カレンダー
07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
気が重いです。
アクセスログから、どんなキーワードでこちらにいらしてくださる方がいらっしゃるのかがわかるのですが、それを逆にたどって、そのキーワードで検索できる、他のサイトを訪問して勉強させていただくことがあります。
こちらにはやはり「自閉症」がらみで来ていただくことが多いようですが、今回「自閉症」と、もうひとつのキーワードを組み合わせてアクセスされた方がいらっしゃいました。
興味を持ったので、逆にたどっていくと、自閉症の一因が水銀にあるのではないか、とか、その観点から治療していくらしい「キレート療法」というものがあるらしい、ということが見えてきました。
その療法自体は、名前を聞いたことはあります。療育センターの待合室に「テレビのニュース特集でそういう話がありましたが、おすすめしていません。副作用がもしあっても誰も対処できないです」というような内容のチラシが貼ってあったからです。

その療法に関する検査をアメリカの機関と取り次ぐ会社のサイトにも行き当たりましたが、「療育センターで自閉症児のお母さんは、この療法を、詐欺だから気をつけろなどと言われ、傷ついている。わが子を少しでもよくしたいと藁にもすがる気持ちでいるのを関係者はちっとも理解していない」といった論調で、今まで何件の治療者がいるが副作用はないだとか、いろいろ書かれています(その会社の社長の娘さんが、実際に自閉症で、治療を始めて改善が見られるそうです。ただ、どの自閉症児にも向いているかはわからないので、可能性として一考してもよいのでは、と提案しているスタンスみたい)。おまけに「重度自閉症児だった○○君が120%健常児に!」というタイトルの動画があった(内容はうちのパソ環境により見れませんでした)。他の「体験記」でも「視線を合わそうとしなかった子が、治療を始めて目を合わせてくれるようになった」とか「言葉の出なかった子が言葉が出るようになった」という声があるけれども、それはそういう成長の時期だったのかもしれないし、でもやっぱりサプリメントなんかの効果もあるのかもしれないし。

これはさ~、心動かされるよ。ただ、うちのは言葉が出ているタイプだから、あまりこの治療の対象にはあてはまらないかもしれないです。

今、私が心配しているのは、まだ決めていないけれど、もし二人目の子を産むことになった時、どうすればいいのか、ということです。
「水銀」が関係している、と主張する立場の人たちは、「予防接種」「ワクチン」にそれが関係している、ということをほのめかしているようです。療育センターで説明される、あるいは専門書に書いてある「自閉症の原因」は、コレ!というものは今はなく、様々な要素が複合しているとされています。何の要素もない夫婦で、何の問題もなく出産された子どもは、通常のワクチンを接種しても、何も起こらないのだと思います。でも、私たち夫婦の間には「発達障害児がいる」という実績があります。DNA的にとか、染色体的にとか、難しいことはわからないけれど、何かがひっかかっているという可能性は否めません。ここで、「水銀」という言葉を含められて語られる「ワクチン」を、普通の子どもたちと一緒に受けていいものでしょうか?今、予接摂取は強制ではないので、受けないと決めればそれも可能です。だが、受けないことによって病気になるかもしれないというのも心配。まだ、二人目を授かろうと努力するかどうかという判断もしていないのに、こんな心配をするのは意味ないかもしれないけれど、妊娠してから心配するのも胎教によくなさそうで・・・。

やっと、自分の子が障害児であることを認識し、「治らないけれど、訓練で社会性の獲得に近づくことは可能」と信じて一歩を踏み出したところなのに、こういう情報が入ってくると、心が揺れる。原因は「ワクチン」の「水銀」なの?自閉症児の親は、国を相手どって、訴訟とか起こさなきゃいけないの?そんなこと、とてもできないよ。できる人は、してください。私のわずかな体力・気力じゃ、そんなことをしたら倒れてしまいます。肝心の、ポンの面倒も見られなくなります。いつも私はこうだ。ポンのために涙を流したことはない、でも今流している。私にいろいろ要求しないで!自分を守るために流す涙。ちっとも美しくない涙。吐きそうです。
スポンサーサイト


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2005-08-11(Thu) 19:26:49
| コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。