カレンダー
06月 « 2017/07 » 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
「自閉症」って聞いたことありますか?と聞かれて・2
さっきは勢いにまかせて「胸の思いを荒っぽく語って」しまったので、ちょっと補足しますね。
「自閉症」とは何か、ということを、私が学んだ範囲でご紹介します。どういう障害なのか、どういうサポートが必要なのか、ということを、少しでもわかっていただけたら幸いです。

「自閉症」は、生まれつきの脳の機能障害です。育て方や環境とは関係ありません。
直接の原因や治療法などは、今は確立されていません。
外見はまったく普通の人と同じなので、「障害を持っていること」を理解されづらいのが、家族にとっては悩みどころです。

自閉症にもタイプはさまざまですが、「三組み(みつぐみ)」と呼ばれる3つの特徴があり、これが揃うと「自閉的傾向がある」ということになるようです。その3つとはこうです。
1.コミュニケーションの障害(言葉の出るのがゆっくりな子も多いです。うちの子ポンは自分の好きなことばかり喋って、興味のない問いかけには返事をしません)
2.イマジネーションの障害(こうしたら、相手はどう思うか?ということがわからない等)
3.独自のこだわり(これがないとダメ、という「物」や、家を出る時や就寝前に必ずやらなけばならない「儀式」や、それらの順番にこだわり、かなわないとパニックを起こしたりする)

「自閉」という単語から、「家に閉じこもっているおとなしい性格の人」という印象を受けますが、かならずしもそうではなく、たとえばポンは、初めて会う人にも物怖じせず話しかけ、よく笑い、走り回ります。

赤ちゃんの頃からまったく人見知りがないのですが、それも「家族と他人との区別がついていない」点で、コミュニケーションの障害なのです。
大人だけの中に一人でいると、明るいしよく喋るし「ぜんぜん普通だよね」とよく言われるのですが、同じ年頃のこどもたちの集団に入ると、あきらかに「違う」のがよくわかります。
ポンはテンションがあがりやすいので、たとえば幼稚園の「未就園児の行事」などに行った時は、約30人のこどもたちの中、ずっとホールの中を一人でニコニコと走り回っていました。
つかまえようとすると奇声をあげて嫌がります。
他の子たちがルールを決めて遊んでいる中にニコニコと乱入し、自分の帽子を断りもなくに友達の頭ににかぶせて「何するんだよ!」と帽子を地べたに叩きつけられた時は、正直ヘコみました。
子は、その時はヘラヘラ笑っていましたが、家に帰ってから「さっき○○くん、帽子いらないって言った」と悲しそうにしていました。
このあたりは「場の空気を読めない」「相手の気持ちがわからない」といった、コミュニケーションの障害とイマジネーションの障害があいまった部分です。
「3才の子なら、そのくらいは普通なのではないか」と思われる方もいるかもしれませんが、意外とこどもって、普通に空気読んだりしているのですよ。健常の子は。

以上が「自閉症とは何か」と「現在のポンの状態」です。
また今度タイミングがあったら「自閉症にはどういうサポートが必要なのか」「困っている時、どうやって助けてもらえたらありがたいのか」等について、書きたいと思います。
スポンサーサイト


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2005-06-28(Tue) 19:55:43
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。