カレンダー
07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
視覚情報の優先。
20051226034503
ポンの通っている幼児訓練会のクリスマス会が、先週土曜にありました。今回も、お弁当の仕分けや、トナカイさんの寸劇のお手伝いなど、裏方仕事でバタバタしましたが、ほぼ順調にいき、こどもたちも楽しんでくれたよう(夏のお楽しみ会の時は、あまりの人数の多さに戸惑う子もいたのですが、今回は慣れたようで大丈夫そうでした)。
写真は会の進行プログラムで、進行状況に応じて番号にクリップで止めた赤枠を移動していきます。こうすることで「今は何の時間?」「次は何?」と不安になりがちな子たちも、安心して楽しめます(サンタさんの登場で盛り上がっていて一度移動を忘れたら、すごい勢いでポンに「ママ!すうじサンタさん(の所)にしてきて!!」と指摘されました)。

最近のポンは10月の4才の誕生日を過ぎてからというもの、かなり「イイコ」であり「とても困る事」は減ってきているかのように思えます。しかし、ここで気になっているのは、「イイコになってきた」と見えるがゆえに、見落としがちなこともあるのでは、という点です。
先日、夫から聞いたのですが、二人でファミレスでお茶している時「この後、本屋に行くかい?」とポンに聞いたら「本屋はつかれるから行かな~い」と言ったそうです。それなら本屋はスルーして、その向こうの地区センターに行こうと夫は思い、外に出て本屋の前を通りかかったら、ポンが突然「本屋行く」と言い出したので、「さっき行かないって言ったじゃないか!」と、夫は怒ってしまったそうです。この出来事を「単なる4歳児のきまぐれ・この子の性格的なわがまま」と受け取ってしまっては、理解することからは遠くなります。私が今までのポンを見てきた経験からは、やっぱりこれも、自閉症スペクトラム特有の「イマジネーションの苦手さ」「視覚的な情報でないと受け取りにくい」という特徴から来ていると思うのです。「ほんや」と耳から聞かされたときは、「本屋」の具体的なイメージが浮かばなくて「行かな~い」と言ってしまったけれど、実際「本屋」の外観を目にして初めて「あっ!ここは本がいっぱいあって、楽しいところだったよな。入りたいな」という具体的な感情がわくのだと思います。だから、もしポンが

「パパ、僕さっきは『本屋行きたくない』って言っちゃったけど、今こうやって本屋を目の当たりにしたら、入りたい気持ちになってしまったよ。だから、入ってもいい?」

という文章を言える能力があるのなら、夫も怒らなかったと思うんです。だけどそんなのは、健常の子だって4才じゃまだ無理だよ~。

私も結構「朝と夜で言うことが違う!」とか非難されるタイプなのですが、その「違った」理由は、自分の中ではしっかり思考の道筋ができているのです。ちゃんとそのプロセスも説明しないと、理解されないってことはわかっているのですが、自分の思いの結論が端的に口に出てしまいがちなんです。だから、ポンがこういうトラブルを引き起こす理由が、とってもよくわかります。まだ難しいかもしれないけど、「こういう時は、こういうふうに言うと、わかってもらえるよ」ということを伝えていけたらいいなと思っています。

こういった、「ポンを理解していこうとすること」が「自分の反省」にも直結する発見は、最近とても多く、その度に私のインナーチャイルドが少しずつ癒されている気がします。
スポンサーサイト


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2005-12-19(Mon) 16:42:06
| コメント:(4)
コメント
こんばんは。いつも楽しみに読ませてもらっています。
視覚情報と言葉とのギャップについて発見があったのですね。
実は数日前に発達臨床心理学の大家の先生のお話を伺う機会がありまして,その時に印象に残ったのは,自閉症スペクトラムのお子さんに接する際に,視覚+音声+言語で説明をしてあげると良いということでした。
その時に出た例を,仮にポンくんに起こったこととしてご紹介してみますね。
Aくんとポンくんは仲良し。AくんはBくんとも仲良しなので,2人で楽しく話していたら,ポンくんは,「Aくんは僕と仲良しなんだから,3人で仲良くしなきゃいけない,なのに何で僕を仲間はずれにするんだよー」と怒ってしまった。
このとき,現状のAくんBくんポンくんと,その関係を図に書いてみせてあげる。(3つ丸を描いて3人をあらわし,その間にそれぞれ線を引っ張って関係性をあらわして,さらに線の上に良い関係なら○そうでないなら×をつける)そのわきに,「Aくんとポンくんは仲良し」とか,説明文を書く。そしてその図と説明文を見せながら,口頭で説明してあげる。
そうすると,理解しやすくなるそうです。視覚・音声・言語でそれぞれ同じことを示してあげると,それらの情報間のつながりを強くさせ,同じものとして受け入れられるようになっていくそうです。
と,いうことを専門家から聞けばはあ~なるほどと思ってしまいますが,それをunakiteさんはご自身で発見していらっしゃるのはほんとにすごいな~と思いましたよ☆
2005-12-19(Mon) 22:26:42 | URL | みすてぃ #- [ 編集]

みすてぃどの!いつもありがとうです。
A君B君の図の話、「な~るほど~」です。
ポンは最近字を読むことにハマっているので、字で書いたものを見せると理解できる、という場合もあります。
言葉がわかってるんだから、口で言ったって同じだろ、と思っていたのですが、これがかなり効果あるんですよね。
たとえば、いつもは○○会に行っているけど、今日は特別に◇◇会に行く、という朝に「今日は◇◇会に行くよ~」というと「ヤダ!○○会に行く!」となるんだけど、紙に「きょうは ○○かいにはいきません ◇◇かいにいきます」と書いて見せると、「ポンちゃん◇◇会行く」と、手のひらを返したように素直になったりするのです。視覚効果ってすごいんだなって思います。「言葉じゃなくて絵で理解する」っていうのともまた違うんだなって。私も、ある場合にはメモをずっと見てないと不安だったりするのですが、近いものがあるかなと思いました。
2005-12-20(Tue) 00:52:45 | URL | unakite→みすてぃさんへ #CwrboUno [ 編集]
聴覚刺激,つまり言葉で聞くだけでは,具体的イメージがつかめなくて「見通しがもてなかった」からこそ,ポンくんは後から「本屋に行く!」と最初の言葉と違う行動をとったのでしょうね。メモも,書く・読む(見る)・音読する・多次元の情報で記憶をよりとどめておける手段なのではないかと思います。

追加情報;みてハッスル☆きいてハッスルというNHK番組はご存知でしょうか?LD・ADHD・高機能自閉症の子供達に必要なアカデミックスキル・コミュニケーションスキル・ソーシャルスキルの3点に焦点を当てた番組だそうです。ホームページでも概要が見られます。既に知ってたらご容赦を・・http://www.nhk.or.jp/hassuru/
2005-12-20(Tue) 14:25:20 | URL | みすてぃ #- [ 編集]

そうそう!「見通しのもてない」ことに関しても敏感なんですよね。初めてのことにも抵抗をしめすことがあるので、そういう時は前もって「今日は○○のあと、○○をするよ」と「言い聞かせて」いますが、いっそうわかりやすくするには、それも「書きながら説明」した方がいいかもしれないですね。

「みてハッスル」ほとんど毎回見てますよ!(^-^)番組が始まるとポンは「にんじゃのばんぐみ、みる!」と楽しそうです。「どうする?ゆうきくん」なんて、見るたび「うわ~こりゃポンもこうなるんだろうなぁ」と身につまされます。出てくる「青い髪のお友達」を見るたびに、こういう理解ある(「暴走する」ゆうきくんに、順序だてて説明してくれる)お友達がいてくれると心強いだろうなぁ、と涙ぐんでしまいます。
2005-12-20(Tue) 19:27:12 | URL | unakite→みすてぃさんへ #CwrboUno [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。