カレンダー
07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
「自閉症」って聞いたことありますか?と聞かれて
うちの3歳児「ポン」は「自閉症スペクトラム」と診断されている。私の現在の生活は「子と対する」ことと、「自閉症について学ぶ」がすべてであり、正直言ってその繰り返しには「いいかげんウンザリ」なのだけど、とにかく今はそういう時期なのだと機械的に自分の頭と心に言い聞かせてそう動いていくしかない。
こんなふうに書くと、ああ私も軽度のアスペルガー(アスペルガー症候群は、自閉症の仲間だけど、知能が普通で言葉の障害はないが、特殊なこだわりがあったり、人の気持ちになって考えたりすることが難しい)の傾向はあるのかなと思う。
書くことで考えが整理される、とは普通にもよく言われることだけど、私は「書かないと整理されない」というか。

本当は、「発達障碍の息子を抱えて日々奮闘する母のブログです!」みたいなサブタイトルつけるのが一般的なのかな~と思うのだが、私の関心は、この息子をどうサポートしていくかより、しんどくてふらふらしてる自分の中身をとっくり見つめることにある。

さっきも「ああ私も軽度の」と書いたけど、今日、炎天下の横断歩道でギャーギャー叫ぶポンの手を握りながら、「そういえば・・・」と思い出したこと。
小学3年生の時、クラス担任教師が厳しい年配女性だった。私は勉強の成績はよかったので「一目置かれて」はいたが、通信簿には毎回「自分の非を認めない」「人の揚げ足をとる」「屁理屈が多い」と書かれた。
「屁理屈」については、親にもよく言われていて、「屁理屈を言うな!」と言われると「これは理屈であり屁理屈ではない。筋が通っているのはあなたもわかっているはずだ」と言い、大人はキれ、よく殴られたものだ。
「私の方が大人よりずっと頭がよい」と当時は思っていたので、殴られた頭や体は痛いが、心はちっとも痛まなかったものだ。「大人はバカだなぁ」と心の中で笑い、憐れんでいた。
それによって今親を恨んでるとか、そういうことはまったくない。「バカでいること(本質から目をそむけて実生活に取り組むこと)」が大人であることだというのは、ある面からは真実だからだ。

「揚げ足をとる」にしても、「さぁ、これから揚げ足をとってこの人をからかってやろう」なんて、私は一度も思ったことがない。何かの状況や、誰かが言ったことに対して、普通に思ったことを言うと、相手は顔をしかめて去っていく、そして陰口をたたかれる、そういう状態だった。

どうしてこんな陳腐な「思い出」をダラダラ書いているのかというと、アスペルガーってそういうものらしいからだ。「光とともに」という、自閉症児を抱えた家族を描いた漫画があるが、その中でアスペの子が出てくるそうだ。今日人から聞いたばかりで、その巻を読んだわけではないので、違ってたら訂正して。その中では、調理実習で、包丁を使うとき先生が「カメの手にして」(野菜等をおさえる手の指を切らないように丸める状態)と言ったら、アスペの子が「人間の手は、カメの手にはなりません。そもそもホモサピエンスは・・・」と演説が始まってしまった、というエピソードがあったそうだ。冷や汗。覚えてないんだけど、おそらく私、小3くらいのときそんな感じだったと思う。

まとめません。ダラ書きは続く。「光とともに」とか、自閉症についての本を、読めるようになったのはつい最近なのです。このことを今回いちばん言いたかった。
診断を受けたのが去年の10月、障害児の親の会に通い始めたのが今年の1月、その中で他のお母さんたちが、あまりにも明るく、あまりにも熱心に勉強したり、いろんな機関に連絡をとったり、活発に活動しているのに気おされて、本を読む気も起こらなかったのだ。「光とともに」だって、なんだこのいかにも少女マンガ少女マンガしたメルヘンな顔の母親は!それでお涙頂戴か!誰がそんなマンガ読んでやるか!とずっと思っていたが、3日前に書店で平積みになっているのを見て、1巻を買ってしまった。すぐに読めるので、自閉症のことを知らない人に渡すと話が早い。適度にお涙頂戴なのも、同情を得やすくて有効である。

まとまらないし相変わらず変換速度が13年前のワープロ専用機みたいなのでここまで。
スポンサーサイト


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2005-06-28(Tue) 18:55:36
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。