カレンダー
09月 « 2006/10 » 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
母乳をあきらめました、が、前向きに行こう。
昨日自宅へ戻ってまいりました。
実家にいるときは殆ど携帯から投稿していたこともあり、コメントにお返事できなかったのですが、全部読ませていただいており、とっても励まされました。ありがとうございます!
これからもしばらく、産後の目の疲れなどでお返事できないことも多々あると思いますが、どうかお許しを。

今日は、産後初めて心療内科に行きました。
出産したら、うつの治療のための薬が飲めるということだったので、「これで私の症状も快方に向かう!」と、ルンルン気分(80年代語)でクリニックに向かったのです。

今までは、胎児になるべく影響のない---そりゃ、全く飲まないに越したことはないのですが、私の状態ではそうもいかなかったので、心療内科と産科のドクター双方に相談して最低限の量を決めて、「抗不安薬(ソラナックス)」だけを飲んでいました。これは「抗うつ剤」ではないので、症状は多少緩和しますが治療にはなりません(でも量が少なかったのでなかなか効かず、つらかった・・・)。

しかーし。私の考えは甘かった。たしかに、「出産後に治療の薬を飲むようにしていきましょう」というドクターの言葉は、嘘ではなかった。でも「母乳育児をどうするか」という内容までは、そこには含まれていなかったのです。ずっと飲み続けている「弱いとされていた薬」であっても、母乳を通して赤ちゃんに与えてしまうことになり、それは妊娠中に胎盤を通して「薬の成分が少し赤ちゃんに入ってしまうこともある」という量より、多いんだそうです。
私が事前に「母乳の場合」をきっちり聞いていなかったから、こういう話になってショックを受けちゃったわけですが、いやー悩みました。ドクターはハッキリは言わないんですが、つまりは「薬を飲むなら(しかも、今までの「少ない」量だけを飲むとしても)母乳をやめる、あるいはあくまでも母乳でいくなら薬をゼロにする」の二つから選択してください、ということになったのです。
その場でかなり考えましたが、とりあえず薬はもらっておこうと、その場では「母乳はやめます。薬をください」と言いました。

帰宅してからもそのことで頭がいっぱいで、幸い今日は夫が休みをとってくれていたので(前から、私の心療内科の予約が入っていたので、子どもたちと留守番をしてくれるために)夫に相談しました。
夫は、私の病気を治すのが優先だと言ってくれました。それは、すなわち子どもたちにも影響することだからです。
私も、大筋でその意見には賛成で---だからこそ薬をもらってきていたわけですが---だけど、「せっかくたくさん母乳が出るのにもったいない。これを搾って捨てろっていうの?身を削って作られる母乳を?赤ちゃんも喜んで飲んでくれているわけだし、母乳を出すとダイエットにもなるわけだし・・・」と頭の中がぐるぐるしてきて、出産した病院に電話して、助産師さんに相談しました。
助産師さんは、丁寧に話を聞いてくれて、今ちょうど先生(お医者さん)も来ているから相談してみる、と、しばらく電話を保留にして、周りにいる産科のドクターや、他の助産師さんにも相談してくれているようでした。
結果、「そういうことならやはり授乳は『お休み』した方がよい。少し搾乳して(搾りきってしまうと、また『張り返し』が来るので、固さがやわらぐ程度)、冷やしてください。何かあったらまたお電話ください」とのことでした。
「冷やすってしたことないんですけど、アイスノンとかでですか?」と聞くと、「それでもいいし、サラダなど買った時についてくる小さなフリーザーをガーゼに包んで当ててもいいですね」と言われました。
なので、今それやってます・・・やっぱり、少しばかり搾乳したからって、やっぱり痛いんですよ。でも、冷やしてると痛みが和らぐ。

ただ、「なんの消毒もしてないマグカップ」(←赤ちゃんにあげるわけでなく、捨てるだけなんだから当たり前なんですけど)に勢いよく出る母乳を見てたら、最初は涙がこぼれました。理由は、うまく説明できないんですけど。

ルルは、粉ミルクも哺乳瓶で、よく飲んでくれます。ありがたいことです。ルルにも、粉ミルクにも。

決めた以上、前向きに行こうと思います。
母乳と粉ミルク、混合で行くより、ミルク100%ってしちゃった方が何かとラクだし!
薬だって、心療内科のはもちろん、市販の風邪薬や頭痛薬も飲めるし!
お酒だって・・・ああ、これは控えた方がいいんでしょうな、メンタル薬とのことを考えれば。(ででも、少しならいいよね?ね?←今度の診察の時確認しよう)。

というわけで、「凄絶な母乳ダイエット」の夢はひとまずここでおしまい。なので、体重も停滞(ちょっと戻っちゃった。でもまだ、第一子ポンを妊娠する前の数値で何とかなってます)。

外出から戻ってきて、電話などして、少し昼寝して起きたら「割れるような」ものすごい頭痛!入院中に血圧が高かった時にも、こんなすごいのは来なかった。さっそく、妊娠前に飲んでいた市販の頭痛薬を飲んだら、わりとすぐ治った。薬はすげーなー(ちょっとこわい^^;)。
たぶん、久々の外出の疲れと、日差しが強かったからだと思う。時々、まぶしくてふらっとしたし。これからはサングラス携帯しなきゃ。

長々とキー打っているのも、目や頭痛によくないね。もう寝ます。

スポンサーサイト
心療内科&婦人科系 | 2006-10-30(Mon) 23:41:31
| コメント:(1)
ポンと久々のお散歩。
「きょうは天気がいいよねぇ。おさんぽでも行きたいねぇ」とポンに言われて、ルルが寝ている時間帯に、実家のまわりをちょっと歩いてきました。
200610271349.jpg
2つの公園をはしごしたけど、こんなに近かったかなぁ。自分がこどもの頃遊んだ場所ですが、違う縮尺感覚。遊具も全部新しい。
20061027140716.jpg
造成から30年たってる住宅街は静かですが、車の通りが昔より少し増えたかなぁ。それにしても、目印がなんにもない。「だれそれ君ちの角」とか、同級生の家でしか道を説明できない。夫が「タクシーになんていえばいいの?」と困っていたのも、さもありなん。
20061027140722.jpg

ルルはねんね(この写真は実際は10日ほど前のもので、もうすでに今は顔つきが違ってたりする)。
20061027140728.jpg



子育て | 2006-10-27(Fri) 14:14:38
| コメント:(1)
ガタピシ。
ちょっと、身体中がガタピシしてきました。
入院中は、フィジカル面では必要最低限の動きで毎日が済んでいたけれど、メンタル的には落ち着かなかった。
実家も、母が何でもしてくれるけど、ポンが「赤ちゃんがえり」っぽくなったりするのをなだめたり、私や赤ちゃんがいることに伴う力仕事で疲れているのを見ると、「産後なんだからあなたはいいのよ」と言われても、甘えてばかりいてはいられない(根性論ではなく、現実的に母に倒れられては困る)ので、やはり多少動かざるを得ない。
そして、これは私の病気から来るものであり、人的要素には関係ないのだが、くつろげるべき実家といえども、メンタル面での内的トラブルはあるのだ。わかりづらい言い回しだが、何かを隠しているわけではなく、普通の人には何でもないと思われる「ある事」が、たまらない恐怖であったりするのだ。それが何か、というのを身近な人に言うことも、ここに書くこともできないのは、「それ」が一瞬でも頭にのぼるのが怖くてたまらないからだ(医者には言える)。
普通の人でも「産後うつ」というのはある。私はもともとうつなのだから、十分な注意が必要なのだが、何をどう自分で注意すればいいのか皆目検討がつかない。クリニックで前もって提案された「方法」はあるが、それは具体的には「実現不可能」なことである――ポンを転園させて6ヵ月実家にいろ、というものだ。
どう書き終えるかがまったく浮かばないので、書きっぱなしにする。

子育て | 2006-10-19(Thu) 22:37:32
| コメント:(1)
ルルとポンと私。
私の退院の日に保育器から出ることのできたルルは、その2日後に退院し、県外の夫の実家で預かってもらっていたポン兄ちゃんと合流して、私の実家へ来ています。
オッパイをよく飲み、排泄も良好。でも母乳だけじゃ足りない感じになってきたなー。近々、粉ミルクとの混合になりそうです。

授乳について色々なご意見ありがとうございます。私が、自分の体調の許すかぎり母乳でいきたいな~と思っているのは、「粉ミルクなんて駄目ザマス!栄養ある母乳で頑張ってこそ真の母親ザマス!」との思想があるからでは、マッタクございもはん(実際ポンの時は最初から混合だった)。えーキッパリ言い切れば、子のためではなく、自分のためです。母乳を出せば出すほど、毎日体重が減っていくので、楽しくって楽しくって。入院時より17kg減っているのですぞ!
妊娠前からMAXまでの増は9kg。つわりで初期に3kg減ったので、妊娠に伴う増は実質12kg。つまり、去年の度重なるダイエットで「底値」だった数値より、3kg軽いんですわワッハハハハ(高笑い)!!渋谷や新宿で夜遊び三昧だった頃の体重まで、あと5kgですよ!(戻ったらまた遊ぶかのような口振り。いやいやそんなことは。)

…書いてしまったので、迂闊にリバウンドできませんな。これからも精神修養に邁進いたします。

子育て | 2006-10-16(Mon) 16:54:38
| コメント:(3)
退院しました。
今日、私だけ一足先に退院してきました。15日ぶりの自宅であります。そっかーパソコンで見ると、写真こんな感じに載ってるんだ、などと、しみじみしております(昨日までは携帯から投稿していました)。
20061011222339.jpg
好評につき(コメントありがとうございます、一人一人お返事できなくてごめんなさい)調子にのって、引き続き親バカ写真公開。この前の写真と同じ時に撮ったものですけどね。まぁあと数ヶ月もしたら顔フセにするつもりですが・・・見極めの時期が難しそうです^^;

私は自宅で一定時間おきに搾乳をし、冷凍して、明日から毎日病院へ届けます。自覚症状としてはわりと元気なんですが、動けるからとコマゴマ用事をしていると、急に疲れがドッとくる。やっぱ休まなくちゃですね。病院への往復も、タクシー呼ぶことにします。
搾乳の作業自体も、結構疲れるんですよね~。一応、カネソンの搾乳器を使って、手搾りだけの時よりは時間短縮できていますが、毎日搾乳すべき量は増えるものだから、結局時間は同じ(一回30分以上かかる!)なんですわ。助産師さんによっては「搾乳は10分程度で。無理しないで後はミルクでいいよ~」って言ってくれる人もいれば「あなたは出るオッパイなんだから、100%母乳でイケル!がんばって赤ちゃんが一回で飲む量を搾乳して!」って励ましてくれる人もいる。おーいどっちなんだー。たぶんどっちも正しい。選ぶのは自分だ。

子育て | 2006-10-11(Wed) 22:38:16
| コメント:(7)
これがルルだ!
20061010105302
今まで、子の写真は、顔がわからないように加工して掲載するようにしていましたが、新生児ならスグに顔も変わるだろうし…とのわたくし・母のアサハカな考えで、大胆公開!
しかし、ルルの顔バレというよりは、ルルの顔を出すことで、私やポンの顔がバレたような気が(;^_^A あまりにも同じ系列の顔なので。
口、耳、輪郭や生え際はパパ似です♪

子育て | 2006-10-10(Tue) 10:51:42
| コメント:(6)
新生ルル、順調です。
たくさんのメッセージ、ありがとうございます。まとめてのお礼でごめんなさい。
女児誕生、4日目になりました。名前をつけて届けを出しましたが、ここでは引き続き、胎児ネーム「ルル」で呼ぼうと思います。 ルルは、呼吸が早いということで保育器に入っていて、まだオッパイを直接はあげられないのだけど、搾乳して哺乳瓶であげています。よく飲み、ゲップもすぐ出ます。
36週なのに3920gというビッグサイズギャルですが、可愛い可愛い。大きくても、やっぱり男の子の張りのある感じとは違う。全身、ほわほわしてます。
早く抱っこしてオッパイあげたいな。

子育て | 2006-10-07(Sat) 10:29:59
| コメント:(4)
生まれました。
昨日の昼過ぎに女児誕生です。皆様のメッセージ励みになりました。ありがとうございます。とりあえず、ご報告まで。

家族 | 2006-10-04(Wed) 20:06:24
| コメント:(8)
カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。