カレンダー
10月 « 2017/11 » 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
親子デート湘南編。
え~、前々回の「横浜みなとみらいデート」レポートが好評でしたので、調子に乗ってまたまたアップしますよ~。今回は「湘南・江ノ島デート」です(以前は「個人情報の流出!」などを恐れて近隣の地名も書いていなかったのですが、このくらいなら大丈夫だよね~と開き直りモード)。
9日(木)の記事にも書いた、心療内科での診察は11時半からでしたので、その後近くの駅ビルでランチを食べました。
20060211211744.jpg
いつも混んでいて「また行列してる。別の店にしよう」というイメージが私の中にある「洋麺屋・五右衛門」ですが、パスタを食べたい気分だったし、平日ということもあり、ちょっとだけの待ちで入れました。中では、女性の一人客が、初老のご夫婦と相席している、という風景が多かったです。やっぱり人気なんですね。「ハーフ&ハーフ」のセットを一つ注文し、ポンに取り分けました。それでも十分のボリュームだし、味も人気店だけあって美味しかったです。ポンはクリームソーダ初体験。とっても気にいったみたい(写真ではアイスはもう先に食べちゃった後)。

天気もよいので「モノレール乗る?」と聞くと「のるのる!」と大乗り気。前日に、お友達のおうちで「プラレール」で遊ばせてもらい、珍しいセットだと思うんだけど、「ぶらさがり式」のモノレールもあったんですよ~。それに夢中だったので。
20060211214118.jpg
「いかにも懸垂式!」というのがわかる写真は撮れず(被写体が動いていると撮るのが難しいですね!)、終点「湘南江ノ島」にて止まっている車両とポーズ。

海に出る道までには、江ノ電の「江ノ島」駅もあります。ここでもしばしストップ。うちに江ノ電のおもちゃがあって、1才くらいからずっとお気に入りで遊んでいるのですよ。
20060211213931.jpg
写真に写ってしまっている一般の方、ごめんなさい~。小さいから、お顔見えないですよね?この駅、写真撮る場所難しいんですよ~。一人で「鉄道おたく女」みたく、あちこちから激写していたのですが、このくらいの写真しか撮れませんでした。でも、この古い形の車両が「いかにも江ノ電」ぽくて私は好きなので、このタイプの車両が来てくれて、嬉しかったです。
20060211214013.jpg
片瀬海岸の西浜には、おばあちゃんと来ている同じくらいの年恰好の子と、砂遊びをしました。おばあちゃんが言うには「父母と外出の時はいつも車なので、『電車に乗りたい!』と言われて乗っていたら、ここまで来てしまいました」とのことでした。どこから来たのか聞いたら結構遠くて、おばあちゃんも大変だァ。でも、彼にはいい思い出になったでしょうね。
20060211211819.jpg
「この石撮って!」と「フツーの石」を大事そうに差し出すポン。きれいな貝殻も落ちているのに、キミは「おじゃる丸」のカズマか。

結構日も傾いてきたので、帰路につくお友達とはバイバイをして、橋を渡って「江ノ島」へ。途中、地元の人らしきおじさんが、手に持っていた「おいなりさん」のパックをトンビにつつかれ落としてしまったのを目撃し、びっくり!話には聞いていましたが、「食べている最中」に狙われるだけのではなく、手に持っていてもやられるのですね。まさに「トンビにアブラゲさらわれる」です。地面に落ちてしまったので、おじさんは「おいなりさん」を空中に投げ、そのすべてを10数匹のトンビが交互にしっかり足でキャッチしていました。あんまり驚いたので、とても写真に撮れる状況ではありませんでした^^;皆さん、「片瀬海岸」は、海の見える場所にすわってくつろげるので、お弁当を広げてしまいがちですが、どうかお気をつけを!

そのおじさんとお話しながら「島」へ。「いい子だね」「ボク、お父さんやお母さんの言うこと、よく聞くんだぞ」「今、こどもが狙われる犯罪が多いから、気をつけなきゃ」「こんな日本になったのは、今の日本の政治が悪いんだ!オレらの頃は、オヤジがそりゃぁ怖かったもんだ」とか言う話を「はぁ、そうですか」と聞きながら。人のよさそうなおじさんでした。

島の入り口でおじさんと別れた後、ポンは「あれはナ~ニ?」と。おお、昔ながらの参道入り口を右にそれた所に、なんだコレ?
20060211211916.jpg
何やら、絵柄の入る電光掲示板の上に、龍をかたどったようなオブジェが新しくできていました。ウッドデッキにテーブルセットもあり、海を眺めながら休憩できるオシャレゾーンになっていました。
そして、こんな建物も。
20060211211849.jpg
「江ノ島スパ」とか書いてありましたね~。2階がスパなのかな?1階だけ入りましたけど、お茶を飲めるフリースペースと、雑貨を売っているワゴンと、豪華なトイレと、アロマグッズやスパグッズ、ヒーリングもの、ジェムストーンを売っているお店がありました。特大ゴールデンカルサイト丸球、とか(何十万か見てくるの忘れた!)、わ~きれいなラリマーのブレスレット、おいくら?と思ったら12万とか、ゴールデンルチルのブレスが18万とか。ショーケースにも入らず「素売り」ですよ!あ~びっくりした。でも、アメジストや水晶のクラスターなど「どれでも1000円」とかのコーナーもあって、これは見る目のある人が行けば、掘り出し物的な、いい買い物ができる気がします。私は、ポンが「う○こ・・・」とか言うので、ゆっくり見れませんでしたが(すぐに豪華トイレに駆け込んだ)。
20060211214140.jpg
その後、通常どおり、長い坂と高い階段をのぼって、弁天様にお参り。う○こが済んでスッキリしたポンは、参道の店先で湯気をあげている、ホカホカおまんじゅうにうっとり。バラ売りしてくれるお店で2個買って、ほおばりながら歩きました。

帰りは、海からいちばん近い、小田急線の「片瀬江ノ島」駅から、ちょっと遠回りで帰りました。時々「つかれた~」とか言いながらも、元気に全行程を歩いてくれたポン。どうもありがとう。とっても楽しかったよ。

今回は時間がなくて、ここまででしたが、せっかく「江ノ島」まで橋を渡ってきて、弁天様の山までのぼったのなら、ここへ足を伸ばすのがオススメ。大人どうしなら、夜景もヨイでしょう♪
江ノ島展望灯台

そしてそして!私の大・大・大好きなスポットはコチラ↓!!
新江ノ島水族館
私は海が大好きで、スキューバダイバーでもあり(最近は何年もごぶさただけど)、いろんな水族館に行ったことがありますが、ここはほんとスゴイ!「大水槽」が、「大」なだけじゃなく「深い!」これはダイバー視点で見ても「懐かしい・・・海底にへばりついて水面を見上げると、こんな感じだったよねぇ」とボーッとしてしまう。クラゲのドームでお泊まりするナイトツアーなんてのもあるんだよ!行きてぇ~クラゲと添い寝してぇ~!イルカのショーも、タイミングさえあえば、いろんな種類のショーが見られます。
立地も、「江ノ島」の「島」まで行かなくてよく、「片瀬海岸」に沿って建っているので行きやすく、しかも「砂浜を生かして」建てられており、「渡り廊下や、お茶を飲んでくつろげるオープンスペースから相模湾が一望」とか、「かなり工夫して設計したなニクイぜコノヤロウ!」という感じ。機会があれば、ぜひ一度。私もまた行きた~い。
スポンサーサイト


子育て | 2006-02-11(Sat) 21:54:54
| コメント:(5)
コメント

馴染みの場所がたくさん出てきて嬉しい気分です!お元気そうで良かったです!ポンくんもとっても楽しそう。親子でデートかあ…。羨ましいな。私は上の子との二人の時間が殆ど無かったのが、ちょっと心残りなので。
ポンくんも、すごく成長したのね。でもこの落ち着いた状態から、二人目を…と考えられるのって凄いです!私だったら、ようやくここまで来たんだから、もう苦労はしたくない…と思ってしまうので。だから神様は、たて続けに授けて下さったのかも知れませんね。
きっと、赤ちゃん・パパ・ママ皆にベストなタイミングというのがあるのでしょうね。どうぞお体を大切に、焦らずにね。

心療内科のお話も興味深いです。私も(特に第二子出産後。辛かった…)、「明日こそ行こう」と何度思ったことか知れないので。鬱に原因って無いの??自分は原因がハッキリし過ぎている(いた)ように思ったけどな…。
あと、鬱って「ひたすら自分を責める」派と「外に発散する」タイプに分かれるらしいですね。夫は前者のタイプ(心療内科に行ったことあり)で、私は後者。モノにあたったり家族に暴言吐いたり、ホントに自分が恐かったです。(うちの冷蔵庫、ボコボコです)
今ではかなり落ち着いたけど、たまにイララック飲んで頑張っています!

「有頂天ホテル」いいね~。私も見たいんだわぁ。(これと、「三丁目の夕日」。)
生きていると辛いこともたっくさんあるけれど、自分がhappyになれることを少しでも見つけて行きたいよね。最近特にそう思うわ。

長文&乱文失礼しました。またね。
2006-02-13(Mon) 11:25:41 | URL | NR #- [ 編集]

こんにちは★

親子デート、楽しそうですね!!
私は「江ノ島」ダイスキです。
っていうほど行ったことは無いのですが…去年、友達と一緒に一日ぶらぶら楽しんで
かなりはまってしまいました。
その日は快晴だったので、富士山もすごくきれいで
サンセットはうっとりするぐらいすてきでした!
お互いに、「これで相手さえいればねぇ~」っていう状態(笑)

そのときは「新江ノ島水族館」はお金がかかるので(笑)行かなかったんですが
今度江ノ島に行ったときには
行ってみようと思います!

にしても、写真見てたら、今すぐにでも行きたくなってきましたぁぁ。。
2006-02-13(Mon) 15:59:27 | URL | koyuma #Y.TVYSvE [ 編集]

NRさん>

こんにちは!この地域は、おそらく私よりもNRさんの方がお詳しいでしょうね~。おすすめスポット、他にもあったらぜひ紹介してくださいね!
「皆にベストなタイミング」、本当にそうだと思います。ポンと同じ年のお友達は、NRさんはじめ、妹ちゃんや弟ちゃんが早めにできた方が多くて、とても羨ましく思っていたのです。でも、今やっと落ち着いてきたポンと、幼稚園入園前のフリータイムを、親子でしっかり楽しめるのって、まさに今!だと思い、自分の体調回復への目処も段々たってきたので、こういった外出を楽しんでいます。すると逆に、NRさん以外の、もうお二人の子をお持ちのお母さんからも「下の子がもうちょっと大きくならないと行けないわぁ」「親子二人でのんびりお出かけ、いいわねぇ」というご感想をいただき、「どっちがイイ・ワルイとかってないよなぁ。それぞれに幸せの形ってあるんだよなぁ」などと、思っております(^-^)

>「鬱に原因って無いの?」
そういうわけでは、ないらしいです。
いわゆる「鬱」「うつ症状」「うつ状態」と呼ばれるものには、ハッキリした原因があるそうです(今の私がそうです)。ただ、「うつ病」となると、また違うらしいんです。このへん、私は勉強不足で詳しく説明はできないのですが、お医者様の話だとそういった感じに、私は受け取りました。
NRさんが「原因がハッキリしていて、鬱である」という自覚がおありの時期があったのならば、やはり「うつ病」というよりは、「うつ状態」だったのかもしれませんね。

私個人の考えとしては「あまりに原因がたくさんありすぎて(何十年も前から・過去からの、いろんな種類のストレスの積み重ね、とか)どれがキッカケで発病したのか特定できない」「一番の原因が何なのかハッキリしない」という意味で「原因が無い」と表現されてしまうのが、「うつ病」なのかな、とも思っています。これは、専門家でもないし、勉強したわけでもない私のただの憶測なので、違うかもしれないですけれど。

えっ。いつも物腰優雅なNRさんが、冷蔵庫ボコボコとか・・・想像がつきません。でも、そういうことってありますよね。私も、ずっと夫に、大したことないことで暴言吐きまくりで、ハードカバーの本の角で頭を殴りつけたこともあります(ものすごいダメージを受けてた。自分でやったことながら、まったくひどいな)。
今落ち着いておられるなら大丈夫だと思いますが、例の「Hクリニック」はなかなか良さ気ですよ。もしまたお困りのことがあったら、一度軽い気持ちで訪ねられてみても。
「イララック」というお薬があるのですか?市販のものですか?

「有頂天ホテル」最高楽しかったですよ!何度も手を叩いて大爆笑しました(場内みんなで)!「三丁目の夕日」も、しみじみよさそうですね~。

たっぷりのコメント、とても嬉しいですよ!乱文だなんてとんでもない。読みやすいです。ご謙遜なさらず、よかったらこれからもカキカキしてくださいませ♪


koyumaさん>

江ノ島、お好きですか!嬉しいです♪
富士山、今回はうす~く見えました。かなり、ふもとの方まで見えるんですよね。快晴でサンセットなんてラッキー!素敵だったでしょうねぇ~。今度はぜひ・・・(笑)でも、江ノ島自体は女性の「弁財天さま」がいらっしゃるので、カップルで行くと嫉妬されて×××・・・なんていう「都市伝説」もあったりします(迷信だとは思いますが。そういえば、そんな風説を打ち破るためか、境内には「えんむすび地蔵」のようなものもありましたよ)。前回は、女性のお友達どうしで、よかったかもしれませんね^^;

「えのすい」確かに、ちょっと「イイお値段」ですよね~。でも、中に洒落た休憩所もあったり、イルカショーも同じ敷地にあったり、一日中楽しめ、途中抜けも許されるので(なんかスタンプとか押してもらうんだと思う)、早い時間から行って、どこか近くのお目当てのお店でランチしてからまた戻る、なんていう楽しみ方もできると思います☆
ただ、専用駐車場がないんですよね~。うちはいつでも電車ですから問題ないんですけど、お車の方は、近くの有料駐車場を使うことになります。
(蒸し返すようですが、確かに入場料は高い・・・でも八景島の水族館よりは安いですよ!金券ショップなどで、タイミングよく出ているとラッキーなのですが・・・。八景島のが出てるのは見たことありますが、「新えのすい」のは、あまり出てないかもなぁ)

もしまた行かれたら、感想教えてくださいネ!(^-^)




2006-02-13(Mon) 17:01:46 | URL | unakite→NRさん、koyumaさんへ #CwrboUno [ 編集]

度々こんにちは。
イララックは、市販薬です。イライラ感・興奮感の沈静に…気持ち穏かに…と箱に書いてあります。(笑)
噂に聞いてから飲みたくて飲みたくて、下の子の断乳を待って買いに走ったのを良く覚えています。私の場合、効いている気がしますよ。
unakiteさんの武勇伝(?)を読んで、私もどん底時代に壁に穴あけたことを思い出しました!!!あの頃は本当に相当キテいたようです…。
Hクリニック!私もそこのHP、何度も覗いていましたよ。これじゃあ虐待母になっちゃう…明日こそ…でも乳幼児二人連れてどうやって行けば?の毎日で。
unakiteさん、合うようで良かったですね。そういうところに行って、余計にもやもやして帰ってくるのは避けたいですものね。
お互い頑張り過ぎず、でも頑張って生きていきましょうね。
2006-02-13(Mon) 21:00:24 | URL | NR #- [ 編集]

「イララック」が市販と聞いて、「もしや、小林製薬では?」と思い、検索してみたらその通りだったので、思わず笑ってしまいました(ゴメンナサイ^^;)。「熱さまシート」とか、むくみ取りの「ムックミン」とか、ダジャレ系の医療品名が「お家芸」ですよね^^
今度、探してみます、イララック。

私も、眠れなくて、漢方ナイトミンとか(これも今見たら小林だった)、カネボウの「ストレスなどでイライラする方の不安・不眠に」という漢方など買ったことがありますが、それらはあまり私には効かなかったです。眠るだけならドリエルは効きますが、ひどくボーッとするし。お薬は難しいですね。やっぱり、細かい話をして、医師に処方してもらうのがベストだと思います。

最近、ソラナックスで気分がよくて、調子に乗って連日外出していたら、少々疲れました。そろそろ、雨にふりこめられたい気分です。天気がよいと、どうしても外に出なくてはならないような「強迫観念」に近い気分になってしまうので。でも、雨だとの予報の木曜日は、クリニックの日なのだ~。うまくいかないわぁ。

Hクリニックは予約制なので、まず電話した方がいいと思います。たぶん、予約の時点では、症状などのことは聞かれたりはしません。私は直接窓口まで行って予約しましたが、それによるメリットがあったわけでもないので(こちらとしては、雰囲気の偵察を兼ねていたわけですけれども)。
お子さんは、ご実家などに預けられるならば、その方がご自分が落ち着けいて話ができるという面で良いと思いますが、連れていっても大丈夫な雰囲気はあります。

私も、アロマテラピーとかカラーセラピーとかエナジーヒーリングとか、結構本格的に時間をかけて勉強したのに、自分がこうなってしまった今、自分のことだからこそ、どうしていいかわからなくなっています。
バッチフラワーレメディ(感情面に働きかける飲用のエッセンス)なども愛用していたのですが、ここまで症状が進むと「民間療法はもちろん良い面はたくさんあるが、西洋医学こそが合う、という場面になったらそちらへ足を運ぶべき」なのかなぁ、と最近思います。

今度、お会いして、ゆっくりお話したいですね。
もちろんこちらでも、たくさんお話していきましょう。
2006-02-13(Mon) 21:36:28 | URL | unakite→NRさんへ #CwrboUno [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。