カレンダー
07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
岡村靖幸・再々々々(くらい?)復活!

岡村ちゃん復活キタコレ!!今週のTVブロスの表紙!いとうせいこうとの対談もあるよ!

岡村ちゃん…お願いだから一緒に頑張ってこーぜ!世の中色々あるけど、貴方も私もひとりじゃない!今回のツアー行けなくて申し訳ないけど、私は私で今の暮らしを頑張る!だから岡村ちゃんも、あそこに戻ることないよう、リラックスしてお仕事しよう!

痛いファンぶりを晒してごめんね、岡村ちゃん。でも「きみがだいすき」なんだ!!


スポンサーサイト
好きな音楽とか | 2011-08-19(Fri) 01:02:05
| コメント:(2)
岡村靖幸のことですよ、ええ。
「スマステ」で「80年代ニューミュージック(と言ってもロックもポップスも混合)ベスト20」という企画をやっていました。
ゲストの友近に、渡辺美里の真似させたりとか。
20位でもうバービーボーイズとか出ちゃって(何かの投票ランキングだったみたいですけど)、19位がユーミンだったりして(80年代以前からだもんね)、なんというか「ど真ん中が目白押し」という感じで、ワイプに映る友近や大下容子アナ(私と同い年)と一緒に歌いましたね。
ちなみに1位は「ボウイ(すんませんあの表記出せません)」でした。
小林克也がランキングの読みあげ?をあの口調でやってたんですが、彼のおすすめコーナーということで、ランキング外のアーティストも取り上げてました。

でね、ランクに尾崎とか当然入るし、吉川晃司とかも入ってるわけよ。TMネットワークの「ゲットワイルド」が、「シティーハンター」の曲だった、とか言うわけよ。

あのオーバカちゃんが何度もオーバカこかなければ「克也のおすすめ」に入ってたかもしれないじゃんかよう・・・
「シティーハンター」だったら「スーパーガール」だってそうなんだからな。
そしたら紫ブリーフのライブ映像とか出てただろうな(私がディレクターならあの映像を選ぶ。「家庭教師」。)

絶対絶対、更生して出て来い。いいな。
出て来ても、粘り強く更生施設とか通えよ。
死ぬなよ。

と、5才年上の男性に言ってみるわたくしでした。

「オーバカ」と書いて「オーケン」を思い出したけど、そういえば筋肉少女帯が入ってなかったなぁ。
・・・さいきんどうもみんなが ぼくをわらってるきがする!
だいじょぶだいじょぶだいじょぶだよねぇ。・・・
蜘蛛の糸」って「進研ゼミ中学講座」のCM曲だったのか・・・
ニート予言の歌詞だなぁ、なんてさっきちょっと思ったが、撤回。
現代のそういう人たちは「いつの日にか見下ろしてやる!」っていう思いを持ってない気がするよ。

ちょっと前、夫と「キンショーってヒット曲ってあるか?」という話になって、
私が思いついただけでも、前述の「蜘蛛の糸」のほかに
「日本印度化計画」(俺にカレーを食わせろ)とか
「元祖!高木ブー伝説」とか
「踊るダメ人間」とかあるけど、
「あの世代の皆が一緒に口ずさめる!」っていう感じではないね・・・
うーん。モグラネグラ世代(テレ東視聴可能で当時大学生)でないとな。

キリンの「ポストウォーター」のCMは「君よ俺で変われ」の変え歌詞だったんだよね。
♪ポスト~ウォーターがー好ーき~ おいしく~ 変わりました~
 比較(味覚?)調査での~ ユーザーの!ご意見も! 生かしてます~♪
ってロックバンドが歌うのさ。
ライチ味であまり売れなかったらしいポストウォーター。私は好きだった。時代が早かった気がする。

ありゃ、タイトルに反して大槻ケンヂのことばかり書いてしまいましたな。

好きな音楽とか | 2008-05-12(Mon) 10:03:14
| コメント:(2)
どぉなっちゃってんだよ
「うたばん」で、桜塚やっくんが、岡村靖幸ちゃんの「どぉなっちゃってんだよ」をカバーしてた!!
すげー!
全部歌詞見ないで一緒に歌っちゃったぞ!!
時代を超える岡村ちゃん!

やっくん、岡村ファンなのかな。
だったらすごく嬉しい。

ところで、上のリンクは「うたまっぷ」の歌詞なんだけど、
岡村ちゃんのCDの歌詞カードにないところも
たぶん耳コピで書いてあって
「オレはほこりに( )かけて パッとシーツをもたらした」
って書いてあるんだけど、
私は
「俺は誇りにファズかけて パッとシーツをたらした」
だと思うんだよね。
意味はよくわかんないんだけど(そのへんは岡村節ということで)。
(ファズっていうのは、たぶん音楽の用語かなんかで・・・
当時、夫がそう言ってた。
エレキギターかなんかの奏法じゃないかな。
知ってる方いたら教えてください)

(8/8に追記:なんとなく検索したら「パッとシーツを正して」らしい。うんうん。納得。)

好きな音楽とか | 2007-08-02(Thu) 20:53:34
| コメント:(6)
鎌倉よ何故夢のような虹を遠ざける
タイトルとあまりに違う写真↓

20061203223337.jpg

マンションの自治会から「クリスマスツリーの点灯式があります」というお知らせがあったので、夕方行ってきました。ちょうどルルのミルクの終わった時間だったので、「縦ダッコヒモ(いちばんシンプルな、バッテンにして結ぶやつね。っていうか2ヶ月になったばかりなのにもう首すわってるんだよ)」で、ちょいと住民のみなさんにお披露目。でもずっと寝てた。今日の昼間も、定期的に起こしてミルクは飲ませてたけど、基本的にずっと寝てるんだよな~。で、深夜から早朝に大騒ぎというのが定例ですよ。だけど今日は、夜のおふろ前にタイミングよくウンチ出たからそう騒がないかもしれない。ことを願う。明日はいろいろ予定があるのだ~うー緊張!イベントごとは、はっきりいって苦手!毎日平穏に、同じように静かに暮らしたいよ、刺激なんていらない、欲しい刺激といったら恋くらいだ(おい)。時間的な予定をたてずに、のんびり恋人(だから誰だよ。それは夫で~す!とか言っても許してもらえないだろうな(誰に)。いや、妄想ですよ妄想、ほらたとえばね、憧れのタレントとかですよ、きっと。と、ひとごとっぽく話をすりかえる。っていうか最近サザンばっかり聞いているので「恋人と海」みたいな妄想で頭がいっぱいなのよ、ハラ坊の歌う「鎌倉物語」の歌詞とか今更「うわー!そんな意味だったか!」とか気がついたり)と海でもボンヤリ眺めに行きたいよ。というのは夢物語、今は乳児に乳やる毎日&幼稚園児の成長を見守る毎日を、淡々と暮らしますよ。

好きな音楽とか | 2006-12-03(Sun) 22:44:58
| コメント:(0)
「恋の歌を唄いましょう」&「僕の歩く道」。
「音楽」ジャンルのスレッドテーマに「サザンオールスターズ」が無いことにスンゴク驚いているunakiteです、こんばんは。見つけられないだけかな。あれだけメジャーなのに、ブログ書き世代でのファンはそう多くないのかも・・・などと淋しく思ったりして。

で、何でこんな書き出しなのかと言うと、先日「恋のジャックナイフ 歌詞解説」のキーワード検索でいらした方がいて、まぁ「恋のジャック・ナイフ」の歌詞自体はココで読めるんだけど、私は20数年サザンのファンをやっているが、この曲が大好きで、でもサザンの曲一般的にそうなんだけど、曲自体やサウンドやアレンジや桑田さんの声が好き、というのが強くて、あまり歌詞は気にとめてなかった、正直。
でも、この曲の歌詞の内容が気になる人がいるんだなぁ、と思って、あらためて曲を聴いて、歌詞を読んでみた。
う~ん・・・「いつもの桑田さん特有の、その中でも『激しい恋バージョン』だよなぁ」としか思えないのだが、何か背景があるのかな?知ってる方いたら、教えてください。

この曲が入っている「Young Love」というアルバムには、「恋の歌を唄いましょう」という、ハラ坊の歌う曲も入っていて、あらためてそれも聞いて、歌詞も見てみた。
う~ん・・・優しい。しかし切ない。大人だ。

ご本人が公表していないのに、ここで書くのはためらわれるが(でも書くが)、桑田さんご夫妻のお子さんのうちのひとり(何人いらっしゃるのか、私はファンとはいえどプライベートのことはよく知らない)に、養護学校へ行っているお子さんがいるらしい(おそらく自閉症)。公表していないとはいえど、隠しているわけではなく、親御さん(ハラ坊かな)はPTAにも参加している、などという書き込みを福祉関係の匿名掲示板で読んだことがある(多分、同じ学校へお子さんを通わせている方が書かれたのだろう)。匿名掲示板だから、真偽のほどはわからず、だから私のこの記事も100%信用はしないで欲しいのだが、それを思うと、そういえばサザンの活動休止(各々がソロ活動、ハラ坊は育児に専念など)は何度かあったし、ハラ坊が「Mother」というソロアルバムを出していたなぁ、あれウチのどこかに仕舞ってあるはずだ、改めてもう一度聴いてみようか・・・などと、なんだか一層親近感がわく。

どんなお子さんを持つかは、有名人も、一般人も、関係ない。
今夜は、「僕の歩く道」も、放送されているのだろう(自分は、自分自身のメンタル面から、深刻そうなドラマは今見る気になれなくて・・・でも評判いいらしいですね、自閉症児の親御さんのブログを見ていると)
これからの世の中が、どんな人でも、歩きやすい道でありますように。


11/29に追記:この記事を「ブログ検索」の「僕の歩く道」で見てくださった方がいらっしゃって、その方にはここに情報がなくて申し訳ないと思う。そして、その検索結果を逆に辿って、「僕の歩く道」について書いている、他の人のブログを読んでみて、驚いた。とても沢山の人がこのドラマを見ている!(私は、こういったテーマのドラマは「自閉症の人の家族」しか観ていないのかと思っていた!SMAPなめちゃアカンなぁ!!)草なぎさんの演技はすごい、という「ドラマ評」に続いて、「自閉症って名前だけは知っていたけど、具体的にこういう状態の人のことなのだとは知らなかった。少しでも理解できてよかった。偏見をなくそうと思う」とか、あと、中学生が結構見ている。こういう人がいたら、偏見で見ないで、いじめたりしちゃもちろんいけないんだ、と、皆書いてくれている。

(ただ、このドラマの主人公のような状態の人だけが「自閉症」というわけではない、ということは、わかってほしい。それぞれ、違うんですよ、共通するところはいくつかあっても。だから、生活の中で「あの人は、ドラマの自閉症の人の特徴とは違うから、わがままなだけで自閉症じゃないわ」とかいうふうには、思わないでほしいと思います。お願い。)

いいドラマなんじゃないか!しかも「一般の、テレビ好き・ドラマ好き・SMAP好き」な人たちが、たくさん見てくれている。
来週から見てみよう。
おそらく、もう中盤越えたんでしょ?(それとも、もう終わり近いのか?)見てないから憶測なんだけど、初めの方で偏見とかつらい目にあって、でも最初はつらく当たってた人たちが段々理解してくれて、適切に接してくれるように変化してくる・・・っていうストーリーの流れなんだと思う。だから、きっと、来週あたりからなら、私の精神状態でも、見ても大丈夫だと思う。見よう。


好きな音楽とか | 2006-11-28(Tue) 22:39:17
| コメント:(0)
天国じゃなくても その2
今日のアクセス解析で、「歌詞 天国じゃなくても楽園じゃなくても」というキーワード検索で来てくださった方がいました。
(去年の9月に書いたこの記事が検索にかかったのでしょう。ああ、まだこのへん、画像入れとか、ブログランキングへの誘導の削除とかしてないわ~いつかやらなきゃ)
「愛子さま 自閉症」の検索が、ハンパじゃなく毎日多い中(アクセスの半分くらいはソレ関係なんですよ~)、こういう検索は、ホッコリした気持ちにさせてくれます。ありがとう。

で、あらためて、ブームの「風になりたい」の歌詞を見たんだけどね。
この詞のいいところって、天国や楽園じゃない、つらい現実の日々の場だけども、決して逃げ出さないところなのよ。

「何ひとついいこと なかったこの街に
 沈みゆく太陽 追い越してみたい」

「何ひとついいこと なかったこの街に
 涙降らす雲を 突き抜けてみたい」

従来の男ロックだったら、「何ひとついいことなかったこの街」だったら、さっさと出ていって、都で一旗あげてやれ、みたいなふうになるもんだったでしょ。
宮沢さんは、違うんだ。ブラジルとか沖縄とかは、最初は、特殊な音楽性に惹かれて魅力を感じた土地だったんだと思う。でもやっぱり南米には、貧困とか犯罪とか、深刻な問題があるし、沖縄に関しても、何らかの因習とか、沖縄以外の国内や首都圏との温度差(気温だけじゃないよ)とか、いろいろあったりするのだと思う。だけど!だけどやっぱり生まれ育った土地を離れられない、離れたくない人たちを、現実に沢山見て、関わってきたのだろう。それが、この「何ひとついいことなかったこの街」であるにもかかわらず、そこを逃げ出すことなく、それでもこの土地に踏みとどまって生きていこう、という歌詞になっているんだと思う。

好きな音楽とか | 2006-11-17(Fri) 22:49:01
| コメント:(0)
耐えろ、耐えるんだオレ。
20061115150608.jpg

うちの幼稚園では田植えとかやってんだけど(今日はボンヤリしているのですごくかったるい文章です)、稲刈りもしたのかな、ポンが休んでるうちに。そんで、グループごとに回り持ちでおうちで「脱穀」するんですって。私だって初めての作業だよ。よく「一升瓶に入れたの棒でつつく」みたいなの、漫画やらではみたことあるけど、こういうことかね。ペットボトルに入った籾つきのお米を竹の棒でつつくんだが、まるっきり皮の剥ける気配がしないよ。昔は大変だったんだなぁ。

「今日はボンヤリ」って書いたけど、本当に本当に今日は私は朝からずっとヘンで、電話をかけても自分が何をしゃべっているのかわからず、カレンダーと伝えたいことを書いたメモを見ながらしゃべっても日時を言い間違えてそのままにしてたり、なんだか「ものすごーくダメ人間」だよ。

ダーメダーメダメダメ人間!ダーメッ!!って大槻ケンヂが吼えておったなぁ。踊るダメ人間。日本をインドにっ、してしまえっ。それは違う歌(日本印度化計画)。俺にカレーを食わせろ~。元祖!高木ッ!ブーーー!!それも違う歌。そういえばオーケンって、エッセイで「不思議ちゃん」や「困ったちゃん」がゾロゾロついてくる、みたいなこと書いてたなぁ。「あのねぇ」とか言う歌あったよね。「あのさぁ」だったけか?あの歌好きだなぁ。あ、やっぱ「あのさぁ」だった。ココ見て。いい歌詞だ。この歌知らない人は、一度読んでみてくれ。彼はホントいい詩人だ。岡村靖幸ちゃん(11/20に追記:彼は、いけないクスリをやっていて捕まり、今「塀の中」にいるんだけど、「死なない」でくれて、本当によかった。どんなことがあっても、自分で死を選ぶのだけはファンとしては避けてほしい。彼、尾崎豊と仲良かったんだよね・・・あのあたりかな、岡村ちゃんも活動中止しちゃってたのって。二人とも大活躍の時期に広島のイベントで、二人一緒に岡村ちゃんの「Young oh!oh!」を、すっごく楽しそうに歌ってるビデオ、岡村仲間に借りて観たことがある。この二人と吉川晃司の三人で、よく遊んでいたんだって。罪をつぐなって出てきた後も、多くは望まないから、どうか生きていて、岡村ちゃん)の「友人のふり」もこのテーマだけど、彼の歌詞世界は自分がいつも中心。それはそれで好きなんだけど。

こんなこと言ってくれるひとがいたらいいのにな・・・

どこかへ連れていくよ
海へでもいこうかね
逃げるわけじゃないしさ
逃げ出すのじゃなくてさ

ほかに人がいるなら 俺じゃなくていいしね

・・・これ、「言ってもらいたい」っていうのもあるけど、同時に「言ってあげたい」とも思う、誰かに。

なんだろう。安定剤は飲んでるよ。風邪薬も飲んだから?この辺は今度医者に聞いてみる。たぶん、明日が子の一ヶ月検診で、それの緊張もあるし、その後も幼稚園関係やら自分の内科やら心療内科やら園の個人面談やらクラスの母親親睦会やら、スケジュールがいっぱいで、あと、ポンの体調を「おたのしみ会」と「お誕生日会(10月に出られなかったので今月参加)」にあわせて登園を調節しようとしていたのに、それが今日ガラッと変更になりましたって園から通知があったから、パニックに陥ってるんだとオモー。

ちょっと、死なないようにだけ、死なせないようにだけ、気をつける。

好きな音楽とか | 2006-11-15(Wed) 15:18:26
| コメント:(0)
次のページ
カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。