カレンダー
10月 « 2017/11 » 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ユナカイト

Author:ユナカイト
☆家族構成 : 夫、息子の「ポン」(2001秋生)、娘の「ルル」(2006秋生)。「ポン」も「ルル」も、おなかの中にいた時のニックネームです。

☆長男「ポン」は、5才時に『アスペルガー症候群』という診断を受けています。3才直前に「自閉症スペクトラム」(=広汎性発達障碍)だと療育のドクターに言われていました。

「スペクトラム」とは「連動体」という意味です。「自閉症スペクトラム」とは何か?というと、いわゆる「典型的な自閉症」である『カナー症候群』や、知能の発達は平均(それ以上という場合も)の『高機能自閉症』、それに加えて言葉に問題のない(というか、かえって「お喋りさん」だったりする)『アスペルガー症候群』なども含んだ、一連のとらえ方のことです。

☆ユナカイトは専業主婦。
「非定型うつ病」治療中。
カテゴリに「スピリチュアル」とかあるけど、わりと遠ざかり気味。
アロマテラピーとか好きだったけど、今は普通に香水とか好き気味。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
| コメント:(-)
ガンバリおでかけ
昨日「薬湯」とか書いておりましたが、久々にアロマ精油をブレンドして入りました。ゼラニウムとローズマリー、マギー・ティスランド女史が「朝から仕事で疲れている日に夜の講演やパーティーに出向く必要がある時、心身を奮起させるため夕方湯船に垂らして使う」ブレンドです。
結果、すごく効いた。だって今日、ポンルル連れて長散歩&買い物しちゃったもの。
だけど途中で光化学スモッグ注意報発令!
目的地までの途中の大規模マンション内のイートインコンビニでランチしましたわ。リンク友達二家族がお住まいの所。駅近で充実施設がウラヤマシイ!
でもなんか住民の皆さんの物腰がなべて上品で、服装や押してるベビーカーなんかも高そうな感じで、ちょっとアタシタチ浮いてる感ありました。さすが高級マンション。
20080913221642
↑共有棟入り口の噴水広場ではしゃぐ野生児2名。ご迷惑おかけしました。

さー、これで明日の廃人化は決定だ♪

ちなみに、話は戻りますが、精油は原液をそのままお湯に垂らすと、種類や肌質によって刺激が強すぎることがあります。今回私は精製オリーブオイルで希釈して、塩に染み込ませて入れたのですが、油膜浮きまくりでベタベタになっちゃいました。確か最近、どこかから水溶性の精油が出ていたような…探してみようかな。皆さんもご自分に合った使い方でどうぞ。

スポンサーサイト
ヒーリング・スピリチュアル | 2008-09-13(Sat) 22:16:48
| コメント:(2)
たまにはこんな自分語り・2
下の記事の続き。っていうか、いちばん書きたかったことを書き忘れました。
2次会で、同期の男子に「いまハマってるものって何?」と聞かれました。
・・・・・・。
なんだろう。焦る私。

「いや~、今は息子の幼稚園のことと、娘の世話と家事でせいいっぱいで・・・
前は、結構アンテナ立ってたんだけどさ、
たとえばテレビで『今こんなものが流行ってる』とか言ってたら、前は
『そんなのとっくに知ってるよ~、テレビは情報遅いな~』と思ってたんだけど、
今はワイドショーとか見て『お、今はこういうのが流行ってるんだ』とか
思うようになっちゃったよ」

と言ったら、彼いわく
「いや、どうして聞いたか、っていったらさ、
前はユナカイトさんアンテナ立ちまくりだったじゃない、
だから今はどうなのかな、って思ってさ」
ということでした。

そう。
会社勤めしてる頃は、まだブームになる前だったアロマテラピーの資格をとり、
一般にはほとんど知られていなかったオーラソーマカラーセラピーの資格をとり、
発祥の地のイギリスにも行って、
カラーサンプル持ち歩いて、飲み会のたんびに、
頼まれて簡易カウンセリングしたりしてた。
聴く音楽も「コレ面白いよ」って、みんなに勧めてたりした。

実は今、モノにあんまり関心がない。
実は、パワーストーンへの関心も、少し今は薄れている。
物理的に、赤んぼいて、アクセサリー作ったりできない、
買い物行けない、とかもあるけど、
これだけパワーストーンが流行っちゃったら、なんか・・・
なんていうんだろ、人に話しやすいっていうのはあるけど、
私の中での大ブームの期間は過ぎてしまった、というか。
各種ヒーリンググッズも、その手の大手の会社からいっつもダイレクトメールが来て、
パラパラ読んでるけど、あまり心に響かない。

でも、オーラソーマはやっぱり好きなんだ。
今は、有料カウンセリングができる状況にない(前はやってました)けど、
できるようになったら、またやりたい。
そして、グッズを売る方よりも、カウンセリングそのものに力を入れたい。
人と話をするのが好き。
オーラソーマのボトルや、ポマンダーなど、その人に合ったものを使ってもらうのは、
実際その人の役に立つのだけど、
あまり商売っ気を出したくない、というか。
あんまり、宣伝っぽいこともしたくない(ポリシーなんたらではなく、
今、そういうことが苦手な状態だから)。

ハマってることかぁ。
ちょっと、アンテナたててみようかな。

と、思ったのでした。

あ、そうだ、なんかのテレビ番組の予告で、
占い師に占ってもらうタレントさんの後ろに、
オーラソーマボトルがずらっと並んでるのを見た。
泉谷綾子先生が出てる番組だったかな。定かではないけど。
それを見て、なんかドキッとした。
順番通りに並んでるかな、とか、私のボトルよりピンクの色が濃いな、
とか、そっちばっかり見てた。

やっぱり、オーラソーマ好きだな。

ヒーリング・スピリチュアル | 2008-01-25(Fri) 08:17:45
| コメント:(2)
母が天使を連れてきた。
私の誕生日はもうちょっと先なんだけど、
母がこれをくれた。

20070627210820
イギリス製の、エンジェル・ウォーリー・ボックスというもので、
天使さまが3人、綺麗な布張りの白い箱の中にいらっしゃる。
心配事(ハッピーボックスやウィッシュボックスじゃないとこが
今の私にドンピシャリ!)や不安なことを、
紙に書いて、天使さまが読めるように箱の中に下向きに入れておくと
いいそうな。

ありがとうお母さん。
いつも心配ばかりかけてごめんね。



ヒーリング・スピリチュアル | 2007-06-27(Wed) 21:08:20
| コメント:(0)
新年のご挨拶と、今年の抱負と、ポン語録。
あけましておめでとうございます。
今年は年末近くにパソコンが壊れたこともあり、昨日急いで年賀状を作り、今朝投函しました。スミマセン。でも本来、正月になってから書くものだったんでしょ、昔は、年賀状って。だから許してね(と言い訳)。

夫は元日も、朝早くから出勤です。10時に「お客様」の来る仕事なんです。教育関係なので。2月に私立中学の受験があるので、それまでは大・大繁忙期なんです。夫に年末年始休暇はありません。昨日は日曜なので休みでしたが(大晦日だから、ではなくて)、次の休みは来週の木曜あたりらしいですよ。ひー。前職も「ヒトサマがお休みの時に繁忙期」の仕事だったんですが、サービス業が性に合っているらしいので、「仕方ない」と言ったらちょっと違いますが、そういう夫の妻として、生きる道を選択したわけですから。
他にも、年末年始こそ忙しいお仕事のいるお仕事の人も沢山いらっしゃると思います。そういう方、そういう方の家族の方、共にブレずに歩みましょう。

ちなみに、朝、夫の実家に年始のご挨拶の電話をしたら、ポンに「お雑煮食べた?」と聞かれてしまいました。
う~ん!ごめんなさい。朝はいつもと同じでパンでした・・・おなかすいたと言われたので・・・用意はしていたのですが間に合わず。
ベビーのいる生活ってそうなってしまいます(また言い訳^^;)。昼食にお雑煮する予定です。この御餅で。↓
20070101131719.jpg
これもパルシステム(宅配生協)で買いました。これから焼きます。楽しみです。

20070101144945.jpg
できましたぁ~。残念ながら家庭の伝統にのっとることは用意の関係でできず、ありあわせの野菜とお肉ででしかできなかったけど、これも我が家の味になっていくのでしょうか。

20070101145009.jpg
おせちも「詰め」ました。これもパルシステム。助かる。

さっきキッチンに立っていて、「去年はルルを授かり、それはポンが成長してくれたおかげだなぁ」とぼんやり考えている最中に、ふと脳裏をよぎったメッセージです。

「私は私の人生に立ち向かう」

そして

「私は私の人生に起こることをすべて認め、すべての事柄と共存し、共に歩む」

これは、私にとっての、2007年のアファメーションだと思います。

****************

あと、さっきのポン語録。

ポン:(テレビを見ながら)「CMでは、店で売ってる物を言うね?」
私:(おお、CMが存在する意味がわかるようになったんだ)「そうだね、でも全部買うわけじゃないんだよ、その中から選んで買うんだよ」

私はそう言いながら、もしかしたらポンが大人になる頃には、テレビのCMを見ながら「お、これいいな」と思ったら何か操作して直接すぐその商品を買える、なんていう世の中になっちゃってるかもな、なんて思いました。今も、テレビショッピングがあるけれど、あれはそういう番組だもんね。電話しなきゃなんないし。
でも、そういう世の中になったら、いっそう「選択眼」というか、消費者の自覚が求められると思います。
単なる妄想ですけどね(^-^;)

20070101151801.jpg
ポンが「ゆきだるま作ったから見て!」と呼びに来ました。小児科に行った時に、もらったシールを壁に貼っていました。「ママの病気が早くなおりますように」だそうです。ありがとう。

今年もよろしくお願い致します!! 


ヒーリング・スピリチュアル | 2007-01-01(Mon) 11:20:39
| コメント:(4)
予言が当たってしまった…
20061216222104
え~、パソ壊れました。携帯から書いております。
今朝起動したら、先日までしていた不穏な音がせず、不気味な静けさ。画面真っ暗。一応F2とか押すと、昔のDOS画面みたいなの出ますが、私にはわからん。夫が明日一日かけてイジクルことでしょう。
一応、外部にバックアップはとってありますが、全部じゃないし。
復活しなかったら、修理が間に合わなかったら、年賀状どうしよう!手書きか?
とりあえず携帯だけでも生きててよかった。ついこの前まで全然ダメで、電池パック変えたばかりなのよ(ドコモは同機種使用2年以上だと、新しい電池パックを無料でもらえます。ショップ行って申し込まなきゃなんないけど)。

ちなみに、前の記事に書いてある「石井ゆかりさん」は、今発売中の「東京ウォーカー」で、鏡リュウジさんと対談してらっしゃいます!
占星術、当たりすぎだよ。こういうのは当たらなくていいのに。まぁ仕方ないか。

アップしたい画像もいっぱいあるんですが、携帯からだと多分、一記事に一写真なので、とりあえずランドマークタワーの、スワロフスキーのツリー写真です。
基本、雫型と雪の結晶型のでカットグラスで出来てるんですが、一万個の中に一つだけハート型のがあって、「見つけると幸せになれる」んだって。ご夫婦、カップルで行ってクダチャイ。ブログで教えてくださった方、ありがとう。そちらご紹介できなくて、ごめんなさいね。
ちなみに私は時間がなくて見つけられませんでした。
この日は前から友達との外出のため、パパに二児の子守を頼んでおりました。
夫よ、ありがとう。

ヒーリング・スピリチュアル | 2006-12-16(Sat) 21:31:23
| コメント:(0)
バックアップ推奨。
うちのパソコン、一昨日ぐらいから、電源つけるなり「ガー」という不安な音がするのですが、今日はホントに「これはやばい」という音量になってきました。
去年、ウィルスに感染して、データが全部ぶっとんで修理に出した時と同じような音です。
修理から戻ってきてからすぐに、ウィルス駆除・防止のソフトを入れ、マメに有料で更新したりしているのですが。

これはまずいですよ、ということで、とりあえず「修理しても戻らないデータ(個人的な画像や、メール関係など。去年はこれで旧友のメルアドを殆ど失いました)」を、CDRWなどにバックアップしてるのですが、これが結構アップアップ(シャレてる場合じゃない)。まだ全部できてません。
自分のマシンだけでなく、無料ブログ(ここもそうだけど)も、結構サーバ落ちとか、あちこちでしてるみたいです。書いた記事が消えちゃった、という話も聞きます。

皆様もくれぐれもお気をつけ。
というのも、石井ゆかりさんの
星占い系テキストコンテンツサイト「筋トレ」
にも、「今週はシステム関係のトラブルに注意!」とあるのです。
詳しい星回りの状況を読みたい方はこちら
とりあえず、その部分だけを抜粋します。 

全体の空模様:weekly 2006/12/11-17のホロスコープ(より抜粋)

水星と天王星の90度、今週中程に起こります。
バックアップ!
と口を酸っぱくして言うことがしばしばあるワケなのですが
今週は、システム関係のトラブルには要注意です。
突然の失敗が心配されます。
角度がハードだし、何事も交通量が多い感じの時期なので
大惨事
になる可能性もなくはなし。
備えあれば憂いなしです。


ちなみに、私の直接の知り合いだけでも「最近パソコンが壊れた」という人が、3人います。通りすがりのブログで見ただけでも、何人かそういう方がいらっしゃいました。
「占いを信じる習慣のない方」も、12月はシステム関係が何かに集中したりなんかするらしい(まったく素人な表現しかできなくてスミマセン)ので、お気をつけください。

ヒーリング・スピリチュアル | 2006-12-12(Tue) 15:55:35
| コメント:(0)
男女産み分け・スピリチュアル編
上の子ポンは男児、下の子ルルは女児です。
第一子の時は、性別はどちらでも嬉しい、と思っていました。もともと、第二子をも望んでいたからです(できるまで時間がかかりましたが・・・)。
そして、第二子をつくろうと決心した時、正直「女の子がいい」と強く思いました。初めは「男と女がいれば嬉しい」とか「女の子の方が育てるのがラクだと聞くし、成長すれば一緒に買い物に行けたりして楽しそう」とかいう安易な考えからでした。
でも、ちょうどその頃、江原啓之さんの「江原啓之のスピリチュアル子育て」を読んで、考えが変わりました。

(↑ごめんなさい、私の技術のなさで、どうしても「amazonで買う」という項目が入ってしまう。売り込みではないです、すみません。内容だけ見たい場合は、タイトルだけクリックすればいいし、たとえ「買う」をクリックしてしまっても、すぐ買わなきゃならないハメになったりはしません)

「男の子か女の子かは、子どもが決めて生まれてきます」
という項目がありました(以下、私が内容をまとめて書きます。江原さんは、もっと優しい、丁寧な文章で書いています)。
「私(江原さん)のところにも、『どうしても女の子が欲しい』『跡継ぎが必要なので男の子でなければ』という相談が後を絶ちません。けれども、生まれてくるのを決めるのは、あくまでも子どもの方です。そして、あなたの家に必要な子どもが生まれてくるようになっています。現世の事情や、親の我欲などは、スピリチュアルワールドの前には通用しません」と。
そして、どうしてもどちらかが欲しい、と強く願う場合は、そういった親のエゴなどを捨てて、一生懸命心の底から祈ることだと。そして、祈れば「かならずしもではないけれど、あなたの家に必要ならば、かなうかもしれません」と。
単純な我欲からではなく、学びのために祈ることが大切。「スピリチュアルな動機こそ大切なのです」と、江原さんは書いています。
「女の子(男の子)をもって、学びたいのです」という動機から祈りなさい、ということだそうです。

私はこれを読んだのが、丁度妊娠に取り組む前だったので、「私は女の子を育てることで、『自分が女であること』や『女の子集団に感じている怖さ』を克服する学びを得たいのです」と、祈りました。

私は、子どもの頃には「女の子らしく」という育ち方はしなかったので、おしゃれにも興味があまりなく、「女でよかった」と思ったことがあまりなかったのです(今はそうは思っていません)。
学校時代も、女の子グループの「自分にはおかしいと思える『ルールのようなもの』や、『つるんでトイレに行く』などの行為、バスが揺れただけでキャーと騒ぐ、といった、女の子特有のマイナスの言動」がとても苦手で、男友達(彼氏とかではありません)や、男の子グループの中で「紅一点」でいる方が気楽、という時期がずっと長かったのです。

それと、大人になってからは、小学生の女の子集団に出会った時、何故か「怖さ」を感じていたのです。おませな言動や「ずうずうしく」感じるような言動。自分がポンを連れて歩いている時、そうでした。男の子は、どの子を見ても、あるいは男の子グループを見ても、素直に「可愛い」と思えていたのです。でも、ずっとこれでは、私はかたよった人間のままでいてしまう、と危惧もしていました。

そんな時、江原さんの文章を読んだ時、「女の子を育てることで『女性』を好きになり、自分を変える学びとしたいのです」と、心から思えたのです。

偶然かもしれませんが、その願いは叶いました。

そして今日。
私の体調と、ルルのタイミングもよかったので、初めてルルを連れて、ポンを幼稚園へお迎えに行きました。
その時、女子小学生の下校時にも遭遇しましたが、以前とはまったく違う気持ちで、微笑ましく見守ることができました。
ルルも、学校へ行くようになったらこんな感じなのかな、みんな可愛い服を着て、可愛いことを言っているな、と。
自分でも、この変化にはびっくりしました。

いろいろな産み分け法があると思います。
その中でも「学びたいという気持ちを強く持つ」というのは、有効ではないかと思って、書いてみました。
もし、どちらかの性別の子を望んでいる方に、ご参考になれば・・・。

ただし、江原さんも書いていますが、かならず叶うとは限りません。どんな子でも、その家に必要で生まれてくるからです。

最初にその項目を読んだ時は見落としていたのですが、さりげなく「障害をもつ子」についても、その項の最後の方で触れられていました。

「生まれてくる子どもは健康であって欲しい---親として当然の願いです。
けれどもスピリチュアルな視点から見れば、病気や障害をもって生まれてくる子どもは、それだけ勇気のある、意欲的なたましいだといえるのです。なぜなら、わざわざ不自由を感じることの多い肉体を選ぶことで、この世でできる限りの学びをしたいと望んでいるからです」

ポンが診断を受けて、ショックを受けている時に読んだら「ケッ、ひとごとだと思って」と、感じたかもしれません。
でも、今、素直に「そうなのかもしれないなぁ」と思えます。
この経過こそが、私の、ポンのような子を育てていく中の、学びだったのだと思います。

私の引用や勝手なまとめでは不十分だと思うので、興味のある方は、ぜひこの本を読んでみてください。


ヒーリング・スピリチュアル | 2006-12-07(Thu) 17:48:58
| コメント:(0)
次のページ
カテゴリー
ブログ内検索
このブログ内で「この言葉を含む記事が読みたい」という場合は、その言葉を入れてクリックしてください。
メールフォーム
お名前はHNでも結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。