カレンダー
12月 « 2007/01 » 02月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
児童相談所その後と、療育センターの診察と、就学について。
以前、児童相談所に行って来たことを書いて、その時パソが壊れていて携帯から書いていたので「詳しくは後で」とか書いて、そのまんまになっていました。
で、今日、リンクにもあるお友達のkeikoさんのブログ「手をつないで行こう ~自閉症児&双子ママの日記」の、1月27日付の「児童相談所の方をお招きしての勉強会」の記事を読んで、ああそういえば私、児童相談所のその後のこと書いてなかったなぁと思い出したので、ちょっと書きます。

keikoさんも書いていたけど、私も以前は「児童相談所」には「お役所的な固いイメージ」を持っていたのだけど、行ってみて、全然そういう感じはしなかった。受付さえもしなかった、というのは療育センターから全部ポンの資料が行ってて、電話で予約をとっていたからだと思うけど、受付窓口に行って「何時に予約の○○ですが」と言っただけで、すぐに「はい、2階でお待ちください」と。あらためて書類を書かされたりもしませんでした。2階の待合スペースもオープンでホットカーペットにソファ。なんかくつろいじゃったよ。建物は古いけどね(これは前にも書いた)。
結局、療育手帳からは「非該当」で。でもこれ、仕方ないんだよね。療育手帳って、知的障害の人のためにあるもので、ポンは知的障害ではないのだ。発達障害なのだ。うちの市は、まだよかった方。IQいくつから下の人に発行される、っていうのが、他の自治体に比べて「自閉症スペクトラムかつIQいくつ以下」っていう数値が、高いのです。だから今までは発行してもらえていた。

しかし、うちのポンは、検査後の児童相談所の先生の話によると、やたらと「語彙が豊富です」とのこと。児童相談所ではIQがいくつか、というのは親にも伝えないらしいんだけど、「療育センターでは○○でした」と数値を伝えると「そうでしたか」とちょっと意外な表情をされたので、きっともっと高い数値を出してしまったんだ。
ポンは5才なんだけど、検査のジャンルによっては「7才相当の問題もできました」ということで・・・だけど、だけどさ、違うんだよな、全然苦手な分野もあるんだよ。そういうバラツキがあるのが、「自閉症スペクトラム=広汎性発達障害」の特徴なのに、それがトータルされちゃって、IQ的には平均(以上)になって「しまう」んだ。

つまり「発達障害の人のための手帳」というのは、今の日本には存在しないってわけ。

これさ~、私たち親が声を上げていかなきゃなんないのかなぁ。
そういう制度を作ってください、って。

今、ポンは幼稚園だから、そんなに大トラブルとかも巻き起こしてはいないんだけど(「こどもだから」という範囲で「大目に見てもらえる」年齢であるし)、自閉傾向がすごく強くて、日常生活にはとっても困っている人でも、IQが平均だと、何の制度もないんだよね(いや、あるよ、という方は、教えてください)。

ごめん、今の私には「声をあげていく」って、できないよ。
自分が生きて、子らを生かしていくので、精一杯だ。
事務能力も、全然ない。

****

先日、療育センターのドクターの診察があった。
幼稚園の先生から前もって聞いていた、ポンの様子などを話したり。
そして、来年度(4月から。あっちゅー間だ)は、再来年の就学に向けて動くと(私が)。
5月に「今の年中さん」全員(療育センターに通園でも外来でも関わっている子)に向けての、「就学説明会」があるそうです(そのお知らせは郵送で来るって)。
で、「ポン君の場合は、普通学級でしょうね」とのこと。
あー。そうだよな。
「通級指導教室というものがありますが、これは大変希望者が多いです」とのこと。
「それは、各学校の『個別』とは、違うものなんですか?」と初歩的質問をする私。
違うんだってさ。そんなに多くないんだって。で、うちの地域からだと、バスで結構離れたとこまで行かなきゃなんない学校にしかなくて、例えばそこに週1で行く、とかそんな感じのが「通級指導教室」というもので、そこで「集団生活とは何か」みたいなものを学ぶんだって。
たぶん、そこにも該当しなさそうだ。

具体的には、行く予定の小学校の校長先生に、6月頃電話してアポとって、1学期の終わりくらいに相談しに行くのがいいでしょう、ということだった。
それと、1学期中に「養総センター」に申し込んで、ここも混んでるので「秋頃の相談」になるんだってさ。
なんだか順番がごちゃごちゃだよ。頭おかしくなりそー(っていうか、もうおかしくなってて、私は通院してますよーだ)。

いわゆる「個別」の子が「普通学級」に時々来る、というのを「交流」というそうだ。
で、ポンの場合は、できるとしたら「逆交流」で、いつもは「普通学級」にいて、特定の科目とか、どうしても教室にいるのが我慢できなくなったら、個別に行くとか、そういうのが「逆交流」。
だけど、それは「制度としてはない」ということで、学校によって違い、個別の先生がその年に何人いるかで、できるかできないかが分かれる。もともと、個別の子が少ししかいなかったら、個別の先生は1人だったりするわけで、そこにポンが行っても、何もしてもらえないかもしれない。
まぁ、それを相談するために、前もって早めに校長先生にお話しに行くのがいいでしょう、ということでした。

ふー。
何でもなかったら、こういうこと、しなくていいのになー。
ああ、母親失格の愚痴じゃ。

どっちにしても、小学校に上がる子には全員、10~11月頃に「就学検診」というものがあるそうで、ポンがそこに行っても、「対・大人」は彼は「すっごく得意(大人っぽいことをベラベラしゃべるので。これもアスペルガーの特性。でも、同じ年の子との集団行動が苦手、ポンの場合は)」なので、素通りしてしまう可能性があるので、そうならないために、校長先生に前もって・・・あれ、話がループしてる。

まとまりませんが、この話はここまでにしておきます。これ以上書けないよ~。参考にしようと読みにきてくださった方がいらっしゃったら、ごめんなさい。とにかく、時系列的にはこういうことです、ということ。

スポンサーサイト
発達障碍・療育・個別支援学級 | 2007-01-29(Mon) 22:41:31
| コメント:(2)
なんとなくつぶやいてみる。
「ハリセンボン(若手女性芸人コンビ)」はいいなぁ・・・(今「ごきげんよう」を見てるのがまるわかり)。
なごむ。
はるなちゃんはルックスに親しみが持てるし、はるかちゃんは、今立ちトークしてたんだけど「工事現場の『働く車』が大好きで、ミニカーを20台くらい持ってる」っていう話をしてて、何故か深くうなずく私。
私は、収集はしてないが、働く車が大好きな時期があった(今は一時的に、工事の音が苦手なので、ちょっと・・・なんですが)。
赤ちゃんだった頃のポンをベビーカーで散歩させてる途中、近くの川の工事とかずっと見てた(「ずっと見てるオジサン」とかいるでしょ。あんな感じ)。

関係ないけど、これは夫が書いてくれ、というので、書く。
前回の記事で中途半端になってしまったが、

「夫は、約束どおり、深夜帰宅にも関わらず、ローソンプラス(だっけ?最近増えてる、野菜も売ってるローソン)で、きちんとピーマンを買ってきてくれました。ありがとう。」

これでよいか。



テレビ番組&芸能一般 | 2007-01-26(Fri) 13:21:17
| コメント:(2)
こんなキャラクターあったよなぁ・・・「ギョーザ君」「シューマイちゃん」みたいな・・・
前回の記事で「バンダナの四隅を折っただけ」の写真を載せましたが、あれ、なんとかこうなりましたよ~。
20070124222457.jpg
手縫いでかなり適当なんだけど、本人はかなりノリノリでかぶってくれました。今日のお迎えの時、先生に聞いたら、かぶりやすいし、ポンもとても気にいって張り切っていた、とのことで、ほっとしました。

今日幼稚園に持たせて、エプロンとこれを身につけて、「みかんゼリー」を作ったとのこと(廃材のゼリーカップも各自持参。手作りが多いのも特徴だけど、家での廃材もなかなか捨てられない幼稚園なのだ^^;)。で、冷蔵庫で一日固めて、明日がクッキング本番です。メニューは「やきそば」で(今日作ったゼリーは明日のデザートなわけです)、クラスによって材料が違うそうです。麺やら包丁・まな板なんかは園で用意してくれますが、グループ内のこどもどうしで相談して、道具と具材を分担したそうです。ポンの担当はピーマンとザル。ピーマン買い置きないよ!昨日の時点でわかったので、今夜パパ(現在未帰宅)が買ってきてくれるそうですが、一応さっき確認のメールしました・・・が、返事はまだありません。お願い、忘れないでね、パパ。

ヤバイ!のんびりこれ書いてたら、「ハケンの品格」見落としたぁ!!洋ちゃんはどういう心境の変化があって、シノリョーとキスしたんだよ!誰か、ネタバレでいいから教えてくれえ~~~。




子育て | 2007-01-24(Wed) 22:36:57
| コメント:(2)
ポンの「おえかき」ぶりが成長しました。
最近は、ルルを抱っこしてポンを幼稚園にお迎えに行けているので、ポンの園での様子も先生に直接聞いたりできるようになりました。
驚いたのが、壁に貼ってあった絵。

ポン作「Y子せんせい」↓(っていうか、全員で描いたんだって)
20070122214626.jpg
すげー!身体(胴体)が描けている!ポンの「人間の絵」はいつもこんな感じで、「頭から直接足が出てる(先生によると、そういうのは3歳児くらいの絵の特徴なんだそうです。ポンは今5歳)」のばっかりだったのに!
しかも、「髪がこげ茶でズボンが黒」まで、描き分けている!!

先生にお伺いしたら、絵を描く前に、「今の先生とさっきの先生と、どこが違うでしょう!」みたいなのを隠れながらやって(ごめん、私の説明が下手だ)、先生の特徴をつかませてから、描かせたそうです。例えば、髪の毛が結わえてある・ない、とか、シャツの色が違う、とか。ちなみに、ピンクのお洋服にななめがけしてある緑の線は、「あやとりのひも」なんです。

ポン!ぎゅっ(抱っこする音)。

まぁそれはいいんだけどさ~。
また手作りしなきゃなんないよんよんよん・・・・
「クッキング」で、エプロンと三角巾と、それを入れる布袋を作らなきゃなんですが、必ずしもエプロンや布袋はお手製でなくてもいいんだけど(エプロンは「しまじろう(こどもちゃれんじ)」の付録のを持たせる予定)、三角巾は作らなきゃな~。っていうか、いわゆる「給食当番の帽子」みたいなのを作るつもりで。それでもいいんですって。三角巾だと、マジックテープにしても、すぐ取れちゃうから。
20070122214641.jpg
本来は、円形の布にゴムを通して・・・とかやるらしいんですが、布を円に切って縫うのってすごくややこしそう。エーイ八角形でどうだ!と、バンダナをここまで用意してみた。細かい作業が角のへんで必要なので、手縫いでいくつもりだ。

ガ~ン・・・全然進まない・・・しかも、後から「これじゃゴム通らないだろ」という縫い方を、半分くらいまで縫ってから気がついて、やり直し・・・っていうか明日やる!提出は明後日なんだけど!クッキングの本番はその翌日!ああ~!私は裁縫も苦手だし(以前は好きだった)、掃除も苦手だし(もともと苦手)、洗濯干しもすごく遅いし、料理は作れないわ(前は好きだった。多分病気のせい)、今な~んにも「好きな、あるいは得意な家事」が皆無なのよねん。それで専業主婦。向いてね~。

まぁベビールルの育児は、わりと楽しいですわ。第二子だからなのか、女の子だからなのか、あるいは定型(まだわからないけど)だからなのか、ポンのこの頃に比べたら、手がかからない。
20070122214659.jpg
この笑顔が救い。





発達障碍・療育・個別支援学級 | 2007-01-22(Mon) 22:04:13
| コメント:(5)
♪あたし何で~ガッカリしてるんだろ?
↑そんな歌詞ではないのですが、さっきから、「チャラの声」でこの歌(だからこんな歌詞ではない、「あたし何でえ~」で始まる歌は確かにあったが、その後は忘れた)が頭の中をグルグル回っております。

えっとね。谷原章介が結婚するんですって。はぁ。
いや、おめでとう。
会見も、笑顔ながらも堂々としていたようだね(怖くて会見の動画は見てない。ネットニュースの写真と、一問一答は見た)。
「爽やか会見」とか見出しをつけてくれてるニュースサイトもあったよ(結局いろいろ見てんじゃん)。

今まで、ここには「例えば谷原章介とか~」とかみたいな感じでしか書いてなかったんだけど、実は私は彼の相当なファンで、しかも彼が出ているドラマが見れないくらいの「間違った方向にイッちゃってるファン」なのである(彼がドラマとはいえ恋愛している姿を見るのが怖い。バラエティに出てる時はテレビにむしゃぶりついて見る)。

しかも、石田純一の孫(3才)の、お父さんになるという(ややこしいな)。
そんで、自分の子も、婚約者のおなかの中にいると。
いや、おめでとう(なぜか「おめでとう」の前には、必ず文頭に「いや」がつく)。

お互い、二児の親じゃないか。がんばろうぜ。

あ、なんか私今、「『心にもないこと』ではないけど、なんか違う自分が言った」言葉を書いたような気がする。

「谷原章介」で検索してくださった方の結果をたどって、他の方のブログをちょこっと見たんだけど、奥様になる方を「妊娠しやすい体質なんですね(前の結婚も「できちゃった婚」だったので)」と書いてる人や、「スクープじゃない、これは(女性側からの)リークだ(結婚を迫りたいから?)」と書いてる人もいた。
そういうことは、本人同士でないとわからんよ(まぁ妊娠しやすい体質だってことは間違いないだろう)。
いや、本人同士だってわからんかもしれんよ。

夫は「芸能人って、なんで避妊しないんだろうなぁ~」と、のんびり言ってた。
私は勢い込んで「女は子どもが欲しいんだよ。結婚したいんだよ。だから『今日は安全日よ~』とか言うんだよきっと」と即答してしまった。いや、奥様になる人をどうこういうつもりはない。そりゃ、結婚してから子作りするのが世間では順当な順序だけども、女性芸能人って、先々まで予定入れられたりして「私はいつ結婚できるのか・・・内緒で恋愛してるけど、子ども産みたい年齢で生みたい・・・」とか思ってるんじゃないかな。憶測だけど。

どうぞお幸せに。

日記 | 2007-01-17(Wed) 11:04:58
| コメント:(4)
幼稚園での「どんど焼き」。
先週の金曜日に「どんど焼き」が幼稚園でありまして、やっと載せられますよ~。二人(かたっぽ乳児)の育児中は、パソコンに向かうのが結構困難、と今頃気がつく。

まずは、お正月のお飾り(環境保護のため、プラスチックや金属は取り除いて持ってきてください、と前もってお知らせがありました)や、卒園生の書初めなどを集めてあったのが、園庭の真ん中に積み上げられました。
20070116232346.jpg
司会の先生の合図で、園長先生(背中を見せている男性)が点火!

20070116232427.jpg
うわ!みるみるうちにすごい炎と煙!空気乾燥してるなぁ。

20070116232446.jpg
園児たちも、ちょっと心配そうに見守ります。ポン(黄色仮面)もちゃんと、クラスの皆と一緒にしゃがんで見ていました。

20070116232401.jpg
園の敷地内にある、桜の木の枝に刺したおもちを、クラス役員さんから手渡されました。さぁ焼きに行くぞ。

20070116232513.jpg
うぉー、け、煙い!いぶされるぅ~しかし桜チップなので健康的?かどうかは不明・・・私はたまたま帽子をかぶっていったので、帽子のつばで目をさえぎりましたが、帽子なしお母さんたちはギブアップ寸前でしたよ。

結構焼くのには時間がかかりました。焼けたおもちは、役員さんや先生たちが、園児や親御さんや、来ていた人全員に配って、その場で食べました。無病息災です。私もいただき、夫にも持って帰りました(夫はこの日、11時半に家を出ればよい勤務形態だったので、私はベビーを置いて参加できたのです。ベビー抱っこしてイブサレルのは無理だ)。

ポンのクラスはこの後、動物コーナーのお当番で、ヤギさんやウサギさんの小屋を掃除したり、エサをあげたりしに行ってました。
20070116232525.jpg
写真は、ポンと担任の先生です。この写真は、先生がポンをウサギ小屋の方に連れていってくれている様子なんですが、この直前、ポンはずっと一人で(というか、他の子の弟ちゃんに命令口調でしゃべりかけながら)カメさんコーナーにバケツで水をかけてました。何度も何度も、もーいいっちゅーくらい。私は遠くから黙って見てたんですけど、さすが先生、さりげなく誘導してくれました。

幼稚園の行事に参加するのは、久しぶりというか、ほぼ初めて(4月にすでにつわりがひどかったので)だったので、楽しかったです。しかし人が多い場所は、正直疲れました。しかし楽しかったです(って閉めないと文章に収まりつかないもんな)。

(1月17日に追記:この記事の中では「おもち」と書いていますが、正確には「おだんご」だそうです。もち米じゃなくて、上新粉で作ったものなので。おもち焼いたら、膨らんじゃうものね)

子育て | 2007-01-16(Tue) 23:45:29
| コメント:(0)
「ハケンの品格」見ました。
私は特に「ドラマ好き」ではないので、出演者や原作や脚本家に興味があるものしか連続ドラマは見なくて、全然見ないクールもあるのですが、今回は大泉洋ちゃんが篠原涼子主演のドラマに、結構大きな役ドコロで出るらしいんで、見ました「ハケンの品格」!
洋ちゃんは、イメージにピッタリの「タイコモチ的熱血人情派、篠原の派遣先の正社員」。うんうん満足。それよりビックリしたのが、洋ちゃんより先にヤスケン(安田顕、派遣会社の社員役)がバーンと出てきたので驚いたよ!なんだ出てるのかよ!またさ~、洋ちゃんがシノリョーの態度に対しての文句を、ヤスケンに電話して脅したりしてるから、別の意味で笑っちゃったよ、水曜どうでしょうでの「いつもどおり」でさ。

や、でもシノリョーすごい。あれできるの、彼女だけだな。天海ユキとかでもよさそうだけど、強くなりすぎる(似たようなドラマこの前もう出てるし)。話も面白そうだ。予告を見ると、まだまだシノリョーと洋ちゃんの確執は続きそうだけど(「ホチキス対決」ってなんのことやら?)、どうなっていくのか。また、小泉孝太郎が「優しいけどナサケナイ正社員」の役で、これもイメージに合ってて可愛い。

でもさぁ、洋ちゃんが孝太郎にしみじみ言ってたけど、「俺たちが入社した頃覚えてるかぁ、俺たちに電話の取り方から教えてくれたオバチャンとか、残業してるとオデン買ってきてくれた××さんとか、皆リストラされちまって、今入ってくるのは赤の他人の派遣ばかりだ。俺はあの人たちと一緒にずっと、働きたかったなぁ、家族みたいに・・・」みたいな台詞が心に残った。
もう、私が働いてた時とは、すでに今、社会的に違ってるんだろうなぁ。私がいたときもすでに、「あまり仕事は早くないけど、カラオケがすごくうまくて宴会を盛り上げてくれる」バブル入社期の人とか、「優しいだけのオジサン」とかが、どんどん僻地に転勤させられて、結局辞めていってたもんなぁ。それで、就職氷河期に入社した私たちの同期男性が、今メチャメチャに働かされてて、病気になったりしてるわけ。
う~ん。

テレビ自体を久々に見た。ニュース見る暇もなかったから。
あー。
面白かった。
これから、水曜日は10時からこのドラマ、そしてチャンネル切り替えて、寝てる子ふたりの様子見に行って、11時15分から「オーラの泉」だ。

「水曜どうでしょう」&オフィス・キュー関連 | 2007-01-10(Wed) 23:41:53
| コメント:(3)
正月のお年玉と食生活。
昨日書いた、「ポンの『オモシロ叔父さん(私の弟はマスコミ関係の自由業)』が、ポンに『トンデモナイ』お年玉を持ってきた」というのは、つまりこういうことですワ↓
20070109172214.jpg
あ~びっくりした。すごい大きいんだもの。空気でふくらますスパイダーマンです。ポンは大喜び、私と母は「こんなモノどこに置くんだ・・・」と最初はしかめつら。夜中、リビングに行くと「わっ!誰!あっヤツか」とビビるし。でも、数日たったら「あんたもお茶飲む?」とか言って、慣れてきたわたくしでした。

でもあんまりにも場所をとるので、翌日母が縁側に出しました(昼間のみ)。外から見ると、ちょっとナサケナス。
20070109172234.jpg

この状態を室内から見ると、さらに哀愁の背中。
20070109172247.jpg

で、この私の弟の誕生日は3が日の中の日なので、子どもの頃はケーキ屋も閉まってたので、年末に日持ちする大きなバームクーヘン買っておいて、イチゴやらチョコ(スイス製の、5センチ四方くらいの正方形の薄い板チョコを突き刺してた。結構見栄えがするし、旨い)やら載せたりしてバースデーケーキにしていたんですよ(私はすごく印象に残ってたんだけど、この度それを本人に聞いたら覚えてなかった)。

今の時代はケーキ屋もスーパーも三が日開いてはいるが、急に弟が来ることになったので、急遽母が考えたカステラをあしらったバースデーケーキだ!↓
20070109172300.jpg
ろうそくの数でわかると思いますが、まぁ33才なわけです。おめでとう。誰かいいお嫁さんいませんか。不規則な仕事ですが、年収もそこそこありますし(安定の保証はないが)、性格は私と違ってすっごくイイです。

秋田名産ハタハタずしの子持ちが食卓に出た~。母の田舎は山形県ですが、同じ日本海側東北地方ということで、懐かしい味。
20070109172311.jpg
母の田舎では、ハタハタの卵のことを「ブリコ」って呼ぶんですけど、ホントにブリブリした食感なんだ。あまりにブリコが多くて、魚の味がわからんくらい。堪能いたしました。
20070109172323.jpg
私は山形で暮らしたことはありませんが、親戚が色々送ってくれたものを幼少時食べていたので、お漬物の「小ナス」やら「印籠漬け」やら「おみづけ」やら「バン菊」とかは懐かしの味。
ハタハタもここしばらくは不漁で出回っていなかったようですが、海を大切にしたおかげか、最近は盛り返してきているようです。海のものといえば、エイを乾燥させたものを戻して、煮て食べる「カラゲ(カラカイ?)」が私はモンノスゴク好きだったんですけど(お祝いの席で出る高級なもののようです)、ご存知の方いらっしゃいますか?あれにもだいぶご無沙汰です。

ビバ・海産物!今生、日本人に生まれてよかった!!

家族 | 2007-01-09(Tue) 17:49:30
| コメント:(3)
自宅に帰ってきました。
1月3日から7日まで、実家に行っておりました。

今日は、昨日ニッセンから届いたコタツ(当初は11月下旬に届く予定だったのに・・・なんか注文が殺到したらしいです。でも「品切れなので届けません」と言わずに、中国の工場でガンガン生産させたらしい。これを「ニッセン、ガッツあるな」と評価してよいのかどうかはわからん。でもその都度「申し訳ありません、12月上旬になります」「申し訳ありません、12月下旬になります」「本当に申し訳ありません、1月になります」とメールが来ていた。こうなると、一応「キャンセルしてもいいです」みたくも書いてあったけど、必要だしキャンセルせんかった)を組み立てまして、満足なんだけど疲れ果ててしまいましたよ~。

ポンは明日から幼稚園です。パパの明日の勤務時間は、園に送ってくれるのが可能な時間なので、それに関しては安心なのだけど、今日はこれで私は休業です・・・でもルルが二回ウ○チした。いや、健康でよいことです。オムツからハミダシモラシしないでくれてよかった。

実家では、ポンの「オモシロ叔父さん(私の弟はマスコミ関係の自由業)」が、ポンに「トンデモナイ」お年玉を持ってきてくれて、大騒ぎの大爆笑だったのですけど、その顛末はまた私が落ち着いてる時に書こうと思います。

家族 | 2007-01-08(Mon) 17:29:06
| コメント:(0)
新年のご挨拶と、今年の抱負と、ポン語録。
あけましておめでとうございます。
今年は年末近くにパソコンが壊れたこともあり、昨日急いで年賀状を作り、今朝投函しました。スミマセン。でも本来、正月になってから書くものだったんでしょ、昔は、年賀状って。だから許してね(と言い訳)。

夫は元日も、朝早くから出勤です。10時に「お客様」の来る仕事なんです。教育関係なので。2月に私立中学の受験があるので、それまでは大・大繁忙期なんです。夫に年末年始休暇はありません。昨日は日曜なので休みでしたが(大晦日だから、ではなくて)、次の休みは来週の木曜あたりらしいですよ。ひー。前職も「ヒトサマがお休みの時に繁忙期」の仕事だったんですが、サービス業が性に合っているらしいので、「仕方ない」と言ったらちょっと違いますが、そういう夫の妻として、生きる道を選択したわけですから。
他にも、年末年始こそ忙しいお仕事のいるお仕事の人も沢山いらっしゃると思います。そういう方、そういう方の家族の方、共にブレずに歩みましょう。

ちなみに、朝、夫の実家に年始のご挨拶の電話をしたら、ポンに「お雑煮食べた?」と聞かれてしまいました。
う~ん!ごめんなさい。朝はいつもと同じでパンでした・・・おなかすいたと言われたので・・・用意はしていたのですが間に合わず。
ベビーのいる生活ってそうなってしまいます(また言い訳^^;)。昼食にお雑煮する予定です。この御餅で。↓
20070101131719.jpg
これもパルシステム(宅配生協)で買いました。これから焼きます。楽しみです。

20070101144945.jpg
できましたぁ~。残念ながら家庭の伝統にのっとることは用意の関係でできず、ありあわせの野菜とお肉ででしかできなかったけど、これも我が家の味になっていくのでしょうか。

20070101145009.jpg
おせちも「詰め」ました。これもパルシステム。助かる。

さっきキッチンに立っていて、「去年はルルを授かり、それはポンが成長してくれたおかげだなぁ」とぼんやり考えている最中に、ふと脳裏をよぎったメッセージです。

「私は私の人生に立ち向かう」

そして

「私は私の人生に起こることをすべて認め、すべての事柄と共存し、共に歩む」

これは、私にとっての、2007年のアファメーションだと思います。

****************

あと、さっきのポン語録。

ポン:(テレビを見ながら)「CMでは、店で売ってる物を言うね?」
私:(おお、CMが存在する意味がわかるようになったんだ)「そうだね、でも全部買うわけじゃないんだよ、その中から選んで買うんだよ」

私はそう言いながら、もしかしたらポンが大人になる頃には、テレビのCMを見ながら「お、これいいな」と思ったら何か操作して直接すぐその商品を買える、なんていう世の中になっちゃってるかもな、なんて思いました。今も、テレビショッピングがあるけれど、あれはそういう番組だもんね。電話しなきゃなんないし。
でも、そういう世の中になったら、いっそう「選択眼」というか、消費者の自覚が求められると思います。
単なる妄想ですけどね(^-^;)

20070101151801.jpg
ポンが「ゆきだるま作ったから見て!」と呼びに来ました。小児科に行った時に、もらったシールを壁に貼っていました。「ママの病気が早くなおりますように」だそうです。ありがとう。

今年もよろしくお願い致します!! 


ヒーリング・スピリチュアル | 2007-01-01(Mon) 11:20:39
| コメント:(4)
カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。