カレンダー
04月 « 2017/05 » 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
「クレヨンしんちゃん」がすき&「THE 有頂天ホテル」の感想をちょっと(ネタバレ対策あり。安心して)
「クレヨンしんちゃんは、絶対子に見せられないわ~。あの真似されたら困るもの」「そうそう、ドラえもんが終わったら、気づかれないように早くテレビ消さなくっちゃならないのよねぇ」なんていうお母さんたちの会話を、以前聞いたことがあります。
おお~。そうかぁ~。ずいぶん皆さん教育熱心で、っていうか、「元々しんちゃんみたいなオイタをしない、いいお子さんをお持ちなのですなぁ」。まぁ、こういうとちょっと皮肉っぽく聞こえるかもしれませんが、実際、ポンと同じ訓練会に通っている子には「善悪の区別がつきづらく、面白いと思ったらすぐ真似をして、そのフレーズが気にいったらところかまわず連発して、親が注意してもなかなか止められない」というこだわりのある子も多いので、深刻といえば深刻なのです。

でもなぁ、ポンは、「クレヨンしんちゃん」を、テレビで見始める前から、まったく「しんちゃん」そのものなのだよ。よそのキレイなおねいさんだいすきだし、走り寄って勝手にナンパしてたし。お尻プリプリとか、2才くらいからずっとやってるし(その様子があまりに面白くって私が大爆笑してしまうので、なかなか止めさせるに至らない)。まぁ、外でお尻出すまではしませんが。大人っぽい発言を、タイミングよくサラッと言って、大人の顔をしかめさせるのも、アスペルガーの特徴(しんちゃんがアスペってわけじゃないと思うけど)。
だから私、「クレヨンしんちゃん」見てると、なんか心が和むんですよ。ああ、こういう子でも、っていうか、こういう子がお友達の和の中心になってるって、平和だなぁって。親や周りの大人は、困るかもしれませんが。って、親って私ですね。だから問題ないわ。

って思えるのも、最近ポンが落ち着いてきているから言えることで、それ以前は「しんちゃん」どころか「ドラえもん」さえ、他の民放アニメは一切見られなかったよ(教育上「見させない」とかではない)。本編にはまったく興味を持たず、CMばっかり熱心に見ていた時期が長く、いちいちその番組関連のおもちゃに興味津々なので、「いちいち全部買ってられるか。ぜってー○○レンジャーの人形とか買わねえからそのつもりで!」と私はキレており、NHK教育を一日中垂れ流していました。もちろん、朝と夕方は幼児番組があるからいいんだけど、昼間の「高校数学」とか「物理」、「高齢者介護特集」「趣味の園芸」とかも、ずっと見せてた。数学とか物理なんて、私は全然わかんないんだけど、ポンはじーっと見てたので、まぁそれもアリかと。さすがに最近はそういう番組つけると「このテレビわからない」とか言って、「『わからない』ということが『わからない』」と、わかってきたようです。

なんか私、結局ずっとテレビ見ながらこの記事書いてるのがマルわかり(しかもずっとテレ朝)なんですが、スカパラとチャラの「サファイヤの星」よかったなぁ~。
この前「THE 有頂天ホテル」見終わった後で、「面白かったね~。ちょっと泣いちゃった」って言ったら、夫はずっと笑いっぱなしだったようで、「どこで泣いた?」って驚いたように聞いてきた。
どこで泣いたかというと・・・
(「有頂天ホテル」をこれから見る予定のある方のために、ネタバレ注意。
今回は、まったくの白字じゃなくて、薄字にします)

ここから下はちょっとネタバレ(読んでもよい、という方は、読みやすいようにするにはカーソルをドラッグ&ドロップで反転させてください)





大晦日のパーティで歌う予定になっていた「YOU」演じる「桜チェリー」(売れない歌手で、前は洋楽を歌っていたが、最近は「民謡を歌わせてるんですよ~やっぱ和モノの方が受けますからね~ガハハ」と、唐沢演じる、怪しげな芸能プロ社長が言ってた)が、ホテルの大騒動の中で、あちこちの人間ドラマを垣間見、「本当にやりたいことをやらなきゃ!」という気分が盛り上がり(そういう台詞はないの。YOUの、表情や細かい動きだけで、そういう変化がわかってくるの。あの人、役者としても、すごいセンスがある)、結局段取りがハチャメチャになるパーティーの舞台で、芸人仲間たちの協力を得て、社長を無視して、ノリのよい英語のスイング・ジャズを、ビッグバンドをバックに熱唱するんです。本当に楽しそうに、身振り手振りもたっぷりで。それを見てたら、聴いてたら、なんだか泣けて泣けて。「やりたいことがやれて、よかったね」とか「私もやりたいことをやろう!」とか、そういうことも思ったけど、いちばん痛切に思い出したのは

私も、歌手になりたかった。

こどもの頃の夢だった。親にも、誰にも、ひとこともこのことは言っていなかった。アイドル歌手になりたいとか、じゃ、なかった。ジャズシンガーとか、オペラの声楽家とかになりたかった。ジャズも、当時のイメージの「女の色気でしっとり夜の気分」とかじゃなくて、ちょうどこのYOUが歌ったみたいな、ブラスセクションに載せた明るいスイングジャズみたいなのが歌いたくて。
でも、「そんなことを思っていることを知られてはいけない」と、何故か強く隠していた。だから、実際にレッスンとか、オーディションなんかも実行できるわけがないので、「夢に向かって努力」なんて、結局できなかった。
教室に貼りだすような自己紹介カードに、将来の夢、なんて、とても書けなかった。「医者」とか「弁護士」とか「テキトー」に書いてた。
unakiteちゃんは頭がいいからソウヨネ~みたいに思われる方が気がラクだったので。小学校の時だけは、勉強の成績がよかった。
(その後、大学出て就職活動する時も、入りたい会社なんてイッコも浮かばなくてさ、絶対音感が少しあるから「ピアノ調律師」になりたいと思って専門学校とか探したんだけど、なんでか親に言えなかった)

だからさ~、なんか、「桜チェリー」が、代わりに夢を果たしてくれたみたいで、すっごくすっごく嬉しくて泣けた。きっと、このパーティーが終わったら、あの社長の元を離れて、芸名も自分の好きな名前に変えて、好きな歌を歌い続けてくれると思う!


これから下すこしは、この感想に関連づけた、自分の「夢」(今見てたMステと関係あるし)のことなので、映画のネタバレともいえないので、少し字を濃くしようかな。



それとね、今「スカパラをバックに歌ってるチャラ」を見たら、それもなんか重なって。いいなぁ。ありえないけど、私が歌手だったら、絶対スカパラに「あの人をゲストボーカルに迎えたい」と思ってもらえるような歌手でありたい。(関係ないけど、もし私がグラビアアイドル(一層ありえない!)だったら、関根勤に「あのコいいコだよね~!」って、自分の同席していないトークバラエティで名指しで言ってもらえるようになりたい)。生ブラスをバックに歌って踊りたい。これは、今生ではかなわないだろう夢ですが、いつかこれのミニ版でもいいからかなえたい・・・って、大学の時、ラテン音楽のサークルで、サルサバンドのボーカルやったりしたなぁ。小さく叶えてはいるわけだ。

さて、おつかれさまでした。
私の感想は、ココに集中しちゃったけど、それぞれの登場人物に全部ドラマがあって、全部笑えて、全部しみじみして、すんごくよかったよ。
三谷監督のポリシーで、「長回し」の場面が多く、ちょっと画面の動きがめまぐるしいけど(役所広司はじめ、ホテルマンたちがすんごい走り回ってるから)、目を回さないようだけ気をつけて、楽しんで下さい♪
スポンサーサイト


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2006-02-17(Fri) 20:30:01
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。