カレンダー
11月 « 2008/12 » 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
今日は私が「角飛車銀落ち(こういう言い方でいいんだっけ?ハンデ戦)」で長丁場のすえ大人げなく勝ちました。
ポンが近くの公園に縄跳びの練習に行ったら、幼稚園の頃から馴染みのクラスメイトと、そのお兄ちゃん、お父さんに会い、一緒に遊んだそうだ。

そして「サンタさんから何もらった?」という話題になったらしい。
お友達兄弟は、それぞれ好みの、機械系玩具をもらったとのこと。
ポンが「将棋をもらった」というと、ご兄弟は「えええええええぇ~~っ!!」とひっくり返り(←ポンによる状況再現有り)、お父さんも驚いていたみたい。

そうか~、将棋って一般的には一年生にはまだ早いアイテムなんだろうな、となんとなく思い、次の瞬間、ハッとした。

そもそも、将棋の駒って全部漢字じゃん!
それも、わりと難し目の。
ルールを覚えるのが大変、とかいう以前の問題だよ。

いやぁ、気がつきませんでした。
やっぱりポンは、「すぺさるチャイルドさん」でありますかね。いろんな意味で。

スポンサーサイト
子育て | 2008-12-27(Sat) 23:01:29
| コメント:(2)
たたかう たのしさ
なんかいろいろありすぎて、なにをかけばいいのかわからんくなってます。
そんなときは、なにもかかなくていいのだとは思いますが、
年末というのはいそがしいものですね。
いそがしいというか、きぜわしいものですね。

とりあえず、将棋はオモローです。
書いたかどうだか忘れてますが(自分のブログの過去記事さえ確認しようともしない堕落ぶり)、ポンが以前から将棋に興味を持ち、マグネットのポータブル版を買って遊んでいたわけです。
で、ポンと私とで、初心者用の羽生さん監修の本を読んだりしていたのです。
で、このたびサンタさんが、わりと立派な木製の、ちゃんとしたサイズの将棋板と、一部が書き文字のカッコイイ駒を持ってきてくれたのです(フィンランド人なのにお疲れさまですサンタさん。パラダイス山元さんに託されたのでしょうか)。
で、ルルの昼寝を待って対局対局。

将棋は!

対局中、他の事がすべて頭から消えます。
どんな気がかりなことがあろうとも。どんな誘惑があろうとも。
これは今の私の状態にとって、実にすばらしいセラピーであります。

かなり頭を使いますが、私の場合だけだと思いますが「脳を使っている」というよりも、「ハートで考えている」のです。
対局後は、勝っても負けても(大体私が勝つのだが)、ハートチャクラのあたりがスカッとします。

きっと競技スポーツの面白さもそこにあるのでしょう。私はスキューバダイビング(これは競技じゃないし)以外のスポーツに縁がなかったので、こういう感覚(勝負事の面白さと爽快感)を味わうのは、もしかしたら生まれて初めてかもしれません。
私の根幹である(といっても趣味ですが)、音楽と文章は、どちらも勝負があいまいなものです。
吹奏楽コンクールで金賞がとれなくても「私はできる限りの練習をした」「私たちは『自分たちの音楽』をやった。悔いはない」→「所詮、結果は審査員の好み」という流れに甘えてきたような気がします。

はっきりと負ける、って、面白いんだ。

学生時代、数学は全然ダメで、国語は大得意でした。
理数系が得意な人は「国語はどう勉強していいのかわからない」とか「答えがはっきりしないのが難しい」などと言っていました。
国語に自信のあった私でも、「国語科」を「どう勉強していいか」なんてわかりません。範囲のある期末テストやらはともかく、実力テストや入試対策なんてヒトサマに指導できません。
ただ私は、本を読むのがチビッコの頃から好きで、手当たり次第にひたすら量を読んでて、大人の本も内容がわからなくても読んでて、薬の説明書とかも熟読してて(さすがに今はここまではしません)、「文章を読み慣れているので、出題者が何を求めているのかを、短い時間で導き出せる」のだと思います。
実は、古典文法さえもよくわかっていません。でも、古文のテストでは高得点をとることができました。なぜかというと、いわゆる「試験に出そうな古典文学一覧」の、現代語訳をすごい勢いで読んでいたからです(大学入試前)。
さらっと原文に目を通し、あとは現代語訳を読むだけ。ストーリーが頭に入ります。そうすると、「傍線部分は何をさしているでしょう」とか「主人公の思いを次の五つから選びなさい」といった問題は、覚えたストーリーに沿って答えればよいので、文法とかあまり関係ありません。
ただ、漢文は真面目に勉強しました。漢文は、面白いです。

話がすっごいそれた。

とりあえず、「将棋って理系!アタシ理系文化の楽しさを初めて知ったよ!!」って感じかな。

・・・サンタさんに絡めて、こどもたちの近況をもっと書くはずだったが、一人でテンション上げて燃えつきてしまった。

まーたこーんど~。

日記 | 2008-12-26(Fri) 23:03:56
| コメント:(0)
センセでなくても師走は走る
マンションの共有部分のイルミネーションです。20081216230610

いろいろありました。
フェスティバルの前のことですが、下校中ポンは雨上がりの下り坂を走って転び、額に大きなコブ(浅い擦り傷有り)をつくりました。脇腹には深い擦り傷。一応CTとレントゲンを撮ってもらい、脳や骨には異常なし。
コブは1週間程度で治りましたが、脇腹は今日やっと通院が終わりました。
コブは一時はかなりふくらみ、目と目の間まで膨れて、顔つきが変わってしまうほどでした。そんな魚いるよねーみたいな(それこそ「コブダイ」だっけ?)


我が家のツリーです。20081216230605

ルルの保育園見学2園目と、4月入園の申請手続きをしてきました。
今度は、いちばん自宅から近い市立の園で、ポンの幼稚園と小学校の間にあります。小学校とは、ほぼ隣接といっていいかも。
ここが第一希望なのですが、もともと少人数で、難関です。
園長先生とお話しし、ああやっぱりいい園だなーと実感。
ずいぶん前に一度だけ、ポンルル連れで園庭開放に行ったことがあるのですが、「ポン吉くん元気ですか?」と私の顔をみるなりおっしゃいました。
保育の専門の方ってすごいなー。

で、先日区役所で申し込みをしてきました。
第一希望は近くの市立、第二希望は少し前に見学した大規模私立(園バスあるが遠い)です。
結果が出るのは2月。できれば第一希望がかなうとよいですが、第二希望でもそれなりによいかと思っています。

あとは、自分の通院(ここ1か月で安定剤を一錠減らせています)や、ポンの幼稚園の卒園生対象のクリスマス会(ポンひとりで参加させましたが、ご家族で来ていた方が多かったようです)など。

実家や保健師さんのサポートで、なんとかスケジュールをこなせました。
ありがたいことです。

家族 | 2008-12-16(Tue) 22:58:53
| コメント:(2)
○○フェスティバル
20081206223904
↑という名の(○○は学校名)、いわゆる「学習発表会」でした。
個別支援級の全学年10数人で、大豆を育てたことと、豆腐屋さん見学の報告、豆腐の作り方の発表でした。
あと、「まめまめ~♪」という曲に合わせてダンスを披露。
ポンは「豆腐のつくり方」の班で、大きな声で「じゃーん!これがにがりです。どんな味か試してもらいましょう~」と、同じ班の上級生に味見してもらう役でした。
上級生さんも「にがっ!」「う、苦い…」と名演技(本物なので実際苦いんですが。)

とてもしっかりやっていました。ダンスも楽しそうでした。

空き時間にポンと一緒に交流級の教室に見学に行ったのですが、なんと人数の多いこと!ドングリを使ったおもちゃ・アクセサリー作り、ゲームコーナーなどあって、ちょっとした文化祭並みなのですが、ぐずるルルを抱っこしながらの見学は「拷問」に近いものがありました。
他の親御さんも「酸欠になりそう」と言ってたし、ポンは「机に乗ってきた人に手を踏まれた」と泣いてるし。
クラスの皆は、よく頑張ってたんですけどね。
普通級は人数多すぎですよ~40人だもの。
私自身、親としても個別級の余裕ある空間に慣れているので、ちょっと疲れちゃいました。
でも、顔馴染みの子たちに声をかけたりかけられたり、嬉しかったです。

ポン、夜は早めにぐっすり就寝。
おつかれさま。


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2008-12-06(Sat) 22:13:51
| コメント:(0)
カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。