

私はリリーさんの原作まだ読んでないけど、原作がすごければすごいほど、読者それぞれの主人公像があるわけだし、特にこれはリリーさんの自伝なわけで、リリーさんのファンはみんな、リリーさんの顔やたたずまい、声や語り口などを思い浮かべて読んでるわけですよ、おそらく。
そして、久世さんは、まさにそこを「気にするな」と言い残してくださったのです。

洋ちゃんの演技が楽しみです。
あなたならできる。がんばって!

あっ、やっぱり「このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます」って書いてある、事務所サイトの一番下に。うう、ごめんなさい。ごめんなさいといいつつ削除しない私。ごめんなさい。
この機会に、大泉さんがどんなに魅力的な役者さんかってことを広めたかったので・・・言い訳ですかね。ごめんなさい社長。愛してます(どさくさにまぎれて告白)。

え~、上記の緑色の部分は「すべての著作権は株式会社クリエイティブオフィスキューに帰属します。」ということで、お願いします^^;
スポンサーサイト


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2006-03-15(Wed) 16:42:04
| コメント:(2)
コメント
パワーストーンの検索をしていたら
偶然に見つけました。

自閉症についても色々見てみましたが
やはり、まだまだ、わかりません。
だけどunakiteさん自身にも興味が湧いてきました。
もしよければまたよらせていただきたいです。。
2006-03-15(Wed) 19:23:25 | URL | hime #UTTqB9Tc [ 編集]

himeさん、ご来訪どうもありがとうございます。
パワーストーンいいですよね。himeさんもアクセサリーを作られているのですね。私は金具使いが苦手で、透明ゴムのブレスしかまだ作っていないのですけれど、そのうち金具もできるようになれたらなぁって思っています。

「自閉症」は「環境などが原因で心を閉ざす病気」や「ひきこもり」などとは違い、生まれつきの脳の機能障害で、コミュニケーションが苦手だったり、「他人の立場に立って考える」などの想像力が不足しているなどの特徴があります。
それが原因でひととトラブルを起こしやすいのですが、そういう特徴をわかって、その子によって「絵カード」だとか、言葉のわかる子には言葉でとか、順序だてて丁寧に説明すれば、物事の理解が早いです。パターン化された事柄を身につけるのは、得意だったりしまうので。スケジュール表とか大好きです。っていうか、「これから何が起こるか」ということが「想像がつかなくて」不安なので、スケジュールの書いてあるものがあると安心できるのです。

中程度以上の自閉症の子は大抵、養護学校へ行きますが、うちのみたいな軽度のは、まだ学校も(幼稚園入園前ですが・・・)普通学級に放り込んでいいものか、特別支援級なのか、わからない状態です。

おそらく、himeさんのお子さんのクラスメイトにも、親御さんが承知かどうかは別問題として、1人か2人は軽度の「広汎性発達障害」の子が入っていると思います。全国的に、そういう割合なのです。
昔はそういう子たちが「問題児」として扱われてしまい、本人も周りもつらい思いをしたと思います。
今は適切な支援を受けつつ普通学級に在籍できたりもしますが、まだまだ理解はされづらいなと思います。
私のような立場の人間が、「理解に向けての努力」をするべきなのですが・・・今は自分の体力と精神力がドンゾコの状態です。
まぁ自然の流れでもいいかな、と思っています。

ぜひぜひ、また遊びにいらしてください。
2006-03-16(Thu) 10:45:39 | URL | unakite→himeさんへ #CwrboUno [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。