カレンダー
11月 « 2006/12 » 01月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
お正月の準備とUFO。
今年はベビーがいることもあり、いわゆる「大掃除」はできなかったのですが、とりあえずキッチンのフィルターは取り替えました(それは普通の日常作業だ、という突っ込みはナシで^^;)。

あと、掃除は苦手なくせに、こういうこと↓はしないと、私は気がすまないタチなのです。

パルシステムで買ったしめ飾り。29日に飾ると「苦を待つ」になっちゃうんでしょ(それは門松のことか)? 31日に飾るのは「一夜飾り」ってことで、あまりよくないというし。だったら、飾り始めるのは今日しかないやね。
20061230132029.jpg
本当の稲穂もついています。っていうか「JAささかみ(新潟)」の方の手作りですから、新潟のお米の稲穂。作った方のフルネームが手書きで書いてあるカードもついていました。
でもさ、これ、ついてきた「神社のありがたい説明書き」によると、主に「交通安全」なんだよね。うちのマンションの玄関にはこの大きさ(もっと大きいのも売ってた)でちょうどいいから、と思ったんだけど、本来は車につけるやつなのかなぁ。でも、いいんだ。交通安全は家内安全にもつながる、外から家へ、良いエネルギーが入ってくることも「交通」だからね、とこじつける私。

20061230132407.jpg
コンパクトタイプだけど、鏡餅も買ってみた。ポンは5才だし、幼稚園でも鏡餅作ったから、こういう季節の行事は、できるだけやってあげたい。

20061230131930.jpg
突然ですがザリガニ3度目の脱皮です。いつも、抜け殻を見て「うわ、死んだか!?」とびっくりする。しかし脱皮する度に大きくなっちゃうんだ、この小さな水槽で間に合わなくなるかも。

20061230131956.jpg
今日も富士山美しいです。

そういえば、昨夜、というか深夜(今朝)の1時半頃、富士山の少し北の方向(うちからは西)に、UFOが見えたんだよ。いやいや、「宇宙人の乗った乗り物が飛んできた!」って言ってるわけじゃないんだよ、UFOって「未確認飛行物体」のことだからね。いわゆる「葉巻型」みたいなやつで、全体がすごい濃いオレンジ色に光っていて、「なんだありゃ?」って見てたら、「どこかに飛んでいく」のではなくて、だんだん小さくなってその場で消えたんだ。写真を撮る暇もなかった。

そっちの方角には、以前も夕方、飛行機でもない、見たことのない光の飛行物体が浮かんでいることがあって、これは同じマンションのお友達のおうちから複数で目撃して「UFOだUFOだ!」と騒いだことがあった。
この時はカメラで撮ったけど、小さすぎて写っていなかった。

きっと、来年も、よい年になりますよ。




スポンサーサイト
子育て | 2006-12-30(Sat) 14:00:15
| コメント:(0)
「よみかきのツボ」その後と、就学について。
「よみかきのツボ」で検索してくださった方がいたので、思い出しました。
ポンはこの番組に以前メールを送ったわけですが(そのことはココの記事を参照してください)、その後、ご丁寧にNHK番組担当者の方から、お返事のメールが来たのです。
内容としては、

「いつもごらんいただいて、ありがとうございます。ポン君のメールは、プリントアウトして光浦さんにお渡しいたします。ブログも見せていただきました(私のこのブログのことも『よろしかったら読んでください』と、私がメールに書いたのです)。お二人目ご出産なのですね(ルルの出産前だったのです)。入院されるということですが、どうぞお大事に。これからも『読み書きのツボ』をよろしくお願いいたします」

というものでした。
担当者の方、お忙しい中、どうもありがとうございます!とても嬉しかったです。
ポンにも「みつうらさんが、ポンのメールを読んでくれたよ!」と報告したら、とても喜んでいました。

今も、ポンは「読み書きのツボ」を熱心に見ています。しかも、以前は3~4年生用のを見ていたのに、今は5~6年生用のを見て、わかっているのかどうかはともかく、なんだか大爆笑したりしています。
私が「見せてる」わけではないですよ。本人が好きで「あっよみかきのツボだ!」と、喜んで見ているのです。

ポンは、まだひらがなは「い」と「し」しか書けなくて、自分の名前も書けない(練習させようとすると「むずかしいよ~」と逃げるので、あえて無理させないようにしています)のですが、読むことに関しては、もう「山」や「川」といったレベルを超えて、「恋」とか「愛」とか、「夢」「希望」といった、おそらく「流行歌に出てくるような漢字」は読めてしまいます。

あと、地名だね。近くの駅名や地名はほとんど漢字で読んでしまうし、「大阪」とか「北海道」とか、遠くの地名でも読んでしまいます。教えてないですよ。なんでだか自然に覚えるんだね。なんでだろう。

地図が好きで(ちなみに私も地図見るの大好きなんだけど。で、前にも書いたけど「ここに貨物列車の地下線路が通っているのかぁ~、だから上が公園や公的機関が集中していて、普通の住宅がないんだな」とか思って喜んでいる)、よく見ているからかなぁ。地図は字が小さいから、視力のためにはあまり「熟読」しないでほしいんだけど。

好きなことや得意なことは、伸ばしていって欲しいけど、今のポンの苦手なことは、やっぱり集団行動。
幼稚園には楽しく行っているけど、例えば運動会の練習(運動会自体は、私の入院が早まった都合で出れなくて可哀相だったんだけど)の時、待ち時間に黙って待っていられなくて、「自由に」どこかへ行って遊んでしまうので、先生は「もし遊びたくなったら、このお部屋で遊んでね」と、園庭に近い教室を開放して、目の届くところに誘導してくれたそうです。他にも、同じような子がいたらしくて、そういう子たちはそのお部屋で、粘土や絵本で遊んでいいってことにしてくれたらしいです。ありがたい~。

あとは、自由遊びの時間の終わりとしての「年中さんは、おへやに入ってください~」というような集団放送が「耳に入りにくい」らしいです。個人的に「ポン君、年中さんはおへやに入るんだよ」と先生が近くに行って言うと、理解できるらしいのですが。

教室でも、先生が皆に向かって言うことを、「自分に向かって言われている」と理解することが、難しいらしいです。皆に向かって「これをやりましょう」と言われても、別のことをずっとしている。そこで「ポン君、これをやるんだよ」と個人的に言うと、理解できるらしい。

その「別のことをしてしまっている」時に、親切なお友達が「ポン、今はこれをやるんだよ」と注意してくれても「なんでだよー!ポンはこれ(粘土とか、その時自分が好きでやっていること)をやってるんだ!なんで邪魔するんだ!」とか怒ってしまうこともあるらしい。
このことで「ポンは自分勝手なやつだ」と思われて、お友達が離れていってしまわないといいのですが・・・。

このあたり、やっぱりアスペルガー症候群の特性です。

来年は年長さんになるわけですが、小学校を決めるのに「一般学級でいいのか、それとも個別にするのか」を、来年の夏頃までに「養総センター」に相談しにいかなくてはなりません。
今の状態だと、おそらく「一般学級に籍を置いて、一緒に授業を受けられそうな科目は一般学級で受けて、どうしても出て行きたくなったら(あるいは、特定の科目では)個別専用の部屋に移動して、専門の先生についていてもらう」みたいな感じになると思います。
まだ、伸びる可能性もあるので、今の段階では、決められませんが。

まぁ、なんとかなるでしょう。今、心配しても仕方がないし。

「そのとき困ればいいんですよ」byリラックマ



発達障碍・療育・個別支援学級 | 2006-12-28(Thu) 13:00:18
| コメント:(2)
10年くらい前の写真を見て思う。
雪の富士山がベランダから見えます。今日はいい天気です。
20061227125040.jpg

家事の合間に、古い写真を見ていたら、こんなのが出てきました。
20061227125054.jpg
10年前の、私達夫婦の結婚報告のハガキです。
新婚旅行でモルディヴに行った時の写真がキレイだったので、深く考えずに使ったのですが、後で友達から「すごいセクシーショットだね(笑)」と口々に言われ、あれ、そうかな、と見直したら、私の胸がスゲーギリギリだったのです^^;現地で買った、紺に金ラメの入ったビキニ。日本では絶対に着れない(っていうか、現地でこそ私に合ったサイズのビキニが普通に売ってた。欧米のボリュームタップリおばさまたちも、堂々とビキニを着ているからね、こういうところでは)。
立ちポーズではとてもヒトサマに見せられるスタイルではないので、このポーズならちょうどいいと思って使ったのですが、そういう盲点があったとは。しかし、親戚一同にもコレを送っちゃってました。まぁ若気の至りということで。

95年から99年くらいにかけての写真がいっぱい出てきたのですが、みんなフィルムの写真。今、皆ほとんどデジカメですものね。だから「厳選された写真」でないのもいっぱいあって、笑えました。
そして、亡くなったおばあちゃんが笑顔で実家家族&夫と実家で写っている写真や、おばあちゃんと私が、お花の咲き乱れる庭で笑っている写真。
プリント写真って、いいものですね・・・
私の、元職場でのOL制服姿の写真もあった!今となっては貴重だ。撮っておいてもらってよかった。

あと、97年あたりはネットを始めたくらいの時期だったので、同じ趣味を持つ人たちとのオフ会の写真がいっぱいあって、懐かしかった。
今、皆どうしてるんだろう。連絡とっている人もいるけど、そうでない人の方が多い。
占いに興味がある人たちのオフ会や、岡村靖幸のファンの人たちのオフ会。
占い関係の方の人たちは、まだつながりがある人が多いし、連絡とろうと思えばいつでも取れるけど、岡村ちゃんオフの方の人は、もうほとんど連絡とってないなぁ・・・
楽しかったなぁ。近くに岡村ファンがいなかったので、20人とかで一斉にカラオケで合唱する楽しさ!皆、フェイクとか歌詞にない部分も完全コピーで歌ってたし。
最初のオフは、4人だった。それでも、4人で一緒に同じ歌を歌える!というのが、すっごく驚きで、感動だった。
そこから、徐々に人数が増えていったんだ。毎晩のチャットで盛り上がって、一緒にキャンプ(テントじゃなくてコテージだけど)行ったりもした。カレー作りながら、ラジカセでガンガン岡村かけたりして。若かったなぁ。
その中で結婚したカップルもいた。元気かなぁ。

まぁ、こんな回顧モードな日もある。
ちなみに、夫が「クリスマスプレゼントに」と、私にデジカメを買ってきてくれた!
使い方これから色々いじりますが、少しずつ。
そんなことも、昔の写真を見ようという導きがあったのかなぁ。

家族 | 2006-12-27(Wed) 13:19:27
| コメント:(0)
佐々木正美先生についてと、天皇陛下の記者会見。
お二人の方のお名前を、いっぺんにタイトルに入れてしまいましたが、このお二人が関係あるわけではありません。すみません。自分がわかりやすいようにです^^;

「佐々木正美先生 講演会」のキーワード検索で訪れてくださる方が最近多いので、お知らせです。
ポンの通っている幼稚園では、毎年、佐々木正美先生が講演会をしてくださいます。無料です。(詳しいことは前回の講演会の記事がコチラにあるので、読んでください)

今回も、うちの幼稚園に来てくださいます。
来年(といってももうすぐですね。時間の経つのは何と早いこと!)1月の下旬です。
うちの幼稚園の父母でなくても、聞くことはできると思います。
ただ、「うちの幼稚園」となると個人情報なので、もしご興味のある方は、右のメールフォームから、場所・日時などを個人的にご質問くださいませ。
ちなみに、うちは首都圏ですが、「電車の駅から歩けるような所」ではないので、ちょっと不便だと思います(大きな駅からバス便は豊富にあります)。

それと、幼稚園の父母対象なので、テーマは特に「発達障害」や「自閉症」に限ったものではないので、その辺りはご了承ください。子育て一般のことをお話くださると思いますが、子どもの発達についてがご専門なので、私は前回聞いて、とてもためになりました。

***************

こちら↓宮内庁の公式サイトです。

天皇陛下のお誕生日に際しての記者会見の内容とこの1年のご動静

私が一部を抜き出してコピーするだけでは、誤解を招くかもしれないので、ご興味のある方は、まずは上のリンクから全文を読んでみてください。

で、そこから引用します。以下。

「最近の愛子の様子については,皇太子妃の誕生日の夕食後,愛子が皇后と秋篠宮妃と相撲の双六(すごろく)で遊びましたが,とても楽しそうで生き生きとしていたことが印象に残っています。
ただ残念なことは,愛子は幼稚園生活を始めたばかりで,風邪を引くことも多く,私どもと会う機会が少ないことです。
いずれは会う機会も増えて,うち解けて話をするようになることを楽しみにしています。」

引用は以上。
ここからは私の感想。天皇陛下は、お孫さんである愛子内親王に対して、こう思っていらっしゃるのだなぁ、そして発表する時は、こういう表現をなさるのだなぁ、という感想です。

「愛子さま、相撲の双六かぁ。やっぱりお相撲が好きなんだなぁ。お好きなジャンルやお気に入りの遊びがあるということは、とてもいいことですね。」

「風邪を引くことも多く、ですか・・・いや、疑うわけではないですが・・・幼稚園をお休みしがちなのは、おそらく他の要因もあるのではないでしょうか・・・(集団に馴染みにくいとか・・・)」

「たとえお風邪を引きがちな体質でいらっしゃるとしても、お祖父さまお祖母さまが特別な地位にいらっしゃるお忙しい方だとしても、あえて天皇陛下が『会う機会が少ない』と会見でおっしゃっるということは、お会いになる機会が、余程少ないのでしょう。もしかしたら、公式の場以外では『全然会っていない』のかもしれない。まぁ雅子さまのお病気のこともあるし、お気の毒ではあるが・・・ちょっとなぁ・・・」

「『いずれは会う機会も増えて,うち解けて話をするようになることを楽しみにしています』ですって!
陛下、そこまでおっしゃいますか!『うち解けて話をしていない、それは会う機会が少ないからだ、それは風邪を引きがちだからです』という流れのお話なのですね。
もしかして、やはり愛子さまは、言葉が出にくい特性をお持ちなのでは。それを陛下が承知しているかどうかは、わかりませんが・・・」

「秋篠宮さまの親王さまが誕生した時、眞子さまや佳子さまの、幼児の頃の可愛いおしゃべり映像が流れましたものね・・・それを見て、国民が『そういえば、愛子さまのおしゃべりしている映像を見たことがないわ』と心配しているかもしれない、と陛下も感じていらっしゃるかもしれない、それがこの会見でのこういった表現になったのかもしれないわ」

私の感想は以上です。
皇室に興味のない方や、発達障害について知識をお持ちでない方は、特に何もひっかかりを感じない発表内容だと思います。
私がこんな感想を持ったことを「うがちすぎだ」とか、「自分の子がそうだからって、皇室のお子様まで同一視しようとするとは失礼千万」と反発なさる方もいらっしゃるでしょう。
ただ、私は発達障害児の親であり、自分の子の特性だけでなく、お仲間の中にも、色んなタイプの子がいることを実際に見ています。
そんな中から、出てきた感想です。

愛子さまはじめ、すべてのお子さま、そして日本の、世界の、子どもたち皆それぞれに適した教育や療育と、愛情が注がれることを願っています。
そして私は、自分の二人の子どもに、それをしよう、と思っています。



発達障碍・療育・個別支援学級 | 2006-12-26(Tue) 13:41:41
| コメント:(0)
パソコン直りました&おうちでクリスマス。
昨日、パソが修理から返ってきました。よかったよかった。でも結構修理代かかっちゃった。今回も前回と同じで、ウィルスではなくてファンの不具合によるマザーボードの故障だったわけだけど、「直接の原因は断定できませんが、ファンの不具合なので、温度や湿度、振動などが考えられます」と言われたので「ホコリがたまるのも良くないですよね?」と聞いたら「その可能性もあります」というみたいな返事でしたので、これからは本体にも、通風孔をふさがない程度の薄い布でカバーかけることにします。あとは、マメにパソ周辺を掃除だな。やっぱり知らないうちに、電化製品ってホコリを吸い寄せるからね。

で、昨夜は、ささやかながら家族でクリスマス。いつもは深夜帰宅の夫も、がんばって7時半に帰ってきてくれました(日曜なのに出勤だったのよ!振替休日なんてないのよ!繁忙期だから仕方ないけど)。

20061225134216.jpg
イブの日指定でお花を贈ってくださったJさん、ありがとう!ポンがクマさん(アロマのクマさん。とってもいい香り!)に喜んで、観葉植物にぶらさげていました(ツリーの飾りのつもりかしら)。この写真以上に、バラのピンク可愛いですよ。とっても嬉しいです!

20061225134232.jpg
マンションの一階の売店で予約していたケーキです。取りに行くのもラクだし、ああ助かる~。同じマンションの皆さん、あの売店を継続させるために、できるだけあそこで買い物しましょうね。採算が取れないと無くなってしまうらしいよ。それは困るのさ。

20061225134846.jpg
あまり手はかけられなかったので、パルシステムで買っておいた、ボイルするだけのミートローフ。あとは動物の形のポテトとかね。ポンは喜んでましたよ。事前にルルはミルクを飲ませておねんねさせてました。

20061225140251.jpg
電気消した時のケーキのキャンドルはこんな感じ・・・あまり変わらないね^^;

昨日、こんなふうに張り切ったので、やっぱり反動が出て、今日は疲れちゃって、家事・育児しながらも横になること多し。楽しいイベントでも、やっぱり心身に来るのよね、因果なヤマイだわ。処方薬も適切なものに移行しているので、治るよう邁進しております。 



家族 | 2006-12-25(Mon) 14:02:51
| コメント:(2)
そういえば、のお知らせ。
20061222233109
最近ご訪問してくださるようになったり、初めていらっしゃる方へ。
今、パソコン修理中です(この記事は携帯から更新しています)。なので、もし、右のメールフォームからメールをくださった方がいらっしゃったら、パソメール見られないのでお返事遅れます。ごめんなさい。

写真は、前の記事で書いた所でやはり出会った「ブラジル水晶」のクラスターです。これを選んでいる時、店内には偶然(必然?)、ボサノバがかかっていました。しかも「シェガ・ジ・サウダージ(想いあふれて)」。学生の時、サンババンドで歌ったので、歌詞もポルトガル語で全部覚えてるよ~。
しかも、帰りの友達の車の中では、ポルノグラフィティ(もしかしてちいさい「ィ」要らない?)の「サウダージ」がかかったので泣きそうになっちゃったよ。

泣いてしまうので、すごく好きなのにカラオケで歌いづらい曲ベスト3
1・この「サウダージ」(淋しい、大丈夫…淋しい)
2・「パパ」プリンセス・プリンセス(冒頭からもうヤバい)
3・メモリー青春の…あれ、正式タイトルなんだっけ?初期のモーニング娘。「メモリー去ってゆくけど 新しい彼女のこと私のように愛さないで グッバイグッバイグッバイ ハー ウォウォウォウォウォウォ~」(結局唄っとる)。

石・ジェムストーン | 2006-12-22(Fri) 23:16:55
| コメント:(3)
復旧メドつきました。
20061222181004
パソ修理の見積もりが電話で来たのでゴー出しました。3~4日で戻ってくるそうです。
児童相談所の話は、ちょっとややこしいので、その頃書くことにします。結果だけ言うと、やはり療育手帳の更新は「非該当」だそうです。

写真は、先日の「鉱物の館本店」で出会った「ヒマラヤ水晶」のクラスターです。前からヒマラヤは欲しかったので、気に入ったものに会えて嬉しいです。

石・ジェムストーン | 2006-12-22(Fri) 18:09:33
| コメント:(0)
初めての児童相談所。
20061220140903
今「児童相談所」に来ています。
ポンは一人で、先生に連れられ検査室に入り、検査中。私は突如1時間弱ヒマができ、待合室のソファで携帯からこれを書いているというわけです。私以外は職員の方ばかり。すいてます…すいてるっていうかなんというか。建物はすごく古そうですが、静かで居心地がいいです。
今日の目的は、療育手帳を更新するための知能検査です。過去の記事(携帯からなのでリンクが貼れなくてごめんなさい)に書いた、「療育センターでの検査では手帳の対象外」となったので、あらためて児童相談所(本来ならココでの検査が正当ですが、療育センターに行っている人は、そちらの検査結果を判定材料にもできますよ、という話)を訪れたというわけです。
結果はまた、今夜か明日にでも書きます。
写真は、ポンがおうちで作った「神奈川タワー」です。東京タワーに対抗したかったらしい。パズルの説明書のサンプルにも載っていない、ポンのオリジナル作品です。

発達障碍・療育・個別支援学級 | 2006-12-20(Wed) 13:42:50
| コメント:(0)
ルチルクォーツのペントップ。
20061219234705
幼稚園の終業式でした。2学期はポンに長期欠席させてしまい可哀相でしたが、欠席後も物怖じすることなく元気に通ってくれて良かったです。担任の先生、クラスの皆、どうもありがとう。

写真ですが…先日の記事にランドマークのツリーをアップしましたが、その日は石屋さんに行くのがメインだったのです。妊娠中や産後にポンが大変お世話になったママ友さんが、石のブレスが欲しいということで「鉱物の館本店」に同行しました。とはいえ、あそこに行ったらお目々キラキラになってしまう私、手ブラでは帰って来れない!このルチルのゴールドの輝きに一目惚れ、今大弱りの第3チャクラにピッタリ!鳩尾までのチェーンって持ってないので、シルクの細いリボンに通して結び、肌に直接着けています。うーん安心感!石との出会いっていつもワクワクします。
ちなみに、友達はすっごく素敵なオリジナルブレスをその場で作ってもらいました。ブルーレースをメイン、アメジストをポイントに、いろんな石がセンス良く!ゴム仕様なら石代の他には800円のみ。おすすめです。

石・ジェムストーン | 2006-12-19(Tue) 23:47:06
| コメント:(0)
おもちつき
20061218212007
今日、パソを修理に出しました。やっぱ、全然動かなくなっちったよ。そしたらね、今日、いつも読ませてもらってるブログの方も、パソ壊れた(ごめんなさい、マシンに詳しくないので「壊れた」っての適切でないかな?)って…。皆さん、本当にね、バックアップ!

で、これは先週行なわれた幼稚園での「おもちつき」での「かがみもち」ですが、ポンは「ママー『がんたん』があるから見てー」と言ってました。

携帯からだと一記事一画像なので、まあこんな感じでぼちぼちいきます。

子育て | 2006-12-18(Mon) 21:20:07
| コメント:(0)
予言が当たってしまった…
20061216222104
え~、パソ壊れました。携帯から書いております。
今朝起動したら、先日までしていた不穏な音がせず、不気味な静けさ。画面真っ暗。一応F2とか押すと、昔のDOS画面みたいなの出ますが、私にはわからん。夫が明日一日かけてイジクルことでしょう。
一応、外部にバックアップはとってありますが、全部じゃないし。
復活しなかったら、修理が間に合わなかったら、年賀状どうしよう!手書きか?
とりあえず携帯だけでも生きててよかった。ついこの前まで全然ダメで、電池パック変えたばかりなのよ(ドコモは同機種使用2年以上だと、新しい電池パックを無料でもらえます。ショップ行って申し込まなきゃなんないけど)。

ちなみに、前の記事に書いてある「石井ゆかりさん」は、今発売中の「東京ウォーカー」で、鏡リュウジさんと対談してらっしゃいます!
占星術、当たりすぎだよ。こういうのは当たらなくていいのに。まぁ仕方ないか。

アップしたい画像もいっぱいあるんですが、携帯からだと多分、一記事に一写真なので、とりあえずランドマークタワーの、スワロフスキーのツリー写真です。
基本、雫型と雪の結晶型のでカットグラスで出来てるんですが、一万個の中に一つだけハート型のがあって、「見つけると幸せになれる」んだって。ご夫婦、カップルで行ってクダチャイ。ブログで教えてくださった方、ありがとう。そちらご紹介できなくて、ごめんなさいね。
ちなみに私は時間がなくて見つけられませんでした。
この日は前から友達との外出のため、パパに二児の子守を頼んでおりました。
夫よ、ありがとう。

ヒーリング・スピリチュアル | 2006-12-16(Sat) 21:31:23
| コメント:(0)
バックアップ推奨。
うちのパソコン、一昨日ぐらいから、電源つけるなり「ガー」という不安な音がするのですが、今日はホントに「これはやばい」という音量になってきました。
去年、ウィルスに感染して、データが全部ぶっとんで修理に出した時と同じような音です。
修理から戻ってきてからすぐに、ウィルス駆除・防止のソフトを入れ、マメに有料で更新したりしているのですが。

これはまずいですよ、ということで、とりあえず「修理しても戻らないデータ(個人的な画像や、メール関係など。去年はこれで旧友のメルアドを殆ど失いました)」を、CDRWなどにバックアップしてるのですが、これが結構アップアップ(シャレてる場合じゃない)。まだ全部できてません。
自分のマシンだけでなく、無料ブログ(ここもそうだけど)も、結構サーバ落ちとか、あちこちでしてるみたいです。書いた記事が消えちゃった、という話も聞きます。

皆様もくれぐれもお気をつけ。
というのも、石井ゆかりさんの
星占い系テキストコンテンツサイト「筋トレ」
にも、「今週はシステム関係のトラブルに注意!」とあるのです。
詳しい星回りの状況を読みたい方はこちら
とりあえず、その部分だけを抜粋します。 

全体の空模様:weekly 2006/12/11-17のホロスコープ(より抜粋)

水星と天王星の90度、今週中程に起こります。
バックアップ!
と口を酸っぱくして言うことがしばしばあるワケなのですが
今週は、システム関係のトラブルには要注意です。
突然の失敗が心配されます。
角度がハードだし、何事も交通量が多い感じの時期なので
大惨事
になる可能性もなくはなし。
備えあれば憂いなしです。


ちなみに、私の直接の知り合いだけでも「最近パソコンが壊れた」という人が、3人います。通りすがりのブログで見ただけでも、何人かそういう方がいらっしゃいました。
「占いを信じる習慣のない方」も、12月はシステム関係が何かに集中したりなんかするらしい(まったく素人な表現しかできなくてスミマセン)ので、お気をつけください。

ヒーリング・スピリチュアル | 2006-12-12(Tue) 15:55:35
| コメント:(0)
クリスマス会!
20061209163822
今日は、去年まで通っていた幼児訓練会のクリスマス会に招待されて、行ってきました。
20061209163931.jpg
お母さんたちによる「こぶた・たぬき・きつね・ねこ」の出し物。去年も私たちは、こういうお面作ったり練習したり、色々したなぁ。大変だけど、盛り上がって楽しかったっけ。
あれが1年前かぁ。あっという間のような、随分昔のことのような。
20061209163958.jpg
去年も「でこぼこフレンズ」はやったんだけど、ダンボールで作ったドアが大きすぎて開閉が大変だったのを加味してか、今回は小さめのドアで、両側に机を置いてと、工夫されていました。ちなみにこれは「ふじおばば」です。去年は、登場して「ぼくときみ」を歌う、という趣向だったんだけど、今年はお母さん達が、ふじおばばだったら、演歌調の音楽にあわせて扇子で舞ったり、メロディーヌだったらスキップしたり、どんぐりんだったらハーモニカを吹いたりと、芸が細かくなってる!さすがです。子どもたちも、大喜びでした。
20061209163827.jpg
ルルも、このメンバーには初お披露目。大人気でした。抱いてるパパがスーツ姿なのは、お昼ごはん前に途中抜けして出社しなきゃなんないからです。ポンは、この会恒例の「新聞やぶり」で大ハシャギ。
20061209165706.jpg
お昼ごはんの後にサンタさんが登場し(この時、私は別室でルルに授乳していたので、残念ながら写真ナシ)、これは「サンタさんからもらったプレゼントの袋」に入っていたオモチャのサングラス(黒いレンズが蓋状になっていて、上にあげると透明メガネにもなる)。袋には、これと、サンタさんのおもちゃと、お菓子たくさんが入っていました。そうそう、私たちも去年はこういうものを買出しに行って袋詰めして・・・いやいやそんなことはアリマセン!わたくし今ウソを言いました!これは、あくまでも「サンタさん」が持ってきてくれたプレゼントなんですよ~ん。

去年まで「苦楽を共にした」ママ友メンバーに会うのも久しぶり。ルルは皆から抱っこされて大人気でしたが、私も「unakiteさん、随分痩せたんじゃない?!」と大きな反応。そりゃぁそうさ、このメンバーには、私が「妊娠してないのに94kg」っていう時代に週2で会っていたんだもの。その頃からは18kg減ですよ。ちなみに今日は、2年前くらいに「痩せたら着なよ」と夫が買ってきた、コンバースの「女性用Lサイズ(すんません、Lでも十分私にとっては難関だったのです、だって去年はニッセンの4L着てたんですから)のパーカーを着ました!買ってこられた当時は、そんなこと言ってニヤニヤしてる夫がスンゲー憎かったんですけど、その日が来ましたなぁ。一生来ないと思ってたんだが。よかったよかった。しみじみ。

発達障碍・療育・個別支援学級 | 2006-12-09(Sat) 16:38:22
| コメント:(3)
お友達とお絵かき。
今日もルル連れでポンの幼稚園にお迎えに行くことができ、今までポンをマンションの前まで送ってくれていたお友達親子に、うちに上がって遊んでいってもらいました。こういうことなら、私できるんだよな。いつに誰を呼ぶか決めて、連絡して、掃除して・・・ってなると、今の私には混乱してしまって、結局ポンのお友達に遊びに来てもらうことができていなかった。それと、いっぺんに3組以上になると、すみません、私、疲れてしまうんです。一対一のおつきあいだったら、どなたとでもできます。すみません(なんだかやたら謝るわたくし。最近、ポンがお友達のおうちに遊びに行かせてもらうことが多く、「次はうちにも来てよ!」と「お返しにお呼びする」のが「幼稚園ママの常識」になっているらしいのだが、私はそれができなくてごめんなさい・・・という、いい訳です。聞き苦しくてスミマセン)。
20061209165556.jpg
お友達は女の子なのですが、二人でやたらと絵をかいて壁に貼っていた。
20061209165629.jpg
ポン作品。4人家族で「お池のある公園」。
20061209165648.jpg
ポン作品。4人家族で・・・上の絵と同じように見えるかもしれませんが、下の色が緑じゃなく灰色、それと信号。道路を歩いているところだそうです。しかも、一人一人の前に横断歩道がある。ずいぶん都合のいい横断歩道だな。

お友達は、女の子らしく、果物や動物、ピンクや紫でハートをかいたりしていました。
ポンは人間をかくとき、かならず「赤」なんだよな~。何かエネルギー感じているのかしら。

子育て | 2006-12-08(Fri) 23:34:10
| コメント:(0)
男女産み分け・スピリチュアル編
上の子ポンは男児、下の子ルルは女児です。
第一子の時は、性別はどちらでも嬉しい、と思っていました。もともと、第二子をも望んでいたからです(できるまで時間がかかりましたが・・・)。
そして、第二子をつくろうと決心した時、正直「女の子がいい」と強く思いました。初めは「男と女がいれば嬉しい」とか「女の子の方が育てるのがラクだと聞くし、成長すれば一緒に買い物に行けたりして楽しそう」とかいう安易な考えからでした。
でも、ちょうどその頃、江原啓之さんの「江原啓之のスピリチュアル子育て」を読んで、考えが変わりました。

(↑ごめんなさい、私の技術のなさで、どうしても「amazonで買う」という項目が入ってしまう。売り込みではないです、すみません。内容だけ見たい場合は、タイトルだけクリックすればいいし、たとえ「買う」をクリックしてしまっても、すぐ買わなきゃならないハメになったりはしません)

「男の子か女の子かは、子どもが決めて生まれてきます」
という項目がありました(以下、私が内容をまとめて書きます。江原さんは、もっと優しい、丁寧な文章で書いています)。
「私(江原さん)のところにも、『どうしても女の子が欲しい』『跡継ぎが必要なので男の子でなければ』という相談が後を絶ちません。けれども、生まれてくるのを決めるのは、あくまでも子どもの方です。そして、あなたの家に必要な子どもが生まれてくるようになっています。現世の事情や、親の我欲などは、スピリチュアルワールドの前には通用しません」と。
そして、どうしてもどちらかが欲しい、と強く願う場合は、そういった親のエゴなどを捨てて、一生懸命心の底から祈ることだと。そして、祈れば「かならずしもではないけれど、あなたの家に必要ならば、かなうかもしれません」と。
単純な我欲からではなく、学びのために祈ることが大切。「スピリチュアルな動機こそ大切なのです」と、江原さんは書いています。
「女の子(男の子)をもって、学びたいのです」という動機から祈りなさい、ということだそうです。

私はこれを読んだのが、丁度妊娠に取り組む前だったので、「私は女の子を育てることで、『自分が女であること』や『女の子集団に感じている怖さ』を克服する学びを得たいのです」と、祈りました。

私は、子どもの頃には「女の子らしく」という育ち方はしなかったので、おしゃれにも興味があまりなく、「女でよかった」と思ったことがあまりなかったのです(今はそうは思っていません)。
学校時代も、女の子グループの「自分にはおかしいと思える『ルールのようなもの』や、『つるんでトイレに行く』などの行為、バスが揺れただけでキャーと騒ぐ、といった、女の子特有のマイナスの言動」がとても苦手で、男友達(彼氏とかではありません)や、男の子グループの中で「紅一点」でいる方が気楽、という時期がずっと長かったのです。

それと、大人になってからは、小学生の女の子集団に出会った時、何故か「怖さ」を感じていたのです。おませな言動や「ずうずうしく」感じるような言動。自分がポンを連れて歩いている時、そうでした。男の子は、どの子を見ても、あるいは男の子グループを見ても、素直に「可愛い」と思えていたのです。でも、ずっとこれでは、私はかたよった人間のままでいてしまう、と危惧もしていました。

そんな時、江原さんの文章を読んだ時、「女の子を育てることで『女性』を好きになり、自分を変える学びとしたいのです」と、心から思えたのです。

偶然かもしれませんが、その願いは叶いました。

そして今日。
私の体調と、ルルのタイミングもよかったので、初めてルルを連れて、ポンを幼稚園へお迎えに行きました。
その時、女子小学生の下校時にも遭遇しましたが、以前とはまったく違う気持ちで、微笑ましく見守ることができました。
ルルも、学校へ行くようになったらこんな感じなのかな、みんな可愛い服を着て、可愛いことを言っているな、と。
自分でも、この変化にはびっくりしました。

いろいろな産み分け法があると思います。
その中でも「学びたいという気持ちを強く持つ」というのは、有効ではないかと思って、書いてみました。
もし、どちらかの性別の子を望んでいる方に、ご参考になれば・・・。

ただし、江原さんも書いていますが、かならず叶うとは限りません。どんな子でも、その家に必要で生まれてくるからです。

最初にその項目を読んだ時は見落としていたのですが、さりげなく「障害をもつ子」についても、その項の最後の方で触れられていました。

「生まれてくる子どもは健康であって欲しい---親として当然の願いです。
けれどもスピリチュアルな視点から見れば、病気や障害をもって生まれてくる子どもは、それだけ勇気のある、意欲的なたましいだといえるのです。なぜなら、わざわざ不自由を感じることの多い肉体を選ぶことで、この世でできる限りの学びをしたいと望んでいるからです」

ポンが診断を受けて、ショックを受けている時に読んだら「ケッ、ひとごとだと思って」と、感じたかもしれません。
でも、今、素直に「そうなのかもしれないなぁ」と思えます。
この経過こそが、私の、ポンのような子を育てていく中の、学びだったのだと思います。

私の引用や勝手なまとめでは不十分だと思うので、興味のある方は、ぜひこの本を読んでみてください。


ヒーリング・スピリチュアル | 2006-12-07(Thu) 17:48:58
| コメント:(0)
7月に回答した「アスペルガーの人へ100の質問」への回答に、少し追加入れたのですが。
以前私が答えた「アスペルガーの人へ100の質問」の回答に追加することができました。というのは、

Q.18 自閉症スペクトラム指数(AQ)での自己診断の点数は?

を、どこで調べたらいいのかわからなくて、放置していたのですが、ここで調べられることがわかりました。

自閉症スペクトラム指数(Autism-Spectrum Quotient: AQ)自己診断

で、私が回答してみたら、こう出た↓

  あなたの得点は35点です。

  社会的スキル
  7点

  注意の切り替え
  8点

  細部への注意
  8点

  コミュニケーション
  8点

  想像力
  4点

  閾値を越えています。


・・・閾値越えてるか、やっぱり。33点以上が、一応基準らしいです。
定型の人が何点とるのか知りたい。もし興味のある方がいたら、回答してみて、何点だったかコメント欄ででもお知らせください。あ、でもこういうのって個人情報かな・・・非公開コメでも、メルフォでもいいです。

発達障碍・療育・個別支援学級 | 2006-12-06(Wed) 21:26:41
| コメント:(5)
七五三&お宮参り。
今日は、ポンのちょっと遅くなった七五三&ルルのかなり遅くなったお宮参り(もう生後2ヶ月だよ)に行ってきたのでした。
それだけなら、私は神社も好きだし、そんなに緊張もしないんだが、その前の午前中の、いわゆる「こども写真館」でのドタバタに、まったく「やられ」ました。これには想像ついており、だから昨日、緊張のあまり、支離滅裂の記事書いてたりしたんだが(参拝予定が鎌倉の有名神社だということだけで、クリスマスツリーの話題だっていうのに突然季節はずれのサザンの「鎌倉物語」を歌い出したり)。

最近有名な、例の「こども写真館」、あそこは衣装がいくらでも選べたり、さすがこどもの機嫌をとったりして写真をとったりするのは上手いがな、しかも何ポーズもとって、すぐにコンピュータ画面でお気に入りのを選べたりするのは大変便利だがな、だがな、だがな・・・だからお店自体にはまったく文句なく、サービスや店員さんの態度も良く、まったく問題ないんだが・・・何故だか自分でもよくわからないんだが「私と波長が合わない」んだよ。なんだか「疲れる」んす。
これは、今回「写真撮影」「参拝」「予約済・老舗日本料理店の食事」と、一日に三つも予定を詰め込んでいたからで(でも、一昔前だったらこれが普通なんだよな、近所の古くからある写真館で朝一番で撮影してさ、のんびり近所の神社行ってさ、近くのちょっとイイところでお昼ごはん食べてさ、とか)、結局写真撮影が思ってたより時間がかかり、本当は神様には午前中お参りするのが基本なんだろうけど、昼食先にして、参拝は午後3時頃になってしまいました。でも、お天気がよかったおかげで、まだ薄暗くなってなくてよかった。あと、時間外してるんで、すいててよかった(笑)

写真館ではデジカメや携帯での撮影は禁止(1年後にデータがもらえる)ので、今回はそれ関係のupはナシ。
あと、参拝も、母(私の母に同行してもらいました。車も出してもらいました。これには本当に助かった!車だけでなく、やはり母の細かい心づかいは、随所随所にありがたい。ありがとう!!)のカメラ(フィルムの)で撮ってもらったので、今回はやはりupナシ。
というわけで、今手元にある画像は「ゴハン」だ。

今回予約をとった「老舗日本料理店」は、夫の以前の職場であるので、色々とスムーズ。もちろん、もともと味もサービスも満点のお店、鎌倉では「ああ、あそこね」という感じの「H」というお店でござんす。
P1020337.jpg
これはポン用の、こども用セット。予約した個室の部屋があるお店は精進料理の専門なのだが、お隣に同じお店の「精進でないお店」があって、そこで作って運んできてくれたらしい。エビフライとかハンバーグとかも入ってて。鯛のお刺身ちょっともらっちゃったが、スゲー旨いよ~。

P1020338.jpg
それのお祝い鉢のアップ。

P1020339.jpg
大人用は静かに精進料理でございます・・・と、これがまず基本に来るんだが、あとからどんどん来るんだよな。

P1020340.jpg
これがメインの、湯葉を揚げて中に野菜とかいろいろ入ってる・・・なんて名前の料理なんだろ?明日夫に聞いてみる。かなり大きいんだよこれ。右奥にあるのは、「お祝い」としてサービスしてもらったお赤飯。
写真に撮ったほかにも、かぶら蒸しのお椀とか、精進揚げとか、いろいろあったよ。

P1020341.jpg
最後はやっぱり、お抹茶と羊羹~。落ち着く~。ちなみに、この前にフルーツも出た。サービス満点。

で、この後お参りをして、出てきたらさすがに少し薄暗かったよ。で、肉眼で見るとすばらしい銀杏も、携帯写真の限界でこんな感じだ。
P1020342.jpg
今年は暖かいので、紅葉の最盛はもう1週くらい後かも。

とにかく、ここ半年くらいずっと気になっていた行事が終わって、わたくしはほんとうに、かたのにがおりました。ああ~よかった。なんかあしたからたおれそう。っていうか実際、帰宅して夕食後すぐにタオレて、今さっき起きてきたところ。すまん夫。ありがとう夫。ありがとう母。いい子にしてたポンもえらいぞ。ルルも全然泣いたりせず、大変協力的であった。家族は大切だ。

家族 | 2006-12-04(Mon) 23:55:41
| コメント:(0)
鎌倉よ何故夢のような虹を遠ざける
タイトルとあまりに違う写真↓

20061203223337.jpg

マンションの自治会から「クリスマスツリーの点灯式があります」というお知らせがあったので、夕方行ってきました。ちょうどルルのミルクの終わった時間だったので、「縦ダッコヒモ(いちばんシンプルな、バッテンにして結ぶやつね。っていうか2ヶ月になったばかりなのにもう首すわってるんだよ)」で、ちょいと住民のみなさんにお披露目。でもずっと寝てた。今日の昼間も、定期的に起こしてミルクは飲ませてたけど、基本的にずっと寝てるんだよな~。で、深夜から早朝に大騒ぎというのが定例ですよ。だけど今日は、夜のおふろ前にタイミングよくウンチ出たからそう騒がないかもしれない。ことを願う。明日はいろいろ予定があるのだ~うー緊張!イベントごとは、はっきりいって苦手!毎日平穏に、同じように静かに暮らしたいよ、刺激なんていらない、欲しい刺激といったら恋くらいだ(おい)。時間的な予定をたてずに、のんびり恋人(だから誰だよ。それは夫で~す!とか言っても許してもらえないだろうな(誰に)。いや、妄想ですよ妄想、ほらたとえばね、憧れのタレントとかですよ、きっと。と、ひとごとっぽく話をすりかえる。っていうか最近サザンばっかり聞いているので「恋人と海」みたいな妄想で頭がいっぱいなのよ、ハラ坊の歌う「鎌倉物語」の歌詞とか今更「うわー!そんな意味だったか!」とか気がついたり)と海でもボンヤリ眺めに行きたいよ。というのは夢物語、今は乳児に乳やる毎日&幼稚園児の成長を見守る毎日を、淡々と暮らしますよ。

好きな音楽とか | 2006-12-03(Sun) 22:44:58
| コメント:(0)
12月になったらやろう・・・と思ってたら、もうなってた、から。
いや~もう12月ですね。って昨日からすでにそうだったか。
20061202230824.jpg
いわさきちひろのカレンダーを毎年使っているんだが、可愛い絵だにゃぁ。何年か前に、何かのオマケでもらったミニリースをぶらさげてみた(右側上の日付がカレンダーとしての機能を果たさないことには気付かないフリ)。

20061202230903.jpg
いつもはこんな感じの玄関も、マリン仕様はお休みでミニツリー鎮座。って一つ置いただけだけど。これは去年確か、実家近くの100円ショップで。

20061202230948
これは確か、2年くらい前にドラッグストアで「3000円以上お買い上げの方に」か何かでもらった、小さなツリー。もらいものか100円ショップばっかり。しかも今年新調ってのが皆無。

20061202230923.jpg
そんな中、一番新しいのが多分コレ(飾りの下は白クマが吼えてるカレンダー)。それでも去年の100円ショップだ。

こんなんでもポンは大喜び。「サンタさんに何をお願いする?」とまた聞いてみたら「ママが元気になりますように」だって・・・七夕と混同してる・・・が、泣ける・・・嬉しい。ママ元気になるといいね。ってヒトゴトかよ。まぁ治療には励むよ。長い目で見守ってくれ。


子育て | 2006-12-02(Sat) 23:09:48
| コメント:(0)
毎日なんかしら、することありますね。
20061201224954.jpg
桜の時も思ったけど、並木の写真は難しいね。
今日は、もう銀杏は散り際で、すっごく美しかったんだ。
「こんじきのちひさき鳥のかたち」の葉を全身に浴びながら、歩いてきたよ。

久々に、簡単に身辺雑記。
昨日は、前もって夫が休みをとってくれていて、ルルを見ていてもらい、私の内科診察。
もう「要治療対象の肥満」からは、外れたって。
血液検査の結果も、少しずつ、よくなっている。
だから、毎日の体重測定は続けて、次は2ヵ月後だって。
やっぱ、誰かにチェックしてもらわないと、挫折しそうだからさ。
内科の担当の先生は、私より1才上なだけの女医さんで、気さくに話ができるから、楽しい(でもすごい待ち時間なのだ。それは総合病院だから仕方ない)。
で、帰り、久々に自分でポンを幼稚園へ迎えに行った。

今日は、母に来てもらって、3ヶ月ぶりに美容院に行ってきた。
その帰り、ちょうどよいバス時間があったので、またポンを迎えに行けた。
もうちょっと、色んなことが安定したら、ルルを連れてお迎えに行けたらな、と思う。

20061201225007.jpg

「乳のみた~い」「乳のみた~い」「乳のみた~い」
by 『やわらか戦車』←(今ネットで話題の可愛いアニメ。なごむよん♪ 今「8」まであるから「1」から見てね)

家族 | 2006-12-01(Fri) 22:56:20
| コメント:(0)
カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。