カレンダー
06月 « 2017/07 » 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
ダイエット明けのチョコレート三昧。
残業中のOLさんが「会社も、部長も、こんな仕事も、ダイッキライ!」と叫んで、ミットを構える同僚らしき「キンキ光一」に剛速球を投げる、というチョコのCMがすごーく気になるunakiteです、こんばんは。あの叫び声、CMとして放送するのにふさわしいのかどうか、ギリギリなんじゃないかというように、最初聞いた時は身震いしました(最近はもう慣れました)。あの女優さん、どなたか存じ上げないが、真に迫っているな。
私も会社員だった時は、いつも机の引き出しにチョコが入っていましたが、もし「ダンナも、こどもも、こんないつまでたっても終わらなくて誰からも褒められない家事なんてダイッキライ!」と主婦が叫ぶCMがあったらシャレになんないな~。
もしあったら、どこで、何を、誰に向かって投げるというのだろう?主婦の職場だから、自宅だよね。「異性の同僚」なんていないしな~。自宅に近い人で、自分の苦労をわかってくれそうな男性・・・うーむ。

いや、私はダンナとこども好きですけど・・・一時的には「クソ!」と思う瞬間もあるし。まぁ家事は、組織に命じられて会社でやる仕事よりは、自分のペースでできるので、ずうっとマシです。どっちみち、OLさんだって家に帰れば自分ち掃除するわけだしね。
20060206204731.jpg
夫の帰りはまだなので、ポンと先に夕食。今日は、細木数子レシピの「れんこんの炊き込みご飯」に人参を加えたものと、ひき肉のオムレツ。「れんこん」は以前も作って、美味しかったので。きざみ大葉をかけるのがポイント。大人には梅肉も合います。
写真はポン用ごはん。ちょっと大盛り過ぎたので、食べてる途中でさりげなく減らしました。写真撮るつもりではなかったので、オムレツの形がボコボコですが、「おいしい!」と食べてくれました。証拠に、本人のニコニコ目入りです(って食べる前の写真だけど^^;)。

20060205014900.jpg
夫とポンのベストの大きさ比較写真(っていうか部屋干し中。どちらも裏返しです)。我が家ごとながら、ちょっと微笑ましい光景です。

冒頭のチョコのCMの話ですが、今回は「剛バージョン」は無いのかな?目にしていないのですが。前にやってた、おそらく残業に疲れた「OLの私(人物は出てこない。視聴者目線)と同僚・キンキ剛」が帰りの電車に乗っていて、おそらく一つだけ空いていた席に「私」を座らせて、剛はその前でつり革に気だるい感じでもたれて、「私」を優しい視線で見おろしている。彼がどんな台詞言ってたか忘れちゃったけど、あの感じ、あのまま電車(終電かも!)乗り過ごして、あなたと(たとえその同僚に恋心がなくても)どこへでも行きたい!という気持ちになる。「口どけに、甘えればいい」って言われてもねぇ。たしかにあのチョコは美味いですが、チョコにしか甘えられないのも、ちょっと寂しいものです。
だからといって「お互いに恋愛感情ないはずなのに優しくしてくれる男性」に甘えるのはもっとイクナイ。いかんいかん、優しさに甘えてはいかん。勘違いしてはいかん。勘違いは私をどこまでも暴走させる。そして相手に迷惑をかける(優しい人は断りきれんのよ。はっきり断ってくれ。でも、実際断られるというのも、ものすごいショック)。う~ん頭が混乱してきた。こういう妄想で頭を使って疲れるのもいい加減にしてもらいたい(と自分に忠告する)。

普通に考えれば、それ(妄想の途中までですが。CMで描かれている世界のみなら)がキッカケで本当の恋が生まれるって筋書きもありそうですけどね。とりあえず、その世界は私にはもう縁のない話です。と断言するのが何故かひどく淋しい。とても心細くなってきた。私はもう、自分の世界にドラマは起こらなくていいと願ってきた。感情の波が激しい状態が慢性的に続くのは、あまりにしんどいから。しかし、私はあなたにあいたいと思う。
スポンサーサイト


家族 | 2006-02-06(Mon) 21:10:12
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。