カレンダー
10月 « 2006/11 » 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
「恋の歌を唄いましょう」&「僕の歩く道」。
「音楽」ジャンルのスレッドテーマに「サザンオールスターズ」が無いことにスンゴク驚いているunakiteです、こんばんは。見つけられないだけかな。あれだけメジャーなのに、ブログ書き世代でのファンはそう多くないのかも・・・などと淋しく思ったりして。

で、何でこんな書き出しなのかと言うと、先日「恋のジャックナイフ 歌詞解説」のキーワード検索でいらした方がいて、まぁ「恋のジャック・ナイフ」の歌詞自体はココで読めるんだけど、私は20数年サザンのファンをやっているが、この曲が大好きで、でもサザンの曲一般的にそうなんだけど、曲自体やサウンドやアレンジや桑田さんの声が好き、というのが強くて、あまり歌詞は気にとめてなかった、正直。
でも、この曲の歌詞の内容が気になる人がいるんだなぁ、と思って、あらためて曲を聴いて、歌詞を読んでみた。
う~ん・・・「いつもの桑田さん特有の、その中でも『激しい恋バージョン』だよなぁ」としか思えないのだが、何か背景があるのかな?知ってる方いたら、教えてください。

この曲が入っている「Young Love」というアルバムには、「恋の歌を唄いましょう」という、ハラ坊の歌う曲も入っていて、あらためてそれも聞いて、歌詞も見てみた。
う~ん・・・優しい。しかし切ない。大人だ。

ご本人が公表していないのに、ここで書くのはためらわれるが(でも書くが)、桑田さんご夫妻のお子さんのうちのひとり(何人いらっしゃるのか、私はファンとはいえどプライベートのことはよく知らない)に、養護学校へ行っているお子さんがいるらしい(おそらく自閉症)。公表していないとはいえど、隠しているわけではなく、親御さん(ハラ坊かな)はPTAにも参加している、などという書き込みを福祉関係の匿名掲示板で読んだことがある(多分、同じ学校へお子さんを通わせている方が書かれたのだろう)。匿名掲示板だから、真偽のほどはわからず、だから私のこの記事も100%信用はしないで欲しいのだが、それを思うと、そういえばサザンの活動休止(各々がソロ活動、ハラ坊は育児に専念など)は何度かあったし、ハラ坊が「Mother」というソロアルバムを出していたなぁ、あれウチのどこかに仕舞ってあるはずだ、改めてもう一度聴いてみようか・・・などと、なんだか一層親近感がわく。

どんなお子さんを持つかは、有名人も、一般人も、関係ない。
今夜は、「僕の歩く道」も、放送されているのだろう(自分は、自分自身のメンタル面から、深刻そうなドラマは今見る気になれなくて・・・でも評判いいらしいですね、自閉症児の親御さんのブログを見ていると)
これからの世の中が、どんな人でも、歩きやすい道でありますように。


11/29に追記:この記事を「ブログ検索」の「僕の歩く道」で見てくださった方がいらっしゃって、その方にはここに情報がなくて申し訳ないと思う。そして、その検索結果を逆に辿って、「僕の歩く道」について書いている、他の人のブログを読んでみて、驚いた。とても沢山の人がこのドラマを見ている!(私は、こういったテーマのドラマは「自閉症の人の家族」しか観ていないのかと思っていた!SMAPなめちゃアカンなぁ!!)草なぎさんの演技はすごい、という「ドラマ評」に続いて、「自閉症って名前だけは知っていたけど、具体的にこういう状態の人のことなのだとは知らなかった。少しでも理解できてよかった。偏見をなくそうと思う」とか、あと、中学生が結構見ている。こういう人がいたら、偏見で見ないで、いじめたりしちゃもちろんいけないんだ、と、皆書いてくれている。

(ただ、このドラマの主人公のような状態の人だけが「自閉症」というわけではない、ということは、わかってほしい。それぞれ、違うんですよ、共通するところはいくつかあっても。だから、生活の中で「あの人は、ドラマの自閉症の人の特徴とは違うから、わがままなだけで自閉症じゃないわ」とかいうふうには、思わないでほしいと思います。お願い。)

いいドラマなんじゃないか!しかも「一般の、テレビ好き・ドラマ好き・SMAP好き」な人たちが、たくさん見てくれている。
来週から見てみよう。
おそらく、もう中盤越えたんでしょ?(それとも、もう終わり近いのか?)見てないから憶測なんだけど、初めの方で偏見とかつらい目にあって、でも最初はつらく当たってた人たちが段々理解してくれて、適切に接してくれるように変化してくる・・・っていうストーリーの流れなんだと思う。だから、きっと、来週あたりからなら、私の精神状態でも、見ても大丈夫だと思う。見よう。


スポンサーサイト
好きな音楽とか | 2006-11-28(Tue) 22:39:17
| コメント:(0)
ルボックス出ました。
今日から、今までの抗不安剤にプラスして、SSRIっていうんですか?抗うつ剤を飲めることになりました。
とっても少ない量からスタートですけどね。いよいよ治療です。ああ、早く治りたい。といっても、効果が出るのは3ヶ月以上先とからしいけどね。でも、希望が見えてきた気がします。
20061128001158.jpg
この子たちのために、母はヤルぞよ。

心療内科&婦人科系 | 2006-11-28(Tue) 00:14:30
| コメント:(2)
岡本かの子
先日、「アスペルガー 岡本かの子」というキーワード検索でいらっしゃった方がいた。
今までも、「自閉症 ○○○○」というように、有名人の名前と「自閉症」とか「アスペルガー」を組み合わせて検索してくる方は多く、そのたび「え?その人もそういう『噂(疑い)』があるの?」と「初耳」な気持ちになるのだが(「愛子さま」は別だ。あの方はそっと見守りたい。もう女帝になるかもしれない負担からは解放されたのだから)、「岡本かの子」!それは「意外」というか、いや逆に「すごく思い当たる」というか、「だけど身近すぎて思いつかなかった」というか。

岡本かの子は、短歌・小説・仏教研究で名をなし、当時の流行風刺漫画家・岡本一平の妻であり、二人の間に生まれたのが、芸術家・岡本太郎である。
幼い頃から「腺病質」(って、卒論の時に調べた本には書いてあったんだけど、何なんだろう実際「腺病質」って?と今検索したら「貧血などになりやすい虚弱・無力体質」ということらしい。多分、現在で言う「腺病質」と、かの子の状態は違ったものだったろう。でも、当時は、原因のわからない「体力がなさそうに見えて、人とは変わった症状が多い」人のことを、まとめてそう呼んでいたのだと思う)で、彼女の母親は「将来この娘は普通に嫁がせることは難しいだろうから、女でも腕一本で生きられるように、琴の師匠の免状をとらせよう」(実際とらせたかどうかは忘れた)と考えたらしい。

実際、一平から熱烈な求婚を受けて嫁ぐのではあるが、母が心配していたように、家事は何ひとつ満足にできなかったらしい。家政婦は雇っていたが、かの子のあまりの常軌を逸した「一般生活における常識の無さ」に、「奥様にはつきあいきれません」ということで何人も変わり、結局は実妹が度々来て家事をこなしていたらしい。妹は姉の文学的才能を尊敬してそうしていたのだが・・・

かの子の文学の熱烈な崇拝者である男性は、結婚後も何人も寄ってきて(彼女はルックス的には一般的に美しいわけではなかったにも関わらず、である。かなり太っていた。谷崎潤一郎はかの子の兄の友人だったが、美意識の高い彼は、彼女の容姿を「実に醜婦でね」などと酷評している)、一時は夫妻の一つ屋根の下、当時まだ早稲田の学生であった愛人を二階に住まわせ、かの子は階段を行き来するという、現在の常識で考えても「とても変わっている生活」をしている時期もあった。これは、一平が「それで彼女の心が安定するならば」という、「いきすぎた優しさ(あるいは、時々出る彼女の「パニック状態」につきあわなければならない「面倒くささ」を誰かと分け合いたかったため?)」からであろう。その学生の他にも時期を違えてだったとは思うが、同居していた男性がおり、彼は家事が得意で家の中の切り盛りをし、家計の管理まで任されていたらしい。この方は長生きされ、瀬戸内晴美(現在の寂聴)の取材に「当時の生活を懐かしそうに」語ったとされている。

さっき、妹の項で「・・・」と文末をにごしたが、独身であった妹は「それではあまりにも○○さんが可哀想(二階に住んでいた学生ね)」と、彼と「通じて」しまうのである。ここで、夫妻プラス学生、及び姉妹の関係はガタガタになり、学生は出て行き、ほどなく結核で死んでしまう。確か。(ごめん、「結核」だったかどうか、今確かめる余裕ない。でも若くして亡くなったのは確か)

私が大学の卒論のテーマとして「岡本かの子」を選んだ(このことはココでも書いた)のは、当時自分でも短歌を作っていて、彼女の作品に惹かれていたということもあったが(シンガポールを題材にした小説もあるんだよな~。私はシンガポールに子どもの頃3年間住んでいました。共通項は他にもある。川が好きでそれを題材にした小説も多い。しかも多摩川と隅田川。ああ。)、こういった「問題行動だらけの人物」であることに、単に「興味をひかれた」だけでなく、自分でも無意識に「深く共感」していたからなのだ、と、今思う。

発達障碍・療育・個別支援学級 | 2006-11-27(Mon) 05:34:28
| コメント:(0)
ポン語録「サンタ編」&家族写真イメージ。
ポンを寝かしつける時に、
「いい子でねんねしたら、クリスマスにサンタさんが来るよ」
と言って、そういえば何が欲しいのかな、と思い
「サンタさんに、何をお願いする?」と聞いたら、
彼はしばらく考えた後、キッパリと言った。

「カノジョ。だから、オンナの服が欲しい」

な、なにい!(わかりきったことですが、ポンは5才の年中さんですよ)
私がビックリした顔をしていたら「ちがうちがうちがう!」と、まるで「亭主が女房に、浮気現場に踏み込まれた時」のような、懸命の否定。
「まぁ、まだクリスマスまでは日があるから、ゆっくり考えようね」
と言って、寝かせました。
・・・一体、何のメディアの影響なんだろう??

************

七五三の日を決めて、写真館を予約しました。
で、そこは撮影風景をデジカメ(持ってないけど)とかで撮っちゃいけない(ネガもらえるのも一年後)ので、じゃ~できてきた写真をデジカメ(持ってないけど。くどい)で撮って、年賀状にでもする?こんな感じになるかなぁ、とか描いてみた(ちなみに去年は「プリクラを携帯で撮ってインクジェットプリンタで出した」という、「なめたやり方」で写真年賀状を手作りしたのだった)。
20061126162912.jpg
その、来年用の「写真部分」の、想像図↑(作:unakite 所要時間:2分40秒)。



子育て | 2006-11-26(Sun) 16:04:09
| コメント:(0)
わたくし「たち」蟹座の、「限界」と「可能性」。
以前にも、コチラの記事コチラの記事石井ゆかりさんの星占いサイト「筋トレ」(「マジ当たる!」というよりは、本当に「マジ当たる!」のですが、「当たる!」という言葉が不適切に感じられるほど「そのものズバリ」。ぜひ、他の星座の方にも見ていただきたいです。週報の他に、年報もあります。一年を振り返る時期に来ておりますが、この一年が「そうだったかどうか」確かめるて噛み締めるのもいいかも。)についてご紹介したのですが、今週もズキューンと来たのでご紹介。

2006/11/27-2006/12/3 かに座の空模様。

誰にいくらなにを支払うかは
貴方が決める権利を持っています。
それは、お金でも労力でも愛情でも時間でも同じことです。

全ての要求に応えることはだれだって不可能です。
人に任せるところは任せてしまうしかありません。
自分がどれを担当して
どこを他人に任せるか。
その判断基準には、善悪はありません。
「フツウに考えたらこうだろう」
などという枠組みは的はずれです。

今は、イヤイヤながらやることには
何の意味もありません。
貴方はもともと、
なにかを「イヤイヤやる」のは
向いていないのです。
感情がガソリンなのに
その感情が動かされないことをするのは不自然です。

今、一番いい仕事をするなら、
あるいは、一番誰かの役に立ちたいと思うなら、
貴方が持っている時間やパワーやお金や愛情を
どれにどれだけ割くか、を
シビアに考えてください。
やりたくないことをやらなければならないこともあるでしょうが
それはあくまで、最小限の割合に留めなければならないはずです。


・・・以上です。キャーーー!!

「『フツウに考えたらこうだろう』
 などという枠組みは的はずれです」

だとぉぉぉ?!
私、いっつも、「世間様はきっとこう思う、だから私がこんなことではイカン!」を基準に、焦った言動を常にしているのだよ。
「フツウに考えたらこうだろう」
って気を揉むのは、バッカみたいに「的外れ」なのかぁぁぁぁぁぁ!!!

私が今、「イヤイヤながらやっている(もしくは、イヤなので人まかせにしようと算段しているが、なかなかその人が話をすすめてくれずイライラしている。その人とは、夫だが)」ことは、七五三の撮影&参拝に関する日程決め・写真館の予約・食事の予約、ポンのインフルエンザ接種2回目と(やっと体調がよくなったので、「今こそ!」可能。また風邪ひいたら受けられなくなる!)、夫自身のインフル接種。撮影に伴う、ポンの床屋行き。ポンを床屋に連れていくのは、私単独ならできなくないんだけど、ルルがいるから動けなくて・・・まだ、連れて外へ行けるほど私の体力がないんです。昨日、単独で幼稚園の面談に行ったにもかかわらず、帰り靴を履くときに倒れてしまい、先生方が「立ちくらみですか?」「めまいですか?」とすごく心配してくれたんだけど、めまいでもなく・・・なんていうか、何もない場所で、自然に、転んでしまったのよ、足が動かなくて。あるいは、一本足で立つというバランスがとれなくて。
ルルを抱っこして歩いているときに、こんなことになったら、取り返しがつかない。だから、まだ外に連れていけない。うちはマイカーがない。こんな不便な土地で車持ってない人なんか、うちのマンションは400世帯あるけど、うちの他に1軒しか知らないよ!

関係ないけど、昨夜もルルが大量うんちをもらして、肌着・服・シーツがわりのバスタオル・防水シーツ、全部オジャンでした。
お願いだ・・・ウンチしたなら泣いてくれ・・・
ポンを別室で寝かしつけている時に、したらしい。少し乾いてさえいた。
防水シーツは一枚しかないので、乾くまで、今ルルはバスタオルの下に、ゴミ袋を敷いて寝かされています。動くたびにガサゴソいって不憫です。

ヒーリング・スピリチュアル | 2006-11-25(Sat) 14:16:54
| コメント:(0)
療育手帳の更新ができません。困りました。これからどうしたらいいんですか。外見でわからない障害、普段の生活ぶりでわからない障害だけに、証明するものがひとつもなくなるのは不安なのです。
今、すごく頭が混乱しているので、文章の体裁とか考えず、頭に浮かんだことだけ羅列します。

ポンの療育手帳の期限が今年の12月までなので、前もって保健センターに更新の手続きに行ってました。
保健センターでは、「本来なら児童相談所で判断(手帳の判定について)するのだが、療育センターに行っている(うちは外来で)のなら、そちらの資料にもとづいても可」だと言われたので、行ったことのない児童相談所に幼稚園児を園を休ませて乳児連れでこの寒空出かけるのもしんどいので、「療育センターの方でお願いします」と言いました。
今日、療育センターから電話がかかってきました。
「ポンちゃんは、先日の発達検査で○○だったので、手帳の基準からはずれるのです」と。(実際はもっと気を遣った言葉遣いだったけど大体そういう感じ)
つまり、IQが平均だから、療育手帳は出せないというわけ。
IQ平均だってあきらかに違うんだよ、定型発達の子と!今日はたまたま幼稚園の個別面談でもあったんだけど(他の子が15分のところ、先生は45分もつきあってくださった。こうなることを想定して、うちは最後の時間だったんだ)、園での生活ぶり聞いてたら、ほんと違うって、定型の子とは。だけどさ、外見ではわからないし、ちょっと言動見てたくらいじゃわからないし、生活そのものに関わってみないとわからない。

Dリゾートで、優先してくれるカードってあるんだってね。「待たなくていい」わけじゃなくて「行列しなくてもいい」カードらしいんだけど。
それだって、手帳出さなきゃいけないわけでしょ。
うちは、そんな優遇受ける前にポシャですよ。
別にいいんだけどさ。Dのキャラ、私好きじゃないし。Dランドも若い頃は、皆と話題合わせるために行ったけど、あまりにも作り物くさくて(っていうか、もともとコンセプトが、作り物そのものの「夢のファンタジーランド」なんだから、「作り物くさい」っていうのは、悪口にもならない、事実そのもの)、それに加えて今こんな病気だから、混雑になんか雑踏になんか喧騒の中になんか、絶対絶対行きたくないし、全然苦にもならないんだけどさ、Dに行けなくたって私は。あんなとこマイカーもなく、疲れきって帰ってくるのヤダ。すいてる水族館に行きたいぞ。あと、前も言ったけど、誰か車で私を滝につれていってくれ、ガイドブックにのってなくて、地図に小さくのってるような(だから私は小木か。森山良子の娘か)。ダムでもいいぞ。ラルクのケンか。
ただ、ポンは楽しくD関係のDVD見ちゃってるから、そのうち行きたがるだろう。そんとき困るな~。今困っても仕方ない。

「そのとき困ればいいんですよ」byリラックマ

それにしても、どうしよう?慣れない児童相談所に連れて行って、検査結果わざと低くして、手帳とるかい?
そこまですることないべよ。
夫は「そういう仕組みは、もっと必要な人にあるべきなんだから、これでいいじゃないか」と、言う。
もっともだぁもっともだぁ。「いいこと」言う。
しかし、外見でわからない、少ししゃべっただけじゃわからない、だけど障害者なんだ、って手帳がなくて、なにで証明できる?わかってもらえる?
あ、またさっきと同じこと書いてる。
しかも療育センターはさ、「児童相談所に行かないんだったら、区役所に電話して、更新を取り下げてください」って言うんだよ。
更新取り下げたくないのにさ。
電話だってアタシャ苦手だ。電話なんかしないぞ。更新取り下げもしたくないのに。したくないことを、苦手な手段でなんか、したくないぞ。

どうすりゃいいんだーーーーあーーあーあーーあーーーーーーーーー

昨日コメントくれた方々ありがとう。


発達障碍・療育・個別支援学級 | 2006-11-24(Fri) 23:13:15
| コメント:(0)
「いのちの電話」に電話したら留守電だった。
今まで、このブログは、家族やリアル知人、ご近所のママ友たちが読んでくれているということもあり、あまりダークなことは書かないようにしてきた。が、もう限界だ。
今日は、頭・胃・腸・肩・腰・精神、心身のすべてが壊滅的に調子が悪く、家事どころかもっと簡単なことも何もできず、「生きていても仕方ない」という思いしか頭に浮かばず、夫にも電話は通じず、それでも何とかなりたいという思いはあったのだろう。「いのちの電話」24時間対応、混雑している場合があるので何回かおかけください、とHPにはあった。
しかし、流れてきたのは留守電。「大変込みあっているため…」などが流れるなら、わかる。しかし、留守電に個人情報を残せというのか?そういえば今日は祝日で世間様は休日、誰かしらおうちにいるでしょ、と「いのちの電話」を必要とする人はいない、とみなされているのですね?
そのあと夫と電話は通じた。

自分が苦しんでいても、誰にも迷惑をかけたくない。仕事で忙しい人、せっかく休みがとれてくつろいでいる人に、価値のない私なんかの電話で手間をとらせたくない。価値のない私なんかの悩みに巻き込ませたくない。迷惑をかける方が、また私の心の負担になる。あるいは、逆の立場でかんがえれば、すぐわかる。だって私だったら、そんなウザイ電話掛かってきたら、迷惑だから切るもん。電話苦手だし。悩みメールなら、いくらでも親身になれるんだけどね。

だから、ビジネスライクに対応してくれる電話サービスを使おうと思ったのに。

(夜中に追記:なんかね、あまりにも「疲れすぎた」のですよ。
昨日、一昨日と、がんばりすぎたのですよ。
日・月と夫が休みでね。家事や育児を手伝ってもらって、家の中がスムーズにいったのですよ。
それをね、火・水も同じようにこなそうと思っちゃったわけですよ。
で、二日間連続で、1ヶ月乳児と5才幼児を、別々に風呂に入れたりしたわけですわ。自分の頭や体なんて洗うヒマないですよ。しかも、そのために、5年前のベビーラックをクローゼットから出したりして、それを掃除したりして、使い方思い出しながら組み立てて。えっとね、二人を風呂に入れるやり方はね、まず自分も含めて3人の分の湯上りの服・パジャマなどを用意する。乳児用には、座布団の上に全部重ね、正方形バスタオルや新しいオムツもセッティング。ベビーラックを、脱衣所の外すぐのリビングへセット。で、座布団セットを脱衣所へ持っていき、乳児を置く。自分が脱衣してシャワーで軽く身体を流し、それから乳児を脱がせ、お風呂イン。沐浴と同じように身体を洗ってやった後、自分は急いでバスタオルで軽く身体をふき、座布団セットの上で乳児に着衣、その後ラックにのせ安全な場所へ移動。
5才児を呼び、一緒に入浴。
この後、体力があれば5才児を外へ出してから自分も髪洗ったりすればいいんですけどね、そんな体力残っとりゃせんよ、乳児は泣いとるからミルクあげなきゃならんし。
しかし、年子のお母さんや、2~3才離れたきょうだい持ちのお母さんは、一体どんな超能力を使って毎日これをしているというのだ。2~3才離れたきょうだい持ちのお母さんなんて、ゴクゴクフツーにいっぱい存在しているし。君たちは全員、天才だ。エリート集団だ。)


心療内科&婦人科系 | 2006-11-23(Thu) 13:57:53
| コメント:(4)
雲のおふとんでおねんねする?(byポン)
今日の空。

20061121134307.jpg

「雲ひとつない快晴」も素敵だけど、
このくらい、「いい感じの雲」が散りばめられてる空って、好き。

今日は、メンタル的には多分大丈夫な方だと思うのだけど、
おなかの調子がいまいち。
いや、帝王切開の傷とか、子宮の戻りの問題じゃなくてね(このへんはもう万全)、
腸の関係・・・
上の子ポンにしろ、下の乳児ルルにしろ、世話している途中で「ウッ」という痛みが来ると、これはつらい。途中でやめられない「世話」が多いからね、こどもの世話ってさ。

でもさ、なんとかなる気がする。
だって、こんな空の下にいるんだもの。

健康&美容・ダイエット | 2006-11-21(Tue) 13:49:46
| コメント:(2)
12月に七五三をやる予定です&ポン語録(ハングル編)。
ここ数週間が、世間では七五三の真っ最中なのでしょう。こどもの撮影に人気の某写真館では「早めに撮ると割引」などがあるらしく、ポンの幼稚園のお友達はほとんど、夏休みに撮ってしまったようです。
もうちょっとして、ルルも落ち着いたら、衣装を借りなくても「家族写真」として、4人の写真を撮ろうか、そしてその足で、神社に行こうか(ルルのお宮参りも兼ねて)、と考えています。

その「衣装」ですが、レンタルなら「一度しか着ない和服」でもよいでしょうが、時期もはずすことだし、男の子なんだし、洋装でもよいだろう、と、ニッセンで買いました。安いぞ、スーツ上下・水色のシャツ・ネクタイの3点セットで6990円。
もし、高価な服を買うのなら、「小学校の入学式にも着られるように」と、大きめサイズを買うのでしょうが、「ニッセンならピッタリサイズで一度きりでもいいか」と、110サイズを購入。
20061119104827.jpg
届いてみたら、思っていたより生地もそんなに悪くないし、十分十分。

ポンがおじいちゃんと一緒に公園に行って、「ママにプレゼントするの」と、とってきてくれたサザンカのお花。葉っぱ2枚がついてるとこが、センスある。一輪挿しに挿したら、とっても可愛い。
20061119104852.jpg
とはいえ、公園の花を勝手に摘んではいけないことをどう指導しよう、と悩んだのですが、ハチャメチャにふざけて採ったわけではないし・・・おじいちゃんと一緒の時だったから、しょうがない。何か注意する時は、「その時」でないと意味がないのです。だから、今度私と一緒の時、そういうことがあったら、注意することにします。

難しいよなぁ。公園やマンションの敷地に「植えてある」花は採っちゃいけなくて、「雑草」っぽく生えてる草に咲いてる花(タンポポとか)は採っていい、っていう判断、どうやって子どもに教えたらいいんだろう。

「ヨン様から韓国語で手紙がきたよ」と、「カラフルせんせい」を持ってきたポン。ハングルを書いたつもりらしいです(別に私がヨン様ファンってことはないのだが^^;)。
20061119105319.jpg

「だからボク返事書いたの」と言って、持ってきたのが下。
20061119120541.jpg
 
ちなみに、「ヨン様の手紙には、なんて書いてあったの?」と聞いたら、「韓国語なのでわからない」とのこと。それでも返事書いたのか。

子育て | 2006-11-19(Sun) 14:58:40
| コメント:(0)
天国じゃなくても その2
今日のアクセス解析で、「歌詞 天国じゃなくても楽園じゃなくても」というキーワード検索で来てくださった方がいました。
(去年の9月に書いたこの記事が検索にかかったのでしょう。ああ、まだこのへん、画像入れとか、ブログランキングへの誘導の削除とかしてないわ~いつかやらなきゃ)
「愛子さま 自閉症」の検索が、ハンパじゃなく毎日多い中(アクセスの半分くらいはソレ関係なんですよ~)、こういう検索は、ホッコリした気持ちにさせてくれます。ありがとう。

で、あらためて、ブームの「風になりたい」の歌詞を見たんだけどね。
この詞のいいところって、天国や楽園じゃない、つらい現実の日々の場だけども、決して逃げ出さないところなのよ。

「何ひとついいこと なかったこの街に
 沈みゆく太陽 追い越してみたい」

「何ひとついいこと なかったこの街に
 涙降らす雲を 突き抜けてみたい」

従来の男ロックだったら、「何ひとついいことなかったこの街」だったら、さっさと出ていって、都で一旗あげてやれ、みたいなふうになるもんだったでしょ。
宮沢さんは、違うんだ。ブラジルとか沖縄とかは、最初は、特殊な音楽性に惹かれて魅力を感じた土地だったんだと思う。でもやっぱり南米には、貧困とか犯罪とか、深刻な問題があるし、沖縄に関しても、何らかの因習とか、沖縄以外の国内や首都圏との温度差(気温だけじゃないよ)とか、いろいろあったりするのだと思う。だけど!だけどやっぱり生まれ育った土地を離れられない、離れたくない人たちを、現実に沢山見て、関わってきたのだろう。それが、この「何ひとついいことなかったこの街」であるにもかかわらず、そこを逃げ出すことなく、それでもこの土地に踏みとどまって生きていこう、という歌詞になっているんだと思う。

好きな音楽とか | 2006-11-17(Fri) 22:49:01
| コメント:(0)
母乳バッグ「売れ」ました&お友達のおうちへ、そして大根。
今日はルルの1ヶ月検診でした。実質、1ヶ月と2週間経っちゃってたけどね、実質早産でしたのでこのくらいでちょうどよいかと。ポンの時は「心雑音がする」とかで、心電図とったり色々したもんだから(その1ヶ月後にも行って、無事を確認。自然に治る種類のものだったらしい)。
すべて順調、異常なしでした。
たくさん赤ちゃん来てて、たぶん20組弱いたと思うんだけど、1時間前に行ったから一番だったので、タクシーでさっさと帰ってこれました(行きもタクシー)。その1時間は、内科の予約変更ができないか聞きに行ったり(そこの内科は電話での予約変更はできない)、産婦人科外来に、前もってお願いしていた採血検査のコピーをもらいにいったり、産科病棟にココで書いた「カネソン母乳バッグ」を寄付しにいったり。顔なじみの助産師さんとの会話。
「それは、ここでは使いますので、ありがたいですけど、本当にいいんですか?お使いになる方お知り合いでいらっしゃらないんですか?」
「いろいろ当たったんだけどいなかったんです」
「ちょっと待っててくださいね」
と、助産師さんが持ってきてくれたのがコレだ!
20061116222559.jpg
「そのままいただくのは心苦しいので、でもお金でいくらお渡ししたらよいかわからないので、試供品なんですけど、よかったらどうぞ」
スティック状(1本が100mlのミルクになるのが10本入りの箱が3箱)の粉ミルクです。
やった!不用品が必要なものと物々交換できたぞ!まったく「寄贈」のつもりで持っていたんですが、得してしまった。値段的にはつりあうのかどうか不明ですが、とにかく要らないものが要るものに変わったのだからメデタシメデタシ。

(今計算してみたら、この母乳バッグは2100円で買ったもので、開封してしまっているし、50枚入りのところ、3枚は使っている。で、「すこやか」のスティックが30本だと、1800円くらいになるんだよ。だからちょうどいい計算になるよ。あ~よかったよかった。満足じゃ。)

いつもは、缶が使いやすい形なので「ほほえみ(明治)」を使っているんだけど、スティックだったら「すこやか(ビーンスターク)」だろうと同じですし。

帰ってきてから休みの夫(もとから休みだったんだけど、風邪気味なのでちょうどよかった)にルルを託し、お友達の家に遊びに行っているポンを迎えに、というか私もお茶しに行きました。同じクラスのお友達のおうちに遊びに行くのは、私が妊娠していたこともあって実は初めて。おしゃべりしたりとても楽しかったです。ただ・・・ごめんなさい、私の体調(メンタル面)だと、「お返しに遊びにお呼び」することが難しいんです。完全復活したらこの点もなんとかしたいです。

これは幼稚園で今日、ポンたちが「引っこ抜いた」らしい、畑の大根。葉っぱもいっぱいついていました。
20061116222616.jpg
さすが売り物でない無農薬大根、なんだか「マンドラゴラ」みたいだね。栄養ありそう。

20061116222628.jpg
夫もポンも体調弱っているので、大根入りチキンスープ(鶏がらスープに鶏ひき肉入り)と、葉っぱは味薄めで鰹節だけ入れて少なめの油で炒めました。塩も醤油もなし。十分いい味する。ヘルシーな夕食である。

おまけ:本日のナゴミ画像。
20061116222705.jpg



子育て | 2006-11-16(Thu) 22:33:11
| コメント:(0)
耐えろ、耐えるんだオレ。
20061115150608.jpg

うちの幼稚園では田植えとかやってんだけど(今日はボンヤリしているのですごくかったるい文章です)、稲刈りもしたのかな、ポンが休んでるうちに。そんで、グループごとに回り持ちでおうちで「脱穀」するんですって。私だって初めての作業だよ。よく「一升瓶に入れたの棒でつつく」みたいなの、漫画やらではみたことあるけど、こういうことかね。ペットボトルに入った籾つきのお米を竹の棒でつつくんだが、まるっきり皮の剥ける気配がしないよ。昔は大変だったんだなぁ。

「今日はボンヤリ」って書いたけど、本当に本当に今日は私は朝からずっとヘンで、電話をかけても自分が何をしゃべっているのかわからず、カレンダーと伝えたいことを書いたメモを見ながらしゃべっても日時を言い間違えてそのままにしてたり、なんだか「ものすごーくダメ人間」だよ。

ダーメダーメダメダメ人間!ダーメッ!!って大槻ケンヂが吼えておったなぁ。踊るダメ人間。日本をインドにっ、してしまえっ。それは違う歌(日本印度化計画)。俺にカレーを食わせろ~。元祖!高木ッ!ブーーー!!それも違う歌。そういえばオーケンって、エッセイで「不思議ちゃん」や「困ったちゃん」がゾロゾロついてくる、みたいなこと書いてたなぁ。「あのねぇ」とか言う歌あったよね。「あのさぁ」だったけか?あの歌好きだなぁ。あ、やっぱ「あのさぁ」だった。ココ見て。いい歌詞だ。この歌知らない人は、一度読んでみてくれ。彼はホントいい詩人だ。岡村靖幸ちゃん(11/20に追記:彼は、いけないクスリをやっていて捕まり、今「塀の中」にいるんだけど、「死なない」でくれて、本当によかった。どんなことがあっても、自分で死を選ぶのだけはファンとしては避けてほしい。彼、尾崎豊と仲良かったんだよね・・・あのあたりかな、岡村ちゃんも活動中止しちゃってたのって。二人とも大活躍の時期に広島のイベントで、二人一緒に岡村ちゃんの「Young oh!oh!」を、すっごく楽しそうに歌ってるビデオ、岡村仲間に借りて観たことがある。この二人と吉川晃司の三人で、よく遊んでいたんだって。罪をつぐなって出てきた後も、多くは望まないから、どうか生きていて、岡村ちゃん)の「友人のふり」もこのテーマだけど、彼の歌詞世界は自分がいつも中心。それはそれで好きなんだけど。

こんなこと言ってくれるひとがいたらいいのにな・・・

どこかへ連れていくよ
海へでもいこうかね
逃げるわけじゃないしさ
逃げ出すのじゃなくてさ

ほかに人がいるなら 俺じゃなくていいしね

・・・これ、「言ってもらいたい」っていうのもあるけど、同時に「言ってあげたい」とも思う、誰かに。

なんだろう。安定剤は飲んでるよ。風邪薬も飲んだから?この辺は今度医者に聞いてみる。たぶん、明日が子の一ヶ月検診で、それの緊張もあるし、その後も幼稚園関係やら自分の内科やら心療内科やら園の個人面談やらクラスの母親親睦会やら、スケジュールがいっぱいで、あと、ポンの体調を「おたのしみ会」と「お誕生日会(10月に出られなかったので今月参加)」にあわせて登園を調節しようとしていたのに、それが今日ガラッと変更になりましたって園から通知があったから、パニックに陥ってるんだとオモー。

ちょっと、死なないようにだけ、死なせないようにだけ、気をつける。

好きな音楽とか | 2006-11-15(Wed) 15:18:26
| コメント:(0)
書ーきーたぁいことが~、いっぱぁい~♪
↑「ことばあ(NHK教育)」の節で。

昨日はいきがって3件も記事を更新したが、やはりそれは無茶というもんだぜ。ベビーが昼型になったらなったで、昼の家事がスムーズにいかないもんな。ポンにも淋しい思いをさせた。

☆「百人一首」が私の中で大・再ブーム(前回は小学低学年時)。
それに伴い夫がスバラシイ本(しかも新品で560円)を買ってきてくれた。

☆今月末でA新聞をやめ、コレをとるつもり。ただいま無料試読中。

この2点について詳しく書きたいが後日だな。

ポンは今日(日付変わってもう昨日だな)、薬と「薬依頼書」を持たせ、幼稚園に行かせた。
一見元気だがまだ心配だ。
ポンと一緒の部屋で寝ている夫には、完全にうつった。ティトゥリーで予防させたんだがなぁ。でも、だからこのくらい(倒れてはいない)で済んでいるのかも。
私も喉が痛い。ラベンダー精油とティートゥリー精油を希釈して、のど・鎖骨の下・肩などに塗りまくり。本当はサンダルウッドも混ぜると完璧だが、なんだってあんなに値上がりしたんだ!一説では「インドからの船の積荷の白檀が水をかぶった」とか「中東のある勢力が、何のためか知らんが買い占めて高騰している」らしい。しかもサンダルウッド精油は、蓋をちゃんと閉めてても、一度開封すると何故がいつまにか減ってしまう。ねっとりしているくせに、揮発性が高いのね、もったいないわ。
あとは、ユーカリ精油をティッシュに垂らして鼻と口から吸入してます。
新生児は、風邪ひいたりするのって半年すぎて免疫なくなってからだよね?違ったっけ?まぁどっちにしても、気をつけよう。

家族 | 2006-11-15(Wed) 05:22:06
| コメント:(2)
パワーストーンたちを整理しました♪
20061113182100.jpg
乳児がハイハイして物を口に入れたりする危険性が生ずる時期はまだまだ先ですが、上の子ポン5歳児が、ベビーベッドの中にでも入れては困るので、今まで外に(出窓とか、棚の上とか)に素で置いていた石たちを整理しました。数か月前に「石入れ」にしようと、アクリルのジュエリーボックスを無印良品で買っていたのですが、今やっと稼働。
20061113182113.jpg
大きい石は出窓のまんま。左から、アメジストのエレスチャル、ハート型のローズクオーツ、水晶のクラスター。ハートの横幅が、大体5cm。結構たっぷりめの、ぷるんぷるんローズちゃん。

どちらも、私とベビーの部屋に置いてあります。上のケースの右端のロイヤルブルーのは、ソーダライトのエンジェルだよん。あと、左から2番目のはココで書いたフローライトのハート。

今日はね、3件も記事を更新しちゃったよ。
ヒマかと思うでしょ?
逆なのじゃ~~~~!!
病気のポンは幼稚園を休み、ずっと家にいるので、食事や遊びの世話(薬が効いている間は元気なんだよな)をやかねばならず。
ルルは、夜型から今日急に昼型に切り替わったらしく、朝から今までずっと1時間半~2時間ごとに泣く。しかも今までいっぺんに140mlとか飲んでたにもかかわらず、60~80mlくらいしか飲まず(だから頻回になるんだけど)、せっかく多めに作ったミルクも無駄になって「もったいねー!」とイライラ(飲みかけミルクは雑菌が入るので保存がきかない)。自分の間食はもちろん(もともと減量始めてからほとんどしてないが)、食事もまともにとる時間がない。
こういう時に限って、なんだかメチャクチャに文章を書きなぐりたくなる。そうさ、ここはもともとストレス発散の場なんだ。
考えながらなんか、書いてない。もともと頭にあるものを、高速タイピングで再現してるのさ。ああ!私は書くことが好きだ!でもそのエネルギーをもっとどこかに回せ!!

石・ジェムストーン | 2006-11-13(Mon) 18:22:27
| コメント:(0)
同世代の親戚が少ないから、大事にしたいナリ。
うちの夫は、乳児の授乳の後のゲップをさせる「プロ」だが、ポンも乳児育児のプロだということを今日発見。
ちょうどウンチが出そうな時間帯ではあったのだが、泣くもミルクをあまり飲まず、ずっと泣いている。抱いていたら、ポンが寄ってきて「ウンチしてるよ」と一言。
においをかいでみても、おしっこのにおいしかしない。「ウンチしてないよ」「してるよ!」の問答のすえ、オムツをあけてみると、していた!
大量のなら、私もにおいですぐわかるのだけど、そんなに多い量じゃなかったから、抱いていたにも関わらず、母親であるにも関わらず、気づかなかった。しかも、ポンは今「喘息様気管支炎」で、鼻も詰まっている状態。すげーな、年が近いからわかるのか?エライぞお兄ちゃん。

*************

昨日は、義妹夫婦が出産祝いに訪ねてきてくれました。
私は妊娠中のあまり動けない時期で、残念ながら結婚式には出られなかったので、義妹のダンナさんには初対面。
これが写真で見る以上に、いい男だった・・・というか、写真でも「ああ、シュッとした人だね」というのはわかってたんだけど、勝手な印象で「話しやすい人ではないかもなぁ、どう接したらいいんだろう(私は「カッコイイ人」に対しては、性格は気取ってんじゃないか、とか勝手な思い込みがある)と思っていたんだけど、これが感じのいい人だったんだ。
私がちょっと話し始めると、すぐに身体の向きを変えて、こちらの目を見て話を聞いてくれるんだ。おーい義姉を惚れさすなよ?
しかも、もう帰り時間間際になって話始めた話題だったので詳しく話せなかったんだが、結構スピリチュアル系らしい。江原啓之さんの本も、何冊か読んだと言っていた。
義妹は、あまりそちらには関心がないらしく、彼女自身「こっち(自分と自分の兄=私の夫を指差しながら)はあんまりないけどねぇ、そっち(自分の夫と義姉である私の方に手を向けながら)は、そういうの(スピリチュアル系に関心が)あるねぇ」と笑っていた。
この義弟の数字が、過去が「22」で、またもマスターナンバー所持男性発見!
帰りがけに「どっかパワースポットとか行った?」と話しかけたけど、本当に、まさに「帰りがけ」だったから、聞けなかった。
もちろん、義妹も話しやすくていい子だから、またゆっくり話したいな~。ここ見てるかわかんないけど、そんな遠くないんだから、また気軽に遊びに来てね~。○○線が止まって○○駅で足止めくって帰れなくなったら、泊まりに来いよ~~(^-^)

家族 | 2006-11-13(Mon) 14:39:00
| コメント:(0)
「東京タワー」放映するよ!
ポンは今日も幼稚園をお休み。ルルの世話をしながら、ポンの内遊びにつきあうのも正直しんどい。テレビでも見せようかと、「笑っていいとも」の時間のちょっと前にフジテレビをつけたら、大泉洋ちゃんが、フジの女子アナらしき人と二人でジャーンとCMに出ているではないか!
「よ、洋ちゃんがコマーシャルに出ている!」と叫んだら、ポンも「大泉さんだ!」とおおはしゃぎ。
なんの番宣か忘れるくらい、二人ではしゃいでしまったのだが、「世界ナントカ」とか言ってたので、何かのスペシャル番組の宣伝だったのだろう。あまりふざけもせず、フツーに「感じのいい笑顔」で(「どうでしょう」ファンとしては、ちょっと違和感^^;)、おそらく全国ネットの、局内のとはいえ、コマーシャル出演。おお~嬉しいよ!
たぶん「東京タワー」が、やっと始まるからだろうなぁ。不祥事起こした出演者の代役も決まり、再収録も終え、今週土曜日(18日夜9時ですよ!)の放映。ああ、長かったね、7月のはずだったもんね。
でも、渋い内容のドラマっぽいから、秋でちょうどいいのかもね。とにかく、よかったよかった。楽しみに見ます。でも9時だと、ポンの寝かしつけの時間だなぁ・・・ビデオに撮りますか。

「水曜どうでしょう」&オフィス・キュー関連 | 2006-11-13(Mon) 14:23:53
| コメント:(0)
喘息様気管支炎!(ぜんそくさま、じゃないよ)
一昨日からポンがハナとセキで「風邪かな」と思い、市販のシロップを飲ませていたのですが、あまり良くならないので、昨日は幼稚園を休ませました(熱もあった。今もある)。本当はすぐにでも病院に連れていきたかったのですが、ルルもいるし足もないし(うちはマイカー無し)、実家に頼んで今日車で来てもらい、診察を受けさせることができました。。で、ついでに私はインフルエンザの予防接種も(ポンは、パパに連れられて1回目をすでに打っている。これで2回目の時もパパに託せる)受けちゃいました。
ポンの診断ですが「喘息様気管支炎」とのことで、今とても流行っているそうです。気管支を拡張して、夜寝る時の呼吸をラクにする薬を中心に、せきどめ、はなの炎症をおさえるなどの症状に効くブレンドのシロップをもらってきました。寝かしつけたらラクそう。昨夜は、本当に「喘息なのかしら」と思うほど、ゼーゼー苦しそうだったので、今日連れていけて本当によかったです。

幼稚園で流行っているのがうつったのだろうけど、最近どうしてもルルにばかり手がかかるので、「こっちも見て」というサインなのかも。ごめんよ、ポン。

20061111225853.jpg
幼稚園をお休みする前に、園で作ってきた「ピアノ」です。ダンボール製。画板みたいに、ヒモで首にかけて「演奏できる」ようになっています。自分で作ったんだと。おひょ~クリエイチブやね。

20061111225916.jpg
「演奏」風景。

子育て | 2006-11-11(Sat) 23:08:15
| コメント:(2)
久々にナゴミ画像などを。
20061110123443.jpg
生後38日のルルたんです。
この頃の赤ちゃんの顔つきって、日ごとに変わっていくね~。この頃ともう違うもんね。
ポンの時と違って髪の毛が濃くて強くて、沐浴のあとブラシしたって全然意味なく、立ちまくり。ポンは赤ちゃんの時はかなり髪が薄かったし、もうちょっとしてからは、風呂上りにブラシで「七三分け~」とかやって遊んでたけど、この分だと分け目もつかないぞこりゃ。

子育て | 2006-11-10(Fri) 12:41:54
| コメント:(2)
世界の廃墟 南米篇 雲上の楼閣 - イトス
↑というDVDを、今、授乳の合間に見ておりました。
夫がネットレンタルでしきりに勧めてくれていたのが届いたんです。
彼自身は、南米にも廃墟にも興味はないのですが、私が「廃墟大好き」(実際行くことはしない、こわいから。ネットで廃墟探索の方々の写真を見たりするだけ)で、サンバやサルサなどのラテン音楽好き(音楽そのものが好きなだけで、南米に実際行ったことはない。遠いし、ちょっと「こわい」感じがする(「廃墟は好きだけど、行くのはこわい」という感覚と、何故か同じ)、好きなのに。うまく説明できない)なので、興味があるんじゃないかと思ったらしい。

このDVDは、作家の戸井十月氏が紹介する視点となっているもの。
いや~・・・すごかった。
えっと、戸井さんの公式からそのDVDはココかな。
世界の廃墟 南米篇 雲上の楼閣 - イトス
(アマゾンのアソシエイト貼ってる余裕がない)

かつて、エメラルド鉱山で栄えた街が、残骸をさらして、今はもう高地の風に吹かれるのみ・・・という映像と解説なんだけどね。
それがね、美しいのよ。
そして、人間の夢と欲望の跡の、かなしいストーリー。
結局、過酷労働させられるのは、原住民インディオ。富を得るのは、一握りの外国人(まぁスペイン人だね、あとはほんの少数の現地の有力者とか)。
学校はあっても先生はいない。病院もないから、怪我や病気をしたら死んでいくだけ。
労働争議による死傷者の発生はしょっちゅう。大量虐殺の歴史もあり。
スペイン人が持ち込んだキリスト教は、現地の人が大切に守ってきた土着の神を「悪魔」として、封じ込めた。
それが、ボリビアのカーニバルでは今も、昼はきらびやかで華やかなパレード、夜は覆面をつけて土着の神の登場、それもいまだ「悪魔」として。栄枯盛衰は過去のものだけではない。

しかしね、夫は私の趣味を把握しすぎだよ。「廃墟」「南米」「ジェムストーン」「土着の神々」「カーニバル音楽(私は浅草サンバカーニバルで優勝したチームにいたこともあるんだぞ)」とか、ひかれるものがちりばめられすぎ。誰にでもおすすめ、というDVDではないが、BGMも物哀しくゆったりしてて、逆に癒しの作品でありました。

私が「おーい、なんでこんなに『ちりばめられてる』の~」と風呂から出てきた夫(彼は途中で見るのをやめてた)に声をかけたら「(その地に)いたんじゃないの」とニヤリ。この人いつから「前世」とか信じる人になったんだ。

で、思い出したんだけど、私が初めてサンバカーニバルに参加した時の、チームのテーマ音楽が、タイトルは忘れちゃったけど「インディオの(奴隷的な時代の)過酷な生活」を歌ったものだった。サンバなのに、こんな悲しいテーマでいいのか、とかちょっと思ったんだった。
「インヂウ(=インディオ)」「ネグレ」「ラメント」とかいう歌詞があったんで、黒い俺達の悲しみ・・・みたいな感じ?なんだっけなータイトル。歌詞も、あの時は全部覚えてたんだけどなぁ。1990年に「ウニアン・ドス・アマドーリス」にいた方、教えてください(ピンポイント過ぎ)。

日記 | 2006-11-09(Thu) 03:28:19
| コメント:(0)
産褥期のわたくしと乳幼児たちとパパのその後。
カネソン母乳バッグの記事がいつでも一番上にある、というのが、自分で設定していたとはいえ、早くも飽きてきましたので、元の位置に戻しました。
母乳育児されている方、そういった知人のいる方、よろしかったらこちらの記事をご覧になってくださいませ。

昨日は私の、産後1ヶ月検診でした。
血液・尿検査異常なし、子宮も元に戻っており、傷の治りもキレイ、とのことです。
ただ、睡眠が不規則のせいか、もともと頭痛もちのせいか、「起きると割れるようなガンガン頭痛」という日が何日か続いたので相談すると、なるべく周りの人に手伝ってもらって無理をしないように、とのことでした。

と言われつつ、病院が「いつもすいている郵便局」や区役所と近いので、ポンの「しまじろう(こどもちゃれんじ)」の継続の支払いと、療育手帳の更新手続きを済ませてきました。区役所の手続きが済んだ時点で13時だったので、区役所食堂の定食はもう売り切れ。ラーメンか炒飯かカレーしかなく、サラダがつくからカレーにしたんだけど、これが「食えたもんじゃない」。ごめんなさい食堂のおばちゃん、知ってるよ、このカレーが「普通においしい」ってことは。ただ、ずっと減塩&減カロリー生活をしているので、ルーがものすごく塩っからく感じてしまったのよ。具とごはんと、サラダだけ食べてルーは残しました、ごめんなさい。

ちなみに、自宅に帰ってきてからはほとんど、ニチレイの「気くばり御膳」という冷凍の「減塩&減カロリー」を取り寄せて、夕食にしています。ポンに取り分けて、野菜のおかず(ナスの素焼きとか、きゅうりとツナの和え物とか)を一品だけ作ると、大人1人子ども1人でちょうどよい。それくらいなら作れる元気はあるの。パパのご飯は外で食べてきてもらう日もあるし、この「御膳」を一人前食べてもらう日もあります。

ECナビというポイントサイトから楽天にインして注文すると、どっちのポイントも取れる(今リンク貼る元気なくてゴメン)。ニチレイ本体はここかな。ここから直接注文したことはないんだけどね、他を探すと送料無料のお店とかあるから。
「気くばり御膳」は「どこが減塩なのさ」と思うほど、味がしっかりついてて、減塩に慣れている私は「もっと薄くてもいい」と思ったりしてしまうくらい。副菜もいろんな種類がついていて、美味しい。メインもお肉も魚もしっかりしてて、ローカロリーとは思えない満足感がある。うちの実家でも美味しいと言ってた(というか、もともと取ったことのある父母から勧められた)。普通にダイエットしたい方にもおすすめです。おかずのセットだから、ご飯は炊いてね(ご飯おかわりしちゃうとダイエットにならないよ!^^;)

ルルは至って元気だけど、夜中に何度も目を覚まして泣くのが、新生児のサガとはいえ、苦痛。それでミルクちゃんと飲んでくれればいいけどさ、こっちは120mlとか140mlとか用意してるのに40mlしか飲まなくて、でも泣き続けて、何かと思ったらしばらくして大量のウンチとかさ。飲みかけのミルクは雑菌が繁殖するから取っておけなくてもったいないよ!(とはいえ、飲み残したら乳首を外してラップして冷蔵庫に入れ、一時間はオッケーという自分ルールにしている。ウンチの10分後に「やっぱりミルクもっとくれくれ」状態になったりするので。これは半分反則なので、くれぐれも真似しないように)。

ポンも元気に幼稚園に行っているけど、午後から夕方は相手をしなくちゃならんので「赤ちゃんが寝ている間にお母さんも睡眠をとりましょう」が不可能。でも、送り迎えはお友達のお母さんやパパに手伝ってもらっているので、これでかなり助かっています。ありがとう。
ポンも、おにいちゃんの自覚が出てきて、「あれとってきて」「これ捨てといて」などにしっかり応えてくれ、「戦力」となってくれています。ありがとう。

パパは仕事の繁忙期で大変なのですが、洗濯干しや、休日のポンの遊び相手など、がんばってくれています。ありがとう。

あと、ここで書いたK川くんの昔のサイトが残っていて、思わず感傷的になり、管理人である彼のお友達、Hさんのゲストブックに色々書いたら、

書き込みありがとうございます。
もう10年近くになるんですよねえ。
おそらから、ずーっとみられて恥ずかしくないように、愉快にいきましょう。


というお返事をいただき、うわ~ん!滂沱の涙。Hさんどうもありがとう。K川くんありがとう。Hさんも「がんばりましょう」とか「楽しくいきましょう」じゃなくて、「愉快にいきましょう」っていう言葉を使ってくれたのが、すっごく嬉しい!「愉快」っていいね!なんか元気もらいました。

今日は風が強くて、雲がぜんぶ流れて、お空が真っ青です。
今、「亡き王女のためのパヴァーヌ」を聴いているよ、K川くん。
私、これを弾きたくてピアノピース買ったことあるんだけど、難しくて途中で挫折しちゃった。
あなたなら、どんなふうに弾いたのかな。

亡くなった人が力をくれるって、こういうことなのかな。

家族 | 2006-11-07(Tue) 13:58:53
| コメント:(2)
水棲生物と、チベット天珠。ポン語録は白黒ヤギ歌。
ポンが楽しそうに歌っている。

♪ 白ヤギさんからお手紙ついた
  黒ヤギさんたら読まずに食べた
  仕方がないのでお手紙書くしかない ♪ (歌、終了)

・・・アレ?そういう歌だっけ?(絶対違う^^;)
まるで「赤い靴~、履いてたら脱げた(古っ)」の感覚だ。

ザリガニ2度目の脱皮(1度目は8月29日)。
水棲動物が好き。でも、飼うなら大掛かりな装置のいらない、身近な生物がいい。
父はタナゴとメダカを長いこと飼ってる。
私はスキューバダイビングをするし、父は釣りをするので、魚の話なんかしてると、他の家族がオイテケボリになる。

父:「この前サンノジ釣っちゃって、ありゃくさくて喰えたもんじゃないんだよな」
私:「ああ、ニザダイね、あれ海中で見ると結構不気味な形なんだよね」
父:「黒っていうか茶色っていうか、あんな色だしな」

とか(釣りする人って、業界用語みたいのあるでしょ、グレとかチヌとか。本当の名前は、グレはメジナで、チヌはイシダイだっけ?違ったらごめん、訂正して)。
あまり意識したことはなかったが、父とは結構趣味が合う。同居していた頃は、たわいないことでケンカばかりしていたが、それは同じ面がハッキリ見えちゃうからなんだなぁ、良くも悪くも。

留守中、夫にザリガニの世話を頼んだら、顔を曇らせていたので「子どもの頃ザリガニ釣りとかしたでしょ?」と聞いたら「あれは飼うもんじゃない。キャッチアンドリリースだ」と胸を張ってのお答え。
まぁそういう考え方もある・・・が、彼は単に、生物の世話をするのが面倒なんだと思う(小声)(しかしワールドワイドに発信)。

ポンのためのザリガニ飼いとはいえ、これは私が水棲生物が好きだからで、虫だったら正直嫌だ・・・教育的には「飼いたい」と言われたらそうせざるをえないだろうが、まだ言われていないので救われている。虫自体は嫌いじゃないが(セミ捕りなんて大得意だ。手の届く所にとまってたら素手で捕るぜ!)、飼って死骸を見るのが嫌なんだ、虫ってすぐ死ぬじゃん(世話が下手なだけかな)。それこそ、セミもキャッチアンドリリースの世界です。虫は、野にいてこそ。ああ、夫の言い分もそういうことなのかな。なら納得。

20061105164036.jpg
関係ないけど、クリニックの待合室で読んだ「婦人画報」に載ってた「誰かが(覚えてこなくてすみません、エッセイの書き手)チベットで現地の人に貰ったというネックレス」が、あまりにも好みだったんで写真撮ってしまった。すごくシンプルなんだけど、ターコイズとレッドコーラルっていう組み合わせが大好き。でも、自分ではイッコも持ってない。チベット天珠(のようなもの)は持っているので、こういうゴツゴツ系の本物ターコイズと、色の濃い赤珊瑚が手に入ったら、自作したいわ~。
今生の間に、チベット行けるかしら・・・お願い中国の人、チベットを何とか、あまり、これ以上、アレしないであげてね・・・。

子育て | 2006-11-05(Sun) 16:05:33
| コメント:(0)
3人?のルル(仮名)ちゃんの謎、解決。
えっと、たいしたことじゃないんですが、この記事のはじめの方で書いた「ルル(仮名)ちゃんは誰?」の謎が、解けました。
幼稚園の担任の先生に、用件があってお手紙を書いたついでに、「ささいなことなんですが、ポンがこんなこと言ってたんですけど、本当はどうなんですか?」って、質問を書いてみたら、お返事が来たのです。先生、どうもありがとう。
真相は「Mちゃんのお姉ちゃんがルル(仮名)ちゃんといいます。Sちゃんは関係ありません」だそうです。
おーいポン!2つ間違ってるぞ!Sちゃんの妹さんは関係ないし(実際Sちゃんに妹さんがいるのかどうか、私は覚えてない)、Mちゃんだって妹さんじゃなくて(Mちゃんにも妹さんがいるのかどうか覚えてない。「覚えてない」ばかりでごめんなさいクラスメイトの皆さん。なにぶんボンヤリ頭状態なもので)お姉さんの名前だってよ~!
って、ポンに(こんな口調じゃなくて、噛み砕いてだけど)言ったら、「だってMちゃんイモウトだって言ったもん」だって。
それは多分、Mちゃんが「私はルル(仮名)の妹だよ」って言ったんだと思うよ・・・。

子育て | 2006-11-04(Sat) 23:18:18
| コメント:(0)
カネソン母乳バッグお分けします。
20061105035203
カネソンの母乳バッグをお譲りしたいと思います。母乳育児中でお仕事をされていて、保育園やご実家に冷凍母乳を預けている方、その他の事情で冷凍母乳を使っている方、いかがでしょうか。該当されると思われる知人の方にもお声をかけていただけたらと思います。当方、自分の体調の理由で不要となりました。

100ml用50枚入-3枚(当方3枚使用)で開封済ですが、10枚ずつのバッグが密閉されている中袋5枚(1枚は開封済)に小分けされており、衛生上の問題はありません。開封済の中袋1枚も、バッグ自体が滅菌密封されていますので、問題なく使用できます。2100円で購入しました。送料+ご相談(送料を足して半額程度になるくらいを考えております)でいかがでしょう。手渡しでお届けできる方は、送料は不要(つまり、購入額の4分の1程度でご相談)です。

送付方法としては、郵便局のエクスパック500(全国一律500円の送料でお届けできるもの)を考えております。この場合、中袋をいったん出してビニール袋などに入れ、外箱は折りたたんで、説明書と共に同封することになると思いますが、この場合も衛生上問題ないようにしたいと思います。

もし、どなたのお申し出もない場合は、産院に検診で行く際に、産科のナースステーションにでも寄付してこようかと思いますので、11月15日の午前中までにお知らせいただければ、と思います 。日数が少なくてごめんなさい。お知らせさえ頂ければ、お届け自体は、この日を過ぎることになっても全く構いません。
右のサイドバーのメールフォームか、もしフォームがうまく使えない場合は、非公開コメントにメールアドレスを明記してお知らせください。

写真左は外袋の外装、右は10枚入りパックの中袋1枚です。
私は5年前にも同じ商品を使っていましたが、以前のものより使いやすく(開けやすいテープが付いていたり、バッグ1枚ずつに目盛りが入っていたり)なっています。
母乳育児をあきらめた者にとっては、必要な方に使っていただけたら嬉しいので、ぜひご検討よろしくお願いいたします。

おこがましいですが、ノークレーム・ノーリターンでお願いいたします。

(11/16記:お申し出がなかったので、産科病棟に寄付してきました。その顛末はこちら。いいことあったよ♪)


子育て | 2006-11-04(Sat) 16:52:03
| コメント:(0)
ドビュッシーの思い出。
ポンを風呂に入れたら(私はまだシャワーのみの指示期間なので足湯だけ)、8時半に寝てくれました。
ルルはグダグダ起きては泣くのですが、ミルクをあげて、5年前のくるくる回るメリーさん(音楽が3曲ついててお人形4体が回るやつ)をつけてやったらおとなしくなったので、ちょいと自分の時間です。

iPodで、ドビュッシーとラベルのパスカル・ロジェのピアノを聴きながら、ベランダから夜景を眺めたりしてみた。
公園や街路樹の木々の葉が落ちてるから、春~夏より、あちこちの灯りが見えてキレイ。
「亡き王女のためのパヴァーヌ」なんて大好きなんだけど、題名がちょっとなぁ、なんて、妊娠中は聴くの自粛してたんだけど、ああいい曲だぁ。

ドビュッシーの「二つのアラベスク」も大好きで、この曲を聴くと必ず思い出す人がいる。小5~中1で同じクラスだったK川くん。
その頃は、お互いクラシックなんて聴いてなかったし、私はピアノを習っていたけど、彼は音楽にはあまり縁のなさそうな、すっごく頭のいい科学少年だった。

大学を卒業する年に、小6の頃のクラスの同窓会があって、K川くんの連絡先を誰も知らなかったんだけど(海外の日本人学校での同級なんです)、私は大学の寮に入っているということだけ知っていたので(親どうしが仲良かったので)、住所もよく知らなくて、どこの寮かも知らなかったんだけど、ダメもとで「K川くんに渡してください」って書いて、同窓会の日時と会場を書いたハガキを大学宛てに送ってみた。
そしたら、当日いきなりあらわれたんだ、彼が。皆びっくりで大喜び。
私は、彼といろんな話をした。すごく楽しかった。高校の頃はアメリカに留学して、数学コンテストで賞をとったり、コンピューターソフトで特許をとったりするような(これはその時、彼が自慢げに語ったわけでは決してなく、後から他の人経由で知った話)ものすごく優秀な男性なんだけど、すっごく話しやすくて、楽しい人なんだ、「根っから明るい!」というのとは少し違うんだけど、「静かに話題が豊富」な人・・・だったんだよね。
で、「最近ピアノを弾いてる」っていうから、どんなの?ドビュッシーとか弾く?(私が、ドビュッシー大好きなんだけど、難しくて弾けないから)って聞いたら「二つのアラベスクとかいいよね」とか言うわけ!その曲私大好き!今度絶対聴かせてね!といって、別れた、新宿の夜。

その数年後、あることから彼の訃報を知った。
大学院を出て、就職先も決まってて・・・という時期の、交通事故だった。
あること、って、もともとの知り合いから聞かされたわけではない。インターネットが普及し始めた時期で、「彼なら何か成し遂げているだろう」と、本名フルネームで検索をしたら「哀悼:K川○○君」という、彼の友人のサイトに行き当たってしまったのだ。
何かの間違いであってほしい。だけど冗談でこんな記事を載せる人がいるはずがない。同姓同名の別人かもしれない・・・しかし、載っている経歴(そこで「数学コンテスト」や「特許」の件を知る。子どもの頃は華奢な身体だったけど、大学に入ってからのスポーツに打ち込んでいる写真もあった。本当に多芸多才な人だった)といい、なにしろ写真の顔がまぎれもなく、私の知っている彼そのものなのだ。

そのサイトの管理人である、彼のお友達にメールを送り、詳細を聞いた。
どういう事故だったのかということや、彼のご両親に会った時のこと、ご両親の出身地近く(かなり遠い地方)までお墓参りに行ったこと、など。
なんてことだろう。
小学校の頃の同級生は、まだ知らないだろう、彼の訃報を。
私が知らせない限り・・・でも、2回目の同窓会は、まだ、ない。

その話をしたら、私の母もかなりのショックを受け、そういえば数年前から彼のお母さんに年賀状を出しても返事が来ないので、きっとまたお父さんの海外赴任にでもついて行っているのだろうと思っていた・・・と、絶句していた。

「二つのアラベスク」を聴くたび、12才の頃は私より背の小さかった彼が、22才の再会時には当然のことながら私の身長をはるかに越えた青年になっており、彼の横顔を見上げながら夜の街を歩きながら話した、その感覚を思い出す。

でも、彼の声を思い出そうとすると、どうしても声変わり前の可愛らしい声しか、思い出せないんだ。

何故、神様は、優秀な人や、優しい人から、おそばに召されてしまうのでしょうか。

好きな音楽とか | 2006-11-02(Thu) 22:54:50
| コメント:(0)
なんだかドッと疲れた話。
昨日ね。
夕方のニュース特集で、「10代のママ特集」みたいなのやってたですよ。
20才で4児の母、とかやってたですよ。
そこは、パパが25才で、まぁちょっと夫婦喧嘩もするけど、なんとか仲良くやってる、みたいな家庭でしたよ。
他にも何件か、そういった家庭のホノボノとした紹介があってね。

私がショックを受けたのは、双子ちゃんのいる10代ママの話でしたよ。
妊娠してから彼氏とうまくいかなくなって、シングルマザーになることを決意。まぁそこまでは、あるだろうなっていう話です(大変だっただろうけど)。
だから、その若いママは自分の母親(つまり双子ちゃんのオバアチャン)と一緒に育児(双子ちゃんを一人ずつオンブヒモでオンブして料理したり)をしているわけですが、その

オバアチャンが37才

だっていうのよ!キエーーー!私と変わらないじゃん(いや、私の方が少しだけ年下、ほんのちょっとだけだけど)
若いママやその家族さんたちに対しては、がんばってるね~と思うけど、そのオバアチャンの年齢に対しては、なんだか「ガクッ」ときた。
いや、そのオバアチャンが悪いわけでは、もちろん、全然ない・・・でも・・・わかるよね(力なく笑)。

子育て | 2006-11-02(Thu) 12:50:50
| コメント:(2)
パニック起こしました(自分が^^;)。
ポンは昨日から幼稚園に復帰です。大喜びで行って帰ってきましたが(私はまだ思うように動けないので、産前と同じように夫に朝の送りをしてもらい、お迎えは同じクラスのお母さんにお願いしています)
帰ってくるなり「Sちゃん(同じクラスの女の子)の妹も『ルルちゃん(仮名)』っていうんだって!」と、なんだか納得いかないようす。
私はそのことは知らなくて、「あ~かぶっちゃったかぁ、結構かぶらないようにと考えたんだけど、クラスの子のきょうだいの名前までは全員知ってるわけじゃないからなぁ」と、ちょっとへこみ。でも「いいお名前だから、同じ名前の子もいるのよ」と言ってみた。
そしたら今日は「あのね~、Mちゃんの妹も『ルルちゃん(仮名)』っていうんだって」とか言い出すのよ。本当かい?「Sちゃんの妹じゃなかったの?」と聞いたら「Sちゃんの妹も。だから3人」だって。
で、少し時間がたってから「Sちゃんの妹がルルちゃんって本当?」って聞いたら「Mちゃんの妹がルルちゃんだよ!」とか怒り出す。
おーい真相はいかに。これ読んでる方で、もし真相を知ってる方がいたらコメント欄でお知らせくださいませ~。クラスの先生に聞いたら早いけど、送り迎えにまだ行けないし、わざわざ電話して聞くことでもないしなぁ。

昨夜、私、勤務先の夫にすごい剣幕で怒りのメールを送りつけ、その言い訳にかけてきた夫の電話に怒鳴り散らしてしまい、頭が爆発しそうになり、「母乳やめたからいいんだ!」とワインがぶ飲み(みすてぃさんせっかくアドバイスいただいたのにごめんなさい)したりして・・・よく考えたら、心療内科の薬をまだ飲んでいなかったんだよね、もう飲むべき時間を過ぎていたのに。
今朝、そのことも言って、夫に謝りました。

薬のこともあるけど、その「怒りの内容」が、「予定の変更」に関することだったんです。急な予定の変更には、対処できないんです、やっぱり私もアスペ人間
「予定の変更」を告げてきた夫を「不実」であると「責めている」わけでは、全然ないんですよ、その怒りの方向は。私は、「予定の変更」という状況そのものに「恐怖」を感じてしまうのです。
だから、たとえ「いい方に変更する予定」であったとしても、パニック状態になっちまうんですよね・・・でも「アスペだからしょうがないじゃん」って開き直ったら、アスペでも努力して生活してる他の人に申し訳ない。だから、自分で先に気がつかなきゃ、「あ、私のこの怒りまくりってアスペの特性!だから落ち着かなきゃ!」ってね。
でもそれをするには、この「うつ」もなんとかなっていかなきゃ難しく(デフォルトの状態が、いつでも死にたくなっちゃう状態なんだもの)。

なんとかしていきたいなぁ~。
とりあえず、子どもたちには悪影響のないように、努力していきたいと思います。

あと、きのう心療内科のリラグゼーションで知り合った人は、すごく大変そうな家庭環境だったよ。初対面なんだけど、30分くらい色々話して(彼女が妊娠したいということだったので、薬の影響がどれくらいなのか、産後の私に聞きたいということでした)。
なんかさ、「フツーのシアワセな生活」してる人っていう人の方が、数が少ない気がするよ。
外からはそう見えても、実は色々背負っている、という人の方が、私の周りには多い。このブログを始めて、私の子が発達障害だとか、私がうつだとか、そういうことを知って「私も実は・・・」って打ち明けてきてくれる人、一人や二人じゃないのよ。それまでの直接の知り合いの人、ネットでのお友達、どちらからも。それまでは、そういう課題を背負っている人とは、全然感じさせなかった明るい人がね。

人には、誰しも事情があるのだ。

子育て | 2006-11-01(Wed) 18:42:46
| コメント:(6)
カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。