カレンダー
05月 « 2011/06 » 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
グミ・チョコレート・

パイナップル。
フィリピン産。100円ローソンで売ってました。
箱の下の方から熟したのを出してきて買いました。105円。
フルーツは、買ったり貰ったりしたら、その日のうちに食べる主義です。
とっとくと、忘れて痛んじゃってもったいない。
ポンもルルも大喜び。
でも私は、夜中胃が痛くなっちゃいました。パイナップルのせいではないかもしれないけど、酵素とか強そうだし。もう内蔵年齢も変わってきたのねとしみじみパンシロン顆粒。

夏ですね。


スポンサーサイト
日記 | 2011-06-24(Fri) 12:35:26
| コメント:(0)
香水

ジバンシィの「ジャルダン ダンテルディ スウィート スイング」です。オードトワレですけど。
ティアリーダイヤモンドのスプレー蓋をなくしてしまったので、久々に使っています。
香りは似てますが、ティアリーがリーズナブルなのに対して、ジバンシィはやっぱり品がありますね。
香水は、つけすぎると迷惑になるし、私は外出時よりも、家でくつろぎたいとき自分用に使うことが多いかな。
ロクシタンも好きなんだけど、すいてるショップに行くと、5000円以上買わされてしまうから苦手!あれ「一客5000円」ってノルマでもあるのかしら。欲しいのは昔ながらのローズなのに、新作(季節物)さんざん勧められるし。物はいいのになぁ。

アロマにはまってた頃は、自分で作ったりもしてたけど、やっぱりどんなに攪拌・熟成しても、精油が直接肌に触れるのは抵抗があります。ラベンダー、・ティートゥリー以外。
香水、気軽に試せるお店があればいいのになぁと思います。知ってる人教えてください。


日記 | 2011-06-22(Wed) 17:35:08
| コメント:(0)
紫陽花と桜

紫陽花の大きな房を一輪挿しに挿しました。
ルルが「Kさんから渡された」と持って帰ってきたお花です。
Kさんは、ポンの一つ上の学年で、去年まで同じ個別支援学級にいた先輩ですが、今はふたりとも一般級。
去年は土曜日によく遊びにきてくれて、ルルとも仲良くしてくれていました。
小学校と保育園は、フェンスをはさんですぐ隣です。
Kさん、ルルを見つけてプレゼントしてくれたのかな。カッコイイ小学5年生だわ。

薄いピンクで小花なので、「桜が満開になってるみたいだね」とポンが言いました。
なにげない、しあわせな、日常です。


日記 | 2011-06-21(Tue) 23:10:47
| コメント:(0)
中二病
命名は伊集院光(出生名:田中健)によるものらしいですけどね。
中二、14才って色々と不安定な時期でしょ。彼らしかエヴァンゲリオンとシンクロできないしね。
その中でも、なんとか過ごしていけばいいんだけど、他人に害があるわけではないけど奇矯な言動とっちゃうこと・またはその状態をそう呼ぶらしいです。
リアル中学二年生が皆そうだというわけでなく、成人してなお、例えば自分が全能だと思っちゃったり…ってのもそうかな。てかそれは別の病気かしら?
ちなみに私は20代になってまで伊集院のラジオ聴いてました。モノホンの中二時は三宅裕司です。

最近、テレビで「80年代歌謡曲特集」とかよくやってます。
先日は、85年の「年間ベスト10」をイントロドンするとかやってました。全問正解ですよ。♪チキチ~「あの娘とスキャンダル」!
Q:「藤井フミヤさんの前の職業は何でしょうか」早押し一位はお茶の間の私です。「国鉄職員!技術系。車両の連結とかしてた」
「ママ~何でそんなによく知ってるの?」ポンは不思議そう。ふっふっふ、それはファンだったからさ。部屋に大きなポスター2枚貼るのと別に「お手製ピンナップ」をベッド脇にぶら下げてたんだぜ。何故かって?そりゃあ郁弥さんに直接画ビョウなんて打てないからね。アップの切り抜きを厚紙に貼って、リボンを通してフックにかけてたの。結婚すると思い込んで「藤井○子藤井○子」ってノートにビッチリ書いてたの。リアル中二病の典型ですね。
でもいいこともあったよ。暗いガリ勉だと思われていたユナカイトさんがチェッカーズファンだ、というのはちょっとしたクラスのニュースであり、いつもは縁遠い可愛い子グループの人が「誰が好きなの?郁弥、ああやっぱり。私は尚之がいいかな」と話しかけてくれたりして楽しかったです。
中三ではサザンオールスターズにはまって、普通の人になりました。
なので、チェッカーズは初期しか詳しくありません。メンバーたちが作詞作曲するアーティスト志向になってからの歌はほとんど知らないのよ。

三宅裕司といえば「恐怖のヤッちゃん」の本とかうちにあったなあ。後輩から貰ったか弟が買ってきたかのどっちか。

「ガラス窓叩いて名前叫んでいるよ」

日記 | 2011-06-20(Mon) 14:06:38
| コメント:(0)
今あった出来事を書く
小四で蝶々結びのできぬ子を怒鳴りつけたる我を戒む

「いましむ」なんて言葉あったか?やっぱりただの日記だツイッターだ、つまんなーい!

日記 | 2011-06-16(Thu) 15:59:09
| コメント:(0)
短歌・俳句

私は、10代から20代の何年間か、短歌を作っていたことがある。
高校の時は、友人3人で、ワープロで打ち出し(字の線がギザギザしてるやつ)、コピーして2つおりにして、色画用紙を表紙にした歌集を、学園祭の時などに配っていた。
大学では、その高校からの友達に誘われ、結構歴史ある「短歌会」に入った。楽しかったのだが、途中で、人間関係のゴタゴタがあったようで(私は傍観者)、きちんと「学生短歌から卒業」した気がしていない。
学生の時は、20~30代の既婚女性の詠む「みどりごの…」みたいな歌にうんざりしていた。家計簿のメモ欄にでもつけてろよと。知らんよヒト様のお子様の「かはゆらしさ」なんて。と思っていた。
今、私の子は9才と4才であるが、こんな複雑な生き物の生態とそれに対する感情は、とても31文字などにおさめられない。彼らが赤子の時などテンテコマイで文学アタマになぞなりようがなかった。
だから、逆に、育児ノイローゼっぽい人は(私も含めてだが)育児短歌を作ることで、子との距離感を保ち、息乱した自分を客観視できるのではないかと思う。

やらないけどねー!

俳句は未経験。ちょっとやってみたいなと思う。絵画みたいでカッコイイな、という憧れがある。
季語のために歳時記を買わねばと思いつつ、何年も先送りにしている。
まぁ年寄りになってもできる趣味だから、いくら先送りにしてもかまわないだろう。

短歌会の皆様、お元気ですか。♪歩かな~い、歩かな~い、オラは元気じゃな~い(この前「クレヨンしんちゃん」で音程ずらして歌われていた。テレ朝のひそやかなジブリ批判)。


日記 | 2011-06-16(Thu) 13:44:29
| コメント:(0)
梅の実シーズン

保育園でお庭の木になった梅の実を、500g貰いました。
保育園は色々な実のなる木があって、秋には甘柿、冬至近くには柚子がもらえるので楽しみにしています。
でも梅は、漬けるのが大変そうというイメージがあって、過去2回は貰わなかったんですよね。
でも今年は、4・5才児クラスで梅シロップをしこんだそうで、ルルも興味しんしん。
容器がうちになかったので、今日自転車に乗って買いに行きました。
昨夜、梅をよく洗って、つまようじでヘタをとり、凍らせておきました。エキスが出やすいそうです。
氷砂糖かグラニュー糖を梅と同量入れます。
うちは花見糖(ブラウンシュガー)がちょうど500gあったので使いました。ちょっと変わった風味になるかも。

久しぶりに凝ったこと(普通の人には簡単だと思うけど)して、ちょっと疲れました。
来年は、もう1本容器を用意して、梅酒も作っちゃおうかしら(^-^)
ていうか梅酒、今飲みたいです。


日記 | 2011-06-12(Sun) 17:41:53
| コメント:(0)
ポン、一般級ヘ

6月なのに五月人形、ごめんなさいごめんなさい。

1月の記事に少し書きましたが、ポンはこの4月から、4年生の一般級へ通っています。
担任の先生との個人面談も終わりましたが、何も問題ないみたいです。
でも、これも1~3年生時に、個別支援学級でビシバシと、かつきめ細やかな指導を専門の先生にしていただいてこその成長です。
ポンは、個別級にいる時は「あ~、ポン個別でヨカッター!だって○○だから」と言って毎日楽しく過ごしていました。
そして今は「あ~、ポン4年○組でヨカッター!だって○○だから」と言っています。
どこにいても、楽しみをみつけられる子になってくれて、お母さんは嬉しいよ。
今は、学校から帰ってすぐ友達と遊びに出掛けています。去年までは、滅多にありませんでした。
ほとんどが交流であっても、遊びの約束をするタイミングが、あまりなかったのでしょう。
毎日遊んでいる子のことを「オレたち親友だから」と嬉しそうに話し、お互いの好きな女の子のことなど打ち明け合ってるみたいです。かわい~。

ルルは…口答えをするようになりました!にらみ返してきたり!こわいよ~きょうだいで比較するのはよくないけど「お兄ちゃんはこんなことなかった」のに。
下の子で、女の子だからでしょうね。それがプラスに働く日も来るでしょう。

そして私は…眠い。
眠くならない新薬へ移行中です…
なかなか時間のかかるものであることよ。
水でも飲もう。


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2011-06-07(Tue) 16:36:08
| コメント:(0)
カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。