カレンダー
09月 « 2005/10 » 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
不安とストレス。
20060213002422.jpg
あまり美しい写真じゃないですが、ダイエット明けのカレーです。小麦粉を炒めて自分でルーを作りました。このモタモタした感じのカレーが食べたかったのです。カレー通の夫からは「これはカレーではない」と言い渡されております(が、食わせた)。

ここ3~4日ばかり、なんだか胸の中がモヤモヤするような、鼓動が早まるような、体温調節ができないような状態にあり、今日も戸外の些細な物音に「ドキッ」としてしまい、耳をふさいで締め切った部屋に逃げ込む、といったような状態です。どうやら、緊張が高まっているから、らしいのだと今さっき気がつきました。

明日、ポンが来春から通う予定の幼稚園の、入園手続きの日なのです。
書類は揃えました。入園金その他の支払い分も用意しました。
母子ともに、着ていく服も決めました。
明日、朝早く願書を提出しに行きます。その受付順に、午後からの面接の順番が決まります。「お受験幼稚園」ではないので、1番をとらなくちゃ!みたいなバトルはないようですが、それでも受付時間に幼稚園の門が開いた時点で、並んでいる人の数がもし定員に達していたら、そこで受付終了ということもありえる、と先輩お母さんに聞いたので、あまりノンキに構えているわけにもいきません。
ポンのことは4月から幼稚園にお話しているし、それから何度も未就園の行事に顔を出して先生方に顔を覚えてもらい、「ポンちゃんよく来たね!」などとよく声をかけていただいているので、入園できないかも・・・という不安とはまた違うのですが、なんだろう、なんだか不安なのですよ。事務手続き一般が苦手なのよね。書類も、きちんと書いたつもりだけど、これでいいのかどうか不安。

明日ポンと私の体調が、どうか普通でありますように!震えていたら、夫が「明日元気なかったら飲みな」とタフマンを買ってきてくれました。忙しかったはずの夫が、最近やたらと家にいますね?その謎もおいおい書いていくとしますが、今はそれどこではなーいー(というか、この「謎」の内容こそが、最大のストレスなのだが)。

各種ストレスから来る大きな不安感に打ちのめされそうですが、なんとしても明日が終わるまでは倒れるわけにいきません。

ダイエット関係、今日は今のところ書く気が起こりません。ちょっと休みます。
明後日が新月か・・・

スポンサーサイト
健康&美容・ダイエット | 2005-10-31(Mon) 17:48:18
| コメント:(0)
不調・・・かな?
なんだかぼんやりしています。
これを打っている今も、いつになくタイプミス連発でなかなか進みません。
周りが、遠近感がない世界のように見えます。焦点がうまく定まりません。
暑いのか寒いのかもよくわかりません。
ポンの鼻風邪がうつったのかと思って、昨日も一昨日も風邪薬を飲んで早く寝たのですが、それでもぼんやり。
右上の親知らずも、口内にひっかかります。体調が低下すると、時々こうなります。
抜くほどではないと自分では思うのだけど、抜いた方がいいのかなぁ・・・
本心は「今の時期、これ以上身体に負担をかけなくない」です。

昨日、友人のメールで「7月に亡くなった後輩」の死因を知りました。「事故でも病気でもない」と聞いていたので、もしかしたら自死・・・とも思っていたのですが、そうではなかったようです。ある難病にかかっていたのを、親にも知らせずにいたのだそうです(だから、正確には「病気で」なんだけど、その時はおそらく親御さんでさえも原因がわからなかったのでしょう)。
自分の病気を、親にも知らせないって!私たちの年代で?もう少し年齢が上の人なら、年老いた親に心配をかけまいと・・・という気持ちになるのもわかりますが・・・余程の事情があったのでしょう。誰にも言えないで亡くなった本人、そして知らされないでいた親御さん、どちらの気持ちになっても悲しすぎる。確かお父様が、社会的に地位の高いお仕事をされていて、おうちは、地名を聞けば誰もが知っているような高級住宅街にあったと思います。外から見て幸せそうに見えても、抱えているものは本人にしかわからない、ということもあるのだなと思いました。今生きている私は、生かされていることに感謝して日々をおくろう、とあらためて感じました。

“不調・・・かな?”の続きを読む>>
健康&美容・ダイエット | 2005-10-30(Sun) 10:32:30
| コメント:(0)
運動会。
20060213003400.jpg
訓練会の運動会でした。いつもお散歩で行く公園で、親子と先生だけで、こじんまりとした催しでしたが、先生方の工夫がいっぱいで楽しかったです。「スケジュールをとても気にする子」が多いので、こういった(写真)わかりやすいプログラムも、先生が作ってくださっていました。ポンも、一つ競技が終わるたびに「つぎはなに?」と、確認しに見に行っていました。
ポンは8人でのかけっこで2位になりましたが(特にその場で順位は強調されませんが)、走る前にゴールを私が指差して「あのテープを切るんだよ!」と指示していたのに、1位の子がテープを切ってしまったので、そのことで怒っていました。一番にならないとテープが切れない、ということまでは理解できなかったようです。1位になれなかったのが悔しくて怒っている、というのとはまた違うようでした。「あのテープに向かって走ってね。もし、がんばって一番になれたら、テープを切れるんだよ」と正確に言わなければならなかったらしいです。まぁでもすぐに「つぎはなに?」と自分で切り替えていましたけれどね。

そんな中、私は「お母さんによる『おせんべい食い競争』」で一番になってしまいました。何故か、洗濯バサミでロープからぶら下がっている袋入りのおせんべいを、口でくわえて毟り取る、という作業が一瞬でできてしまったのです。先生方に「すごい!ポンちゃんのお母さん、早い早い!」とほめそやされて、「ずっとかけっこではビリだったのですが、今日生まれて初めて一番になりました」と優勝コメント。口にくわえてピースピースとゴールする私、きっと写真にバッチリ撮られていただろうなぁ。はずかしい。

↓ダイエット・順調!

“運動会。”の続きを読む>>
発達障碍・療育・個別支援学級 | 2005-10-28(Fri) 21:08:38
| コメント:(0)
スキムミルク攻略法。
今回の「7日間脂肪燃焼ダイエット」のメニューの4日目は「野菜スープとスキムミルクとバナナの日」なのですが、このメニューを見て「スキムミルクって美味しくないんでしょ?」とお尋ねになる方がわりと多いのです。折りしも今日は「ソノ日」。私、このメニューも3巡目になり、自分にとってはこの「4日目のバナナの日」が一番つらいということがわかっていますので、今回は前もってある対策を立てました。

・バナナはそのまま食うとすぐに無くなってしまって虚しいので、どうせならミキサーにかけちまう。
・スキムミルクは、お湯で溶かしてもどうせダマダマになって、美味いわけでもないので、いっそのこと水と一緒にミキサーにかけちまう。
・つまり、全部一緒にミキサーにかけちまう。

そうすると、泡々ふんわりスムージな、ボリュームたっぷりの濃厚バナナスキムミルクシェイクが簡単にできるわけです。この泡、なぜか時間を置いてもなかなか消えません。「スキムミルクがまずい」と思うヒマもなくズルズルズルッと美味しく飲めます(擬音と「美味しく」がつながらない?!)。より美味しく飲むコツは、あまり水の量を多くしないことです。スキムミルクのパックに書いてある分量よりもちょっと少なめにした方が、バナナの甘みが強調された濃い目のイケるシェイクになります。お好みで調節してみてください。濃い目で作ってみて、やっぱりもう少し薄いのが好きと思えば、水を足せばいいだけのことですから。

あと、スキムミルクのいいところは、もともとがそういう目的で作られている食品なので当然なのですが、脂肪分が入っていない点です。なので、ミキサーを洗うのがすごくラク!これ、牛乳入れてミキサー使った後は、ガラス部分が脂肪分にまみれているので、洗剤を泡立てて、スポンジでしっかり擦らなくてはなりませんよね。でもスキムミルク仕様だと、さっと水を流すだけでOKです。う~んラクチン。

数値関係はコチラ↓

“スキムミルク攻略法。”の続きを読む>>
健康&美容・ダイエット | 2005-10-27(Thu) 16:45:56
| コメント:(0)
サビアン占星術!
今日は、電動自転車であちこち買い物に行ったり、郵便局で用事を済ませたり、やっぱり「パス子」(女なのか?)使えるわ~。疲れないよ!短時間でいろいろ行けるし便利だパス子。帰ってきたら雨。よかった天気いいうちに用事が済んで。郵便局では、なにやら「ゆうちょカード」の切り替えキャンペーン中とかで、郵便屋さんバージョンのキティちゃんの貯金箱と、キティちゃんのクッションをもらってしまった。買い物でも、必要だったものがバシッと手に入ったし、なんだか星まわりのよい日だったようです。調べてみよう・・・松村潔さんの携帯サイト(携帯サイト自体は、パソコンでは見れないようです。←のリンクは、ニフティのもの)では、私の今日の金運は、買い物運がよいという記述の後に「もらい物運がよい日でもあるので、自分が今必要としているモノを、なるべく沢山の知人に伝えてみるようにしましょう。新品同様のモノが驚くほど低額か、まったくの無料で手に入る可能性があるます」と出てる!サビアン占星術スゲー。やっぱり「何座のあなたは・・」だけじゃない、ホロスコープ全体を見る方法はすごいなぁ。計算が面倒だと思ってたけど、パソコンや携帯サイトなら一発だもんね~。ちょっとこれから先、しばらくは「サビアン占星術」に走る。

松村潔さんの個人サイトも見つけたのだが、ハンドメイド感覚にあふれすぎているので、ここでご紹介しなくても・・・と思ったのだが、ああ!URLの中に「tora」の文字が!っていうか、その単語がメインじゃないか!ここにもトラさんがぁぁ!

ダイエットも快調!↓


“サビアン占星術!”の続きを読む>>
ヒーリング・スピリチュアル | 2005-10-26(Wed) 18:31:35
| コメント:(0)
ポンの言動あれこれ。
20060213033336.jpg

・ポンを、電動自転車の後ろの「こどものせ」に乗せるにあたり、ヘルメットをホームセンターにて購入。青、黄色、シルバーなど各色あったが、「ポンちゃんは、赤がいい!」と自ら即決。これから長く使えるように「4才~8才用(52~56センチ)」、内側に貼るパットに厚いのと薄いの2種類が入っていて、大きさを調節できる。厚いのにしたら結構ギリギリ(薄いのではまだガバガバ)。横からの写真を撮りたいのに、どうしても正面顔でおどけるから、パパ(地味な装いで写りこみ)に「おとりウソ写真撮影」をしてもらって撮りました。

・ポンがパソコンで打ってた文「よおゆねあしやそくまとぬました」。
「まとぬました、になってるよ?」と指摘すると、「あっまちがえた」と「ぬ」を「め」に自ら修正。「まとめました」はわかったけど、「よおゆねあしやそく」は何だろう?「どんぐりと山猫」みたいだ。っていうかあれ以上に意味わからん。

・「ママは、虫のヒヨコ、だいすき?」幼虫のことらしい。何の幼虫かによるな~。

・ママが「おでんくん』(リリー・フランキー原作の愉快なおでんアニメ)で誰が好き?」と聞くと、「こぶ!」と即答。こんぶくん(←ここで右から6番目の眼鏡キャラ)がメインの回とか見たことないよ。渋い趣味ですね。

ダイエットは!↓

“ポンの言動あれこれ。”の続きを読む>>
子育て | 2005-10-25(Tue) 15:31:56
| コメント:(0)
ひもじい。
「7日間脂肪燃焼ダイエット」の一日目だ。朝、野菜スープを大鍋一杯作る。今日食べていいのは、このスープと果物だ。果物は、柿とリンゴとゴールドキウイを食べたが、「あら?果物って、こんなに舌の上でとろけるのね」まったく腹にたまらん。つーらーいーー非常につらい。先月より数倍つらい。何か食べたい。腹が減った。なんだこれ。おそらく、日常のストレスが、先月よりも重いからだろう。生活の根幹を揺るがす大ストレスが今あるが、自分自身が何かしてどうなることでもないので、放置静観している。しかし身体には負担だ。悲しくて悲しくて(食えないのが)、何もしたくないよ。今日は見たいテレビもないしさ(月曜は、前は「内村プロデュース」と「オーラの泉」があったけど、突然の番組打ち切りと曜日&時間帯のとお引越しだし)、風呂入って寝るか。明日訓練会に連れてくのつらいなぁ、自転車こげるかなぁ?これでちょっとでも数値が減ってれば励みにもなるんだけど。

数値は!↓

“ひもじい。”の続きを読む>>
健康&美容・ダイエット | 2005-10-24(Mon) 19:53:10
| コメント:(0)
思いつくままに。
「書くこと」に関して、ちょっとお休みの時期みたいです。今までは、とにかく書きたくて毎日書いていましたが、昨日「あれ?今日書かなくてもいいみたいだ」と感じました。

さっきまで「水曜どうでしょう」DVD第6弾を、副音声付きでチビチビ見てました。シークレット映像も探して、見られました。ネタバレ(読むなら反転を!)→「副音声収録している最中のミスター大泉さんの」映像でした。あ~やっぱりミスターいいわ~(結局ばらしてる)。でもね、大泉さんもやっぱりいいなと思ったよ。ルックスも向上している。大人の落ち着きがいい感じで出てきていますね。当たり前のことを当たり前に書くけど、「この人たちは、本当に面白くて、好きだわ」。

「内P」が突然先月終わったんだけど、今日アッサリSP番組があって、その中で「内Pグッズを買ってくれた人に、ふかわりょうがボックスの中でお客さんの望みを1分間かなえる」という企画があって、夫が「これもし、鈴井さんがしてくれるって言ったらどうする?」とか聞くんで、「わ~思いつかない~」とかパニクってたら「自分のことを1分間ほめちぎってもらう、っていうのはどう?」と提案された。ああ!言葉のマジックが大好きな私のことをよくわかっているな夫。いきなり大胆なことをお願いするわけにもいかないから、そのくらいがいいな、っていうか、全然「そのくらい」じゃなくて、いちばんエロいかもです。ん?何故エロ?

え~、ダイエット関連とはモハヤ言えない記述。
体重・体脂肪は、変わり映えしない感じです。明日から「7日間脂肪燃焼ダイエット」を1コースします。久々にスープを作ろう。でも、正直、気持ちが燃えないなぁ。ごはん食べた~いと思う。ドンブリ物とかを、わーーーっとかっこみたい。何丼がいいかな~牛丼とかカツ丼がいいです。親子丼もいいですね。ステーキ丼もいいですね。牛肉炒めて、バターたっぷり溶かし入れて、青ジソの葉をちぎってた~っぷり入れて、ごはんにドバッとかけてハフハフ、っていうの20年前くらいに椎名誠が書いてましたね。ああ、肉ごはん。お肉とごはんがだいすっき~♪ビーフストロガノフをバターライスに乗せちゃったりするのもいいですね。に!く!ごはん!に!く!に!く!ごはん!(「ビバ!早稲田」の節で)。

あ~いかんいかん。しっかりしなくては。「7日間」で、今度も3kg落としてだ、で、1kgくらいリバウンドするね?その後、マイクロダイエットするとしてもだよ。でもそれでいいじゃないか、1ヶ月2kgなら。1年で24kgだよ!やるしかねーじゃねーか。んで今より10kg落ちた時点で、2人目製作に取り掛かりますよ。10kgなら5ヶ月後だろよーしよーし。3月スタートなら、早くて冬生まれの子かい?あーもっと後の方がいいか?スタートしてすぐバッチシ!というわけでもないだろうから、スタート地点としてはちょうどいいか。

「水曜どうでしょう」&オフィス・キュー関連 | 2005-10-23(Sun) 23:43:21
| コメント:(0)
岡村靖幸のファンです。
訓練会から帰ってきた。みぞおちのあたりが重苦しい。電動自転車での緊張に加えて、朝リエータ、昼マイクロ、という「2食をシェイク」が、鬱状態に拍車をかけているのかもしれない。「神経科に通院したこともないくせに、軽々しく『鬱』だなんて言わないで欲しいわね!」という声がどこからか聞こえる。許してよ、確かに通院したことはないけれど、それはあの時私が子を抱えて身動きがとれず病院に足を運べなかっただけで、2001~3年あたりまで、私は確実に「鬱症状」が出ていた。細かく書くとまた落ち込むので、書かないが、いろんな種類の「今思えば明らかにおかしい言動」を私はとっていた。後から知ったことであるが、この3年は「大殺界」にドハマリであり、「厄年」にもドハマリであり、占星術でいう「蟹座(私の誕生星座)に土星が入っている時期」(占星術に詳しい友人が教えてくれた。とにかく、大殺界のように、何事もうまくいかないらしい)にもドハマっていたらしい。

憂鬱ついでに、こんな判決。私は彼の「遅れてきた大ファン」で、20代の前半は彼の楽曲に大いに救われた。自分の結婚式の前夜は、緊張で眠れない中「青年14歳」をヘッドホンつけて大音量のシャワー。私の青春の一部が今夜で終わるけれども、これから新たなスタートなんだ、って。それからも、人間関係で悩んだ時、「友人のふり」や「イケナイコトカイ」を聴いて、泣いた。一番好きな曲は「ペンション」です。

彼の底知れない孤独を理解してくれる人は、近くにいなかったのだろうか。そうしたい、と願い、そうしてくれた人達は、きっといたと思う。ただきっと、彼自身が作ってしまった、彼の周りの壁は厚すぎた。私たちファンも、愛情と尊敬をいつも捧げていたのに、あの人に届く手ごたえがなかった。
きちんと罪をつぐなってほしいと思う。そして、その後でもその最中にでも、彼のハートが休まる・ハートを開ける状態になるよう、彼自身に気づいてほしいと思う。

“岡村靖幸のファンです。”の続きを読む>>
好きな音楽とか | 2005-10-21(Fri) 15:07:06
| コメント:(0)
変容タロット再び。
リエータが今日、東京の入札者から届きました。早いなぁ~一昨日の夜落札して、翌朝メールが来て、午前中に「ぱるる」で支払いしたら、午後に郵送の手配してくれて、今日もう手元にあるというわけです。安いと思って落札したけれど、今調べてみたら、同じくらいか更にちょっと安めで売ってるサイト結構あるなぁ~。でも、早く手に入ったので、今回はこれでヨシなのです。明後日かその次の日くらいから、例の「7日間」のスープ地獄効果的なダイエットをして、その後かな~リエータは(じゃぁ急ぐことなかったじゃん!って?^^;

タロットの話。
変容タロットの「関係性」(4枚引き)をやったらこの前は1枚引きで「愛」だったのだが、またまた「自分」のところに「愛」が出てしまったよ~。しかも、その前にやった「禅タロット」の「関係性」の「自分」のところには「成功」が出て、トラにまたがってる人物の絵だったよ~。アイちゃんトラさんまたもどうもどうも。

・一枚目 あなたがこの関係性に提供しているものまたは関係性があなたに教えるべきもの
   49. 愛
・二枚目 彼又は彼女が関係性にもたらすもの
   44. 欲望
・三枚目 関係性の働き方および二人の相互作用の質や趣
   35. ムードの習得
・四枚目 関係性への洞察および関係性が持つもっとも高い潜在性への鍵
   02. コミューン

なんかエロい。いや、ちっともエロくない、特に「コミューン」は全くエロくない。「ムードの習得」だって、テーマは、
「幸せであろうと、不幸であろうと、『これもまた過ぎ去る』と覚えておきましょう。この鍵が、あなたをムードの犠牲者ではなく、自分のムードの支配者にしてくれます。」なんだぞ。別にソッチのムードというわけではない。関係なくもないが。
大体、私が何を思ってカードを引いたかって中には、エロさの要素はない(はず・・・だ・・・)。
禅タロットと変容タロット、どちらも奥深くて興味をひかれるが、私が好きなのは、こちらの「変容タロット」の方だ。一枚一枚に説話が載っていて、う~んとうならされる。この前は「愛」をコピペしたので、今回は「欲望」をご紹介。あと、「コミューン」のカードは絵がステキなので、ぜひ見てほしい。ココ

それでは「欲望」の、正体を。

44. 欲望
The magical begging bowl
 あなたを幸せにしてくれるものを、あなた自身の外側に探し求めるのをやめるときです。内側をみましょう。

 非常に有名なスーフィーの物語がある。
 ある皇帝が、宮廷から朝の散歩に出たところで、乞食に出会った。彼はその乞食にたずねた。「お前はなにが欲しいのかね?」
 乞食は笑って言った。「お前はまるで私の欲望を満たすことができるかのようにたずねるのだな!」
 王は気を悪くした。彼は言った。「もちろん、私はお前の欲望を満たすことができる。なにが望みなのか? 私に言ってみるがいい」
 ところが乞食は言った。「なにかを約束する前に、もう一度考えるがいい」。その乞食は仏の乞食ではなかった。彼は皇帝の過去生でのマスターだった。そして、彼はその生で約束をしていた。「私は、お前の次の生に現れて、お前を目覚めさせてみよう。この生をお前は見逃した。だが、私はもう一度来ることにしよう」。だが、王は完全に忘れていた――誰が過去生を覚えているだろう? そこで、彼は強く言った。「お前が求めるものならなんでも私はかなえてやろう。私は非常に力のある皇帝だ。お前に求めることのできるもので、私が与えられないものなどありえようか?」
 乞食は言った。「とても単純な欲望だ。ここに乞食椀があるだろう? それをなにかで満たすことができるかね?」
 皇帝は言った。「もちろんだ!」。彼は大臣のひとりを呼んで、彼に告げた。「この男の乞食椀を金でいっぱいにするがいい」。大臣はいくらか金をもってきて、それを椀に注ぎ入れた……すると、それは消えてしまった。彼はさらにさらに注いだが、注ぎ入れるやいなや、消えてしまう。そして、乞食椀はいつまでも空のままだった。
 宮廷中が集まってきた。やがて噂が都中に広まって、大群衆が集まった。皇帝の名声は危うくなった。彼は大臣に言った。「王国全体が失われることになっても、私にはそれを失う用意がある。とにかく、この乞食に負けるわけにはゆかないのだ」
 ダイヤモンドや真珠やエメラルド……彼の財宝は空になろうとしていた。その乞食椀は底なしのように思われた。そのなかに入れられたものはなんでも――なんでもだ!――すぐに消えてしまった。存在からかき消えた。ついに日が暮れて、それでも人びとはまったく沈黙してそこにたちつくしていた。王は乞食の足下に崩れ落ち、自分の負けを認めた。彼は言った。「ひとつだけ教えてください。あなたは勝利をおさめました――でも、去られる前に、私の好奇心を満たしてください。この乞食椀はなにから出来ているのですか?」
 乞食は笑って言った。「それは人間のマインドから出来ている。秘密はなにもない……人間の欲望で出来ているだけだ」
 この理解が生を変容させる。ひとつの欲望に入っていくがいい――そのメカニズムはなんだろう? 最初は大変な興奮がある。大変なスリル、冒険が。あなたはすさまじい刺激を感じる。なにかが起ころうとしている。あなたはその瀬戸際にいる。そして、あなたは車を手に入れる、ヨットを手に入れる、家を手に入れる、女性を手に入れる、そして突然、すべてが再び無意味だ。 なにが起こったのだろう? あなたのマインドがその物質的性質をうばい去ったのだ。車は車道に止めてある。だが、もはや興奮はない。興奮はそれを手に入れることにしかなかった……あなたはあまりにも欲望に酔ってしまったために、自分の内なる無を忘れたのだ。もう……その欲望は満たされた。車道に止めてある車、あなたのベッドにいる女性、あなたの銀行口座にある金――またしても興奮が消える。再び無がそこにある。あなたを食べつくそうと待ち構えている。再びあなたは、この大きく口を開けている奈落から逃げるための、別の欲望を創らなければならない。
 そうやって人は、ある欲望から別の欲望へと動きつづける。そうやって人は乞食のままでいる。あなたの生全体が繰り返し繰り返しそれを証明する――あらゆる欲望は挫折する。そしてゴールが達成されると、あなたは別の欲望を必要とする。欲望というもの事態が失敗に終わるものだとあなたが理解する日、あなたの生における変わり目が来る。
 もうひとつの旅は内的だ。内に向かうがいい、家に帰るがいい。

Osho ZEN : THE PATH OF PARADOX, Vol.2, pp.208-220


“変容タロット再び。”の続きを読む>>
ヒーリング・スピリチュアル | 2005-10-20(Thu) 11:40:13
| コメント:(0)
まんが日本昔ばなし。
「坊や~よい子だねんねしな~♪」ああ、なんと懐かしい。TBSで、昔やってたアレが今日からまた始まったのです。水曜夜6:55です。私が子どもの時は、土曜の7時からだったなぁ。で、7時半からクイズダービーなんだよなぁ。巨泉の!クイズダービー。ドファラドッドドドッッ・ラッラララ~♪ファソラシ↑~シ↓(なまじ中途半端に絶対音感があるため、ハ調読みでしか再現できません。♯♭は略)うーん胸に迫る。おばあちゃんも元気だったよなぁ、みんなで食後のお茶飲みながら見てたよなぁ。今日は、オープニングの歌からすでにウルっときてたのに、初回のお話が「かぐや姫」ですよ。しかも、おじいさんは月に帰ってしまった姫を嘆いて「お前がいないのに生きていたって仕方がない」と、姫の置き土産の不老長寿の薬を燃やしてしまいました・・・そこでEND・・・って、おーい!悲しすぎる!!かぐや姫は、何のために地球へ来たのか?それは「正直者のおじいさんとおばあさんに、富を授けるため」・・・だとは思いますが、「(おじいさん曰く)姫がいなければ富などあっても何も嬉しくない!」という結果を導いているのですよ。何の教訓ですか。「人の世とは、美しくも儚いものでございます・・・それでも生きねばならぬのです・・・」とかいうことなのでしょうか。なんという無常観。大人になって知る、おとぎ話の残酷さ。人生は深いです。

特に教えていなかったのですが、ポンが朝から「きょうはムカシバナシ見たい」と言っていて(TVの予告で知っていた?)、暗くなったらなったで「夜になったからムカシバナシ見る!」と大騒ぎ。終わったら「ムカシバナシが終わっちゃって悲しい~」とマジ泣き。こういう時「また来週見れるから」となだめても、ポンには無駄なんです。大人の理屈を持ち出すと、さらに激しく泣いてしまう。そんな時は、「そうだね、終わっちゃったね、悲しいよね~、ママも悲しい~」と一緒に悲しがってあげると、そのうちおさまるんですよ。「共感」ってやつですか。この方法、わりとあらゆる場面で有効です。

↓ダイエット・データといえるほどのモンではない。

“まんが日本昔ばなし。”の続きを読む>>
子育て | 2005-10-19(Wed) 23:42:41
| コメント:(0)
今日は体調がダメダメだという話。
けっこう強い雨がふってて、レインコート着せて傘持たせると手がつなげず、雨の中を少しずつ歩いてバス停へ・・・という一日は、疲れた。そうでなくても「原因のわかっている」体調のすぐれない日。っていうか昨日「追記」で書いたことが早くも実現!は嬉しいんだけど外出直前に判明だったりしてドタバタ。

4~5日はどうしたってこんな状態。身体冷えまくる。夫に「遠赤外線ローラー整体」をしてもらう(夫はこの道のプロ。専門職にしていた時期もある)。足裏、かかとを中心にみっちり遠赤外線の波動と熱を注入してもらい、ある程度まで回復。夕食は鍋にしようと思っていたが、遠赤外線をひさびさに浴びたので、今度はあまりにもリラックスしてしまい身体が動かない。夫がパスタを作ってくれるというので「炭水化物はちょっと・・・」と戸惑ったが、食べたら身体が温まった。この期間は、ひょっとしたらマイクロも抜きで普通に食べた方がいいのかもしれない。

“今日は体調がダメダメだという話。”の続きを読む>>
健康&美容・ダイエット | 2005-10-18(Tue) 23:46:02
| コメント:(0)
最近のポンの言動。
・ 「オトナ」と「コドモ」、「オトコ」と「オンナ」の4つがごっちゃになる。「ママ、オトコになったら何になる?」と聞かれた。急に言われても思いつかない。

・ 今のブームは、カレンダーと時計とひらがな。「ながいハリと、ちいさいハリが『く』になってる」と言うので、時計を見たら1時25分だった。後日「『へ』になってる」と言った時は7時20分だった。正しい。

・ トイレでおならを4連発して「おならがダンスしてた。フフ」とほくそえむ。

・ 私と顔がそっくりなので、パパはちょっとヤキモチ。パパに「ポンはパパとどこが似てる?」と聞かれ、しばらく黙って考えてから「・・・楽しいところ」と答えていた。確かに性格は似ている。どっちも動物占い「たぬき」だし(私は「狼」)。ぽこぽん。

ダイエットデータは↓こちら

“最近のポンの言動。”の続きを読む>>
子育て | 2005-10-17(Mon) 23:26:53
| コメント:(0)
ちょうど新しいタウンページが来たから。
20060126161314.jpg

久々に家でゆっくりできる日です。10月が始まってこの半月、週に2回の幼児訓練会に加えて毎日のように何かしら予定があり、楽しく充実した日々ながらも、身体は疲れがたまっておりました。
今日の唯一の仕事としては、ポンが洗面所の踏み台(牛乳パックで作った手製の「トトロ」の踏み台)に乗った状態で、めずらしく大量のオシッコをもらしてしまったので、それは捨てて新しく、古い電話帳で「しまじろうの踏み台」を作ってみました。

うちの県の地方TV局では、やっとどうでしょうリターンズ鈴井さんが復帰し、「喜界島をリヤカーで一周」が先日終わったところです。HTBでの2001年1月放送分ですから、ポンがまだタネにもなってない頃です。

「喜界島」でのミスターもよかったなぁ。大泉さんのピンチ(坂道でリヤカーが止まらなくなった時とか)に、ディレクター陣は「いい絵が録れる!」とばかりに「手を打って大笑い」なのだけど(確かに、その要素で盛り上がる番組なんだけど)、ミスターだけは、サッと助けにいくんだよなぁ~。無言で、身を翻して。優しいー。かっこいいー。いい人だー。
関係ないけど、ネスカフェCMの「違いを楽しむ人」に今、唐沢さんと出てる「大平貴之」さんって人(プラネタリウム設計者?)、この人もルックスと雰囲気が好みなのだが(奇しくも鈴井さんと下の名前が一緒)、この人を見て「いい感じだなぁ」と思うたんびに、「大平さんとつきあっているつもりなのは自分だけで、実は長い付き合いの彼女か奥さんがいて、でも大平さん側は騙してるとかそういうつもりは毛頭なくて、ただ普通に私に接してくれていて、それは、私が食事に誘っても自然に来てくれるし(注:当たり前ですが妄想ですよ)、いつもふんわりとした笑顔を浮かべているから・・・私知らなかったそんなこと・・・私が勝手に思い込んでいて・・・ごめんなさい・・・」みたいなストーリーが一瞬で浮かんで消えてしまうのが何故なのかは、自分でもわからない。



“ちょうど新しいタウンページが来たから。”の続きを読む>>
「水曜どうでしょう」&オフィス・キュー関連 | 2005-10-16(Sun) 17:59:28
| コメント:(0)
入園説明会。
幼稚園の願書を取りに行きました。入園説明会もありました。ポンは後半モニョモニョと身体をくねらせたり、床に転がったりしましたが、前半はちゃんといすに座って聞いていてくれていました。
知れば知るほど、ポンに合ったいい幼稚園です。自然がいっぱい、のびのび教育。方針としては「遊び」が中心です。いろんなカリキュラム、スケジュールが盛りだくさんの幼稚園も人気だけれど、やはりその子その子に合っているかどうか、ということが大事だと思います。初めて顔を見るお母さんから「うちの子は女の子なんですけど、とても暴れん坊で・・・よろしくお願いします」と声をかけられました。隣の市に住んでいる人で、「ずいぶん(他の幼稚園をたくさん)見てまわったんです(けど、ここに決めました)よ」と言われました。うちなんか始めから、徒歩圏のここ(去年、他の幼稚園のイベントにも顔を出しましたが)しか見てないけど、ご縁ってあるものなんだなぁと思います。

ダイエットデータは↓こちら

“入園説明会。”の続きを読む>>
子育て | 2005-10-15(Sat) 23:36:22
| コメント:(0)
いもほりフォーーーーー!!
↑などとポンは両手を掲げ胸を張りつつ、今日は芋ほり遠足でした。訓練会のホームまで25分間、二つの山を越えるべくミッチリ電動自転車を漕ぎ(エレベーターへの出し入れはだいぶ慌てなくなりましたが、いまだにドアにガンガン挟まれてます。ポンは怖がって毎回半ベソ)、親子手をつないで皆で30分ほど歩き、小山を上り、おイモ畑に到着。写真はないです。畑は山の斜面にあるので、余計な作業をしようとすると親子で転がり落ちます。先生が立派なカメラで撮っていてくれたので、いつかもらえるでしょう(「写真代」も半期にいっぺん払ってるし)。ポンは1~2才の頃ブカブカに着ていた「お砂場着」をピチピチに着込み、「こども用軍手」をはめて、靴の上から「大人の古い靴下」を靴カバーとして履く(これオススメ、全然靴が汚れない)という鉄壁の防御で、大きなオイモを何個も掘り出しました。よく、幼児のオイモ掘り、というと、ほとんど農家の人が掘り出してくれてて土をかぶせてあるだけで、「オイモ拾い」みたいな企画に成り下がることもあるんだけど(私自身の幼稚園の時がそうで、馬鹿にされたような気分で大変不愉快だった)、真剣に周囲の土を掘って、蔓を力を込めて引っ張らないと出てこないんで、大変やり甲斐のあるイモホリだったさ。

今、ポンがこの記事のタイトルを読んで「ほそきかずこは、レイザーラモンすきじゃないね」と正確なことを言った。「ママはほそきかずこが好きだね。ポンちゃんは竹山がだいすき。おこるところはすきじゃない。竹山わらったほうがいい。ほんとうはやさしい」とキレ芸人を潰しまくり。でもよくわかってんな。

ダイエットデータはこちら↓

“いもほりフォーーーーー!!”の続きを読む>>
子育て | 2005-10-14(Fri) 14:54:13
| コメント:(0)
楽しい身辺自立。
最近読んだ本「発達につまずきを持つ子と身辺自立」オススメです!
正直、はじめは「こういう『しつけマニュアル』みたいなの、読むの億劫なんだよなぁ」と思ってましたが、これが結構わかりやすくてイイ。

先日、療育センターの心理相談で「服の脱ぎ着も、少しずつやっていきましょう」と言われたので、なんとなく訓練会からこの本を借りてきたのですが、一読して「買おう」と思った。服は、脱げるけど、まだまだ着るのは手伝ってしまうのですが、該当項目を読んだら、おお!そういうやり方があるのか!それならできそうだ。という感じ。

ウンコも、当たり前のように、パンツとズボン脱がせて補助便座に乗っけてましたが、大人になっても「全部脱がなきゃならな」くなってしまわないように、下着とズボンを下ろして・・・というのを、読んですぐたまたま便意を訴えてきたので、早速やってみたらスグできた!トイレットペーパーをたたんで・・・というのはまだこれからですが、自分で紙でふこう、というヤル気マンマン。まだまだできない、と思ってるのは、私だけだったんだなぁ。本人の身体は、もう練習したいと思ってたんだ。今度は、パンツ全部おろしてオシッコするんじゃなくて、ちゃんとブリーフの穴からする方法を練習していきたいと思ってます。

この本、わりと分厚くて、最初手に取ってペラペラめくった時は「こんなに色々できないよー」と頭を抱えてしまったんだけど、例えばポンだったら、ゴハン食べるのは得意だから(箸も使える。教えてないのに)、そこは丸々とばして読んでいいわけです。どの子も、そういう分野があると思うし、今そうでなくても、全部の項目をいっぺんにやらなきゃならないことはない。その子がいま、できそうなことって、少し試してみればわかると思います。頭っからイヤがったら、それは後にしてみる。その「後」が、2週間後でも1年後でも5年後でも、いいんだ。それを考えると、買って手元に置いておいた方が役に立つ本かなぁ、と思いました。

発達障碍・療育・個別支援学級 | 2005-10-13(Thu) 22:04:41
| コメント:(0)
ポンも私も「一時ケア」。
いつも幼児訓練会で通っている場所「福祉活動ホーム」では、「一時ケア事業」というものを行ってくれています。
「この事業を通して、障害のある人と家族が地域で生活していくことを応援しています」とのことです(チラシ見て書いてる)。
例えば、急な不幸や、家族の病気・怪我などで、子を誰かに託したくても、障害を持っている子を誰にでも頼めるというわけには、なかなかいきません。登録しておけば(これも、誰でもすぐに登録できるというわけではなく、その前に「会」に登録してある必要があります、ちょっと複雑だけど私たちにとっては自然な流れの手順です)安心して託児を頼めるシステムです(有料)。
一口に「登録してある障害児」と言っても、子のタイプは千差万別ですので、登録時には「どんな遊びが好きか」から始まって、何が苦手か、どういう困りごとがあるか、それには普段はどういう対処をしているか、など事細かな書類を提出します。

登録後は「体験」が必要で、今日はその「体験」の日だったのでした。
午前中に2時間。その間私は、どこに行っても何をしててもいいわけですが、2時間ってちょっと中途半端。近くでお茶を飲むには長すぎる、繁華街へ行って買い物するには短すぎる。でもなんとなく、ひとりでボーッと電車に乗りたかったので、こんな所へ行ってきました。
20060213041132.jpg
何も買わず(時間早すぎて店どこも開いてねーんだ)、滞留時間は15分。何しに行ったの?って聞かれたら「ひとりで青空を見に」としか言えませんな。ただ、そういう時間は普段の生活の中では絶対に捻出できないので、貴重なひとときでありました。
20060213041120.jpg
終わって先生が言うには、お散歩の途中にあるお地蔵さんで「ポンちゃんが風邪をひきませんように、って私が言ったら、ポンちゃんが『○○先生が風邪ひきませんように』ってお願いしてくれたんですよ。こういう切り返しができるのはすごいことですよ」とのこと。
う~ん。成長したな。

ダイエットデータはこちら↓

“ポンも私も「一時ケア」。”の続きを読む>>
発達障碍・療育・個別支援学級 | 2005-10-13(Thu) 15:20:06
| コメント:(0)
ガラスの…
20060213041456.jpg
水がおいしいのは、ガラスだから。脆いのに、歴史を経て廃れない。丈夫な素材の器が出てこようと、常に表舞台にいて、家庭の日常にも高級ブランド店にも同時に存在する。今日はまだ体重計にのっていない。
朝:マイクロ・ミックスベリー
昼:マイクロ・カレースープ(味は普通。「カレーヌードル」の汁をまったりさせたような風味)
夜:残り野菜ぶっこみ炒飯(玉葱・チンゲンサイ・モロヘイヤ・ズッキーニ・鶏挽肉・卵)久々携帯からの更新にてレイアウトずれてたらご容赦。

日記 | 2005-10-12(Wed) 19:10:41
| コメント:(0)
変容のタロット。
ちょっと心に想うことがあって、久々にOsho トランスフォーメーション・タロットを一枚引いてみたら、あぁなんということ。

ずばり「愛」でした。

たぶんコレ、70何枚くらいあると思うんだけど・・・その中で、引いちゃうんだなぁやっぱりなぁ。

49. 愛

自分の愛を貯め込んだり、計算したりしないように覚えておきましょう。けち臭くなってはいけません。あなたはなにもかも逃してしまうでしょう。その代わりに、あなたの愛を咲かせて、それを分かち合いましょう。それを与えて、育てましょう。


 ある偉大な王に三人の息子がいて、彼はひとりを自分の後継者に選びたかった。ところが、それは非常にむずかしかった。というのも、三人ともみな非常に賢くて、とても勇敢だったからだ。しかも彼らは三つ子だった――みな同じ歳だ――だから判断しようがなかった。そこで、彼は偉大な聖者にたずねた。聖者は彼にある考えを提案した。

 王は家に帰って、三人の息子たちみんなを呼び寄せた。そこで彼は、花の種の入った袋をひとつずつ彼らに与え、自分は宗教的な巡礼に行くつもりだと告げた。「数年はかかるだろう――一年、二年、三年、もっとかもしれない。それに、これはお前たちへのある種のテストだ。私が戻ったら、この種をお前たちは私に返さなければならない。そして、誰であれそれをもっともよく守ったものが私の後継者になる」。そして彼は巡礼に出て行った。
 最初の息子は考えた。「この種をどうしたらよいだろう?」。彼はそれを鉄の金庫に入れて鍵をかけた――父親が帰ってきたら、それをそのまま返さなければならなかったからだ。
 二番目の息子は考えた。「兄がやったように閉じ込めてしまったら、死んでしまうだろう。死んだ種はまるで種ではない」。そこで彼は市場に行ってその種を売り、金を取っておいた。そして彼は考えた。「父が帰ってきたら、私は市場に行こう。新しい種を買って、それを父に返そう。最初のよりは良い」 だが、三番目の息子は庭園に入ってゆき、あたり一面に種を蒔いた。 三年たって、父親が戻ってくると、最初の息子は金庫を開けた。種はすべて死んでいた、臭いを放っていた。そこで父親は行った。「どういうことだ! 私がお前に与えた種がこれなのか? それらは花となって咲いて、すばらしい薫りを与えることもできたのだ――それなのに、この種は悪臭を放っているではないか! これは私の種ではない!」息子はそれは同じ種だと言い張った。が、父親は言った。「お前は物質主義者だ」
 二番目の息子は市場に駆けつけた。種を買い求めて家に帰り、それを父親に贈った。父親は言った。「だが、これは同じものではない。お前の考えは最初のよりは良かった。だが、お前はまだ、私がお前にそうあって欲しいと望んでいるのにはかなっていない。お前は心理学者だ」

 彼は三番目の息子のところに行った――大きな期待と、恐れをも抱いて――「彼はなにをやったのだろう?」と。三番目の息子が彼を庭園に連れてゆくと、何百万もの花があった。そして、その息子は言った。「これがあなたが私にくださった種です。時機が来たらすぐに私は種を集めて、あなたにお返しします」
 父親は言った。「お前が私の後継者だ。それこそ人が種に対してなすべきことだ」
 貯め込む人は生を理解しない。そして計算だかいマインドもそれを逃す。創造的なマインドしかそれを理解できない。それが花の美しさだ――彼らを貯めることはできない。彼らは神を代表する。神を貯めることはできない。彼らは愛を代表する。愛を貯めることはできない。

 何代にもわたって、あらゆる国で、あらゆる種類の社会で、花が愛のシンボルでありつづけたのは偶然ではない。愛は花のようだ――それがあなたのなかで咲き始めると、あなたはそれを分かち合わなければならない。あなたは与えなければならない。そして、与えれば与えるほど、愛はそれだけ成長する。もしあなたが与えつづけたら、あなたが愛の絶えることのない無限の源になる日が来る。


・・・以上、カードの解説より。
この中で私がいちばんドキッとした箇所は、三番目の息子の言葉の中の「時期が来たら・・・お返しします」だ。

あとねぇ、以前私がよく書き込みをしたりお世話になっていた、エオラノートなんだけど、今さっき「ひさびさだなぁ引いてみるかー」と思って一枚引いたら、unakiteだったよ!
さっきの「愛」もそうだけどさ、引いた途端「キちゃった!!」ガ~ンって感じ。やっぱ私はunakiteでイケってことなんだろうなぁ。


ヒーリング・スピリチュアル | 2005-10-12(Wed) 03:12:06
| コメント:(0)
誕生日パーティ。
今日は夫が休みの予定だったので、数日後のポン4才の誕生日に向けて、早めの家族パーティをするつもりだったのですが、朝、魔の電話が鳴り、「夕方には帰る」と消えていく人間が一人。キミの夕方って22時とか23時だろうが!と朝からイカリングな私は、訓練会から帰ってくる頃にはヘトヘトに疲れて、歩道橋の上で座り込んで「ママなにしてんの?」と放置されたりしておりました。

そんなわけで、またしても変な時間に二人して寝ていたら電話。夕ご飯の時間です。車で帰れるから食べに行こうとのこと。ケーキも買ったと。まぁそんなわけで、軽く「かっ○寿司」食べて早めに帰ってきて、ケーキでパーティできました。
20060213042958.jpg


マイクロ2食の予定でしたが、色々とずれ込んで今日は1食に。
朝飲み損ねて、昼1食目飲んだらやっぱりダメね。帰ってきてすごくおなかがすいたので、ごはんを食べました。まぁ今は時期も時期なので維持期間です。って、維持できてればイイんだけど。外出後の体重:84.8kg 体脂肪47.1% 昨日のデータよりどちらも少なめですが、これはゴハン食べちゃう前ですからねぇ。あとで風呂後データ載せるかどうかは未定。

朝:抜き
昼:マイクロ・バナナ(結構好みの味)
14:30頃 缶詰の「あさりのしょうが煮」を1杯のごはんにのせて。
夜:○っぱ寿司 いつもよりは控えめ。3人で17皿だったから、私は6~7皿くらいかな?(びんとろ・ハマチ・いわし・焼シャケ・サラダ、後はアンキモや〆鯖を夫とシェア)十分一人前以上・・・いつもは一体何皿食べてるんだよ!&チョコレートケーキ(またドッカンアブラダスを飲むが、ケーキの糖分にアブラダスは関係ない気も^^;糖分には「くわの葉茶」がいいんだっけ?あとギムネマ?キトサン?)

家族 | 2005-10-11(Tue) 23:27:02
| コメント:(0)
一番美味しかったのは「ソフトクリーム」だって(byポン)。
ホテルのランチバイキングに行ってきました。いつもお世話になっている幼児訓練会が所属している会・全体での行事で、自閉症だけでなく、知的障害や、身体障害、ダウン症などハンディキャップを持っている人(大人も子どもも)と家族の皆さんが、ゆっくり食事をしようという企画です。本当は、社会全体が見守ってほしいことだけど、やっぱりハンデの人が突発的な行動をしてしまうと、レストランの他のお客さんに迷惑がかかる、と思うと、なかなかこういうところに食事というわけにいかないですが、今回は貸切なので気兼ねないです。
20060213043254.jpg

今回は、幼児部の幼児はポン1人だけの参加です。「初めての場所で、知らない人がいっぱいいる」所は難しい子も多いので。ポンはたまたま、人は大好きだし、食いしんぼうなので、他の「お母さんだけ参加」のママたちの協力も得て、母子ともに楽しく過ごせました(みんな、なかなか席を立てない私たちに、お料理を次々に持ってきてくれてありがとう!)。

さすがにホテル内ではポンを追うのに懸命で余裕がなく、写真が一枚も撮れなかったので、意味なく「帰りのバスの中」の写真です。

そんなわけで、今日は
朝:マイクロ・ココア半量
昼:普通食(にしては食べすぎ?デザートも堪能!とりあえずまた「ドッカンアブラダス」を飲んでみる)
夜:マイクロ・コーンスープ

朝のマイクロを半量にしたのは、夕食のスープ後、おなかがすいてどうしようもなくなったら、半量を飲もうと考えてのことです。反則な考えですが、しょっぱなから挫折するのも怖くて。飲まないで済んだら、明日の朝に回します。飲みましたとも。

風呂後の体重:85.2kg 体脂肪45.9%
バイキングに行った日にしてはまぁまぁでしょう。

発達障碍・療育・個別支援学級 | 2005-10-10(Mon) 19:26:35
| コメント:(0)
マイクロが届いた。
先週、別々に注文していた(どちらもネットで、一箱は値引率が高い店の通販、一箱はオークション。値段は送料等も含めて、定価の2.5割引くらい。定価では、4箱の値段で5箱が届くというまとめ買いサービスがあるけど、それと同じくらい)マイクロダイエットが、たまたま2箱とも今日届きました。というか、ヤ○ト運輸でスープミックスの箱が届いて、ちょうどよかった~昼食はこれでいこう~と、ポン用におにぎりと玉子スープを作り、自分には届いたばかりのマイクロ「ポタージュ」にお湯を注いでかき回している最中、佐○急便でドリンクミックスの箱が届いたのです。うぉー。今日はどうしよう。一応、一日2食をマイクロにしよう(基本的に、朝ドリンクで昼スープ)と思っているんだけど、今朝は「自作野菜スープ」2杯だからねぇ、これどう扱うか。今日はマイクロ1食・スープ1食・普通食1食(夕飯)ということにして、明日からマイクロ2食にしよう。明日って・・・いきなり「食事会」だ(ホテルのランチバイキング!)ということは、明日は夕食がマイクロスープだわ。

“マイクロが届いた。”の続きを読む>>
健康&美容・ダイエット | 2005-10-09(Sun) 13:46:38
| コメント:(0)
今後ココは・・・。
ブログの体裁のことで、しばらく悩んでおりました。
一時期ダイエット記事ばかりで、せっかく「自閉症」や「アスペルガー症候群」に関しての情報が欲しくて訪れてくださる方には、読みづらいかな~と思っていたのです。それが気になってくると、気軽に「さっき見たテレビ番組の感想」なども、書きづらくなってきました。そんな状態では、このブログを始めた当初の目的「障害児の親である私の、日頃のストレス発散と、楽しいコミュニケーションの場」から離れてしまうなぁと。ならば、自分が気楽に書ける別ブログを立ち上げて、カテゴリで分けて、相互リンク貼ったらどうだろう、と、どこがいいか調べていました。

でも、色々考えた結果、今のところは、分離させないことに決めました。
やっぱり、当初の目的を果たしたかったので。
障害そのものの専門知識ならば、専門書がたくさん出ているし、親御さんの作っているサイトでも、そういった「知識重視」のものは何件もあります。ここでは、知識に関しては、自閉症について知らない方が訪れた時のために、トップ(タイトルの下の「ブログ説明文」)で触れているくらいでいいかなと。私は、私にしか書けないことを書こう。子の診断が出て、ショックを受けた私がネット検索に血道をあげていた時、何が知りたかったかと言えば「親御さんは日頃どう生活しているのか」「どういう気持ちなのか」「つらい時、どうやって乗り切っているのか」という、人間くさい部分でした。それを思い出したんです。だったら私も、その部分を書いていこう。毎日毎時間毎秒、「子の心配」や「自閉症について」ばかり考えているわけじゃなく、アホなテレビを見てガハガハ笑うこともあるし、身体がダルくって自分の健康のことばっかり気にかけてる日もあるし、そういう場所でありつづけよう、と決めました。

皆様、少々読みにくいと思いますが、しばらくはこのままで、これからもどうぞよろしくお願いいたします。「自閉症」や「子育て」に関しての記事だけ読みたい時は、サイドバーの「カテゴリアーカイブ」で該当カテゴリをクリックしてください。

↓ダイエットデータはこちら

“今後ココは・・・。”の続きを読む>>
発達障碍・療育・個別支援学級 | 2005-10-08(Sat) 19:39:28
| コメント:(0)
運動会!
来春入園予定の、幼稚園の運動会に行ってきました。未就園児の「かけっこ」に出たのですが、母がついていたからとはいえ、ポンはちゃんと並んで待てて、ヨーイドンでまっすぐ走って、向こうで待ってた年長さん(かな?)のお兄ちゃんから、プレゼントを受け取れたよ!訓練会の先輩お母さんが「並んで行進できてるっていうだけで、涙が止まらなかったわ~。始めっから泣いてるなんて変な人~って、きっと思われたわね」と嬉しそうに話してるのを聞いたことがあります。きっと私も、来年の秋、そんな感じで大号泣していることでしょう。ただでさえ私は、どんな占いでも「感受性が豊か」と出てしまい、実生活に全然有効じゃネー(アーティストとして金がとれるほどの感性であるはずもなく、メシのタネにまったくならない、厄介な性格)と悩むほど感情の振れ幅が大きいのですが、そんな人の振れ幅をこれ以上広げる材料与えてどうすんのかね神様ってヤツぁ。
はっきり言えるのは、今このポンを「定型発達の子と取り替えてあげる」って言われたって、絶対絶対手放すもんか、ということです。

子育て | 2005-10-08(Sat) 19:21:17
| コメント:(0)
翼を手に入れた。
20060730221652.jpg
ヤマハPASの多分一番新しいやつです。1週間前に注文してたの今日納車でした。後ろに子ども乗せ(カゴにもなるタイプの)もつけました。昨日から「明日は、行きはバスだけど、帰りは自転車なんだよ」「ほんとう?」という会話をしておいて、朝もまた伝えました。こうしておかないと、ポンのような子は「いつもと違うこと」が予告なく起きると、受け入れられなくてパニックを起こす可能性があるので。

坂なんかほんとにスイスイのぼれちゃって「神器」とすら感じたが、マンションの玄関ポーチに入れようとエレベータに載せようとしたら、なんとコイツのガタイがデカすぎて入らない!斜めにして「首」を曲げてもダメ!「・・・入らない」とわかった途端に、大量の冷や汗が。マンションの敷地内に自転車置き場はあるけど、結構高価なものだから、手近に置いておきたかったんだ。必死でトライするうち、エレベータの扉は何度もガンガン閉まって、ポンは心配そうに「ああ、ドアしまっちゃうしまっちゃう」と怖がっている。

ひとりで格闘していると、宅配生協(うちでとってるのとは違う組織)のお兄さんが、台車にたくさん箱を積んで現れた。「どうぞ先に乗ってください。今初めてコレ乗せようとしたら、入らないんですよ~」と、ほとんど泣き声になって説明したら、「いえ、いいですよ、やってみましょうよ」と、エレベーター外のボタンを押し続け開放状態にしてくれた。「ありがとうございます、でも大きさが無理みたいなんです」「スタンドを立ててみたらどうですか?」「スタンド?・・・ああっ!入ります!立てたら入りました!」「よかったですね」「ありがとうございます~」私は本当に泣いていました。アホだなこの主婦は。焦ると頭の中が真っ白になって、解決策が何も浮かばないのだ。今日の天使は、永井大くん似(優しかったからサービスでちょっとレベル上のせ♪)の生協のお兄さんに決定。本当にどうもありがとう。

部屋に入ってから「あ~、エレベーターのドアがしまって、たいへんだったね~!」と、ポンが言ってくれた。母のガンバリに共感してくれる、優しい気持ちが嬉しくて、抱きしめた。

ダイエットデータはこちら↓

“翼を手に入れた。”の続きを読む>>
子育て | 2005-10-07(Fri) 15:18:55
| コメント:(0)
朝刊より2題。
今朝の新聞の1面下面の、書籍の広告のところに「特集:アスペルガー症候群」という文字が躍っていました。「そだちの科学」という専門誌の「第5号」ということで、ニキ・リンコさんの名前も上がっている。他の人の名前は私の勉強不足で存じないが、いずれご当人がそうであるか、専門家であるかなのだろう。これ読んでみたいなー。注文しようかどうしようかなー。購入されるなら、サイドバーの本のリンクどこからでも入って、書名で検索するとヒットしますが、ここには内容説明がありませんので、新聞広告から抜き出してみます。
「家庭で、学校で、社会で、軽度発達障害への理解は進んでいるのか。ブームに惑わされずに、真の意味での『アスペルガー理解』をめざした決定版。」
ブームなんですか?たしかに私の中では大ブームですけど、世間的にもそうなの?結構なことじゃないですか。これを期に、一般の人々が理解してくださるきっかけが広まると嬉しいです。

新聞といえばもう一つ!今度は社会面を開いたら、大きな文字で「ぼくは誰?」「名前は?」・・・「ぽん」
え?ぽん君?お目目の大きい、可愛らしい男の子の写真が載っています。5才くらいだそうです。なんでも、栃木県の60歳代の男性から「子どもを預けられて困っている」と児童相談所に連絡があり、保護されたそうです。男性によれば、建設現場で顔見知りのタイ人とみられる男性から頼まれて預かり、数時間の預かりだと思っていたら戻らなかったんだそうです。「名前は?」と日本語で聞くと「ぽん」と答え、「いくつ?」には手をひろげてみせる。そのほかは日本語の質問が通じず、タイ語だと答える質問もあるが、国籍・身元に関わることまではわからない、と。タイ語はミャンマー人、ベトナム人でも話す人もいるので、決定打にはならず、タイ大使館では国籍取得を断られたとのこと。
うーん!ぽん君、そのお名前、ひとごととは思えないぞ!「なんとか日本国籍を取得できる方向を模索したい」と職員の方は尽力されているようだが、ぜひぜひそうしてほしい。そして、いつか、本当のふるさとがわかるような出来事に出逢えることを祈っております。

↓は体重体脂肪数値及び食事メモ。

“朝刊より2題。”の続きを読む>>
発達障碍・療育・個別支援学級 | 2005-10-06(Thu) 09:58:56
| コメント:(0)
脂肪燃焼ダイエット2巡目7日目最終日。
昨夜から玄米を浸水させ、タイマーをかけて朝一番に炊き上がるようにし、とてもよい状態で炊けたのですが、なんだか喉を通らない。残りのほうれんそうスープがピューレ状になっていたので、塩とカレー粉とミニトマトで煮込んでみたのだが、ちっともおいしくない。大体、今回わかったのだが、私いわゆる「カレー粉」をスープ系に使うのって、あんまり好きじゃないなぁ。ごはんいためる時に直接使って、ドライカレーみたいにするのは美味しいと思うんだけど。野菜炒めをカレー味にしようとすると、なんだか水っぽくなるでしょ。あれがちょっと苦手なんだなぁ。きっと、もともとが「スープカレー(大泉さん!昨日のTVの、久本さんを案内しての北海道グルメレポート、すごくよかったよ!)」として一品になっているものは、きっと美味しくいただけると思うんだけどね~。

そんなわけで、今日は「玄米と野菜の日。スープも一杯」の日であり、前回の「うわ~穀物久々!玄米うま~い!」という盛り上がりもなく、淡々と過ぎております。なんだろう、今食べたいものって何かな~。甘い系のパンとかかなぁ(不思議とケーキという感じではない)。2周目の7日間は、今日で終わりだけど、あんまり感慨はないなぁ。数値も、今現在85.0kg45.4%で、完全なる「横這い」だしなぁ。これを今期最終数字とするなら、7日間で2.0kg減、1.2%減で、満足すべきなのだろうけども。1巡目のの最初から見ると、トータル3.9kg減、5.8%減。当初の5kg減、という目標は、高望みし過ぎだったのかも。焦らずいこう。なんとしても、リバウンドだけはしないように、今後細心の注意を払おう。

明日は一日普通食の日。ちょうどお友達と外出の予定があるので、好きな物を適量楽しもう。その後どうするかが問題だな~。野菜のストックがいっぱい台所にあるから、3巡目やろうかと思ってたけど、ちょっとつらいかも。スープは作って適量を飲みつつ、軽い普通食に戻すかもしれません。マイクロが早めに宅配で来たら、その時点で「1日2食をマイクロ」に切り替える。そんな感じでいくかもです。

ここからは夕方に記。今日は久々に、朝から気持ちがローです。ホルモン剤を飲む期間の中盤にさしかかっているので、PMSの症状かもしれません。私はPMSの時期はよく「卵を食べたくなる」のですが、今日も卵すごく食べたい。明日3個くらい食べちゃおう。スギライトとセラフィナイトのブレスをつけたら、夕方2時間ほど「ぶったおれて」寝てしまいました。ポンが「おしっこしちゃった」と起こしに来ました。肌寒い天気だからか、トイレに間に合わなかったのね。それ以外は、いい子で夕方の教育テレビを見ていてくれたようです。だらしないママでごめんね。

ここからは23時に記。どんなにダイエットしても効果が出ない、という時期は、女性の周期的にあるらしい。きっと、今から2週間くらいはそう。だから、マイクロ始めたとしても、数値の落ちは少ないかもしれないけど、めげないでガンバロと思う。そして、これから「7日間脂肪燃焼ダイエット」に関しては、毎月お月様期間が終わったらすぐに始めようと思う。お月直後がいちばん効果があるらしいから。続けるには、無理しない。月に一度、月の4分の1はガンバル、というリズムを習慣づけていけば、投薬無しでも周期ができるようになるかもしれない。健康第一です。

健康&美容・ダイエット | 2005-10-05(Wed) 13:19:00
| コメント:(0)
クリスタル・チルドレン
「クリスタル・チルドレン」の本を読みました。自分のお子さんが以下のどれかに当てはまる方は、ぜひご一読をおすすめします(以下の箇条書きは、この本からの引用です。)。

クリスタル・チルドレン ~感性豊かな愛と光のこどもたち~
ドリーン・バーチュー 著


・1995年以降に生まれている
・強烈な凝視を伴う大きな目を持つ
・極めて愛情深い
・子どもの頃、話し始めるのが遅い
・音楽を好み、話すよりも先に歌うこともある
・テレパシーと自己流の手話のようなもので意思疎通を図る
・自閉症やアスペルガー症候群と診断されたりする
・穏やかな気性、優しく愛情深い
・他人に寛大
・非常に敏感で共感的
・自然や動物と深くつながっている
・ヒーリングの能力を見せる
・クリスタルや石にとても興味を示す
・よく天使やスピリットガイド、過去世の記憶について話す
・極めて芸術的で創造性豊か
・「普通の食べ物」より菜食やジュースを好む
・驚くほどのバランス感覚を備えた、恐いもの知らずの探検家、どこへでもよじ登ったりすることがある

・・・ここまで引用。すべてがあてはまる必要はないようです。いや~ポンは結構クリスタルだわ。石大好きなのよずっと前から。サハジから直接「ビューティフル・ボーイ!クリスタル・チャイルド!」と言われてレーザークリスタルいただいてるし。

「ヒーリングの能力を見せる」というのも、強く思い当たるところがあります。ポンは普段から、人見知りせず、特に状況的に機嫌を損ねる要因がなければ、誰にでもニコニコしているのですが、私の友人で、何件かの精神疾患を伴っている人が遊びに来た時に(私信:勝手に書いてごめんね、不都合あったら言って)ポンと「相思相愛」状態になり、何度も抱きしめあい、帰宅してからとても体調がよく、定期的に通院している主治医に驚かれるほど安定した状態になったそうです。ただ、その状態は確か2週間くらい保たれ、また以前の状態に戻り、治療を継続しているそうですが。(色字:10月13日記)

スピリチュアルな考え方に抵抗のある方も、世の中には多いことでしょう。
「障害児を持つ親ってつらいよね。だからそういう夢物語に、現実逃避したいのも、わかるよ~」という、憐れみの声も、聞こえてくるような気がします(実際にそんなこと言ってくる人なんていないけど。幻聴だ~^^;)
ただ、例えばこの本を読んで納得したからといって、「うちの子はクリスタル・チャイルドだから、自閉症と診断されたけど自閉症とは違うのよ!他の子より魂が進化しているのよ!学校も、養護学校や個別支援学級などを検討する必要はないんだわ!普通学級に行かせましょう!」などと、極端な方向に突っ走る必要はないわけですよ。自閉症と診断されているなら、対外的にはそう言っておけば、「この社会」に対応して生きていくための支援が、多少なりとも受けられるわけです。その上で、親は自分の心の中では、「この子はクリスタル・チャイルドなのね」と心にとめておけば、「うちの子は障害者だわ~将来が不安だわ~」などと、「今ここ」でないことで気を揉む必要もなく、親も子も精神的に安定した暮らしがおくれるのではないでしょうか。私はこのような観点からこの本をおすすめします。

発達障碍・療育・個別支援学級 | 2005-10-04(Tue) 22:35:25
| コメント:(1)
脂肪燃焼ダイエット2巡目6日目。
外出から帰ってきた時の状態
・体重:84.8kg     
・体脂肪:46.3% 

横這いっていうか、昨日よりちょっと増えてるなぁ。昨日、お肉の日だったから仕方ないかな。前回もそうだったし。今日も肉と野菜の日(昨日は肉とトマト)の日だったから、明日多少増えてるかも。もう「激減」っていうのは、期待できないかも。7日トータルで1kg減れば万々歳ってことにした方がいいかもね。ちょっとしんどいなぁ。これだけやってこれだとなぁ。やっぱりスープを我流に変えてしまわない方がよかったのだろうか?予定としては、前と同じで、1日普通食にしてから、また1コース始めます。また、レシピどおりのスープに戻してみます。その後は、マイクロ取り入れていこうと思う(オクで良心的な価格のを落札しました)。数値の減りが思うようにいかないことよりも、全面普通食に戻して、間食なんかもついついしてしまって、ダイエット前の数値に戻ってしまうことが何より怖い。それだけはどうしても避けたいのでヨロシク天使様(トラさん、アイちゃん、ラファエル様、ミカエル様)。あたしがんばってるからさ、これからもがんばるからさ。

3巡目は、サーモンだとか浮かれてないでストイックにガンバル。


健康&美容・ダイエット | 2005-10-04(Tue) 21:41:08
| コメント:(0)
次のページ
カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。